ボックス美術館展12

c0100195_842589.jpg

こちらももう遅いのですがギャラリーはねうさぎさんであったボックス美術館展です。ギャラリーではもう終わってしまったのですが
4日と5日に京都岡崎の近代美術館の前で三時まで展示されます。

連休中に平安神宮近くにいらしたら、外の展示ですので是非ともご覧ください。

実は来週からも文化芸術会館というところで彫刻展もあるのですが、なんだか昨日から咳がひどくなって、やはり医者に行ったら風邪だろうと
昨日一日休んでいたら良くなったのですが後は咳が少しー、

さて、今日明日で何とか仕上げなくてはです。

by nobukoueda | 2014-05-02 07:56 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback | Comments(2)

フォトポリマーグラヴェール

c0100195_13192810.jpg

 昨年の12月のギャラリーはねうさぎさんの個展のときはスペースが狭いので版画だけにしました。
でもライトパネルというLEDのフレームに入れて,こちらはライトがついている状態です。

 スイッチをoffにすると

c0100195_1323276.jpg

版画のみです。
今年最後はやり 今年作っておきたいものにしました。
福島のいわき市 久の浜でであった、解体される家々です。

光をつけると
そこに花が浮かび上がるようにしました。

全体の感じは
c0100195_13264992.jpg

ライトをつけると
c0100195_13274627.jpg

他にも版画でカレンダーとか少し
9月にもやったばかりでしたが,たくさんの方に見ていただきとても感謝しております。

いつもありがとうございます。

他のアップはこちらです。

by nobukoueda | 2012-01-07 13:38 | 個展 | Trackback | Comments(2)

冬! 個展中

c0100195_958250.jpg

秋だったし、もう冬なのに
c0100195_9592989.jpg

どこにも紅葉を見にいけなかったけど、我が家の前のもみじもきれいに紅葉していたんだった。
 タイムリーにアップできずにもう、枯れてしまっている。
ただいま個展中にて、なんだかここ数週間本当に慌しく、ゆっくりブログアップできずでした。なんといっても大変なのが案内状発送とか、今回喪中はがきも今までになくどんどん届くので早く私も出さなくてはとすごい量でしたが、なんとか。これも事務的にどんどん発送すればすむのですが、ああ、この人どうしているかしら、元気?なんて書いたり思っていると・・・時間は大変です。

 個展の案内も今週はきっとぜんぜん届いてないと思いますが、それでも見に来ていただける人もいらしてうれしい限りです。
 昨日は姉夫婦も車で遠方より見に来てくれて、一緒に京都観光はできませんでしたが、高台寺まで足を運んで楽しいんでくれたようでした。個展といっても狭いスペースで少ない作品でしたが見に来た甲斐があったといってもらえて、身内はうれしいものです。
 母もよく個展みてくれました。最後は大阪まできてくれ、いつもほめてくれて、励ましてくれて、母親にほめられるのがとてもうれしかったこと思い出しました。
 そして、姉も妹も近頃、母のことを思い出すと、それは私も同じ思いでした。悲しみや思い出を共有できる人がいることがどんなにか癒されることでしょう。

 さてさて、今日も会場にいかなくてはですが、具沢山のスープはストーブの上でできあがりました。
 来週13日からはランプ展と両方みられますので、ぜひともまたよろしくです。

by nobukoueda | 2011-12-11 10:35 | 個展 | Trackback | Comments(4)

BOX美術館10 京都ギャラリーはねうさぎ

c0100195_21564178.jpg


今日からBOX美術館10の展覧会が始まって、本当は日曜日に搬入だったけど、私はなんだか疲れて、今一つ作品決まってなくて、今日のオープン同時に搬入となりました。
 もう、新聞社の方が1番に取材にいらして、ちょっと遅れてご迷惑おかけしました。

 私のは今回オルゴールつけて、開けたらメロデイ~が流れるようにしました。
すべての作品、開けると中に色々な作品が入っています。
今週末日曜日までですが、また、連休4日と5日は近代美術館前でも展示しています。

 なんだか今週までバタバタと予定いっぱいだったからホッとして、帰りに一人Macカフェでお茶しながらまとめて日記をかいて

 
c0100195_2232813.jpg


大原にもどってくると菜の花ももう最後の畑かしら、黄色があざやかですごく和む。

c0100195_2245790.jpg


ピンクの花びらの向こうにこいのぼりが・・・
もう、こいのぼりを庭に揚げることもないけど
今年はカブトをかざってみようかしらと。

More

by nobukoueda | 2011-04-26 22:23 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback | Comments(8)

個展も2週目突入

c0100195_10195487.jpg


昨日はギャラリー休みでなんだかドッと疲れが出たのか、たまりにたまった家事労働片付けようと思っていたけど、天気も悪し、ちょっと横になったら、たっぷり昼寝してしまって、1日結局何もできずでした。

 日曜日は雨のなか、京都アートカウンシルの総会をロシア料理のレストランキエフさんでやって、ここの社長さんが加藤登紀子さんのお兄さんでそういえばなんだかにてらっしゃったようなでしたが、とても感じのレストランでした。実は総会は役をやっているのでずっと準備から閉会までいたのですが、丁度お料理の時間の懇親会は私は日曜日のギャラリー個展会場に少しはいなくてはと、抜け出して個展会場まで行ってました。

 キエフさんは四条南座向かいのビルですが、そこから、ギャラリーの三条神宮道というところまで京阪とか、地下鉄もそれぞれ1駅乗り換えだし、バスもとおもいながら、結局円山公園から神宮道を三条まで歩いてもたいしたことないなあと、(タクシー乗ればすむのですが)往復歩いて・・

 でも本当に京都の町は歩いていてはじめていろいろ、素敵なお店や、古い家や、木々花々発見できます。
ギャラリーにも遠方から休みだからとわざわざ来ていらした方も・・留守の時は本当に申し訳なかったです。  日曜日は京都は5時過ぎはギャラリー入れ替え時間でとなりのスペースは日曜日で終わりで次の方が搬入、また今日から1週間新しい方とご一緒です。

 昨日で疲れもとれて、たまった洗濯も干してさあ、今週もはりきりましょうか・・と。

by nobukoueda | 2010-05-25 10:19 | 個展 | Trackback | Comments(8)

ボックス展の作品

c0100195_7424677.jpg


先回のボックス美術館展の作品
今個展している ギャラリーはねうさぎさんで行われたボックス展に出品したもの

今大切ななこと・・子供たちに伝えたいこと

が。この時のテーマだったから

私はアウシュビッツの収容所で撮った写真
それは大きなガラスケースのなかには大量な靴の山
赤いサンダルだけが色鮮やかだった。

私はボックスの中に自分の家族の靴をいれてその上に「靴の山」を版画にしたものを置き、大切にしていたはくことがなかった最初の子のベビーシューズをのせた。

実は今回の個展にそのアウシュビッツシリーズをライトパネル仕立てにした作品も持っていったけど他の作品との関係で異質な空間になってしまったので急遽とりはずした。

又の機会に整理することにしよう。

他には

by nobukoueda | 2010-05-21 08:03 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback | Comments(2)

礼状出す前に礼状が来た~ 堀尾貞治氏のコトバ

c0100195_20555616.jpg


個展の礼状をそろそろ出さないととおもっていたら、その前に堀尾さんから先に礼状が来た。というか、ちょうど私が唯一画廊にいけなかった仕事日にギャラリーはねうさぎに見に来てくださったのだ。その前の週にギャラリー虹さんにて堀尾さんは個展されていたのだ。
 堀尾さんは又高槻市駅前のギャラリーマーヤさんでも個展中にて本当にお忙しい中、よく足を運んでくださった。

 「やればやるほどよくなる作家だとおもいます。(私のこと~^^;)

結局死まであとわずかの時間です。

芸術はやりすぎるということはありません。

やればやる程

神が力をかしてくれます。

そして楽しくうれしいことばかりになります。」

とこの裏に書いてあった。

・・・・・・・涙が出るぐらいうれしかった。

以前堀尾さんがいろいろ書いたもののコピーを分けてもらった。

c0100195_21113468.jpg


あんなにいっぱい個展や展覧会している堀尾さんでも展覧会終わるとホッとするのかしらと・・

「次のほうがもっと大きいのだ、

理由はどうであれ、続くことが大事だ」

特別の才能もない 人間でも続けていること

やり続けること 

Beeing an artist

芸術家で在り続ける事

それが大事

by nobukoueda | 2009-01-30 21:22 | ステキなもの | Trackback | Comments(4)

ノブコ・ウエダ展   2009年個展ではじまる

c0100195_2142513.jpg


20日から展覧会です。

以前も何度か展覧会や個展させていただいたギャラリーはねうさぎさんです。
(神宮道三条東です。)

今回は昨年夏に発表した平面の仕事の展開です。

今年に入ってからもいろいろなニュースが飛び込んできます。
今の時代がどんな時代であったかを次の世代に伝えることも美術の大きな役割と思っています。
昨年は四川の地震や災害が大地を揺るがしました。
そして今年は戦争ではじまりました。
ガザの出来事も犠牲になった子供たちのことを思うとつらいです。

今日はメールでガザに住んでいるパレスチナ人の生のコトバが送られてきました。
私は以前何度かカンボジアにPASS(国際交流をすすめる画塾協会)のメンバーとしてケアインターナショナルという組織の依頼で絵画のワークショップ指導に出かけました。
 その国際的NGO組織CAREがガザにもあり、そこのスッタフもいま、危機的状況のようです。1人はなくなったとのことです。
 今のガザがどんな様子か新聞では伝わってきません。

このレポートはリアルに現実をつたえてきてくれます。
よんでいただけたらです。

いつもありがとうございます。
また、個展のときお会いできたらです。

Moreガザのパレスチナ人のストリー

by nobukoueda | 2009-01-09 22:11 | Trackback | Comments(4)