うちわ展 終了

c0100195_14425907.jpeg

四条木屋町下がるのギャラリー四季AIRさんでやっていたうちわ展が終わりました。
私のはコラージュ、デジタルプリントしたもの、
c0100195_14445554.jpeg
片面はこちら

なんだか祇園祭にはあまりふさわしくない暑苦しい感じになってしまいました。

穴の空いてるとこを持って仰ぐので私のは逆の図柄だったかも。

c0100195_14465470.jpeg
面白いものいくつかあったのですが、もう最後でしたのでなくなっていたら
c0100195_14475039.jpeg
陶芸家の作品です。
c0100195_14484259.jpeg
町屋のスペースにはうちわが合います。
c0100195_14493397.jpeg
鏡のような
c0100195_14500909.jpeg
来年はもう少し清涼感漂ううちわにしなくては〜

でも
わざわざ足を運んでくださった方々
いつも本当にありがとうございます。
無事終わりました。
さて来週からのアトリエ展に集中しなくてはです。

# by nobukoueda | 2019-07-16 14:42 | Trackback | Comments(2)

ジャコメッティ展 映画 最後の肖像

c0100195_14210555.jpeg
先週末久しぶりに大阪の国立国際美術館に行く、抽象画展とジャコメッティ展でしたが、ジャコメッティの方はコレクションされた一部を見るための企画で作品展は少なかったですが、目的は見損なった映画、
「ジャコメッティ 最期の肖像」を上映してくれるのでみに行くためでした。
映画は期待していたのですがそのモデルとなったジャーナリストとジャコメッティのやり取りはまぁ、いいのですが、何というか奥さんのアネットが出てくるのですが、矢内原伊作とベットでいちゃついてる様子と、反対のアトリエではジャコメッティがモデルとベタベタしているシーンがあり、その間の通路をジャーナリストの青年が帰る時、まるで失礼な言い方だが、娼婦宿の窓から覗いているような感じでとてもいやな印象だった。

大学生のとき、バイブルのように読んでいた本
ジャコメッティとともに
そこには作者、矢内原伊作さんとアネットの関係も隠さずかいてあり、ジャコメッティは自分が愛するアネットを信頼している矢内原が好きになっても当然だろうということが書いてあったが

のちにその本は廃盤となる、それはジャコメッティ死後アネットは自分と伊作のことが書かれているのをとても気にして嫌がったからだと。

この映画をアネットが見たら、あるいは伊作さんが見たら喜ぶだろうか、私は後味が悪かった。

というわけで俳優さんもジャコメッティには似ていた感じもあるけどなんだか作品や、彼の真理を追求姿より下手な方に目がいってしまうようで残念でした。

又次のパート2のジャコメッティ展がこれからあるようです。又いけたらですが

ただ今京都は祇園祭の真っ最中にて、凄い人でついつい出かけるのは二の足です。

# by nobukoueda | 2019-07-16 14:20 | Trackback | Comments(0)

夏はやっぱりスライム作り

c0100195_14110549.jpeg

夏になるとアトリエの子供達のリクエスト
スライム作りしました。
ラメなども入れて

c0100195_07271234.jpeg
色々遊ぶのが楽しい。
c0100195_07281147.jpeg
いくつもの瓶に入れて持って帰りました。

うちわの展覧会も昨日から始まって
どんなのが並んでるか楽しみです。


# by nobukoueda | 2019-07-13 07:25 | Trackback | Comments(2)

うちわ展のご案内

c0100195_09384036.jpg

12日から木屋町仏光寺下がるの四季AIRというギャラリーにて始まります。
今年は久しぶりの参加ですが、今回は白い内輪ではなくて丸い木目の美しい木でできたうちわです。

c0100195_09443520.jpg

どんなうちわがならぶか楽しみです。

アーテイストのユニークなうちわをお楽しみください。



# by nobukoueda | 2019-07-11 09:49 | 京都アートカウンシル | Trackback

新緑の寂光院 わっぱ堂

c0100195_00275071.jpeg
この時期とても苔が美しい
寂光院の茶室への門

c0100195_00285368.jpeg
久しぶりに友人二人が遠方から来てくださったので

c0100195_00300557.jpeg
先にランチは先月も出かけた「わっぱ堂」さんは
今回はお値打ちコース
手作りのたまご豆腐は濃厚卵の味がしっかり
c0100195_00322199.jpeg
松花堂弁当は色々な野菜がいっぱい
これにご飯とお味噌汁で、
コースでなくてもこれで充分お腹いっぱいに
美味しかったです。

c0100195_00342339.jpeg
お寺の近くにツキヒホシというアンティーク屋さんがありちょっと覗いたり
お友達来てくれると観光気分でお散歩も楽しいです。

帰りに前回までやっていた美術館近くの博宝堂画廊さんにて展覧会を見に、実は昨年のハンガリーでのレジデンスのメンバーの一人でして、来てくれたメンバーもハンガリーの時のメンバーで懐かしのミニ同窓会気分でした。

赤紫蘇も大きくなってお寺の前の漬物屋さんでは柴漬けの最中にて紫蘇の香りがただよってました。

# by nobukoueda | 2019-07-11 00:27 | Trackback | Comments(2)

箱展終了、次はうちわ展

c0100195_09024841.jpeg
ギャラリー妙さんでの箱展、無事日曜で終わりました。
私は箱に入る大きさの本を作りました。
中のページは繋がる形です。
一枚一枚のハガキはのりつけしているわけではなくてハガキ同士を上下に紙の帯でつなげてあります。
これは面も裏面も見ることできます。

ジャバラになっていて畳めば小さな本になります。

搬出時は何時ものクロージングパーティにて
c0100195_09080659.jpeg
オーナーの手作りのお料理やみんなの持ち寄りで乾杯でした。私は朝作ったニョッキのミートソース和えでしたが、なんとニョッキをちゃんとべつに茹でなくてそのままミートソースに入れて煮込んでしまったのでどうも味がどんより曇った感じで(^^)

とにかくお忙しい中遠方わざわざ足を運んで下さった方々何時もありがとうございます。
一つ搬出終わると少しボーとした気分になって
なんだかのんびりでしたが
次のうちわ展に向けて色々トライしてたらあっという間に時間は過ぎてしまいました。

# by nobukoueda | 2019-07-09 09:02 | Trackback | Comments(2)

岩倉てミニ展覧会開催中

c0100195_18363995.jpeg
昨日で色々作品の提出書類などひと段落して

のブログを一気にアップしました。ずっと又更新してなかったから。

そして今月末のアトリエ展の前に
岩倉コープでミニ展覧会を開催中
c0100195_18402167.jpeg
これは大原の絵地図、全紙の大きな作品です。

c0100195_18423214.jpeg
今週作った名前のプレートも少し飾りました。

又アトリエブログものぞいてください。

今アトリエの子供達も何も宣伝しないので、あるいは魅力がないのか(^^)凄く少なくなって
新しいお友達大募集です。

水曜は岩倉コープ教室で今月から日曜の午前中は大原アトリエです。

よろしくお願いします。



# by nobukoueda | 2019-07-06 18:34 | 子どもアトリエ展 | Trackback | Comments(0)

アトリエMORI造形作品展のお知らせ

c0100195_09554187.jpeg
今月23日からアトリエMORI造形作品展を開催します。
はじめの1週間は小川陽子さんと山口龍太郎さんの2人展です。
ガムテープ人形とアクリル画
山口さんは素敵な色鉛筆画とアクリル画です。

c0100195_09573523.jpeg
30日からは子供たちの作品です。
それぞれ個展のように作品を並べます。

なるべく会場にいます。是非ともいらしてください。
たのしみにしてます。

# by nobukoueda | 2019-07-06 09:55 | Trackback | Comments(0)

ゆめのなかの堀尾貞治展

c0100195_11055202.jpg

昨年の11月3日の文化の日に亡くなった神戸の堀尾さんは関西の具体のメンバーであり大変有名な方です。

今回は親交ありよく個展されていた三鷹市のギャラリー由芽さんにて

堀尾さんをしのんで、色々な作家がオマージュ作品を作って堀尾氏の作品とともに展覧会しようということです。

お声かけてくださり、参加することにしました。

c0100195_11060738.jpg
一度行ったことあり、ちょうど堀尾さんの個展中にてスペースいっぱいに堀尾さんの作品が埋まっていました。

堀尾さんからたくさんのハガキのお手紙いただきました。
そこにはいつも励ましの言葉が書かれていて
最後はいつもおもろいことしょうな、と。

今回堀尾さんの手元にある作品やら私への手紙などを1冊の本に仕立てて展示する予定です。

どんな展覧会になるか楽しみです。

東京方面の方、といっても三鷹は離れていますが、お近くの方いらしたら是非ともお出かけください。


# by nobukoueda | 2019-07-04 11:15 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback

病院への絵画架け替えボランティア

c0100195_11364204.jpeg
先日女子美の同窓会京都支部の活動の一つで京大病院の積貞棟の7階ホールの私の作品をこれに変えかけてきました。
ベルリンのホロコースト記念塔の一部をフォトエッチングにして中の小さな家にいれて、周りは家から飛んでいくように葉っぱを刷り込んだものですが。
タイトルは病院にふさわしく
光に向かって

に変えてみました。
以前のは

c0100195_11424771.jpeg
こちらでしたが。これは病院に合うようなるべく明るく仕上げたつもりですが、
どうも中の版が同じパターンでして変わりばえしなかったなぁと。

というかがここ数年何も進歩してないのかもしれません。
なんとなくこの季節は気分も落ち込んで
自分が本当にダメ人間に思えますが
まぁ、何とか根が楽天なので
気にしないでやろうとは思ってますが

案外この性格がいい加減な生き方につながってきたのかもしれません。ね。

# by nobukoueda | 2019-07-03 11:36 | Trackback

聴竹居 と大山崎山荘美術館 ミロの彫刻展

c0100195_15180132.jpeg
日曜の雨がひどかった時に年配の美術家の希望もあり、山崎の聴竹居さんに予約して車でご一緒しました。
こちらは若くして亡くなった藤井厚にという建築家の環境共生住宅とのこと。
昭和3年の頃なのに、まだどこも使ってなかった一軒家が建つぐらいの電気冷蔵庫やモダンなL型キッチンはダイニングからある家具の扉が開くことで上手く配膳されていたり、サンルームの隣は子供部屋なのですが全ての家具が合理的に添え付けになっていてその机からはサンルームのドイツ製の窓ガラスを通して山崎の風景が一望できるようになっていた。
そのダイニングテーブルに座った時にこれは一度見た風景のような気がすると、
ひょっとして以前一度きているかもしれないと、私の記憶では初めてだったけどなんだか懐かしくどこかで見たことある住宅の気がしてどうも思い出せない。

ちょっと残念なのは壁紙は和紙を貼ってあるのだが当時は本当に真っ白でさぞかし明るかったと思うが今は茶色で干からびている感じ、真っ白新しくしなくてもいいがせめて、剥がれている部分は修復して欲しいと思った。千円の入場料取るのならと。まぁ、当時のように修復する方がどれだけ時間もお金もかかるとは思うがそれだけ価値ある住宅と思うのですが。

c0100195_15322174.jpeg
その後すぐ近くの美術館もとても美しい建物でミロの彫刻が何点か並んでいて良い美術館で
c0100195_15341357.jpeg
二階のカフェにてミロのイメージの赤のケーキを頂き
雨も何とか上がって京都の展覧会の搬出にも十分間に合って充実な日曜でした。

# by nobukoueda | 2019-07-02 15:16 | Trackback | Comments(0)

アメリカのアーテイストからのポストカード

c0100195_09325884.jpg
先日、素敵な木版画のポストカードのお便りがアメリカから届いてびっくり、
高齢の素晴らしアーテイストのジェイミーさんからでして。春にアメリカに行ったときにごちそうになってただ礼状のハガキを出したら交換にと送ってくださった。
 これはレンブラントの「チュプレ博士の解剖学」からインスパイされてつくったものだと書かれていて、確かにどこかで見た構図だと。
私がより良く良い作品を作ることを願うと励ましのメッセージが添えられていた。
 本当にうれしい限りでした。

来月に東京の三鷹のギャラリー由芽さんにて昨年亡くなった堀尾貞治さんをしのぶような展覧会「ゆめのなかの堀尾貞治展」が開かれる。いろいろな作家が堀尾さんを思って作品参加するというので私も出すことに。
 そして今までいただいた堀尾さんからのハガキをまとめて本にしようと読み返していたら、いつも展覧会見た感想などがんばっているね。よかったよとか、もっともっとおもろいことしょうね。とかいつも励ましの言葉でいっぱいだった。

 自分はいつまでも下っ端で何もわからずもっとちゃんとやらなくてはと思ってきたがいつのまにか良い年となってきた。
次の世代を励ますようなちゃんとした仕事をみせてしっかりしなくてはと思う7月の初め週の初め、1日の初めに感じることです。

 ギャラリー博宝堂さんには沢山の方々がいらしてくださいました。
 本当にありがとうございました。

# by nobukoueda | 2019-07-01 09:51 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

博宝堂 女流作家展 最終日

c0100195_10174504.jpeg
神宮道の博宝堂ギャラリーさんにて今日までやっている企画展、あいにくの雨ですが、
最後の日、会場には夕方しか行かれませんが
ヨロシクお願いします。
約束していてこんな雨の中
出かけることに

c0100195_10202351.jpeg
昨日は本当は興味ある展覧会が東京であり行きたかったけどなんだかそれだけで出かけるゆとりがなくて
一日中家で過ごしたが気分転換に少し夕方お散歩
柴漬けの紫蘇がたっぷりと収穫を待ってるよう
c0100195_10215885.jpeg

ちょっとこちらのアピエさんにてコーヒータイム
チーズケーキもいただいてゆったりタイムでした。

# by nobukoueda | 2019-06-30 10:17 | Trackback | Comments(0)

スペース妙 箱展

c0100195_15550673.jpeg
7月7日までの箱展は松ヶ崎のスペース妙さんにて開催中

c0100195_15562992.jpeg
箱はポストカードが入る程度の小さなボックスですがその中にさまざまなアイデアでいろんな作家さんが作品を展開しています。

是非ゆっくり一つ一つ覗くように見てくださいね。

# by nobukoueda | 2019-06-29 15:54 | Trackback | Comments(0)

出町座 マイブックショップ

c0100195_09031838.jpeg
京都の出町商店街の中にできた出町座という映画館は
今回で2度目だが小さいながらも良い映画をやっている

今回は、今日で最終だからと誘われて
本屋さんのお話なら興味あるかとみてきました。

イギリスの小さな町で50年代に村で初めての本屋さんを開いた女性のお話だが、出来上がった本屋さんが本当に美しい本を並べていて、可愛い女の子がお手伝いに来るのだけど2人でお茶にするシーンは素敵なティカバーの付いたポットでのティタイムはいろんな雑貨や雰囲気が素敵でうっとり。
1人の引きこもり老人との本をめぐるやりとりもイメージが膨らんで楽しい。最後はちょっと村の権力者の嫌がらせが続いて辛い気分にさせられたりもしたがいつも勇気を持って立ち向かっていた姿に好感、励まされる感じ。

本って素敵だなぁと思わせてくれる。

終わってから隣にできた古本屋さんも素敵な雰囲気で欲しい本が安かったので一冊購入。

久しぶりの出町商店街は七夕飾りのせいもあるが新しいカフェまできていたりでとても活気あふれていた。

又ゆっくり行ってみたいなぁと。
誘っていただいてありがとう。

# by nobukoueda | 2019-06-29 09:02 | Trackback | Comments(0)

大原の農家レストラン わっぱ堂

c0100195_11404378.jpeg
大原で大人気のわっぱ堂さんへ
いつも息子の休みの時はわっぱ堂も休みで中々だったがちょうど他の日に休みがとれて
息子の希望で行ってきた。
c0100195_11431514.jpeg
お吸い物は中に自家製手作りたまご豆腐が入ってるが
たまごも大原の卵で凄く濃厚な味があって美味しい。





c0100195_11451051.jpeg
イワナのカルパッチョ
ここは農家レストランと自称していてオーガニック野菜はほとんど自家製でイワナなども近くでゲットするらしい。


c0100195_11475561.jpeg
石窯もあり、ピザも
c0100195_11484798.jpeg
メインは鮎の塩焼き
野菜の天ぷらも旬の食材で
c0100195_11500422.jpeg
焼きおにぎりのあんかけ
c0100195_11510855.jpeg
最後は自家製アイスクリームとコーヒー

色々息子もこれからのことなど考えている様子

帰りにバスターミナル近くにできた新しいカフェに行くもお休みだった。

たまにきてもすぐ帰ってしまうけど
まあ、元気な顔だけ見ることできたら
それで良しとするか。

# by nobukoueda | 2019-06-27 11:39 | おいしいもの | Trackback | Comments(2)

妙なる箱展 5 スペース妙

c0100195_13592022.jpg
あすの日曜日23日から7月7日まで松ヶ崎のスペース妙という画廊にて
毎年恒例の箱展が始まります。
   
c0100195_13590245.jpg
今回のテーマは「開く」です。どんな作品が集まるか楽しみです。
作品はこれから持っていきます。
毎度のことながら よろしく願います。

さて、神宮道のギャラリー博宝堂さんの参加しているグループ展も今秋からはじまっても中々伺えずでしたが、
これから少し会場にいることにします。

午前中は大原のアトリエでは本当は低学年の造形クラスの子だけの課題の自分の家から学校までのマップ作りでしたが、
なんと、ほかの子もみんなが協力して大原のマップ作りとなってしまいました。

おかげで短い時間にとても大きな大原絵地図ができあがりましたが。




# by nobukoueda | 2019-06-22 14:08 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback

神馬堂さんのやきもち

c0100195_16354947.jpeg
神馬堂の焼き餅をいただいて
こちらは上賀茂神社の近くですがやっている時に中々通ることできず、やっていても並んでいて中々買うことできずで
c0100195_16375638.jpeg
久しぶりに出来立て柔らかいものをいただいた。

先週までやっていた展覧会の搬出作品を代わりに届けたらご丁寧にも散歩がてら行ったら買えたからと〜

かえって気を遣わせてしまったが。
この表装紙といい、やきもちのロゴといい、この味のように優しく暖かで旨味がある。

日曜から又つぎの展覧会、箱展が始まるので
小さな作品だが時間がかかってしまったが何とか完成。

これで今月の予定はクリアできて
これから久しぶりにラフランスの会へ、
ラフランスは洋梨、ようなしの会というらしいけど。

あまり飲めないのに飲み放題の会は好きではないけどまぁ、お料理に期待しましょう。

# by nobukoueda | 2019-06-20 16:35 | Trackback | Comments(2)

明日から又展覧会「女流作家作品展」

c0100195_09105097.jpg
今日は本当に良いお天気でうれしくなります。
昨日まで京都駅近くの元祟仁小学校で行われていた展覧会「同じ刻を生きる展」の最終日にてたくさんの方々がわかり辛い場所にもかかわらずいらしてくださいました。
 いつも本当にありがとうございます。
そして
同時にこちらの博宝堂でのの展覧会の搬入も済ませてきました。

展覧会は明日から今月いっぱいです。
こちらはわかりやすい場所にて京都の美術館へ行く道神宮道の鳥居の南です。

c0100195_09110544.jpg
ドローイングの作品2点と小さな彫刻を出しました。
展示は画廊のスタッフにお任せですのでどんな展覧会になるかわかりませんが楽しみです。

昨日は父の日にて
オットに素敵なベストが息子夫婦からおくられて、よく趣味をわかっていると感心
ひとりの時は我が家の息子にはそんな気遣いはなかったのですが、やはり家庭を持つということはパートナーの心使いもあり変わってきていますね。
 父をなくして初めての父の日にて、数か月たってから近頃やたらと父のことを思うようになってきました。
沢山の愛情を受けて育ったのですが父のために何かしたのだろぅかと・・・

# by nobukoueda | 2019-06-17 09:32 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

絵画教室の後はお楽しみ

c0100195_22003496.jpeg
土曜の自宅アトリエの絵画教室では
女の子ばかりで終わってからはいつもティタイム
今日は岩倉のアトリエのヨーコさんとこから頂いた
手作りお菓子ですが、
これがお寿司になります。
c0100195_22035183.jpeg
こんな箱の中のお菓子の素の粉を水で溶いて固めて粘土のようにお寿司にします。

そしてみんなで可愛いお寿司を食べて
ティタイムでした。

夜はただ今開催中の展覧会の懇親会で河原町へ

メキシコからも関東からも参加者いらして賑やかでした。さて、明日で祟仁小学校での展示は終わりです。
又来週からも新しい展覧会が始まります。

どんな展示になるでしょうか。

# by nobukoueda | 2019-06-15 22:00 | Trackback | Comments(0)