ぼろぼろな駝鳥

ぼろぼろな駝鳥

 何が面白くて駝鳥を飼ふのだ。

 動物園の四坪半のぬかるみの中では、

 足が大股過ぎるぢゃないか。

 頚があんまり長過ぎるぢゃないか。

 雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。

 腹がへるから堅パンも食ふだらうが、

 駝鳥の眼は遠くばかりを見てゐるぢゃないか。

 身も世もないように燃えてゐるぢゃないか。

 瑠璃色の風が今にも吹いてくるのを待ちかまへてゐるぢゃないか。

 あの小さな素朴な顔が無辺大の夢で逆まいてゐるぢゃないか。

 これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。

 人間よ、

 もう止せ、こんな事は。

     (高村光太郎-「道程」より)

これはアニマルママさんが教えてくれた詩
アニマルママさんは何時もいつも小さないきもの、動物の視点で世界をみている。
アニマルママさんは言う、いつも可愛そうな動物ばかりに出会ってしまうと。
きっと私の周りにもたくさんいるのだろう・・
動物園の中にも・・・
でも
私は出会わなかった・・のではなく気がつかなかったのだ。

私は自分のことばかり・・
自分の好きなもの
自分のやりたいこと
自分の視点だけでしか世界はないとでもおもっているのか

中学の時私も高村光太郎の道程に惹かれた
道は自分の前にまっすぐ光り輝くように伸びていると・・・
世界は自分の道だけでなりたっているんじゃない・・のはわかっているのに・・
アニマルママさんの書く視点はいつも犬や猫の目線で・・
こんなブログ(mixi)もあったのかと
何も知らない
何も気づかない自分が悲しかった
# by nobukoueda | 2007-04-18 23:49 | Comments(10)

やっぱりこれも見て

c0100195_11115616.jpg

お茶会の花見の宴にでたお弁当でした。
# by nobukoueda | 2007-04-17 11:11 | Comments(2)

春のお茶会

はる真っ最中の先日日曜日
KAC(京都アートカウンシ)主催のお茶会が嵐山の陶芸家の川上力三さん宅にて行われた。
 KACは京都をアートで活性化しようとうまれた団体にて私はメンバーで子どもと美術部会をたちあげてかつどうしたり、このお茶部会もキョウミもって時々参加しています。流派や形式にとらわれず自分たちでその時々すきなようなしつらえ、見立てでやっています。
 今年初めてということもあって結構きものの方もいましたが、私も着ていきたくてだしていたのですが、他の用事済ませていたら時間なくて、やむなく(まあ、中々簡単に帯が結べないのですが)断念、しかし、他の方のきもの姿見ていると本当に後悔、こんなときしか中々切れないから・・
c0100195_1046339.jpg


川上さん宅は入り口がギャラリーになっていて、ご自身の作品がたくさん並び、奥はアトリエ兼陶芸教室大きな釜2つもあり。

c0100195_10485170.jpg


中の広居間からは居ながらにして、対岸の鈴虫寺の桜が見事にもう、散り始めていたのですが川にその花びらが浮ぶ姿は美しかったです。

c0100195_1052464.jpg


さすが陶芸家居間にはちゃんと茶室がしつらえてあり、川上氏のお茶碗はもとよりメンバーの陶芸家の国松さんのユニークなお茶碗でもお茶いただきました。
茶室のテーマは円相ということにて、お軸は韓国の仏国寺のもの、床の間には川上氏の円の作品、窓辺にはコレクションの作品の円が並びました。

そのあとは約30人集まったメンバーみんなで和気藹々と京都らしき美しいお弁当をいただきました。車ではなかったので、本当はあまり飲めないのになんだか結構日本酒いただき(とてもおいしかったー)

U~ん・・
今年の遅まきながらのお花見
満足
作品全然できてないこと忘れた一日でした。
# by nobukoueda | 2007-04-17 11:05 | Comments(6)

春一番の子どもアトリエ

c0100195_11311528.jpg


えりなちゃんのはAPPLEの文字の上にのったリンゴがかっこいいね

c0100195_11321799.jpg

ななつちゃんはリンゴの模様も回りも桜のはなびらみたいで春爛漫

c0100195_11324228.jpg

シモン君は黒地の上のリンゴは本当にみずみずしくおいしそうリンゴの味が伝わってきます


c0100195_11333813.jpg

リュウキくんはすっぱい味を青ややみどりであらわして皮を描いてまわりはリンゴだぞーという感じにいっぱい矢印が

c0100195_1234275.jpg

陽子ちゃんはいつもまわりに大好きな人がいっぱい並びます。ホントニみんなに愛されているんだね。




春休みも終わって今週から仕事始め
以前臨床美術のワークでやった、「リンゴを描く」を子ども達と。

いろんなリンゴを用意してまずはみんなで試食
どんな味がするか・・・
はじめは中身の色を選んで中身から描く
そしてその上にリンゴの皮の色を塗っていく
そして、割り箸などで引っかいたら
誰でも味わいあるリンゴのできあがり
切り取って、好きな色紙にはったりまわりもたのしんで・・・
# by nobukoueda | 2007-04-15 11:58 | Comments(0)

最後の教室

月二回だけだけどもうずいぶん長い間琵琶湖の湖畔のローズタウンという住宅地の中の市民センターで教えていたけど今月で親しい友人(近くに住んでいる)にかわってもらった。
 舅の介護と、(なくなってしまったけど)自分の制作時間確保と・・まあ・・
でもやはりちょっぴり可愛い生徒さんとお別れは寂しかった
c0100195_0281645.jpg


リュウキくんは本当に3歳なるかぐらいからきていていつもおちついてマイペースでドンドン絵がひろがっていってた。
いつもお母さんと一緒だったけど赤ちゃんうまれてからお兄さんになって、もう、一人でも充分思うようにのびのびやっている。
子どもの成長はすごいねえ。

c0100195_0393622.jpg



カズハタくんはちょっとおちゃめで虫が大好き、おしゃべりもたのしい。
自分の意思をしっかりもっている。
ワニの口はすごい迫力

思えば本当に一人一人子ども達は個性的
新しい生徒さんも体験にきてくれて
こんどからまた、やさしい先生について又一回り大きくなってね。
# by nobukoueda | 2007-04-15 00:51 | Comments(0)