女性美術展はじめる  ギャラリーかもがわ

c0100195_10482729.jpg
今週の今日からはじまった堀川出水西入のギャラリーかもがわさんにて女性美術展が始まりました。女性をすごく意識しているというよりは第9条を守るという平和へのメッセージがはっきりしている企画の展覧会でもうなんと10回目です。
c0100195_10511312.jpg
会期中いろいろイベントもございます。27日までですので覚えていたらよろしく願います。


# by nobukoueda | 2018-05-09 10:53 | ノブコ・ウエダ出品作品

彫刻家協会展はじまる 京都府立文化芸術会館

c0100195_10300262.jpg
昨日は昼過ぎまで当番で文化芸術会館の彫刻展にいました。
c0100195_10310088.jpg
私の作品は小さなものですが、色々なお客様が初日からいらしてくださりみてくださいました。
昨日はその後来週から始まるデイトン京都版画交流展のため作品の額装の作業でした。夜にもう1つ展覧会のオープニングに駆けつけたかったのですがもう疲れて気力なしでした。

こちらの彫刻展は13日日曜日に講演会も開催します。是非ともよろしくお願いします。

# by nobukoueda | 2018-05-09 10:29 | Comments(0)

京都彫刻家協会展

c0100195_09424423.jpg
明日より河原町丸太通上がった府立病院の向かい側の京都府立文化芸術会館にて彫刻展が始まります。毎年GWあたりにやるのですが、今年はその前からばたばた展覧会続いて石の彫刻をしたいと思っていてもなかなかで鉄で双葉を作ったのですが、なんと初めて家の部分も鉄で作りました。
 以前べネシアさんのテレビでみた女性の鉄の彫刻家のアトリエがとても気になっていて、調べてみたら車でなら遠くなく連絡して鍛造といって鉄の塊をたたいて形を作り出す技法を教えていただき何とか思う形にできました。
すごく楽しい時間でした。素晴らしい仕事場で女性でもちゃんと仕事できる人は仕事場も制作しやすいように工夫されてうらやましい環境でした。
c0100195_09535489.jpg
展覧会は明日からで明日は10時から2時までは会場に当番でいます。
13日には講演会もございます。よろしければぜひお出かけください。



# by nobukoueda | 2018-05-07 09:58 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

堂本印象美術館 野外彫刻展終了

c0100195_09021678.jpg
ゴールデンウィークも終わって今日も雨かと思ったらなんとか今のところ、どんよりですが
昨日までの堂本印象美術館の野外彫刻展示は無事搬出して終えました。
会場には美術館の係員の方だけで殆ど居なかったにもかかわらずわざわざ訪ねてくださった方もいて本当に感謝です。
ご高覧ありがとうございました。

前日に大原観光して我が家に来てくれたデンマークの友人Judithとその友人のアーティスト
c0100195_09084211.jpg
2人が日曜日も印象美術館に来てくれて無事搬出してもう1人来てくれた友人も手伝ってくださいました。
c0100195_09402806.jpg

作品は印象美術館の小さな森のような庭園を伸びやかに飛び回ってる我が家に帰って来ました。印象美術館も中の作品はいくつか展示替えもあり何度かみましたがその都度新鮮な驚きがありました。

そして、今日はまた明日から始まる彫刻の小品展の搬入です。
ゴールデンウィーク終わったら何だか今週は予定もビッシリです、どんよりお天気のように気分もちょっとどんより気味で中々エンジンかかりませんが、今年は休みの間に早めに衣替えもしたのでそれだけは達成感感じてますよ。
それにはびっくりするおまけ付きでバックも一緒に整理している時何処かに忘れて来てしまったと思っていた小さなデジカメが忘れていたボストンバッグの中から出て来たのでした。
2年ぶりのご対面でした。
たまにはクローゼットも片付けなくてはですね。

# by nobukoueda | 2018-05-07 09:00 | 展覧会 | Comments(0)

大阪国立国際美術館 トラベラー

c0100195_15283594.jpg
先週末はアトリエの仕事終わってから大阪の国立国際美術館に
滞在中のデンマークの友人と出かけた。
トラベラーという企画展していた。
Judithは大阪のこの美術館始めてで大変立派で立派な美術館とベタ褒めでした。
展覧会は現代アートのコレクションだが、
ジャコメッティのかつてパリで一時交流していたフローラという女性のことを彼女の息子のインタビューを通して描いてある映像がとても興味を持った。
後に評論家がジャコメッティのことを本にしていてそこに記されているフローラのことはとても簡単に軽く描かれているのがアメリカで、後に自分の母親がジャコメッティと交際していたことをしった息子がその本を読んで、
フローラにも壮絶な人生が会ったこと、ジャコメッティとは結ばれなかったが彼女は死ぬ思いで働いて一人で息子を育て上げてくれたこと、
彼女にも立派な人生があったことをわかって欲しいと〜
Judithも私も最後は感激して涙ぐむほどでした。

他に大竹伸朗さんのコラージュの作品が重厚な絵画の域にはいっていてとても共感おぼえました。
その後地下鉄で移動して谷町の大大阪劇場という古い町屋を改造してギャラリーにしているところです友人の個展やら近くの画廊を回って
京都へ帰って、私だけはもう一つ夜のレクチャーがあり
出かけて、Judithはもう、疲れ果てて宿へ、
出かけたギャラリーヒルゲートではもう終わってしまいましたがドイツで主に活躍されている井上廣子さんの個展、いつもはっきりしたメッセージを持って緊張感ある画面の作品でした。
ドイツの森をすごく思い出しました。


# by nobukoueda | 2018-05-02 15:51 | 展覧会 | Comments(0)