嵯峨嵐山探索

嵯峨嵐山探索_c0100195_11590884.jpg
式の前日に私の姉妹は京都入りして嵐山で一緒になってあいにくの雨でしたが嵐山探索
この竹林の小径は私は初めてでした。
小雨でしたが観光客は一輪車で着物姿で写真撮影など・・・
嵯峨嵐山探索_c0100195_15084976.jpg
嵯峨嵐山探索_c0100195_15095768.jpg
嵯峨嵐山探索_c0100195_15105423.jpg
竹林近くのお寺を回って
天龍寺のお庭を見て
姉妹はもうお茶にしましょうと
調べてくれて素敵な町屋のカフェイクスカフェです。
嵯峨嵐山探索_c0100195_17454211.jpg
妹はパフェを私はデザートに千円近くももったいないと
嵯峨嵐山探索_c0100195_17461297.jpg

嵯峨嵐山探索_c0100195_15133790.jpg

甘茶セットでした。もちろんパフェもつまみ食い。
そして帰ってからは
我が家で松花堂弁当松花堂弁当風にいろいろお料理並べて
帰ってきた長男も交えて前祝いでした。
泊まりは温泉のある近くの大原の里へ
私も一緒に温泉を楽しみました。









by nobukoueda | 2018-06-28 15:25 | 京都 | Trackback | Comments(2)

初めての新郎の母

初めての新郎の母_c0100195_10295911.jpg
ステンドグラスの光に包まれて次男が週末結婚式を挙げました。
前日私の姉妹が京都入りして一緒に嵐山観光して
式当日も姉たちと朝市など観光して、その間私も着物用にヘアーもアップしてもらったりそして午後からの式と早めの本当にささやかな親族だけの披露宴をおこなって感無量な1日でした。
 やっと夏までの展覧会やこの挙式を終えてホッとしているところです。

いろいろこれから大変ですが今度は若い二人で夢に向かって進んで行ってもらいたいと思います。

by nobukoueda | 2018-06-26 10:48 | 日々日記 | Trackback | Comments(10)

妙なる箱展 ギャラリー妙

妙なる箱展 ギャラリー妙_c0100195_08542262.jpg
明日からの展覧会に出品します。
なんだか今月もいろいろグループ展いっぱいでついついできるかと参加決めてしまい、一つ終わったら次の作品に取り掛かってとあわただしかったです。
来月はちょっと休憩することに・・・

 今日は明日に家族の一代イベントがあり姉妹が京都にやってきます。
嵐山に観光したいと・・・
私はまず家中の片付けなど終わってから合流することに
たまにしか来ないのだからもっと早くに片付けなどやっておけばよいのに
それが当日にならないとできいないものなのです、私の場合。

 午前中頑張ります。
そしてギャラリー妙さんにかわいい作品?(これはサイズがとても小さなボックスなのです。)を搬入してから久しぶりに姉妹と京都観光です。
妙なる箱展 ギャラリー妙_c0100195_09021908.jpg

ギャラリー妙さんは松ヶ崎にあるので私の生活圏にて近いので助かります。
7月8日に最終日パーティしています。
是非ともご高覧ください。



by nobukoueda | 2018-06-23 09:04 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback | Comments(0)

展覧会などあったけど

展覧会などあったけど_c0100195_11564563.jpg
昨日の地震は本当にびっくりして久しぶりに長く感じた地震だったが我が家では何も落ちずに大丈夫でしたが大阪北部は大変な様子で心よりお見舞い申し上げます。
何となく気ぜわしくて週末色々展覧会など見たものまとめてアップするつもりだったがもう、随分過去のような気持ちになってしまった。
京都の文化博物館にてドイツのオットー展をしていたので幸い見たいと思っていたら遠方の友人が行かないからとチケットをわざわざ送ってくれたので日曜に友人の刻展見てから出かけた。
展覧会などあったけど_c0100195_12015556.jpg
クレーのようであり又違った堅牢なテクスチャーのバウハウスに属する作家であり思った以上に作品点数あり充実した展覧会でした。
その前日も美術館の後長谷川浩子さんの個展
展覧会などあったけど_c0100195_12045402.jpg
や上の階では、小野サボコさんの展覧会
展覧会などあったけど_c0100195_12054246.jpg
心斎橋のMU東心斎橋画廊でした。それから谷町のギャラリー楓にて
展覧会などあったけど_c0100195_12070737.jpg
鷲津さんの個展見て
南森町のギャラリー巡って
大好きな堀尾昭子さんの個展見て
北浜のMIギャラリーの自分が参加していた展覧会の作品搬出して帰ったーのは土曜日でした。

何だかつい先日なのに
昨日のような地震があると
みんな吹っ飛んでしまった感じで遠く感じます。
何はともあれ
今できることをしっかりやらなくてはです。


by nobukoueda | 2018-06-19 11:56 | Trackback | Comments(0)

国立国際美術館

国立国際美術館_c0100195_07411432.jpg
カルダ―の作品が大きく空中に揺れる大阪の国立国際美術館
この美術館はここだけにさんさんと外光が入ってくるがあとは地下なので光は自然光はない。今回は大阪の友人の展覧会回りと自分の参加した展覧会の搬出を兼て、まずはコレクション展みたいなものだがピカソやジャコメッティもあるが60年代からの日本や海外の現代美術の作品が並んでいる国立国際美術館へ
 写真は申請すればOKなのだが、1点だけアップではとらないでとのこと
国立国際美術館_c0100195_07483374.jpg
まあ、今、人の横顔に興味あるのでいいけど・・船越桂さんの作品
 入ってすぐは
 
国立国際美術館_c0100195_07503636.jpg
ヘンリームーアがお出迎え
 高松次郎の作品もたくさんあった。
国立国際美術館_c0100195_07515121.jpg

国立国際美術館_c0100195_07532737.jpg
ドイツのバルケンホールはこのようなおしゃれな木彫だが
国立国際美術館_c0100195_07540363.jpg
初めて見たのはバルケンホ-ルの平面の作品
国立国際美術館_c0100195_07560668.jpg
一見写実的な絵画に見えるがバルケンホールらしく細かく彫り込んであった。まるで木版画の原板のようなそこに彩色した感じ
ドナルドジャッドのミニマルな作品
国立国際美術館_c0100195_07582796.jpg
モールスルイスと左手は元永定正さんの絵画
国立国際美術館_c0100195_07592168.jpg
今までの現代美術の流れがよくわかる
国立国際美術館_c0100195_08004074.jpg
こちらは木彫の作品だがおもしろいのはその制作過程をアトリエの様子もよくわかるビデオで紹介していて、私はその作り方や道具やアトリエの内部の様子がとても面白く見入ってしまった。
国立国際美術館_c0100195_08034271.jpg
アンディウォーホールのグレムリン
国立国際美術館_c0100195_08045787.jpg
国立国際美術館_c0100195_08061839.jpg
時間がたち時代が変わると作品の見方も変わってくる
それでも昔の作品でも今も変わらず強い力で残っているものもある。
国立国際美術館_c0100195_08094930.jpg
その時代の流れ、流行に惑わされないモノが
その作品時代に内在する力があるものが
残っていくのだろう。

この展覧会は私が若いときからずーとみてきた現代美術の流れを伝えていたのでなんだか同窓会に出たようなホッとした気持ちで次の展覧会会場へと~









 

by nobukoueda | 2018-06-17 08:17 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

病院に絵を飾るボランティア活動

病院に絵を飾るボランティア活動_c0100195_06465579.jpg
昨日は京大病院の積貞棟に絵を飾る活動、昨年の絵から新しいものに架け替え作業を行ってきました。1階の待合室からうえは4階から最上階まで私のは7階エレベーターホールに展示です。

 家のカタチのところは版画ですが、後は描いたり葉っぱをコラージュしたりです。
今回初めて病院のために、見た方々が元気になってもらうようにそのためだけに描きました。
 その後ただいま開催中の私も展示している展覧会、ギャラリー博宝堂さんによって作品写真撮ったりして。またそれはお知らせしたいです。

 梅雨の合間のとても良いお天気となりました。
大阪で昨日まで開催中の北浜のMIギャラリーの展示「MIGAA」も参加していてもなかなかいくことできず今日は早めに行ってほかの作品も見て搬出して、今日はアトリエの仕事も明日に変更になったので大阪の友人の展覧会もゆっくり見て回ってこようと思っています。
 よい1日でありますように

by nobukoueda | 2018-06-16 07:07 | ボランテイア活動 | Trackback

アトリエ作品展 

アトリエ作品展 _c0100195_08065995.jpg
今度の日曜日が父の日だったが間違えて私は自分の父にも1週間早く手紙とささやかなプレゼントを贈ったが、先週の子供アトリエではステンシルでTシャツに、素敵なカードも作った。
 
もまとめてアップ
http://studiomori.exblog.jp/

そしてただいま今までのをまとめて岩倉コープカルチャーに展示しています。
アトリエ作品展 _c0100195_08135054.jpg
マチスの切り絵をイメージしていたのですが…
 
アトリエ作品展 _c0100195_08132149.jpg
黒い紙に白で描く大根
 
アトリエ作品展 _c0100195_08150183.jpg
多色刷り版画も
2週間ほど展示しています。
お買い物ついでにぜひご覧ください。

今日は梅雨らしい雨模様
病院へ絵を飾るボランティアの活動で京大病院に作品を持っていきます。
今まではある作品の中でなるべく明るいものをを持って行ったのですが
今回初めて、病院に飾ることをイメージして作品を作りました。
病で苦しんでいる方が元気になってもらえるように願って作品を描きました。
早くから取り掛かっていたのですが、完成はいつも前日にならないで頑張ることできずやっと完成です。

どんな感じになるでしょう。
楽しみです。
 



by nobukoueda | 2018-06-15 08:23 | 子どもアトリエ展 | Trackback | Comments(0)

女流作家作品展  アートギャラリー博宝堂

女流作家作品展  アートギャラリー博宝堂_c0100195_08474593.jpg
来週12日より平安神宮へ向かう道の東側のギャラリー博宝堂さんにてグループ展が開かれます。いつもぎりぎりにがんばる人にてまだ最後の作業していますが。
女流作家作品展  アートギャラリー博宝堂_c0100195_08494138.jpg
ずっと会場には在廊していませんが、また来てくださるという方あれば伺いますのでお知らせください。
 よろしくお願いいたします。

 さて、なんということでしょう。私は今週が父の日と勘違いして昨日急いでプレゼントなど買いにでかけたら17日ということでした。子供たちにも先日間違えてすぐ持ち帰らせて今度の日曜日に渡してね。と・・・いい加減なことをいってしまいました。これから訂正お知らせしなくては・・・
 

by nobukoueda | 2018-06-09 08:54 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback | Comments(0)

父の日カード

父の日カード_c0100195_12411503.jpg
今週の父の日のために、水曜の子供アトリエでは初めは自分のTシャツ作りをと思っていたが父の日のプレゼントにと大きめのTシャツを用意してステンシルでお父さんの名前をローマ字であるいはPAPAなんて入れて周りは好きなようにステンシルで少しでも下着でもいいから着てもらえるように作った。
そして、カードも準備してTシャツと一緒に持ち帰ってもらった。
見本がてらに試作して
私も父のことを思ってカードにメッセージを添えた。中々プレゼントを用意する時間なくて今日こそは行かなくては間に合わないのだ。

フェイスブックを朝一番に見てると過去の投稿を見せてくれる。
父の日カード_c0100195_12473488.jpg
7年前の投稿だった、母を見舞ったときのこと。母の白い手が忘れられない。その次の月に亡くなって7年となるのだ。

一枚の写真が色々なことを思い出させてくれた。父が元気なうちにもっと色々やれることあるだろうに、自分のことばかり優先している。

母の手を想い父のことを考える。

by nobukoueda | 2018-06-08 12:40 | Trackback | Comments(0)

追悼展覧会

追悼展覧会  _c0100195_15405269.jpg
よろずふきこさんの遺作展は昨日で無事終了しました。
沢山の方々が遠方からもいらしてくださり本当に立派な展覧会ができました。私は搬入搬出ぐらいしたお手伝いできませんでしたが。
一年前のその時はちゃんとお別れの機会がなかったので今回展覧会で立派な作品にたくさん出会えて、よろずさんを偲ぶことできてしっかりお別れのご挨拶できた気分でとてもよかったです。彼女は京都芸大出られてから自由美術という全国的な美術団体で最後は審査委員として上京されるほどご活躍されました。
私ともう、随分前に画塾協会で知り合ってからのつきあいですがは2014年のニューカレドニアの展覧会でご一緒して、それもホテルが同室で気を使うことなくとても素敵な時間を過ごしました。
今は彼女の素敵な作品と楽しかった思い出だけが残っています、

ありがとうございました。
さて、どんよりした空模様となり
梅雨が始まりそうです。

先週は長い間役をしていた会も総会でお役目御免となり、何だか色々な付き合いも少しづつ整理されてきたようでまあ、リタイアの年であると言えばそうですが
「終わった人」という小説があるようで読んでみたいですがまだまだ終わった人ではないはず、いや、亡くなっても作品は残り思い出も人々の心の中に残ること思えば終わるということはないかもしれませんね。少なくとも死ぬまでは終わらないのだと、

もうすぐ父の日
高齢の父に
できるだけのことはしなくてはと

父の日間近に
いうだけではダメですね。

by nobukoueda | 2018-06-05 15:39 | Trackback | Comments(2)