<   2018年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

豆苗ー再生

c0100195_10143209.jpg
一度カットした豆苗から又新しい目が吹き出して
葉っぱをよく見ると可愛いハートの形をしている。一度スケッチしてみるも
可愛くなりすぎてこの生命力を引き出せなかった。

いつも一つ搬入するとちょっとホッとして気が抜ける気分でボーとしてしまうが
近頃連日のオリンピックの映像見てると
TVから離れなくなる。
が、リアルタイムで見るとドキドキハラハラで私はニュースで結果が分かったところで安心して見る方が好きかも。
それでも羽生選手など何度見ても目頭が熱くなる。

今日は女子フィギアあり、宮原選手が小さな体で頑張っている。
フィギアはスピードと技術だけでなくそこに表現力ということが入ってくる。
見るものはそこに酔いしれる。
表現力がどんなに重要か皆わかってきている。

アートも表現力

表現力豊かになれば人生もまた豊かになる

豆苗見て表現力の話になったわけではないが
豆苗みてると再生ー命の再生の力を感じる。
さぁ、ぼーとしてないで
光を感じて背筋伸ばして始めましょう。


by nobukoueda | 2018-02-21 10:41 | 日々日記 | Comments(4)

家でもカダケス料理

カダケスとの交流展の志摩の搬出と次の展覧会の飾り付けが終わって帰りは一緒にカダケスのギャラリーマジェスルゥさんが京都に用事ありと我が家に来てくださり
c0100195_10023593.jpg
私たちだけなのにお肉とサワラのパエリアとカボチャのトルティーヤを作ってくれました。美味しい手作りパンもお土産に〜

日曜日はずっと行けなかった大阪の知り合いの展覧会最終日にやっと行けました。
c0100195_10111273.jpg
ハンガリーでご一緒させて頂いた黒田峯夫さんの個展はギャラリーぶらんしゅさんは石橋駅近く、そこのオーナーは90歳ですがお元気でギャラリーに、黒田さんともゆっくりお話ししてよかったです。
それから大阪の谷町のギャラリー楓さんの栗本夏樹さんの個展は毎回色々試みられて新鮮でした。そしてすぐ近くの➕1artさんは堀尾貞治さんの個展、相変わらずのエネルギーを感じます。そして近くの大大阪藝術劇場という新しくできたスペースでは多くの知り合いが出されているのですが本当は日曜日は休みなのですが丁度搬入時で見せて頂きラッキーでした。
大阪谷町もからほり商店街のまちづくりが賑わっていてそれにまた新たなギャラリー空間が増えて益々面白くなってきました。

大阪はあったかでしたが京都に来たらぐっと冷える感じで夕食はあったかいお鍋となりました。

さてもう2月も後半となりました。オリンピックの羽生さんや小平選手のゴールドに何度見ても目がしら熱くなりまして中々TVから離れられずの近頃ですが私も又次に向かって動き始めなくては〜と

これが中々エンジンかからないのですぅ〜


by nobukoueda | 2018-02-19 10:29 | おいしいもの | Comments(0)

志摩で展覧会 志摩の美味しいもの

c0100195_15091953.jpg
志摩にて展覧会の第1グループは16日までにて
搬出に行って来ました、
そして、直ぐ次のグループにも私も出しているので飾り付けにかかります。
第1グループはテーマが水ーでしたので
私は以前の作品ですが波紋の版画を何点か、このパネルの裏にも黒い波紋の版画を三点並べました。
c0100195_15265811.jpg
今回は日帰りだったので特急で昼には着いたので搬出前に市民ギャラー前のレストランにてお造りやカキフライ、エビフライなどついた御膳でそれからギャラリーの搬出、搬入をしてたら良い時間になりギリギリすぐの特急乗り遅れて次のまで1時間半ぐらいあるので鵜方の駅近くの居酒屋風の大家族というお店で
c0100195_15312808.jpg
1500円のコースが初めはワカメのしゃぶしゃぶで次に何と大盛り
c0100195_15322858.jpg
牡蠣が茹でてありますが本当な女性5人で貪るように
c0100195_15332327.jpg
平らげて、お造り盛り合わせや鯵のフライや海のものいっぱいで大満足でした。

展覧会は次のメンバーで無事展示もできて
c0100195_15353872.jpg
この中には私の作品は入り口反対コーナーなので映ってないけど
今回は彫刻の貴志カスケさんの作品が大きすぎて入らず
c0100195_15372052.jpg
志摩市役所のの玄関横ですが昼間見たらきっと迫力あると思います。

夜遅く最終特急での帰宅でしたが
まあ、一仕事終えてホッとしてます。
志摩はとても穏やかあったかでしたが
今日は又京都は時折冷たい雪や風がまってます。


by nobukoueda | 2018-02-17 15:07 | Comments(0)

真ん中から描く四角 アトリエ作品

携帯がどうも調子悪くストレージもいっぱいなので写真も撮れなくなっていて
月曜日は家族の大イベント?があって
祇園の素敵な町屋のイタリアンレストランスコルピオーネにて食事会あり。

久しぶりにオットさんとバスで出かけて、食事写真は息子がとってくれたのだけどまだ送ってくれてないので又いつか〜

帰り道、新橋通うというとても風情のある町屋が並ぶところに出て、花見小路のように観光客でいっぱいというわけでなくほとんど人がいないのでまるで高山か何処かの小京都?といってもここが京都ですが素敵な路地でした。
いつも車で移動でゆっくり街中を歩くことも無いので本当はあまり京都のことわかってません。
c0100195_14200222.jpg
昨日の子供アトリエは真ん中から描く〜として小さな四角を真ん中から描いて渦巻き状にどんどん好きな大きさの四角を描いて色をつけました。

素敵なパッチワークのように表情豊かな四角ができました。
それぞれ少しづつ違う夢のある作品が並びました。

一つできた子は又小さな作品を作ってかわいいカードに仕上げていました。メッセージも添えて、こんな手作りカードもらえるなんてなんて素敵でしょう。

どんよりした午後ですが又明日は志摩の展覧会の搬出と次の展覧会の展示のために三重県の志摩の鵜方に行きます。

晴れるといいですが〜


by nobukoueda | 2018-02-15 14:34 | 子どもアトリエ展 | Comments(0)

岐阜県立美術館 円空大賞展

c0100195_18085287.jpg
京都から在来線にて西岐阜で名古屋時代の友人と待ち合わせて岐阜県立美術館へ円空大賞展というのに知り合いの庄司達氏からご案内いただいて見てみたいと。この美術館は前庭ファサードも広々としてまあ、もう70年代80年代の彫刻だがゆったり並んでいて好きな美術館です。
c0100195_18143626.jpg
大賞はエンリケオリベイラさんの立体
c0100195_18155429.jpg
作り方をビデオで公開していたがむくの木ではなくてハリボテのような構造だが見た目は一つの丸太からできたように見える。
c0100195_18174027.jpg
どこかベネチアかでやった作品をネットで見たことありですが本物は初めて興味津々でした。
c0100195_18192388.jpg
円空仏もいくつか展示してあり
これはどれをとっても凄みがありました。
c0100195_18205405.jpg
お目当は庄司さんの布の作品、これはギャラリー空間いっぱいの大きな作品でこの間を通って次の部屋に行くのだが
c0100195_18221739.jpg
小さなマケット模型のような作品もとても綺麗にできてます。
c0100195_18242112.jpg
木彫は土屋氏
c0100195_18254242.jpg
そして
c0100195_18260462.jpg
円空仏
c0100195_18265368.jpg
こちらは宮本勉氏の作品で紙コップやトレペの芯で円空仏風に
c0100195_18284750.jpg
焼き物も
c0100195_18421302.jpg
又コッパで彫ってあるのはまさに円空仏のような作品も。
c0100195_18315787.jpg
途中たくさんの本物の円空にも出会えて良い展覧会でした。
c0100195_18325736.jpg
ランチを美術館のレストランで食べてその後岐阜に出て名古屋へと向かったのでした。
実家で久しぶりに父と過ごし98歳の誕生日を祝って今朝早くに上京して恩師の入江観先生の叙勲のお祝いの会に銀座まで
c0100195_18363232.jpg
83歳とは思えないほどダンディでした。
同級生とおしゃべりして銀ブラして今帰りの新幹線です。

何だか疲れましたが色々あって面白かったです。


by nobukoueda | 2018-02-11 18:08 | Comments(2)

京都のギャラリー巡り

c0100195_08230413.jpg
今週までの展覧会があって中々だったが
週末は実家に行かなくてはで寒くて家ではグズグズしてばかりなのでギャラリー巡り、
まずはギャラリー洛さんでは野村久之さんが出品されているグループ展あり出かけて今年101歳の斎藤真生さんの作品には小品ながらも迫力あり、それからギャラリー16の柏原えつとむ氏の80年代の作品に出会え、今でも色あせず美しい絵画作品、そして近くのギャラリーモーニングさんにて常滑の彫刻家の杉本準一郎さんの石の作品にはとても共感できて色々道具や技法など教えてもらう。これが絵描きさんは技法など聞くのはためらわれる。企業秘密みたいな感じであまり話したがらないが、彫刻家だと凄く話が弾む。

美術館でも見たいものあったが夕方にて時間なくて三軒だけで帰る。

次の日は実家に向かうも途中下車して岐阜県立美術館へ寄ることに

それは次にー

by nobukoueda | 2018-02-11 17:55 | Comments(0)

節分の日は三千院

c0100195_10182028.jpg
ざ節分の日は三千院で子供達の豆まきがあるというので近くのアトリエの子供を誘って三千院に行って来ました。ちょうど豆まきは終わったとこでしたが美味しいおぜんざいはご相伴に授かりました。
歩いてバス停からお寺まで行って帰ってくるだけで随分身体はあったまって、歩くということがこんなに省エネになるならこれから毎日歩かなくてはと〜〜思うのだが中々です。
土曜は自宅でも子供アトリエすることになり家だと後でティタイム。ワイワイ女子会の仲間に入れてもらって楽しいひと時です、

さて、明日から志摩で展覧会でこれから志摩に向かいます。前日に志摩に入ってゆっくり志摩を楽しむことにー

by nobukoueda | 2018-02-04 10:17 | Comments(0)

三重の志摩で展覧会参加 SHIMA CITY GALLERY・2018

c0100195_18154675.jpg
来週から三重県の志摩にて展覧会をいたします。
明日志摩に行きます。
この企画は以前スペインのカダケスでお世話になったギャラリーマジェルスウーのオーナーの実家が三重県にあり毎年この季節に志摩の市民ギャラリーにて交流展していたのですが、今回は5周年記念ということで長い期間市民ギャラリーで連続の展覧会を企画されました。
 私は最初の週、2月5日から16日までと次の週は私の知り合いに呼びかけての企画展でまた2週間します。
 市役所の中のギャラリーなので平日のみということになります。

 
c0100195_18214886.jpg
この案内状では立体ですが、電車で搬入に行くことにしたので
私は版画を出品する予定でです。

遠方なのでなんだかちょっと旅行気分です。
こちらからは中々ですが、もしお近くの方いらしたら鵜方の駅からちかいです。
ご高覧ください。

1年ぶりにスペインから帰られたギャラリーマジェルスウーさんにお会いできるのも楽しみです。

by nobukoueda | 2018-02-03 18:28 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

絵日記 展覧会巡り

c0100195_16473481.jpg
毎年1月は結構長い気がするも
何とか又分厚くなった絵日記1月も終えて2月に入って
昨日は久しぶりに京都の祇園にある町屋の素敵な空間ぎおん小西というギャラリーでの橋本和明氏の彫刻展を見る。
以前もうなくなった画廊ですが橋本氏と私の二人の個展式の企画展覧会でお会いしたのが初めてでした。
それからずっと素晴らしいお仕事続けていらっしゃいました。

連日寒く家にいると気力までなくなってくるので街中に出るのも良い気分転換でした。


もずっと更新できずでしたが
c0100195_16543105.jpg
コマ作りや色々やっとまとめてアップしました。明日は節分にてお面もはりこで作ってますが見ていたら、自分でも作りたくなってやってみようかと。
それにしても
c0100195_17005543.jpg
近頃の子はゲームばかりでこんな昔からのは面白がらないかしらと思っていたけど直ぐに上手に回して遊びあっている姿は昔も今も変わらないなぁと。
先週は京都の文化博物館での展覧会で
c0100195_17040612.jpg
塩田千春さんというドイツ在住のアーティストの作品を見ました。以前のはこれが黒い糸や赤で、それは少し怖いぐらいの世界でしたが不思議に白い糸では
c0100195_17064267.jpg
何だかとても美しく清らかな空間でした。
幸せなことでもあったのかな。


by nobukoueda | 2018-02-02 16:46 | 日々日記 | Comments(0)