子供アトリエの春の展覧会も終えて

c0100195_10470462.jpg
3月末から半月ほど子供アトリエの作品展を岩倉のコープ二階にて展示してまして
c0100195_10493912.jpg
何と昨日までにずっとアップしてなかった
のブログもアップして
こちらのコーナーは片付けたものの
c0100195_10515660.jpg
先週作った高いタワーが乾かしがてら少しだけ展示してます。

父のところへも行かなくてはと
今はちょっと一息ついてこれからの予定を考えているところです。

朝はまだストーブが欲しい気もしますが随分あったかくなり
田んぼには水がはられて
カエルさんの季節となりました。

庭もなんとかしなくてはです。





# by nobukoueda | 2018-04-20 10:57 | 日々日記 | Comments(0)

映画 女は二度決断する

c0100195_09520040.jpg
一つ展覧会終わった次の日は何だか開放感いっぱいになって遊びたくなり久しぶりに映画館へ

女は二度決断する
ドイツ映画でドイツ語がわからなくても懐かしい。
内容は今のヨーロッパにあり得るテロに関わることで夫と息子を爆発で亡くした女性の深い悲しみが伝わってくる。
ラストが凄い。

が、それが結構まだ、今朝もずーと残っている。
いつも映画ではどこかハッピーエンドを期待している。が、これが〜〜中々なのだった。

映画を見て、近くのジャンク堂を見て興味あった本は何冊があったが近頃すぐ買わずネットで買えばいいかと思ってします、

そして一件用事を済ませて
月曜なのでギャラリーも美術館も何もやってないし見る気もなく帰る、

ゆっくり休養した1日でした。
しかし、映画館で見る映画は次の日もまだその世界、映像が頭の中をよぎるが、同じものでもテレビ画面のDVDではもう内容も忘れている感じ。やはり映画館の暗闇の大画面の持つ力は大きものだ。もっと近くにあったらなぁ〜〜

# by nobukoueda | 2018-04-17 09:50 | Comments(0)

今日はダビンチの生まれた日  World Art Day

c0100195_11480549.jpg
兵庫県立美術館はHAT神戸にあるが、その分館の原田の森ギャラリーは昔はここが兵庫県立美術館の本館であった。私はなんだかこの美術館が前庭に彫刻もあり落ち着いていて好きな美術館で、吹き抜けのこんな壁面の光も美しい。
 展覧会は今日までとなり、今日はレオナルド・ダビンチが生まれた日らしくそれを記念してワールドアートディとして昨日はその記念講演として
大学時代の恩師の入江観先生がいらして講演会が開かれた。
c0100195_11535624.jpg
ちょっと体調悪いご様子で2月にお会いした時はとてもはつらつお元気そうだったが昨日はちょっとしんどそうでした。でもこの日本美術家連盟の理事をされていてそのIAA(国際美術家連盟)の日本代表としても国際会議に何度も出席されてその連盟の活動に尽力そそいでいらした。その近頃の活動を今回は連盟の展覧会なのでお話しされていました。私も2月以来の再会でしたが作品も見ていただきお話しできてよかったです。その後懇親会までまた展覧会を一回り
c0100195_12010293.jpg
こちらのは本館のスペースは天井も高くとても大きな作品が並んでいます。
c0100195_12040043.jpg
知っている方々の彫刻作品も
c0100195_12053424.jpg
広い空間は光もたっぷりで彫刻ものびやかに
c0100195_12065884.jpg
中心の作品でもかなりの大きさですが、京都の柴田千壽子さんの作品、いつもと違って白い抽象画面がとても素敵でして帰りもご一緒しましたがもう80歳過ぎてらっしゃるはずですが本当にお元気でした。
c0100195_12132268.jpg
ポーランドでご一緒した方々ともたくさんお会いしました。
c0100195_12141199.jpg
また本館2階もたくさんの作品がなんと全部で300点以上はあるとのこと。
c0100195_12153451.jpg
入口には特別展示の山本修司さんの大きな作品
c0100195_12172099.jpg
京都の村上泰三さんお作品もおなじみでした。
c0100195_12181057.jpg
伊原セイチ氏の作品
c0100195_12193094.jpg
京都の水本さんもとても大きな作品出されていて
皆さんとても気合が入っています。
私はというと
c0100195_12204570.jpg
東館も2階のこじんまりとした空間に版画と彫刻を展示
c0100195_12220335.jpg
展示初日に最後までいなかったのでこの4点の向きが反対になっていて最後の最後に直したという怠慢なことで反省しています。

1階は招待作家の展示もされていて
c0100195_12250200.jpg
入江先生の作品も展示されていました。
今日は最終日これから搬出に向かいます。

神戸の街は何度いってもなんだか全体が落ち着いていて
それでいておしゃれな感じがしてさわやかな風が吹いている街、好きな街です。

いつも見てくださり本当にありがとうございます。

















 

# by nobukoueda | 2018-04-15 12:33 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

奈良の後は神戸

c0100195_08510576.jpg
先日は奈良まで坂爪厚生さんの個展を見に行って来た。メゾチントという技法で、これは銅板をまずは真っ黒にするために版全体に細かい線を交互に彫り込んでそれから白いところは磨いてその彫りを取るのだがその作業は気の遠くなることですが、それを毎日8時間かけて制作されているとのこと、
左は 浮遊する方舟
右は 浮遊する教会

同じ版?をひっくり返している。
面白いセンス、
c0100195_08572176.jpg
以前はもっとメゾチントらしい黒い画面。
でもそこに潜む豊かでちょっとブラックユーモアな感性は変わらない、

初めてのギャラリーサンクさんはよく行っていたギャラリー勇斎さんのすぐ近くで両方見てからどこも後は寄らないで、昔は好まなかった奈良漬をオットさんが買ってきたとのこと、名古屋の守口漬と少し違うようだが、奈良漬と大好きな奈良のおふきんを買って奈良旅終了でした。

c0100195_09025636.jpg
さて、今日は神戸です。
明日まで王子公園の原田の森ギャラリーというところで日本美術家連盟の関西地区の展覧会が開かれていて私は当番にて一日中会場にいます。
お近くの方いらしたら是非とも、ご高覧ください。大きな作品を皆さん出されて壮観です。

# by nobukoueda | 2018-04-14 08:50 | Comments(0)

一本のケヤキ

c0100195_11532522.jpg
大原の一本のケヤキ

大原にはこんな季刊誌があり
c0100195_11565268.jpg
毎回大原のことが載っているが
今回は私の大好きなケヤキがとても美しい写真で載っていた。

上の写真は多分近くの山の上から撮ったものだろう。ケヤキはこれから葉をつけていくところ。私は冬の枝だけの好きである。

周りに何もなくたった一本が高台の上にある
c0100195_12001804.jpg
これは以前下から撮ったものだが
もう新芽がたくさん出ているだろう。

何だかふと
このケヤキが描きたくなった。



More現在の写真は~
# by nobukoueda | 2018-04-13 11:52 | Comments(0)