京都のギャラリー巡り

c0100195_08230413.jpg
今週までの展覧会があって中々だったが
週末は実家に行かなくてはで寒くて家ではグズグズしてばかりなのでギャラリー巡り、
まずはギャラリー洛さんでは野村久之さんが出品されているグループ展あり出かけて今年101歳の斎藤真生さんの作品には小品ながらも迫力あり、それからギャラリー16の柏原えつとむ氏の80年代の作品に出会え、今でも色あせず美しい絵画作品、そして近くのギャラリーモーニングさんにて常滑の彫刻家の杉本準一郎さんの石の作品にはとても共感できて色々道具や技法など教えてもらう。これが絵描きさんは技法など聞くのはためらわれる。企業秘密みたいな感じであまり話したがらないが、彫刻家だと凄く話が弾む。

美術館でも見たいものあったが夕方にて時間なくて三軒だけで帰る。

次の日は実家に向かうも途中下車して岐阜県立美術館へ寄ることに

それは次にー

by nobukoueda | 2018-02-11 17:55 | Comments(0)
<< 岐阜県立美術館 円空大賞展 節分の日は三千院 >>