ポーランドのピワ Pila

c0100195_8462971.jpg

個展のオープニング終わって1日あけてからグループ企画展開催のポーランドのピワという町へ列車を乗り継いでいきました。
 次の日会場へ行く途中市場にであって
こちらのお金がズローチで1ズローチが40円ぐらいでしょうか。
c0100195_8483755.jpg

ドイツではもう、見かけなかったのですが、まだこちらには白アスパラがあったのですが、
ピワはちゃんとしたホテルだったので料理はできないので買うのはあきらめて
c0100195_8495761.jpg
c0100195_8501729.jpg

日用品や食料品が並ぶ庶民の市場
c0100195_8515734.jpg

ギャラリーもとても広く立派でした。

c0100195_853529.jpg

私たちのホテルの裏には川が流れてとても美しい風景、見えるのがとまったホテルです。
c0100195_855088.jpg


c0100195_8573425.jpg

のどかな街
c0100195_859720.jpg

おなかすいて フィッシュアンドチップスというのが目について
c0100195_902454.jpg

c0100195_90553.jpg

食べてから気が付いてパチリ^^;
一緒にいただいたスープがとてもおいしかったです。
c0100195_915832.jpg

隣が日本料理店でした、残念行かれませんでしたがこのとき中にいたお客さんが後でギャラリーでご一緒になった作家さんご夫妻でした。
 
c0100195_941994.jpg
c0100195_943422.jpg
c0100195_945056.jpg

のんびり街歩きはたのしいです。
c0100195_952717.jpg

c0100195_955330.jpg

キラキラしているのは煙突の鳥よけかしら
c0100195_982887.jpg

教会がどこでもうつくしいです。

c0100195_99375.jpg

入口にはパネル展示あり
c0100195_9104927.jpg

常に過去の歴史、戦争のことなど提示しているようです。
c0100195_9131287.jpg

c0100195_9135950.jpg

学校のようでしたが、お休みです。
c0100195_9142668.jpg

c0100195_9151814.jpg

次の日は日曜日で街の中は教会へ行く人ぐらいでひっそり
c0100195_916514.jpg

この街はキュレイションしてくれたオーラとカシャ姉妹の故郷でした。

展覧会でもないと訪れることもない街でしたが思い出深い街です。

by nobukoueda | 2016-07-19 09:22 | ポーランド | Comments(2)

Commented by tawrajyennu at 2016-07-19 17:20
こんにちは♪

ポーランドというとショパンを思い出します。
なかなか普通の旅行では行かないかも・・・ですね。

市場は楽しいですね。これはすぐりの実ですね。
熟すと真っ赤になるんだったかしら?
日本では少ないですけど、ヨーロッパではポピュラーな果物ですよね。
白アスパラ・・・まだあったんですね。
おとなりにあるのはソラマメ?
キッチン付きのところだと、こういうのを買って調理して、本場の味を楽しめますね。

ホテルの周りも緑が多くて素敵なところのよう・・・
ポーランドにもフィッシュ&チップスがあるんですね。
ちょっとイギリスのとは違うみたい。
(ここにもスグリがありますね。)
フィッシュにビネガーをかけて食べると美味しいんですよね。

ポーランドは侵略された歴史があるから、忘れないように・・・ということでしょうか?
なかなか行けない国の様子を知ることが出来て、ありがとうございました。
Commented by nobukoueda at 2016-07-20 09:30
タワラジェンヌさま~
 おそくなってすみません。スグリなんですね。赤いのはスグリと思ったけど熟す前はこのようになっているんのですね。きれいでなんだろうと思いながら撮りました。
 私も展覧会でないと行かない町ですが小さな町ですがよいところでした。まだ立派な教会の写真などあるのですが、皆縦の構図できっと又アップするとウインドウズでは写真が横になってしまうのでやめました。
 フィッシュ&チップスは舌平目のようなもの1枚でした。展部立地で食べたものもこんな感じでしたが、ドイツのインビスでは小さくしてカラッと揚げたものが売られていましたが。どこのヨーロッパ内陸部は魚料理の方が高いですね。
 ドイツもホロコースト慰霊塔やユダヤ博物館にたくさんの若者が見学に行っているのも印象的でした。