久しぶりの大阪で

c0100195_1713542.jpg

こちらは先週土曜日に大阪のギャラリー楓さんにて、個展されている栗本夏樹さんの漆の作品です。

紫色は珍しいのでついつい目がいってしまいます。
3時から夏樹先生の学生の頃から今までの作家として成長する様子をその時代の歴史、出来事とリンクしてお話しされて中々面白かったです。

実はその日のランチは久しぶりに大阪の息子さんのところに来ている大学からの親しい友人とおしゃべりランチでした。
c0100195_1713653.jpg

もっとちゃんと調べていれば良いところに行ったかもだけど淀屋橋近くの目についたお店で日替わり定食、
後のコーヒーもゆっくり飲んで久しぶりに学生気分の楽しい時間。

昔はせっかく大阪まで出たら幾つか行くところチョイスして、数たくさん回ったものだけど、まあ、少し風邪気味なこともあったけど二つの用事を済ませるだけでもう、いっぱいでした。

こういうことが年を重ねるということなのかしらね。

by nobukoueda | 2014-02-11 17:00 | Comments(2)

Commented by petapeta_adeliae at 2014-02-11 19:07
漆器で紫ってあるんですね。
それもnobukoさんのラッキーカラーですよね。

精進料理は漆器なので、欲しいなぁと思っている所です。
朱もいいけど、紫も素敵ですね。
Commented by nobukoueda at 2014-02-11 23:04
ソーニャさま
こちらの栗本先生は京都芸大の漆の先生ですが、今回は小品でしたが、とても大きなオブジェも作られます。最近は日本人にもっと漆を使ってもらいたいから、器やアクセサリーもいっぱいです。私もブローチ以前頂いてました。^_^
紫のアクセサリーあったら、手に入れたのになあ〜