今年の始まりの展覧会は堀尾貞治さん

c0100195_672526.jpg

正月からどうも遅く寝るせいか朝おきるのがおそかったが、きのうは12時前にねたらなんだか夜中3時から目が覚めておきてしまったが、
朝6時過ぎてもまだ外は暗い、まあこの画像は夜のものだがこんな感じ。

昨日は今年初めての展覧会で精華大学にて新井淳一氏の布の展覧会をみた。
新井氏がもう80歳を超えてらっしゃるが80年代などミヤケイッセイやコムデギャルソンなどのデザイナーとコラボして面白い布を作り上げた方だった。
 当時はバブル時期か、やはり洋服にもたくさんの布がたっぷり使われていたのだなあと。

その後、毎年恒例のギャラリー虹さんでの堀尾貞治氏の個展に
久しぶりに初日に伺ったらはじめは作品はすべて床においてあって
c0100195_672561.jpg

一面だけの壁にキャンバスのように布が貼ってあり、下に丸い石が
c0100195_672625.jpg

夕方5時過ぎてからパフォーマンスが始まって、参加者5人にこの丸い石を外の歩道にて堀尾氏の笛の合図でいっせいに少し坂になっているのでみなに転がしてもらって誰が、一番かと。(一番の方には堀尾氏の作品授与!)
c0100195_672791.jpg

その後ギャラリーの壁面にライブペインテイング
c0100195_67272.jpg

その後
なんとダーツの矢をギャラリーのほかの壁面に投げて刺さったところに順番に作品を展示していった。
c0100195_672848.jpg

私も作品手渡すお手伝いして、
これらの作品は昨年1年間に堀尾氏がいろいろなものに塗りたくった立体です。1点キャンバスのものもありましたが。
c0100195_6729100.jpg

その後わいわいパーテイとなりましたが。
久しぶりのパフォーマンス参加はわくわく面白い時間でした。
堀尾氏の作品は出来上がった1点ながめるもありですが
堀尾氏のパフォーマンスを体験、
山済みされた毎日のドローイングノート(これがとてもかわいいおえかきブック)をみて
改めて日々重ねられるアートの力
作品と堀尾氏まるごとでひとつのアートであると。

年明けに一番のエネルギーをいただいたよい始まりでした。
そうそう、
恒例の堀尾さんの干支の作品もプレゼントしていただいたのですよ。
次回にです。

by nobukoueda | 2014-01-08 06:05 | 展覧会 | Comments(2)

Commented by YuccaR at 2014-01-08 10:10
楽しそうですね!遊び心には驚くばかり。
ぎゅうちゃんと言い、アーティストには永遠の若さがありますね。
Commented by nobukoueda at 2014-01-08 11:30
YuccaRさま〜
本当に体力的にもお元気で脚立にもスイスイてっぺんまで登って描いてましたよ。
ぎゅうちゃん?といえば今シネマで映画やっているから見てみたいものです。