イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海

旅行最終日5月18日はいろいろありました。

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_923098.gif

イタリア、カラーラのオリヴィエロ氏のアトリエからkazukoさんの車で次のアーテイストのアトリエに

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_953925.gif


石の街です。こんなトラックがいつもいっぱいです。

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_974493.gif

こちらは彫刻家の仕事場
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_984243.gif


日本人の彫刻家もたくさんこちらに来て制作されています。

そして、この近くの木版画家のアトリエに
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_995469.gif

日本人女性のMさんのアトリエです。広くてとても使いよさそうです。
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_9105451.gif

女性のアトリエはその空間自体心和むコーナーもいろいろありずっとくつろいでいたくなります。

そして そとにでて
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_9273019.gif


なんでしょう。二階からモノを捨てるには便利?

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_931165.gif

本当に落ち着いていい街です。

一旦ホテルに帰って休憩して
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_1051636.gif

大きな石屋さんのスタジオで制作されている日本人彫刻家K氏のスタジオに
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_109580.gif

いまローマで大規模な個展されています。
外には
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_1095918.gif

制作中の作品と
周りは
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_10104021.gif

広々としていて、他にも外国からの作家さんが制作されていました。
一度別れたKさんとこの工房で落ち合って一緒に最後の夜のお食事に
マリーノ ディ カラーラ
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_10134849.gif

海です。その先に高級リゾート地があり。
旅行最後の夜を飾るにはとてもすばらしいところでした。



食事の前にちょっと高級レストランでは食前酒で乾杯
海を眺めながら・・・

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_10183283.gif


イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_1019873.gif

Ciccioというレストランにて

スパーリングワインと いろいろ軽いおつまみ いつもオリーブはついていて おいしい。

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_1024152.jpg

なんだかもう、終わりだと思うと・・・義姉のこともあり・・でも海にいやされる

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_10254225.gif

ちゃんとした食事はもう一つおいしいお店があるというので

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_10264694.gif

こちらのシーフードスバゲッティはホント絶品、日本風にいうとダシがきいているというか、ムール貝、イカ、海老、アサリとめいっぱい。
ワインで乾杯。 海老とイカのフリッターもおいしいかった。

ホテルに帰って荷造り

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_10303238.gif

ホントに居心地良かったkazukoさんのB&B
バスルームも素敵ですが
イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海_c0100195_10315042.gif

すてきな彫刻家オリヴィエロの作った大理石、いろいろなところに施されていた。
明日は早朝出発
なんだか、この旅行記も終わりに近づいてきたと思うとちょっと切ないこころもちも・・・
旅行でお世話になった方々、また長い間ブログ旅行記にお付き合いくださった方々

本当にありがとうございました。

でもまだ、まとめがほんの少しあります。
引き続きヨロシクです。

by nobukoueda | 2009-07-30 10:43 | イタリア | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : https://nobukoueda.exblog.jp/tb/12039658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by woodstove at 2009-07-30 12:55
石彫家の聖地に行かれたことは、ほんとうに大きな
刺激となり収穫もあったでしょうねぇ。
 またカラーラには多くの作家さんが住んでいて、
それだけでも良い環境に思えてしまいますね。
(^^;)
Commented by nobukoueda at 2009-07-30 19:13
>woodstoveさま
 旅の最後は本当に美しい自然と彫刻の街でkazukoさんとこにお世話になったおかげでたくさんの作家さんの工房に連れていただき、本当に心に残る日々でした。あ~・・向こうで制作したいな~
Commented by konnitiwan at 2009-07-30 20:36
nobukoさま
お久しぶりです。といっても毎日遊びに伺っておりましたが・・・
旅行記楽しませていただきました。
旅の記録のコラージュやスケッチで埋められたノートぜひぜひ本にしてくださいな。
どこにも出かけないわたしくしも楽しい旅をさせていただき有難うございます。
もう少しまとめがあるそうで余韻を楽しませていただきますね。
Commented by galleriaarsapua at 2009-07-30 21:19
わー、なんだかこちらまでさみしくなります。
下の記事にコメント残したつもりだったのですが残っていませんでした。(なんでだろう?)
ノブ子さんはカッラーラの美しいところを私が教えなくても全て写真に撮って記事の中に載せてくれてました。
カッラーラのような街はなかなか一般の方には美しさが分からないのですがさすがです。。。
またカッラーラにお帰りくださいね。
お待ちしております。
Commented by nobukoueda at 2009-07-30 23:07
>konnitiwanさま
 本当にいつもありがとうさまです。
やはり旅日記つけていると見ればその時のことが思い出されますね。老化防止にはいいかもです。
 なかなか海外には行けないけど行った時はめいいっぱい楽しんで、帰ってからも又ブログでまとめることで2倍楽しんでます。
 本にできたらすてきでしょうね。いつの日か・・・
Commented by nobukoueda at 2009-07-30 23:15
>kazukoさま
 本当に不思議なものでもう、最後のほうになってきたら、だんだん別れの日が来たみたいで、空港で別れる時のような気分になってきました。
 kazukoさん、エミリアさん、オリバーといろいろお世話になって、勝手にブログにのせてしまいましたが、失礼があったかもですがすみません。
 ほんとに、また、カラーラに帰る気分で再びですね。
なんと、実は夏にK子さん京都にきてくれそうです。たのしみです。
 ↓のコメントおかしいね、時々あるのよね~
Commented by YuccaR at 2009-07-31 01:06
こんな真っ白な大理石を伸び伸びと掘っておられる彫刻家の方々、なんて幸せなのでしょう。それぞれのアトリエも見応えありますねー。美しい。nobukoさんが、カっラーラでコンコンと作品に取り組まれる日を心待ちにしておりますぞよ。
Commented by nobukoueda at 2009-07-31 01:22
YuccaRさま
 本当に石の街でこんなスタジオで自由に彫ることできたらしあわせでしょうね。これは、本格的にしっかり夢を描くことにしましょうか・・願っていればいつか・・・かしら。
Commented by ank-nefertiti at 2009-07-31 15:22
こんにちは。。。
本当にカッラーラを去る日は寂しくて寂しくて、涙、涙でした。
私には心のふるさとのように思えます。
同じところに旅をしたということ、そして同じ人たちに出会ったということ、とっても親近感と懐かしさを覚えますね!

女性彫刻家のMさん、素敵な方ですね♪
またお目にかかれたらうれしいなぁと思います。

nobukoさんがカッラーラでお仕事をなさるときは教えてくださいね!
尋ねて行きます~♪
Commented by nobukoueda at 2009-07-31 23:16
>杏さま
 本当にkazukoさんを知っているだけでカラーラにいったというだけでとっても親しみを感じますね。
 私はカラーラの彫刻家Mさんは丁度日本だったので会えなかったのですよ。残念。
 ホント、カラーラで少しでも石彫りたいですね。
でも京都に遊びに来てくれたほうが確率は高いような・・・♪
名前
URL
削除用パスワード