大木達美という彫刻家・・・がいた

c0100195_10451478.jpg


ART IS LONG
LIFE IS SHORT


TATSUMI
O KI

すばらしい作品集にであった。
イタリア カッラーラ からの贈り物である。

大木達美 石の彫刻家の作品集
ミケランジェロも工房をもっていたという大理石の産地 イタリアのカッラーラ
に家を構え制作されていた。

c0100195_11104777.jpg



ー僕の作品には全部「化石」という題名が付いています。何故つけるかというと、ずっとずっと未来に例えば自動車とかミサイルとかもろもろの今の時代の物が出てきた時、僕の彫刻も化石となって出るかもしれない。その時、20世紀はこうだったんだよ、とメッセージを送りたいのです。そして現在の良い部分を伝えたい。そのために僕はこの時代のアンテナとなって、20世紀の良い部分を全部救い上げたい、と思っているのです。-


   私はガ~ン・・・となって
 なんだか目頭が熱くなって何度もよみました。
「現在の良い部分をつたえたいと・・」

私は美術でできる力に、この今の時代がどういった時代であったかを次の人たちに伝えることも一つの役目があるとおもっていました。
 そして、今回の個展ではコラージュという形で四川の地震のことや暮れから日々すごい死者の数を更新したガザのニュースなどをそのことをどうしても自分の中でココロに残る形で残したくて、決して忘れてはいけないという思いで美術という形で提示しました。
 でもそれは決して、この21世紀はじめに生きているこの時代が悲惨な嫌な時代だった、不況、天災、戦争というだけの時代だったと・・・伝えたかったのではなく常にそこに立ち向かう力、双葉という形できっと必ず新しい生命が誕生し、希望を人間は持っているというメッセージを伝えたかった。
 でも・・いつもこころのどこかでのほほん~と普通にしあわせに生活することに恵まれた環境に、あまり偉そうなこといえないな~という思いがありました。

でも充分幸せな今の自分を伝えること、特別の才能があるわけではない自分は日々、大木氏の言われるアンテナを磨いて現在の良い部分に目を向けて素直に喜び、その喜びを又人に伝えること・・それでいいんだと。
 充分幸せな自分もまた今の時代の一部分、その良いところを伝えることもすばらしいことと。

c0100195_13121668.jpg


大木達美氏は2001年53歳という若さでいってしまった。

でも彼のすばらしい作品は今カッラーラにある。

ART IS LONG
LIFE IS SHORT


私は昨日わざわざお忙しいのに時間をさいて会いにきてくださった。

galleriaarsapuaさんに感謝です。
ありがとうございました。
by nobukoueda | 2009-01-21 13:25 | アート | Comments(6)
Commented at 2009-01-21 23:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nobukoueda at 2009-01-22 04:46
>かぎコメさま
 そうなんですよ。ありがとうございました。是非是非またです。
Commented by daikatoti at 2009-01-22 06:28
のぶこさんも起きてはりましたか。。
まだ夜明けやないねえ。もうそろそろ明けますやろか。

ガザのニュースは心が痛みますね。ニュースをみると落ち込むことがおおくなりました。
ふつうに暮らせる、ということがほんとは、ほんとに幸せなことなんやね。 よい一日を^^
Commented by nobukoueda at 2009-01-22 06:37
>totiさま
 おはようございます。もう、こんなに早くお相手してくださるのは老人クラスの?totiさまぐらいかしら・・・(私もそのクラスの副委員長) 朝暗いと働く気もおきませんね。まだ7時過ぎないとだめみたい、しっかり幸せな1日を過ごすようスタートします。毎日毎日今日の素敵なとこ見つけてよいところを人に伝えて、良いものを作り続けることがこの時代をつくっていくことと・・・なんちゃって。
Commented by exmouthcoco at 2009-01-22 07:10
nobukoさん、こんばんは。
私も先日、kazukoさんにお会いした時にこの本をいただきました。
芸術には縁がない私ですが、吸い込まれるように読んでしまって…熱いモノを感じました。
街で目にする芸術の数々も、これからはちょっと違う視線で見つめることになりそうです。

Commented by nobukoueda at 2009-01-22 07:22
>exmouthcocoさま
 本当にりっぱな本つくられましたよね。それに私は石の仕事が大好きなので眺めているだけで幸せです。cocoさんとこは家自体をつくりあげてしまうのですごいアートですよ。ヨーロッパには待ちのいたるところに彫刻があるし、家のドア一つからそれぞれオリジナルでとってもたのしいですよね。
<< こどもアトリエ作品展 描き初め パリからのアンティーク >>