日韓美術交流展 始まる JARFO京都画廊、京都国際交流会館

c0100195_11492682.jpg
昨日からもう、始まっていますが
JARFO京都画廊さんと京都国際交流会館にて日韓交流美術展が始まっています。
私はJARFO京都画廊さんの方に出品させてもらっています。

c0100195_11514318.jpg


最近搬入日とか、パーテイ始まる時間などいろいろ間違えて
時差ぼけというのかしら、認知症というのかしら、気をつけないといけません。

韓国からはいつも女性作家も多く来日してくれるのですが、やはりいつもより少なくて3名の韓国公州かrくぁの作家さんが来日されて連日こちらの作家と交流に励んでいます。
この様な昨今、民間レベルでは本当に変わらぬ友情で仲良く展覧会したり交流してます。

韓国の作家の作品ともどもぜひご高覧ください。



# by nobukoueda | 2019-11-20 11:57 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Trackback | Comments(0)

ポーランド日記 帰国の日

c0100195_12590418.jpeg
とうとう帰国の日まだ暗い中
c0100195_13000125.jpeg
素敵なお部屋を提供してもらって
c0100195_13004565.jpeg
静かに出発、コーヒー入れてもらってバナナを持たせてもらって夜中の3時半過ぎに出発。
c0100195_13020779.jpeg
別れを惜しんで早かったのでカフェで休憩
全て順調に来ていたのですが
何とポズナンの空港でゲートで確かに乗り継ぎのミュンヘン行き、時間も同じだけど中々ゲートが開かないなぁと思ってたら何やらアナウンスで聞き慣れた私の名前が!何とゲート間違っていて2番で待ってたら四番だった。といっても10メートルもなくすぐ近くなのに、もう少しで乗り遅れるとこだった。
そして
c0100195_13055281.jpeg
ミュンヘンについて4時間以上もトランジットあり、ついつい免税店へ
まずはシャネルの口紅コーナーへ、新色気に入ったのあり1つ、その後又見てたら小さなポシェットが安く買える値段!この時、タックス分変換してもらえること思い出して、用紙を書いてもらって事務所へ、その後口紅も少しだけど返金されるからと、又オフィスへ、スタッフが覚えていて、又来たの?
まだ時間ありそうだ息子にヘンケルの爪切りやキッチングッズもいいかもと又少し買って、少しでも必ず返金してくれる。又オフィスへ、スタッフはきっと又来るでしょう?と、私はかもね。と、
でもそれ以上は買いませんでしたよ。
c0100195_13122335.jpeg

c0100195_13125894.jpeg
ルフトハンザ航空の機内食、帰りはご飯にしてビーフカレーがとても美味しかった。
映画も何本か新しいもの見ながら絵日記の色つけなどして、あまり寝ても帰ってから反対になるからと寝ないようにして
c0100195_13152594.jpeg
映画を楽しんで
ミッションインポッシブルのトムクルーズも
タランティーノのワンアポイントタイムのディカプリオもブラッドピットもそれぞれ歳になった顔してるなぁと、でもまあいい感じに歳とっていて〜
c0100195_13191963.jpeg
機内でジントニックも頼めることわかってゆっくり飲んで
c0100195_13200492.jpeg
朝食となり
c0100195_13202883.jpeg
関空に着いた時には13日となってました。
MKの乗合タクシーで我が家まで途中ウトウト良い気分で

帰ったら両隣から大根やらお漬物やらでお帰りなさいと。
そして家のテーブルの上には大きな大丸の袋があり
中にプレゼントが
どうやらやっと街中に買い物に出て夏の私の誕生日プレゼントが買えたようです。
すぐ昼になり
c0100195_13242656.jpeg
おうどん作ってくれて
その後爆睡だけど3時からはお仕事ありしっかり起きて頑張って、ささやかなお土産子供達に渡して
c0100195_13261525.jpeg
やはりこの風景
ここが一番かな
全てに感謝です。
ブログを読んでくださったお友達にも感謝です。
ありがとうございました。

# by nobukoueda | 2019-11-18 12:58 | Trackback | Comments(0)

ポーランド日記 11月11日 独立記念日 セントマーチン日

前日のパーティで友人のジュリアもみんな泊まって合宿場みたいな。私は6時前から目が覚めてネットしたりしてたけど皆疲れていたのかゆっくりでやっと10時になって起き出して
c0100195_11152809.jpeg
朝のお散歩近くに池というほどではないが小さな池が
ここは郊外の新興住宅地、
c0100195_11164246.jpeg
同じような家が並びます。
c0100195_11174845.jpeg
通りに時々見かけます。どうやら犬の始末のゴミ箱みたい。可愛い。
c0100195_11190020.jpeg
野菜もたっぷり美味しい朝食というかもうランチに近いけど食べてからみんなの用意できたら車でセンターへ
今日は独立記念日であり、セントマーチン日のお祭りみたいなパレードがありまずはそちらへ
c0100195_11211738.jpeg
実は車止めて一緒に出かけてこの写真撮ってる間に
c0100195_11221653.jpeg
一人迷子になって、反対方向に歩いておかしいと引き返したら探してくれて合流、何しろ凄い人なのです。
c0100195_11233874.jpeg
この像を写真に撮ったのは裸の彫刻が街中でそれも現代のものが設置してあることが珍しいからでした。
でも裸婦だけでなく隣には裸男?もあり、ついになってるようで街中でも違和感なく2つ並ぶと受け入れてしまいます。日本だとほとんど裸婦ばかりが公園や街中にあって、平和とかタイトルつけて、なぜ女性の裸が平和なのか?まぁ、男性がそれを望んでるのが平和のなのか?わかりませんが。
とにかくパレードの行列見ることに、アリッチヤはこんな混んでるとこ来たことないらしいけど私たちのために案内してくれてました。まぁ、私もあまり祇園祭にはいかないからね。
c0100195_11303925.jpeg

c0100195_11310160.jpeg
やっと少し見られるとか探してずっと待って
c0100195_11314629.jpeg
やってきました。
c0100195_11321057.jpeg
色々なコスチュームで登場
c0100195_11325062.jpeg

c0100195_11332184.jpeg
凄く大きく
c0100195_11334894.jpeg
演奏などもあり
c0100195_11342165.jpeg
ポーランドの伝統的なコスチューム
c0100195_11351458.jpeg
ユニークなものまで
c0100195_11361902.jpeg
十分楽しんで
c0100195_11370111.jpeg
周りには色々なテントでピザ屋さんとか
c0100195_11374402.jpeg

c0100195_11375957.jpeg
ここで菓子パンのロガルを買ってもらって食べながら
c0100195_11385542.jpeg
お店を覗きながら

以前来た近くの王宮キャッスルへ
c0100195_11394800.jpeg
ここは外観は古いお城ですが中は半分はとてもモダンに改築してあり若者たちが集まってこの上には素敵なカフェもあり、昨日は閉まっていた本屋さんも今日はあいていてスケッチノートを購入。
c0100195_11413700.jpeg
昨日見たソフィーアルプさんの展覧会の案内が
c0100195_11423707.jpeg
少し休んで外に出れば又ストリートミュージックが色々なところで
c0100195_11444154.jpeg
以前来た時も同じ場所でこのような兵隊さんの光景見ました。
c0100195_11453747.jpeg

c0100195_11455612.jpeg
でもこちらの建物は新しく始めて拝見、アリッチヤは本当に素敵。
c0100195_11474429.jpeg
街中には
c0100195_11480946.jpeg
面白い壁画がいくつか

c0100195_11484438.jpeg
広場では
c0100195_11491296.jpeg
色々パフォーマンスがあり
独立記念日とセントマーチンデイが重なったのでお休みでもあり大変賑わってます。
そして車から搬出用バックを取ってからギャラリーへ
夕方には搬出です。
c0100195_11571454.jpeg

c0100195_11574616.jpeg
c0100195_11580012.jpeg


名残惜しく
c0100195_11585287.jpeg
何もない空間になって最後に、以前かかっていたえももどして
c0100195_11592950.jpeg



みんなに手伝ってもらって無事作品片付けて
本当に感謝です。


アレックも来てみんなでカフェステーションへ
c0100195_11525133.jpeg
以前飲んで気に入って私もホットワインを
あとは名物のギョーザのようなピエトロとかパンケーキとサーモンサラダ
c0100195_11543788.jpeg
ワイワイみんなで
c0100195_11553604.jpeg

c0100195_11560181.jpeg

c0100195_12112044.jpeg
そして
c0100195_12115715.jpeg

c0100195_12122368.jpeg
愛すべき人たちと、本当にポーランドって美人が多いのです。

さて、帰ってからは荷造り
何とその夜中3時には起きて3時半ごろには出なくてはならず
飛行機の時間が早いので、アリッチヤに送ってもらうのですが本当に何から何までお世話してもらいました。
ありがとうございました。彼女も大学でも教師の仕事のある中で全て面倒見てくれました。
早く寝なさいと言われてとりあえず2時間ほどなることできてお別れの時間となりました。

# by nobukoueda | 2019-11-18 11:11 | Trackback | Comments(0)

ポーランド日記 11月10日 工芸博物館

c0100195_09594560.jpeg
ポズナンの中心よりギャラリーはすぐ

c0100195_10010002.jpeg
今朝の朝食は前日のお母さんの手料理色々もらってきて美味しいポテトサラダなど頂いてトラムでセンターまで
c0100195_10030034.jpeg
ギャラリーに来てびっくりこんな風にテーブルが並んで、すぐにアレックに連絡して、そういえば昨日何かあるとはいっていたけどこのことだったのかと。ホテルのパーティがあり前から決まっていたのでほんの2時から2時間だけだと、仕方ない。
そこへ若い友人又来てくれて一緒に出かけることに
まずは近くのカフェでお茶することに
c0100195_10055210.jpeg
名前はKAWA カバと呼んでコーヒーのこと

マルティーナが
c0100195_10073249.jpeg

ご馳走してくれて
c0100195_10080044.jpeg
カプチーノとポズナン名物の菓子パンRogal
とても大きいのでこれでランチタイム

それから先日パフォーマンスやっていたお城の中のギャラリーにて、面白い展示しているからと出かけることに。
c0100195_10104178.jpeg
展覧会はハンスアルプの奥さんの展示
バウハウスの影響を受けて
c0100195_10121102.jpeg
作品はあまり大きいものはなかったが
c0100195_10124059.jpeg
とても良い作品で
c0100195_10130671.jpeg
色々な作品試みていて
図録を見るとファションからインテリアデザインから色々活動されていてとても才能ある方と思われる。が昔も今も有名になるのは夫の方かもしれない。
お城の館内では日曜にて子供向けのワークショップが開かれていて
c0100195_10160094.jpeg
中々興味深かった。
c0100195_10163095.jpeg

c0100195_10165662.jpeg
すぐ近くのビル群かは発想して絵にしたり用意されている模型の用紙に色つけて完成させたり
c0100195_10183891.jpeg

c0100195_10190819.jpeg
レベルの高いワークショップでありそれをちゃんとギャラリーに展示している。
c0100195_10202464.jpeg
その後歩いて私はマルティーナと別れて
c0100195_10211608.jpeg
途中街中ではパフォーマンスしている人がいたけど誰も注目しないとやる気なさそうな人

c0100195_10224580.jpeg
工芸博物館に
c0100195_10232885.jpeg
昔のお城になっていて
c0100195_10240749.jpeg
この一番上の展望まで上がることできて
c0100195_10244038.jpeg
とても良い見晴らし一望できます。
c0100195_10252975.jpeg
館内は伝統的な工芸から始まり
c0100195_10260983.jpeg
現代作品まで
c0100195_10264308.jpeg
色々でして
c0100195_10271037.jpeg
美しいガラスでできてます。
c0100195_10274322.jpeg
今風な見せ方にて子供たちにもわかりやすく楽しめるようでした。
c0100195_10285134.jpeg
素敵な建物の美術館後にして
c0100195_10293179.jpeg
広場に出ると連休でたくさんの人だかりが
c0100195_10302669.jpeg
観光客だけでなく多くの市民も出てきているようです。
c0100195_10313310.jpeg
一度ギャラリーに戻ったら、今回オルガナイズしてくれたアレックが来てくれて
c0100195_10322145.jpeg
ギャラリーすぐ近くの日本レストランUMAMI へ
ティタイムだけですが私たちは桜茶を頂いて
c0100195_10342161.jpeg
今回の展示のことなど色々話してから
私はギャラリーへ
現地の日本人のなぎささんが今度はご主人といらしてくださり沢山写真撮ってくださりました。
本当に何度も色々お世話になってありがとうございました。
実はハンガリーで一緒だった友人Nasaさんがアリッチヤとも友人で私の展覧会みがてらポーランドを回ろうときてくれることに、アリッチヤも来てすぐ駅まで迎えに行きました。何とプラハからバスで到着とのこと。

そして、その夜はアリッチヤが私たちのために近くの友人家族も呼んでパーティしてくれることに。
c0100195_10394821.jpeg
ワイワイ凄く楽しいひと時でした。
アリッチヤのフラットのインテリアは最高です。私好み!
c0100195_10404175.jpeg
甘いケーキから始まってだんだんお酒もいろいろ、美味しいハムやヤギのチーズや魚のオイル漬けなど

あっという間にもう次の日は最終日です。


# by nobukoueda | 2019-11-18 09:57 | Trackback | Comments(0)

ポーランド日記 9日 Alicja’s house

c0100195_22454728.jpeg
アリッチヤのお母さんたちがいる村に来ました。
c0100195_22465279.jpeg
まずは弟さんのお嫁さんの手作りケーキでお茶にして
それもチョコクリームケーキとチーズケーキの2種類も作ってあり
c0100195_22481433.jpeg
それから
日本ではあまりありえないけどそれぞれの部屋を案内してくれて
c0100195_22493593.jpeg
甥のピエトロは中学生なったばかりぐらいなのに習ってる映画でゆっくりでも色々話しかけてくれて
c0100195_22520297.jpeg
はじめ恥ずかしがってたアシャも凄く可愛く色々出来ること見せてくれたり
c0100195_22530957.jpeg
お母さんの沢山の手作りお料理
c0100195_22535143.jpeg
お母さんといっても何と私よりずっと若くて(^^)
c0100195_22544824.jpeg
素晴らしい家族でみんな凄く私のこともてなしてくれて
本当に感激でした。アリッチヤが明るく優しいのもこの家庭で育った訳がわかります。
c0100195_22565461.jpeg
実家にはアリッチヤの以前の作品が一杯
c0100195_22573592.jpeg
ブロンズ像です。
c0100195_22582085.jpeg
最近の紙の作品も沢山置いてありました。

こちらで筆ペンでそれぞれの名前をひらがなや漢字で書いてあげたら凄く喜んでくれました。いい加減な当て字でよかったかどうかわかりませんが。

c0100195_23004626.jpeg
はじめ恥ずかしがってたアシャも別れる時は泣きそうになって本当に可愛かった。田舎の風景は美しく落ち着いて個展中ほんとにホッとして癒されたいちにちでした。

# by nobukoueda | 2019-11-17 22:44 | Trackback | Comments(2)

ポーランド日記 11月9日 国立博物館

c0100195_22044740.jpeg
アリッチヤの家でいただくコーヒーはイタリアンコーヒーの豆を挽いたのだけどいつも、カップにスプーン一杯入れて熱いお湯注いでまるでインスタントコーヒーのように入れてくれる。こんな入れ方があるとはこれがなかなか癖になって美味しい。
今日はアリッチヤの実家に御呼ばれになって出かける日でギャラリーはお休みして
c0100195_22085001.jpeg
まずは日曜は全てお店がお休みになるので買い物に
c0100195_22101935.jpeg
こちらではカートまで子供サイズになっていて子供も一人前にお買い物のお手伝い
スーパーの後は大きなショッピングモールで欲しかった靴や土産の品々を色々全て買い物、そして大きなフードコートで具たっぷりのスープ、それからまだ時間あるというので国立美術館根へ行くことに

土曜は無料日
c0100195_22133807.jpeg
こちらの作家は有名らしい
c0100195_22140784.jpeg
以前にも来ているのであまり展示は変わってない感じで時間はあまりなかったので古い方はパスして
c0100195_22153001.jpeg
c0100195_22174550.jpeg
この辺の彫刻は覚えている
c0100195_22182597.jpeg

c0100195_22190614.jpeg

c0100195_22192897.jpeg
そして
一番はじめに行った街スープリスクで印象に残った画家
c0100195_22212900.jpeg
c0100195_22220961.jpeg
も、たくさんあり
c0100195_22225214.jpeg

c0100195_22231531.jpeg
他にも
c0100195_22235926.jpeg
モダンな作品が
c0100195_22243902.jpeg
彫刻も
c0100195_22254002.jpeg
写真作品も
c0100195_22262469.jpeg
彫刻も最近横顔が気になり
c0100195_22273899.jpeg
これははじめから横顔を見せたかったようです。

そして2時になり彼女の実家に向かうことに
c0100195_22290935.jpeg
車で30分ぐらいのとこの郊外だが、お墓ひみたい?私はイタリアのお墓のように彫刻がいっぱいと、是非ついでなら寄ってと、
c0100195_22314605.jpeg
ちょうど独立記念日の前の休みの時で日本のお盆のように皆お参りに来るときにてお花がいっぱい。
c0100195_22330995.jpeg
お参りの時はキャンドルに火を灯すようです。
c0100195_22340455.jpeg
こちらは最近亡くなった方
c0100195_22343306.jpeg
あ花や色々一杯です。

それからもうすぐ彼女の村に
c0100195_22353609.jpeg
教会にも寄って
c0100195_22361417.jpeg
中はとっても美しく立派です。
c0100195_22371646.jpeg
そしてやっと
実家のむらへ

# by nobukoueda | 2019-11-17 22:02 | Trackback | Comments(0)

ポーランド日記 11月8日 アルセナウギャラリーのオープニング

c0100195_20403399.jpeg
今朝も美味しい朝食、サラダもいっぱい食べて
今日はトラムの駅まで送ってもらって切符を買ってどこで降りるか詳しく教えてもらって
初めて一人でセンターへ
トラムは大好き、街の様子がよくわかって楽しい。
ギャラリーについて写真撮ったり、実は初日にあったユスティーナはジバちゃんと読んでいたけど昼に来てくれるとメールあったので待っていたらお母さんと来てくれて、実は前日何者かに殴られて頭が痛くて病院に行ってきたと、もうびっくりなんだか悲しい気持ちでいっぱいになってお大事にと別れることに、

c0100195_21165841.jpeg

夕方近くのアルセナウギャラリーにて今夜から始まる展覧会のオープニングがあるというので行くことに、会場でアリッチヤと待ち合わせ
c0100195_20483854.jpeg
凄く多くの人が集まって、
c0100195_20492780.jpeg
奇抜なスタイルのアーティストの紹介など長い挨拶あり
やっと中は、このギャラリーは昔から何度も来ていて今はトップキュレイターのボグナさんはよく知ってる。昼にゆっくり私の個展会場見てくれて色々感想言ってくれてた。
c0100195_20564107.jpeg
一人の個展ではなくて、今回はエイズや乳がんや色々なガンに対するメッセージを込めたグループでの展示でした。
c0100195_20581611.jpeg
写真と描い多分とあり
c0100195_20590512.jpeg
映像や
c0100195_20593781.jpeg
写真や
c0100195_21001667.jpeg
多くの展示
c0100195_21010166.jpeg
多くの人で言葉のこともあり、又ゆっくりくることにしようと
c0100195_21020830.jpeg
この中のは自由にもらってよくて私はエイズのアドレス書いたブレスを1つ
c0100195_21033318.jpeg
しかし展示方法はいくつか参考になるものがあり
c0100195_21041912.jpeg
面白かった。
c0100195_21045135.jpeg
そして、夜は又アリッチヤと女優のジュリアと3人で
c0100195_21060247.jpeg
モダンなインテリアのカフェで
c0100195_21063138.jpeg
私はポズナン名物のカーテージチーズとフライドポテトとジントニックを

c0100195_21160787.jpeg
それからなんと又コンサートが8時からあると出かけることに
c0100195_21083626.jpeg
それは私世代の懐かしい曲ばかりでとても美しい歌と演奏だったけどなんだかジントニックとチーズでやってしまったのか気持ち悪くなって少しダウン、若いジュリアがまるでお母さんのように世話してくれて(^^)
そのコンサートももちろん無料で会場は若いアーティストの展示しているギャラリーがあり
c0100195_21113687.jpeg
コンサート会場はアンティークなものでいっぱいの
c0100195_21122258.jpeg
面白いとこでした。
毎晩連日仲良しのアリッチヤとジュリアはさすが若いだけあって、今まで私の知っていたおじさんクラス教授やアーティストと行ったレストランなどと違って本当に今風のおしゃれでリーズナブルなとこばかりで
凄く楽しく
c0100195_21151391.jpeg
アリッチヤにはもちろんだけど二人に本当に感謝しました。ありがとう。

# by nobukoueda | 2019-11-17 20:40 | Trackback | Comments(0)

ポーランド日記 11月7日 バイオリンコンサートの日

c0100195_19531287.jpeg
アリッチヤのポーランドの美味しいヤギのチーズやハムと美味しいパンの朝食をゆっくりとってから一人でトラムで街中に行くつもりが彼女の友人が朝沢山の食べ物と一緒に顔だしてくれてなんと、街中まで行くついでがあるから送ってくれるとのこと
まずはセンターを一回りしてから
c0100195_19564375.jpeg
1人パーフォマンスしている人いるけど平日で早い時間にて見る人は少なく気が入ってない感じ。
c0100195_19580814.jpeg
町並みは昔と変わらず美しく
c0100195_19590746.jpeg
この先にギャラリーが
c0100195_20000831.jpeg
ホテルのギャラリー側の入り口この地下です。
c0100195_20014123.jpeg
オープニング終わった次の日のまだ昼前は静かです。
c0100195_20023827.jpeg
ホテルなどでwi-fi使えたのでメールチェックなどして
今日は1人予定作らずギャラリーにいることに
が、ちょっと気分転換に外へ
c0100195_20060065.jpeg
ここは観光の中心地
c0100195_20064960.jpeg
歩いていて昨日いっぱいではいることできなかったカフェに行こうと
c0100195_20075077.jpeg
ブラブラして見つけたのは
c0100195_20083703.jpeg
カフェステーションと言っていてなんと店内に列車のレールが走ってるのです。昔駅だったのかしら?
c0100195_20100312.jpeg
店内は少し暗くて落ち着いた雰囲気
c0100195_20104724.jpeg
こちらでコーヒーを頼んだら、名古屋みたいにコーヒーに小さなクッキーが付いてきた。
c0100195_20115924.jpeg
美術館でも行こうかと出かけたら週末はタダということででは出直すことに、それになんだかそれ以上どんどん歩き回る元気もなくギャラリーも戻ってゆっくりすることに。実はこの日の夜は日本人のバイオリストの小林美樹さんのコンサートが音楽大学の100年の功績を祝う会の後にあるということで、Nさんが手配してくれてアリッチヤと行くことになっていたのです。夕方にアレックも又心配してかギャラリーに来てくれて
c0100195_20202956.jpeg
コンサートはその前の表彰式が長かったけど素晴らしいもので感激してその後近くの先日入ったカフェで
美味しい野菜スープとインディアンチャイ

c0100195_20280367.jpeg

飲み物と食べ物注文しても千円にもならない
楽しい会話を楽しんで
又送ってもらって、good night


# by nobukoueda | 2019-11-17 19:52 | Trackback | Comments(1)

オープニングの様子 Galerie. Hotel. Kolegiacki

c0100195_19190031.jpeg
私のポーランドのポズナンでの個展が始まりました。
美術大学の教授のカーシャさんとアリッチヤが自分たちの学生を引き連れてきてくれたので凄く賑やかになりました。
c0100195_19212510.jpeg
しばらくしてからアレックが私のことを紹介してくれて始まる予定でしたが
c0100195_19223141.jpeg
学生から質問がありそれに答えてるとどんどん人だかりになってもう始まってる感じになり、アレックが来てとりあえず私の事をポーランド語で紹介色々話してから、又私がいい加減な敬語でそれぞれの作品について話して行きました。
c0100195_19250858.jpeg
会場は23メートルもある広いスペースでそれに
レンガと石造りで展示には苦労しましたがなんとかです。その日にアレックの紹介で美術大学の教授が私の小品でカフカのコラージュ作品を見て
c0100195_19270013.jpeg
実は今度クラコフという街から始まってカフカがテーマの大きな展覧会があるのだがこれを出品してくれないか?ということで、すぐにその日に取り外して持っていくことに
c0100195_19292953.jpeg
数年前に我が家に滞在した当時は学生のYustynaとMartynaが知らせたら駆けつけてくれました。ユスティーナはなんだかエレガントになってパッと見てわかりませんでした。学生から大人になると特に女性は雰囲気変わって、でも今もアスリートのように自転車で駆け回ってるのは変わらないようでしたが。色々な人たちと色々な話をして楽しいひと時でした。
c0100195_19355051.jpeg
カーシャとも何年ぶりでしょうか。そしてその日は終わってからうちわで残ってるアレックと日本人のNさんとアリッチヤとその若い友人ジュリアとみんなで食事に
c0100195_19385928.jpeg
私は多分大きいと思ってNさんとシェアするつもりでピザを半分でも多かったです。でも美味しかったです。
それぞれ人数多いので割り勘でもお店のスタッフは別々に会計レシートくれることも当たり前に全然普通にやってくれて、日本ではまとめてくださいとか嫌な顔するお店もたまにあるけどと。
流石にオープニングは私も疲れてアリッチヤの家に彼女の車で帰ってすぐに休むことに。
c0100195_19461544.jpeg

# by nobukoueda | 2019-11-17 19:17 | Trackback | Comments(0)

ポーランド ポズナン日記 11月6日オープニングの日

c0100195_01073328.jpeg
個展の大きなポスターと
c0100195_01083352.jpeg
案内状をアレックが作ってくれました。

会場はホテルKoleguackiの地下です。
c0100195_01095600.jpeg

昼にロンドンとポズナンを行ったり来たりの美術大学の先生カーシャさんやこちらの大学の日本語学科の先生などは初めてでしたがとても親切に色々作品のこと、写真もいっぱい撮っていただいて
c0100195_01142390.jpeg
皆でお茶してから
c0100195_01154030.jpeg
ランチに、私は優しいスープとても美味しかったです。
c0100195_01163806.jpeg
ほかのもボリューム満点
c0100195_01190301.jpeg
人のも色々見るのも楽しい
c0100195_01201297.jpeg
その後2人の先生は午後から仕事にてオープニングまでなぎささんと近くのアルセナウギャラリーへ
c0100195_01222021.jpeg
見てたら懐かしい
ギャラリーのボグナさんがいらして
又個展会場に来てくださるとのこと
c0100195_01251311.jpeg
ギャラリーでて
c0100195_01261958.jpeg
少しお散歩
c0100195_01273480.jpeg
工芸美術館まで来たけどもう遅くて入らず
c0100195_01290684.jpeg
庭の作品、はじめ馬の頭に見えたけどセミのようです。
c0100195_01305022.jpeg
もう、個展のオープニングが始まる時間です。早めに帰ることにワインと日本の食べ物とこちらのスーパーで朝買ってきた色々なお菓子をよういしました。

# by nobukoueda | 2019-11-09 01:06 | Trackback | Comments(0)

ポーランド ポズナン日記 11月5日

c0100195_00294349.jpeg
朝は大好きな色に包まれて目覚めて
素敵なブレックファースト

搬入日にて全ての作品を持って会場へ
ホテルの地下の会場は天井から以前のイベントのままの提灯が無数に吊り下げられてびっくり
Alicja に手伝ってもらって全て取り外して

c0100195_00352656.jpeg
何しろ広くてびっくり

c0100195_00370886.jpeg
25メートル近くあるのです。

c0100195_00381261.jpeg
吊り下げられていた提灯はインスタレーションのように水の波紋の作品の前におきました。水の泡のように

全てレンガブロックと石でできている建物で飾り付けが釘ができず色々苦労しました。
c0100195_00404773.jpeg
夜はすぐ近くのUMAMI という日本料理店へ
オルガナイズしてくれたアレックと友人のAlicja と
c0100195_00430751.jpeg
エビうどんはどうかと言われて注文したらエビ天のことでした。味は中々良かったですが麺がとてもしっかり太くてボリューム満点
c0100195_00465389.jpeg
突き出しにはわかめの酢の物がついてやはり中々全体にボリュームあります。

3人で乾杯してから
何と急にこの日は夜にお城でコンサートがあるから行かないかと?
ということでついて行きました。

c0100195_00500699.jpeg
素敵な古いお城の中をリノベーションしています。
c0100195_00512102.jpeg
パフォーマンス会場は
c0100195_00524247.jpeg
中心に3人の黒づくめのパフォーマーがセンサーで反応して音楽とコラボする新しいダンスでとても興味深かったです。

c0100195_00543709.jpeg
終わってから館内を古い昔の部分を全部Alicja の友人の女優さんが案内してくれました。

c0100195_00564299.jpeg
その後3人で近くの素敵なカフェへ
c0100195_00574574.jpeg
インテリアが自然な鳥がテーマで
c0100195_00584796.jpeg
手作り感あって
c0100195_00594240.jpeg
トイレまでも
私はホットワインをいただいてとても良い気持ちで
運転していただいて帰ることに。

今まで年配の人たちと食べるとかなと行ってたから、やはり若い人と一緒だと楽しいとかいっぱい知ってるなぁと。女子トークに仲間に入れてもらってすごく楽しい時間でした。なんだか搬入終わって少しホッとして1日が終わりました。



# by nobukoueda | 2019-11-09 00:28 | Trackback | Comments(0)

ハンガリーからポーランドへ移動日 11月4日

c0100195_00243305.jpg

c0100195_00253012.jpg

とうとう今度はお素敵なお城から離れる日が来ました。


今日は朝早く飛行機に乗る日本人アーテイストのために何人か合わせて空港までキンガさんに送ってもらって、私とハンブルグからのアーテイストは夕方なので美味しい朝食もフィリップさんが作ってくれて午前中はゆっくり荷物整理片付けでランチもフィリップさんが作ってくれて

c0100195_00272613.jpg
美味しいペンネのお料理

c0100195_23240710.jpeg
ハンガリー料理ともお別れです。
c0100195_23251122.jpeg
フィリップに見送ってもらって2回目の空港までの送りをキンガさんにしていただいて
c0100195_23271853.jpeg
空港ではセキュリティーで少し感違いのトラブルあったけど何とか一足先にハンブルグからのアーティストに見送られて、無事ミュンヘンについて、それから何とポーランドのポズナンには夜中の12時近くについてのでした。長いいちにちでした。




# by nobukoueda | 2019-11-08 23:31 | Trackback | Comments(0)

ハンガリー日記 アートキャンプ最終日 11月3日

c0100195_04251257.jpeg
オープニング開けてさすがに夜中に寝たから朝は朝食の時間までギリギリ寝てしまって、そしたら昨日のうちに昭子さんがソフィーに似合うだろうと素敵な作品の帽子をプレゼントしてました、
c0100195_04272969.jpeg
マサさんの落ち葉のインスタレーションも綺麗な黄色は落ち着いた秋に色に変わって
c0100195_04284140.jpeg
昨日帰った作家もいて今日でみんなお別れかな
c0100195_04295068.jpeg
会場になった文化会館
c0100195_04304234.jpeg
のどかなところです。
c0100195_04312906.jpeg
そして
c0100195_04320065.jpeg
美味しいスープ
といつものランチに
c0100195_04325976.jpeg
チョコムースかな
そしてランチの後はフィリップさんが残ってる日本人を裏山に連れて行ってくれることに
c0100195_04345726.jpeg
昨年登ったクロス、十字架のあるところなら行けるだろうとその気になったら、とてつもなく広い領土でその又山を二つぐらい登ったとこらしく

c0100195_04363341.jpeg
とうもろこし畑を超えて
c0100195_04372056.jpeg
このくらいなら行けるだろうと
c0100195_04382221.jpeg
初めは気持ちよかったのですが
c0100195_04390005.jpeg
最後はもうダメかと
大変でしたが
c0100195_04400019.jpeg
その美しい景色は格別で
c0100195_04405460.jpeg
このためにみんな山に向かうのだろうと
c0100195_04414105.jpeg
トップにはクロスが
c0100195_04422927.jpeg
なんだか祈りたくなるような
感謝の気持ちが
c0100195_04433791.jpeg
帰りはその激しく急な登り道は私には降りる自信なかったら、ちゃんとすごく時間かかるが穏やかな道があるということで安心して
c0100195_04450874.jpeg
帰り道には小さな14のクロスがあります。フィリップさんとこのゼウスは立派な犬で親子で二匹一緒についてきていてやはり親の方は後半かなりハーハー言ってました。
c0100195_04470552.jpeg
クラスの写真も全部とって
c0100195_04474865.jpeg
そのうち陽も傾いて
c0100195_04483836.jpeg
本当に美しい時間を与えてくれます。
c0100195_04492805.jpeg
やっと帰ってきて
マサさんの作品が出迎えてくれて
c0100195_04501155.jpeg
近くでエルジーは別の作品を作ってました。
c0100195_04510748.jpeg
美しいベルセルキャッスル
c0100195_04514315.jpeg
まだ少し夕食まで時間あり懐かしい三年前の展示場所へ
c0100195_04525348.jpeg
私の壁画も健在でした。
c0100195_04533788.jpeg
夜になるとマサさんの作品はライトアップされて又違う風景を作ってます。
c0100195_04545333.jpeg
殆どのハンガリーアーティストは帰ってキンガさんたちオーナー2人とソフィーと日本人アーティストだけの夕食は一つのこじんまりしたテーブルで、ハンガリーの強いお酒パーリンカとワインも少しいただいて最後の夜は女3人で遅くまでおしゃべりして
アートキャンプは終わりました。

# by nobukoueda | 2019-11-05 04:24 | Trackback | Comments(1)

ハンガリー日記 ベルセルアートキャンプオープニング11月2日

c0100195_03420510.jpeg
とうとうオープニングです。11時からコンサートが始まりますが少し前に来てそれぞれの作品を鑑賞
ロバートさんはイスの残骸にラップでイスの形にしてその中に落ち葉を入れた作品とこの大きなモニュメントの周りを落ち葉で包んだ作品二つを完成させて
c0100195_03445606.jpeg
エルジーは
c0100195_03455010.jpeg
最後のチェック
c0100195_03462178.jpeg
森ある沢山の木を使って完成です。
c0100195_03473174.jpeg
ミハエルも昨年の作品とともに
c0100195_03481376.jpeg
神戸からの小田やすはさんは素敵なデニムの着物で
作品は何と写真をお軸に仕立てて、その前に今回この地の植物で大きな生け花のインスタレーションです。
c0100195_03510218.jpeg
アンナさんは昨年の美しい鶴の絵と今年は何とその鶴の巣を立体的に作り、絵画と立体で一つのストーリーを示してくれました。
c0100195_03532174.jpeg
私もベルセルキャッスルのオーナーのキンガさんと写真撮ったり
c0100195_03550436.jpeg
エルジーとももう明日でお別れです。
c0100195_03562645.jpeg
コンサートも始まり、ピアニストはカーネギーホールで演奏してきたばかりの台湾のブダペスト在住のHsinさん、そしてカナダからのマサさんの尺八
c0100195_03590691.jpeg
何か楽器ができることって本当に素敵だなぁと
c0100195_04005926.jpeg
その後展示会場では舞踏のパフォーマンスが始まってそれも尺八とのコラボでした。
c0100195_04023272.jpeg
ドイツからの綿引展子さんはシルクスクリーンの版画と今回ベルセルアートキャンプでは家族の肖像シリーズでフィリップとキンガさんの古着で素敵な一枚の布による絵画を完成させました。
c0100195_04044767.jpeg
そして個性的なソフィーさんは絵画のような洋服を3点何とか完成させて
c0100195_04065508.jpeg
なんだか名残惜しいです。
そして3時過ぎに帰ってきてしばらくしたらフィリップさんが今夜は違う場所でオペレッタの指揮をするから見にくるか?とのことで乗せてもらって
c0100195_04084865.jpeg
なんと素晴らしい国立の劇場
それも楽屋口から入って特別の席も取ってくださって
c0100195_04100110.jpeg
開演前の舞台裏から
c0100195_04110140.jpeg
一度始まるまで外に出て町並みを歩いて
c0100195_04115841.jpeg
言葉は分からなかったけど車の中でフィリップさんが説明してくれたのでなんとなくわかって、それにただ、その華やかな衣装や美しい歌声とミュージカルのようなダンスを見ているだけでとても興奮、楽しかったです。
少しの幕間に
c0100195_04140532.jpeg
役者さんたちが入るビッフェでオーダーした夕食食べて
c0100195_04145892.jpeg
又オペレッタを見て、
最後にまたこのブッフェでオーケストラの指揮を終えたフィリップさんと軽く飲んで又車で2時間近くかかってキャッスルまで送ってもらいました。オペレッタの最後にはフイナーレでフィリップさんは真ん中で拍手の鳴り止まないぐらいの喝采の人、そんな偉い方にサービス、運転していただいて昼は展覧会の演奏して夜はオペレッタの指揮をして本当にパワフルな方と感激。
しかし、私も時差があるのか夜中に起こされたのに朝5時から起きていたのでさすがに眠くて大変でした。
帰ってきてすぐ休むことに

それでも素晴らしい1日でした。


# by nobukoueda | 2019-11-05 03:41 | Trackback | Comments(1)

ハンガリー日記 11月1日 作品完成展示作業

c0100195_03173150.jpeg
とうとう制作も最終の金曜日で次の日がオープニングですので今日中に完成飾らなくてはなりません。
c0100195_03191051.jpeg
野外の制作も最終チェック
c0100195_03200979.jpeg
エルジーも初めは三つの造形物でしたが大きな一つの立体になってきました。
私は長襦袢に白い透かし葉を縫い付けて、もう制作終わったハンブルグからの展子さんに少してつだってもらいました。さすが縫う作品を作っているだけあってとても綺麗にやってもらってにっこり
c0100195_03232377.jpeg
飾りつけはランチの後に
ランチにはとても美味しいスープが出ます。
c0100195_03254659.jpeg
昼は色々ランチボックスを温めて私たちは少しづつシェアして
それからまた会場に行って本格的に周りを片付けて展示です。
c0100195_03275090.jpeg
私のは昨年の石も持ってきてくれたので再度
c0100195_03285673.jpeg
それぞれ昨年の作品も展示してるので私も一点のみ
c0100195_03295459.jpeg
石の流れで着物も一体になるように
c0100195_03305308.jpeg
七時過ぎまでかかってやっと全て展示して
c0100195_03320119.jpeg
キャベツサラダが甘酢ドレッシングでとても美味しく
c0100195_03330488.jpeg
デザートはカスタードクリームの入ったクレープケーキのような、とても甘くて美味しかったです。
夜は素敵なサロンで明日のオープニングのためにピアニストがいらして又ミニコンサートにピアノとチェロとマサさんの尺八で明日のリハーサル兼ねてですが
私は最後までいられず眠くて部屋へ
寝入ったとこで友人にちょっと起こされてメールしたりして、なんだか少し疲れも出てきたかもです。

# by nobukoueda | 2019-11-05 03:16 | Trackback | Comments(1)

ハンガリー日記 ベルセル 31日

c0100195_12322838.jpeg
数日珍しく雨が続いたのですが31日は凄く良いお天気
c0100195_12333819.jpeg
朝の光が眩しいくらい
c0100195_12342671.jpeg
私の長襦袢も少しづつ上に上にと
c0100195_12353211.jpeg
カメラマンとして参加のピーターは沢山アーティストを取り続けてます。
c0100195_12362952.jpeg
昨年も参加のミハエルさんは刀の文字を作品に入れてます。日本とハンガリーの交流
c0100195_12381444.jpeg
ランチは必ずスープがついて
c0100195_12385240.jpeg
昼は実はある提供してくださる企業からのランチボックスがありそれを温めてますが色々な種類お料理なのでシェアしていただきます。
c0100195_12411569.jpeg
午後からは市長さんの訪問ありでキュライターのエルジーが代表して色々説待されてました。

c0100195_12445208.jpeg
私のところにも
私は実演してみました。叩き様を小さな花びらで

c0100195_12464406.jpeg

そして建物の前には
c0100195_12473003.jpeg
エルジーの作品もできつつあります。

c0100195_12483698.jpeg
制作も終盤でオーナーのフィリップさんとキンガさんも何度も様子を見にきてくれて相談に乗ってもくれます。
c0100195_12500182.jpeg
そしてキンガさんが本当にマメにビデオや写真を撮ってくださって、写真もとても素敵なのです。

c0100195_12513414.jpeg
制作もほぼみんな見えてきて、明日からは飾りつけです。
c0100195_12523603.jpeg
又夜も素敵な演奏あり
c0100195_12531149.jpeg
マサさんの尺八がこんなに上手とは
今回私も演奏聴くのは初めてでした。

あっという間にベルセルでの滞在も終わりに近づいてきました。どんな展示になるか楽しみです。


# by nobukoueda | 2019-11-01 12:30 | Trackback | Comments(0)

ハンガリー日記 ベルセル 30日

c0100195_12092635.jpeg
朝は美味しい朝食はビュッフェスタイルです。
c0100195_12102090.jpeg
朝からたっぷり頂いて
c0100195_12111134.jpeg
直ぐに制作会場まで行ってそれぞれ始まります。
ドイツから日本人の作家、綿引展子さんは同じ名前ですが珍しい字で、少し遅れて参加ですがすぐに制作取り掛かって興味深いおしごとです。
唯一私がトントンうるさく音を出すので悪いと思いながら床の上が一番響かないので床で制作してます。
c0100195_12125840.jpeg
染めあげた後の葉っぱも捨てがたく
スケッチブックに貼っています。
c0100195_12142445.jpeg
美味しいスープ
c0100195_12144800.jpeg
ランチの後は、キンガさんが近くの民族博物館に連れて行ってくれました。
c0100195_12154342.jpeg
昔のシンプルな生活
c0100195_12162346.jpeg
素敵な木製ゆりかごの中には古いお人形
c0100195_12171629.jpeg
歴史がわかりやすく示されていて、中には滞在しているベルセルキャッスルの写真もあり昔は学校として使われていたようです。
c0100195_12183358.jpeg
色々な器具もあり
天井も低く小さな家と言っていたけど日本人からすると決して小さい空間ではなかったです。

c0100195_12202533.jpeg
その後、午後の制作はアンナがとってきてくれた濃い紫の葉っぱからは本当に紫の色が出て
c0100195_12215826.jpeg
夕食はチキンをベーコンで巻いたもの

食べ過ぎないようにしてましたがやはりもう一つ
夜もまた演奏がありましたが私は少し疲れてお先に

次のポーランドの個展の案内状が送られてきて感激でした。

# by nobukoueda | 2019-11-01 12:08 | Trackback | Comments(0)

ハンガリー日記 ベルセル

ベルセルにて本格的に制作が始まりました。
c0100195_11374558.jpeg
私は今回は日本の長襦袢を持ってきてそこにベルセルの赤色を染めてみようと思いました。
展覧会のテーマは
秋の中の春
ですから、周りにある植物で柔らかくて色の出やすい葉っぱを選びます。
c0100195_11404703.jpeg
叩き染めという技法は葉っぱを上からかなりきつくドンドン叩いて葉っぱの中の色を下地に移して染め上げます。
c0100195_11424998.jpeg
朝からサロンではフィリップさんがチェロを演奏されていていつも生演奏が聞こえてきます。
c0100195_11442254.jpeg
野外ではカナダからのマサさんは沢山の美しい落ち葉の空間を見て何やらインスタレーションが始まりましたし
c0100195_11453678.jpeg
千葉から参加の沼尻昭子さんは大きな植物が大地から咲き始めています。
c0100195_11475680.jpeg
たっぷりなランチの後も制作頑張って
c0100195_11490898.jpeg
かなり葉っぱは染め上がりました。
c0100195_11495884.jpeg
小さなシルクに色々実験もします。
c0100195_11505922.jpeg

c0100195_11512883.jpeg
色々トライ
c0100195_11522168.jpeg
同じ部屋でアンナは昨年は美しい絵画でしたが今年は何やら立体制作始めています。
c0100195_11534270.jpeg
ミハエルさんは何やら日本の書のようなドローイングがどんどんできてます。
c0100195_11551131.jpeg
写真家のやすはさんは写真の作品を持ってきてくれましたが。色々見てたらやはり触発されたようで生け花からの発想でいくつか出来上がりそうです。
c0100195_11583246.jpeg

もう5時近くなるとすっかり暗くなって7時まで制作して
夜はベルセルキャッスルのダイニングルームにて美味しいスープから始まって
c0100195_12000917.jpeg
キッシュのような
c0100195_12010870.jpeg
サラダやフライドライス
c0100195_12015196.jpeg
デザートは美味しいムース

c0100195_12024717.jpeg
夜はサロンでマサさんの尺八とフィリップさんのチェロのミニコンサートが続きます。

そしてゆったりバスタブに浸かって
ぐっすり
しかし、まだ時差ボケなのか凄く朝早く目が覚めて
その時間ブログアップタイムです。
本格的な制作初日がおわりました。

# by nobukoueda | 2019-11-01 11:36 | Trackback | Comments(0)

ベルセルへ ハンガリー日記

ブタペストの素敵なフラット
c0100195_12220875.jpeg
アートコレクションいっぱいのレジデンスを離れて
三日目はやっとアートキャンプする
素敵な村、ベルセルへ移動でふ。
c0100195_12235808.jpeg
左の美しいアンナの車に乗せてもらってベルセルキャッスルに着いたらすぐにランチタイム

右のカップルがアートプロデューサーのキンガさんと音楽家のフィリップさん
c0100195_12263011.jpeg
細いパスタスープから始まって
チキンカツとフライドライス
c0100195_12273139.jpeg
ザワークラウトみたいなキャベツの酢漬けサラダ風
c0100195_12281523.jpeg
クレープの中はアプリコットソースやチョコレートソースが入って甘くて美味しかった、

ランチの後は色々必要な材料など買い付けに
c0100195_12305120.jpeg
昨年も行った金物屋

c0100195_12293981.jpeg
優しいお兄さん
c0100195_12314886.jpeg
ワクワクします。こういったものたちに
c0100195_12324489.jpeg
その後、今回私たちが仕事するスタジオとなる公民館みたいなところは行ってから
キンガさんがこの小さな島と池を作ったから
そこでも何か展示できるのではと案内してくださり
c0100195_12350925.jpeg

c0100195_12353639.jpeg
色々見て検討

c0100195_12361847.jpeg
真ん中に木が茂って面白い雰囲気のとこでした。
c0100195_12372528.jpeg
しばらくスタジオで制作準備してから

c0100195_12381717.jpeg
夜はこのようなお弁当スタイルを大皿に取り分けて
c0100195_12392009.jpeg
日本人アーティストはみんなでシェアして分けて食べてましたがハンガリーの人は一つづつ
c0100195_12403587.jpeg
でもデザートは
凄く美味しい手作りケーキでコーヒー
ハンガリーの美味しい赤ワインもいっぱい飲んだら
気持ちもよくなりいつもと同じ素敵なお部屋な大きなバスタブにゆっくり浸かって
すぐぐっすり

が、時差がまだ続いているのか4時間はどう寝たら目が覚めて夜中の2時過ぎから起きてしまってもうすぐ夜が明けそうです。
さて今日から本格的に制作です。

が、又一寝入りしてしまいほうでふ。

# by nobukoueda | 2019-10-29 12:21 | Trackback | Comments(2)

ブタペスト 国立現代美術館

ブタペスト二日目は
c0100195_11451396.jpeg
昨年出会ったコケシ作家のレッカさんに少し会うため
近くの修復中のオペラ座の前で待ってると
日本では公道はダメだけどこちらではよく見かけます。
c0100195_11475357.jpeg
ブタペスト滞在中のレジデンスは素敵なフラット
c0100195_11490499.jpeg
アートもいっぱい飾ってあります。
c0100195_11500190.jpeg
キッチンで昨日はパスタをつくったり。
c0100195_11505395.jpeg
レッカさんと打ち合わせしてから
国立現代美術館へ
今三つの企画展してましたが
c0100195_11515706.jpeg
こちらのアーティストの絵画と映像がとても興味深く
映像は絵画の中に入っていくようで不思議な感覚に
c0100195_11531968.jpeg
天井も高く良い空間てんす。
c0100195_11541076.jpeg
そして地下鉄に乗って
c0100195_11545855.jpeg
地上からほんの少し階段を降りるだけで地下鉄のホームへ、ブタペストの地下鉄はヨーロッパで一番古い?
c0100195_11561157.jpeg
車両は撮れなかったけどたった二両の可愛い、皮のつり革の地下鉄車両
c0100195_11581919.jpeg
昨年行かれなかったジナコークへ行きたかったけどなんともうあと少しで閉館とのこと
諦めて町歩き
c0100195_11594038.jpeg
落ち着いた町並みです。
c0100195_12024289.jpeg
ランチはサーモンサンドイッチ、パンが美味しい
c0100195_12033401.jpeg
ショーウィンドウにはついつい
c0100195_12042820.jpeg
レコード?
c0100195_12050710.jpeg

c0100195_12053673.jpeg
なんでも興味津々
c0100195_12060912.jpeg

c0100195_12064019.jpeg

映画館の中にも冷やかしで入って
c0100195_12071674.jpeg
色々なパンフをコレクション
c0100195_12081681.jpeg
壁のペインティング
c0100195_12090223.jpeg
そして又ジナコークあたりに戻って
c0100195_12095352.jpeg
中には入らなかったけど中庭には大きなオブジェ?
ベルリンのジナコークに入ったけどその時もアート作品が色々あったので興味あったのですが。
c0100195_12115983.jpeg
他2人のアーティストと合流して
夜も自分たちでつくって
2人とも料理上手でつくってくれて私は少しヘルプだけで美味しいサラダでたっぷりと
ごちそうさまでした。

# by nobukoueda | 2019-10-29 11:44 | Trackback | Comments(0)