タグ:彫刻 ( 28 ) タグの人気記事

植物園彫刻展終了

c0100195_10020890.jpg
先週末で植物園の野外彫刻展もまた植物園会館でも同時に開催していた小品展も無事搬出して終わりました。
お忙しい中わざわざ足を運んでくださった方々
いつも本当にありがとうございます。
今回のこの彫刻は葉っぱのいめーじでありまながら
人体のトルソを感じるように
何か発芽したての一つの命のようなイメージで作りました。
この木材の目が彫りにくく大変でしたがなんとか一つの形にすることができました。
いつも幾つか組み合わせて一つのイメージにしてますが
今回は彫刻らしく一つをしっかり立たせました。

さて寒くなってやっと朔日衣替えもできました。
もう一つ小さな本の形の木材に絵を描く展覧会があり
これは来月ですがなんとか一つだけなので楽しく描いて提出することにします。

長引いた雨も上がって久しぶりに良い天気です。
今日は子どもアトリエの日
張り切っていきましょう。


by nobukoueda | 2017-10-18 10:14 | 京都彫刻家協会 | Comments(2)

御堂筋アート お初天神



大阪の曽根崎、梅田の近くですが通称お初天神をご存知ですか?
昨日はそこに作品を設置して来ました。
c0100195_06391092.jpg
正式には露天神社と言われますが
元禄16年四月七日にこの地天神の森で心中事件がありこれを元に近松門左衛門が曽根崎心中として劇化、大成功。の日その主人公のお初さんにちなみお初天神と呼ばれるようになったとか。

この展示は5月15日から6月25日まで開催される
御堂筋アートの一環です。
私は昨年作った作品ですがこの天神さんに合わせたというか
少し赤く色を変えてみました。
ちょっと明るくなってまた少し違う印象です。

これも自分的には一つの屋根から双葉が芽生えるというイメージです。

設置終わったら神主様からお土産のお初天神グッズ?をいただきました。

c0100195_06513911.jpg
ご利益ありそうな〜

帰りに緑地公園がまっすぐ行けば〜ということで行ったのですが
これがちょっと大変なことに
でも素敵なバラ園とか色々みて来ました。
又それは後ほどに



by nobukoueda | 2017-05-12 06:57 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

12月の展覧会二つ終了

c0100195_12333492.jpg
ギャラリーヒルゲートでの京都の女性彫刻家たち展も無事終わって昨日は搬出して来ました。
そしてもう一つの東山三条古川町のアートフォーラムJARFOさんでのデイトンとの交流展も昨日が最終日でしたがこちらは日程が重なったのだ搬出は間に合わず皆お任せしてしまいました。
c0100195_12370544.jpg
こちらの作品は上は自由テーマで下が今回のテーマのSTORM 嵐でした。
c0100195_12382372.jpg
週末は内輪でささやかながらパーティをしました。そうそう、その後
先週から始まった北山のカフェギャラリーハピィさんにも行ってそちらでもパーティしてました。
c0100195_12411073.jpg
途中でオーナーのお嬢さんのバンドの演奏が賑やかにありとても盛り上がってました。
そして、土曜からはもう一つ今出川河原町下がったところのJARFO京都画廊さんでもランプ展が始まりました。やっと二つは終わってホッとしてます。
やっとこれで年内の予定の作品は全て搬入して終えたので
今日は溜まっていた家事労働です。
c0100195_12455903.jpg
朝からストーブ炊いてミニさつまいも焼いてつまみ食いしながらゆっくりしてます。

さて、あとは年賀状と大掃除かしら

大変遅くなってですが展覧会に色々来てくださり本当にありがとうございました。
又引き続き来年もよろしくお願いします。

ということでーでもあともう少しまだあるか〜

by nobukoueda | 2016-12-19 12:32 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(2)

京都の女性彫刻家たち展

c0100195_09361271.jpg
火曜日から京都の寺町のヒルゲートギャラリーさんにて女性彫刻家たちの展覧会がはじまりました。
c0100195_09380615.jpg
20代から80歳代までの立体造形のさっかたちです。
火曜日初日の夜にオープニングが開かれて
c0100195_09400576.jpg
大先輩の伊勢さんの挨拶は若い作家にとにかく続けてやることと。
パーティはギャラリーが用意してくださったお料理はいつもよりたっぷりですが
私たちは飲むより食べる?
ということで、どんどんお料理はー
もちろんパーティには応援してくださった男性の彫刻家や色々お客様もたくさんでしたが、いつも男性が多い会場が女性が中心となってのびやかな様子は居心地の良いものでした。
c0100195_09465130.jpg
こちらのギャラリーは2階もあり
c0100195_09473782.jpg
カフェスペースもあり、今回はカフェの奥の庭にも展示してあります。
日曜までですので街中にお出かけの節は是非とも覗いてみてください、
いつもありがとうございます。

by nobukoueda | 2016-12-15 09:35 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

京都の女性彫刻家たち展

c0100195_1432327.jpg

寺町のギャラリーヒルゲートさんにて
京都の女性たちの彫刻展が始まります。
c0100195_14332768.jpg

もちろん京都には他にもたくさん素敵な女性の彫刻家がいらっしゃるのですが、やはり男性に比べると少ないですね。
こちらはギャラリーと企画者の推薦の方々で、ほかにも若い方はいろいろ面白い作品されている方いるとおもうのですが・・・
これを機に出会いたいものです。
私はなんだかギャラリーに写真を送ったのですが、容量が多かったらしく受け取ってもらえなくて残念ながらこちらのパンフには画像載ってないですが作品は出品します。
なんだか本当にせわしない師走本番です。
by nobukoueda | 2016-12-10 14:37 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

京都野外彫刻展2016

c0100195_6125234.jpg

なんだか本当に雨が多くてうんざりでしたが、今日は晴れそうですね。
10月1日、明日から毎年恒例の植物園での野外彫刻展が始まります。

 私は昨日何とか搬入してきました。
c0100195_6153661.jpg

 植物園の正門近くのくすのき並木です。
 私の作品はこのくすのき並木のちょうど真ん中あたりです。

 なんと今回は石ではなくて
木彫といえるかどうか、とにかく木で、それもクスノキです。

置いたときなんだか結構周りの樹木としっくりきたと思ったのは
同じクスノキだったかもしれません。

 彫刻はどこから見ても、その立体としての美しい形をイメージしなくてはいけないかもしれないですが、
 今回の作品は正面のある一点から見るとしっかり自分のイメージする形に

  家から双葉が芽生える・・・・形

なのですが、他から見るとなんだか全然わかりません^^;

私はあさっての日曜日の午前中に当番で朝から昼までいます。
そして昼からはそのくすのき並木のなかで子供たちのワークショップのお手伝いをします。一日中いますのでよろしければ是非とも遊びにいらして下さい。
by nobukoueda | 2016-09-30 06:30 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(2)

ベルリン ボーデ美術館

c0100195_972796.jpg

ベルリンでの自分の個展が終わってほっとして午前中はアパートの近くの歩いて行ける現代美術館にいって、一度ギャラリーに行ってから午後からは
 ボーデ美術館に行ってみました。
 興味ある彫刻はすべて縦構図の写真にてきっとウィンドウズでは又アップすると横になってしまうので横の写真のみです。
 
c0100195_9244333.jpg

でもこの彫刻はすきで以前来た時にも写真撮って、実は版画にもしているのです。
 ベルリンの美術館島と言われる美術館が並んでいるところのは2007年にも見ているのですがボーデはみたかしらと・・・何も考えずにはいってしまって
 見慣れた彫刻に出会ってから、そうそう、これは来たところだったんだと。
c0100195_9282336.jpg
c0100195_9284486.jpg

でも15世紀あたりのビザンチン美術はとても好きなので
楽しめました。しかし、やはり最初に初めてこの美術館を訪れた時のようなすごい感動はなくまた違った印象でした。
 
c0100195_931684.jpg

彫刻と絵画が一つになったところに惹かれるのかもしれません。
 日本の彫刻は木彫なら木の色をいかしたもの、ブロンズとか素材の色を生かしたものがおおいのですが、まあ、昔極彩色してあったものもその当時のように復元はしないので皆黒ずんだものになっています。
 
c0100195_9344911.jpg

そしてこのゴールドの風景がロシア正教からくるものか、そして日本画の世界とも通じるものを感じて金箔のラッシュに迫力感じます。
c0100195_9375451.jpg

c0100195_9385637.jpg

こちらは台座そのものが斜めになっているのです。
c0100195_9401468.jpg

c0100195_9423273.jpg

彫刻も石造物もたくさんあり、その技術もうで1本で
c0100195_9442436.jpg
c0100195_945513.jpg

昔から変わらない方法。こんな道具には興味があります。
c0100195_946850.jpg

c0100195_9483256.jpg


こちらのボーデ美術館には本当に素敵なカフェが館内にあるのですが
残念ながら友人たちの個展のオープニングが始まるので
私はそちらに向かいました。
by nobukoueda | 2016-07-28 09:53 | ベルリン | Comments(0)

石の仕事

ただいま京都府庁にて彫刻展開催中
今回は大理石の本を開いたら
c0100195_2333528.jpg

森を感じるように〜

今日は久しぶりに版画を制作
石に木を描いたら
版画も双葉のイメージから森のイメージと変わった
彫刻の仕事で発見した事が
版画の仕事にもつながっていると感じる

c0100195_2338151.jpg

先日の植物園での野外彫刻展の作品は
台座は本を開いた所
そこから双葉のような
羽のような上に伸びるカタチが〜
芽生える

c0100195_23404880.jpg

by nobukoueda | 2015-10-26 23:44 | 制作 | Comments(2)

国立西洋美術館「手の痕跡」展

c0100195_13441187.jpg

国立西洋美術館は本当に久しぶり
コレビジェの建物でなんだか今になって新鮮な感じ

「手の痕跡展」
 
c0100195_13544588.jpg

大理石の固まりの中に手の痕跡で次の時代へもつながる命が吹き込まれる。

 
c0100195_13575384.jpg

粘土の固まりは手の痕跡で人間の強い意思をもあらわす。

 
c0100195_1404742.jpg

手の痕跡展・・・ロダンとブールデルの作品
こちらはブールデルの「絶望の手」

はじめは怒りの手とおもった。
が、
やはり、今はこれが絶望の手に思える。

彫刻
by nobukoueda | 2013-01-12 13:47 | 展覧会 | Comments(0)

ダルムシュタット165−WALD KUNST 森の展覧会2

c0100195_4274541.jpg

c0100195_4283572.jpg

森の中に浮かぶUーボート?の作品です。
c0100195_4303290.jpg

作品から作品もこの山道をどんどん行きます。
c0100195_4333891.jpg

遠くに見えるのは作品でしょうか近寄って

自然の木にコラボするように角材の作品が寄り添います。  
c0100195_435894.jpg

c0100195_4423626.jpg

木で出来た大きな足は
c0100195_4461183.jpg

大地を踏みしめ,大地から生まれでたようでもありました。
c0100195_4483742.jpg

c0100195_450504.jpg

大きな家がういています。
c0100195_4525229.jpg

大きなイスと家
c0100195_4542669.jpg

中は教会のステンドグラスのような光が
c0100195_4571953.jpg

c0100195_458433.jpg

座れるイスのようになっています。
c0100195_502484.jpg

中にはかわいげな作品も
c0100195_535472.jpg

池にも浮かびます。
c0100195_55181.jpg

これはとげのある枝で編んであります。いたそうです。
c0100195_583297.jpg

c0100195_5121738.jpg

かなりの高さにういています。
c0100195_5145951.jpg

c0100195_5205638.jpg
c0100195_5183386.jpg

中にはステンレスのような金属です。
c0100195_5225130.jpg

木からいろいろな作品が生まれます。
c0100195_5271077.jpg

森の中を駆け巡っての森の展覧会でした。

 


 
by nobukoueda | 2012-09-12 04:38 | ドイツ便り | Comments(3)