タグ:彫刻展 ( 9 ) タグの人気記事

キューブアート展@神宮道 開催中

c0100195_17140470.jpg
実はもうはじまっているのですが、毎年恒例の美術館への道神宮道でのキューブアート展が開催されています。
私の作品は三条通から入ってすぐの美楽堂というところです。
神宮道商店街の展示が終われば真ん中の博宝堂ギャラリーさんにてまとめて展示されます。

それは2月26日までの展示が終わって3月1日から12日までです。
まとめてみるにはこの間にですが
ついでがございましたら
是非ともです。

実はもう一つ
来週から版画展も美術館別館であるのです。
重なっていますのでよろしく願います。

処で久しぶりにPCから投稿していたら、なんだか新しくなってこれでいいのかどうか、わかりづらいわ~

by nobukoueda | 2017-02-17 17:30 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

植物園でスケッチ

c0100195_1050821.jpg

植物園はカンナが咲き誇っていました。
また台風が来るようで、この季節不安定はしかたないですが
雨が多くて残念です。
 先日の植物園のとき友人が私の作品をスケッチしてくれました。
c0100195_10553897.jpg

ウインドウズでは縦型写真が横にアップされるのはどうしてでしょうか?
どうしたらいいのかわかる方お知らせください。

 でもこのスケッチはとても素敵です。もちろんプロの絵描きさんなので
横になっていますが、私の作品を実物以上に素敵に描いてくれました。
 
c0100195_1057168.jpg

こちらの京都府立植物園は全国で最も古く、また入場者数もトップと伺っています。以前は60歳以上は無料でしたが今は70歳以上になり私がその頃になるともう、無料ではなくなるかもしれませんがまあ、美術館などに比べたらとても安いので良いお天気の時は時々行ってスケッチするのもいいものかもです。

 彫刻展関係で10月はいろいろなところであり予定がこなせるか心配になってきました。
雨も降り始めて、これから台風になるのでしょうか。アトリエの日に限って
雨が多い気がします。

ひょっとしたら雨女かしら・・・
by nobukoueda | 2016-10-05 11:25 | 日々日記 | Comments(6)

国際会館で彫刻展ー武藤順九展

c0100195_1138297.jpg

京都の地下鉄北最終駅の京都国際会館の庭園にて武藤順九さんという、イタリア在住の彫刻家の展覧会が今日から開かれます。昨日はそのレセプションにていってきました。
 我が家からはちかいので行きやすいです。
風を感じ、光を感じ、メビウスの輪のようなフォームは私の大好きな双葉やハートを感じ、石の彫刻であり、とても好きな作品です。
 
c0100195_11414740.jpg

中央が武藤氏でご本人もとてもダンデイで素敵な方でした。

c0100195_11453785.jpg

水と木々と青い空の中の彫刻は伸びやかで心地よいものでした。
近くには宝ケ池プリンスホテルもあり、そのまわりの宝ケ池公園はとても素敵なエリアです。長い間やっています。よろしければぜひともお出かけください。

レセプションの様子はこちら
by nobukoueda | 2012-03-21 11:56 | 展覧会 | Comments(4)

まなびや2011

本当に情報一杯お知らせばかりで気がひけますが・・

 高瀬川彫刻展はもう始まっていて、水量結構多くて見ずらい作品もありますが、面白い作品もたくさんあり、ぜひとも四条河原町に出た折は木屋町を通ってみてください。

 そして2日から、9日まで三条に向かう真ん中あたりに元立誠小学校があります。そこで毎年色々な作品展からイベントがおこなわれていて

 
c0100195_11251346.jpg

今年も立派なパンフレットができました。
 
c0100195_11254982.jpg

今年は映画祭があり、女性監督特集です。

なんと、3日は津川雅彦さんもいらしてのトークもあります。

 私のかかわっているアートカウンシルでも香りのワークショップから、ヌードクロッキー、茶杓を作ろう・・なんてのはとても興味あります。

 
c0100195_11305235.jpg


そして、もちろん芸祭として、作品展、(私も出品)
祈りの箱展ではギャラリーはねうさぎで一度やった、箱が50個増えて150個ほど展示されます。
こちらは福島でも今年夏展示されたものです。

 そして、メインのおすすめ?は
アートTシャツを作ろう
 というワークショップです。6日は1日私はこちらのお手伝いです。

c0100195_11351100.jpg

スタッフは染色の専門家からユニークな作家さんと色々で材料費だけのワークです。
c0100195_11363248.jpg

6日は11時からで予約していただけたら確実ですが、当日早い時間なら(11時からですが、好きな時間に)大丈夫ですのでぜひともいらして一緒にユニークなTシャツ作りましょう。
 作家の作ったTシャツも販売しています。売り上げはは震災に寄付する予定です。

毎年11月はあいかわらずの忙しいはじまりですが、
お会いできたらうれしいです。
by nobukoueda | 2011-10-27 11:51 | 展覧会 | Comments(6)

立誠夏まつり 展覧会はじまる

c0100195_9422266.jpg


長男Yクン我が家ではじめてお盆のお経があがるというのでかえってきてもらって、昨日は何気なくこんなの作りたいということで、結局、会場で貼るポスターと

急遽 今回のDM作ってもらった。

今日から立誠夏まつり彫刻展に1点とその上の階の3階の教室一部屋使って夏休みに制作した版画を展示します。

c0100195_9461749.jpg


版画は教室の中円形に並べて、教壇の上には旅日記いろいろがたくさん並びます。

今日は3時まで当番にて行っておりますし、

明日は3時から吉原和恵さんのベネチアビエンナーレスライド報告会を行います。

是非いらしてください。
ヨロシクです。

DMデザイン他にもいろいろ
by nobukoueda | 2009-08-20 10:06 | Comments(6)

イベント企画のお知らせ 展覧会

c0100195_957683.jpg


8月20日から25日まで京都四条木屋町上るの元立誠小学校にて高瀬川夏まつりがおこなわれ彫刻展2Fに出品、
又3Fの教室一部屋使って 自由に一人たのしい空間を造りたいと思っています。

「旅の記憶、旅のカケラ」
として、旅行の思い出の写真から版画にしたものと
たくさんの旅行のノート展をしたいと思っています。
是非お越しください。

又23日には夜灯篭流しもございます。

c0100195_1041316.jpg


このようないろいろライブ、パフォーマンスもございます。

また21日金曜日は3階の和室にて3時から吉原和恵さんによる
「ベネチアビエンナーレの報告会」も開催、
最新のアートシーンのお話がきけそうです。

是非、皆様お越しください。
よろしく願います。
by nobukoueda | 2009-08-08 10:08 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(12)

まなびや2008 元・立誠小学校  芸祭 彫刻展

c0100195_21453737.jpg


四条木屋町上がるの元小学校の立誠小学校にて今年も「まなびや2008」が行われます。
私は京都アートカウンシルという会のメンバーでもあり、この会と地元の自治連合会などが主催となって毎年秋に行われるイベントです。

c0100195_2149338.jpg


私は11月1日から16日までこの高瀬川彫刻展に参加にて、今朝午前中軽トラック借りて搬入に行ってきました。

この界隈は夜はにぎやかな飲み屋街でもあり、今日は呼び込みのお兄さんがじっと見守ってくださる中長靴はいて川の中の作業でした。

私は3メートルの「ひかりの木」をだしました。
水の中のひかりの木もなかなか生き生きしていい状態に設置できました。
2日、3日とライブがあったり、校舎の中ではいろいろな作品も展示してあり、2日にはお茶会も開かれます。
又、以下のようなワークショップも連日いろいろな教室で開かれます。
大人の学校ごっこです。

c0100195_21573239.jpg


当日参加も可能です。
河原町へお出かけの際は是非のぞいてみてください。

遠い昔にタイムスリップしたような学校ですよ。
by nobukoueda | 2008-10-30 22:01 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(8)

彫刻展 なんと奨励賞が~ 夜は灯篭流し~

c0100195_025226.jpg


夕方5時に腰あげて搬出に

なんとわが作品に奨励賞が
これは、見てくれた観客が金一封の奨励賞として投票みたいにしてくれるもの
うれし~
なにしろ 賞というものにほとんど縁がない
あったかな作品・・・というコメントとともに金一封もったいなくて使えない^^;
奨励賞くださった方ありがとうございました。
これを励みに精進しますです。

夜は灯篭流し
これは出番をお待っている灯篭です。

c0100195_011120.jpg


今年は高瀬川の中に鯉の大きな布が・・・その上を灯篭が流れます。
c0100195_0122560.jpg


c0100195_014332.jpg


めずらしい チンドン屋さんの演奏が
c0100195_0133670.jpg


昔の校庭では盆踊りも始まります。

c0100195_0152524.jpg


周りは今ながされた灯篭が大きな輪になって飾られます。

c0100195_0162886.jpg


ビールやたこ焼きやらいろいろお店もでていて、京都の夜の町の中心にて外国人など観光客も自由に参加してのまさに夏祭りでした。

帰りにちょっと恵文社の本屋さんで立ち読み楽しんで
ゥ~ン~ 出かけてよかったあ~

立誠自治会の方々、京都アートカウンシルの皆様お疲れ様でした。
by nobukoueda | 2008-08-25 00:02 | 展覧会 | Comments(18)

石の彫刻展

c0100195_1533071.jpg

c0100195_153309.jpg

c0100195_1533032.jpg

先週のオープニングに伺えなかった尊敬する(大好きな)彫刻家、山本哲三さんの個展をギャラリー揺に休み前の夕方に。
 このギャラリーは銀閣寺のちかくにあり入り口はモダンなスペース(ギャラリーみつはし)で奥が素敵な和室で又庭も展示できて、彫刻にはとても魅力的な空間です。

そしてすぐ目についたのが庭の波を思わせる大理石の彫刻。
歯切れのよい波の曲線に水の動きを感ずるような穴の空洞があり、
又側面のあたたかいノミあとが豊かな表情をつくっている。
玄関入ってあがり口の彫刻はたっぷりした丸いかたちの上の面にはゆるやかな波カーブ
あ~、なんだかみんな自分がこんなのがほんとはつくりたかったんだと言うイメージばかりで・・
う~ん

入っての座敷は日本の畳の空間には座って見るに丁度よい台座にのったいくつかの白い形
骨や種や実
を思わせる
まさにこの企画展のタイトル~つなぐ みつめて いのち ~
いとしい いのち のかたちそのもの がならぶ、
そっと持ち上げれば下に数字とグラムが・・この石の重さ?
新生児の一番軽い重さは280グラムらしい、そしてそれぞれの数字は260グラム、2790グラム、重いのは3680グラムと
ア~、こんなにも小さな赤ちゃんだったのか・・
ア~、うちの子はこのぐらいだったはずだけどこんなに小さいんだ・・・
この小さな大理石の彫刻は一つ一つが
一つ一つのいのちそのものでした。

つい最近火葬場にいたときの記憶
白いしっかりしたそして・・崩れはてるような白い形
がよみがえった。
いのちのかけら

木に和紙がはられて台座にその一つ一つの彫刻は包み込むように
置かれていた。

床の間のある次の畳の空間には
たまごの中から別の空間がうまれるような
彫刻  タイトル たまごがさきかにわとりがさきか
ア~、まさにそのコトバを形にしたような・・・
でもこのようなちょっとユーモアのあるセンスは実に彫刻というものにもう一つ別のウイットというか、豊かな味わいをスパイスをきかせてくれるこの彫刻家独特のセンス

ほんとうは山本氏にお会いしてお話伺いたかったけどでも一人でゆっくり
じっくり作品とふれて、美しい日本の空間にいることできて
豊かな時間だった

悠久の時間の中では人類誕生はごく最近の出来事(小さな時間)らしい
人間は小さな時間
いのちは時間
在るという重さもいのち
いのちは時間という重さと 在るという重さをもって
美しくヒトとヒトをつなぐ
by nobukoueda | 2007-03-22 15:33 | Comments(0)