タグ:京都府立植物園 ( 22 ) タグの人気記事

植物園でスケッチ

c0100195_1050821.jpg

植物園はカンナが咲き誇っていました。
また台風が来るようで、この季節不安定はしかたないですが
雨が多くて残念です。
 先日の植物園のとき友人が私の作品をスケッチしてくれました。
c0100195_10553897.jpg

ウインドウズでは縦型写真が横にアップされるのはどうしてでしょうか?
どうしたらいいのかわかる方お知らせください。

 でもこのスケッチはとても素敵です。もちろんプロの絵描きさんなので
横になっていますが、私の作品を実物以上に素敵に描いてくれました。
 
c0100195_1057168.jpg

こちらの京都府立植物園は全国で最も古く、また入場者数もトップと伺っています。以前は60歳以上は無料でしたが今は70歳以上になり私がその頃になるともう、無料ではなくなるかもしれませんがまあ、美術館などに比べたらとても安いので良いお天気の時は時々行ってスケッチするのもいいものかもです。

 彫刻展関係で10月はいろいろなところであり予定がこなせるか心配になってきました。
雨も降り始めて、これから台風になるのでしょうか。アトリエの日に限って
雨が多い気がします。

ひょっとしたら雨女かしら・・・
by nobukoueda | 2016-10-05 11:25 | 日々日記 | Comments(6)

植物園でネイチャーアート

c0100195_912316.jpg

植物園での野外彫刻展が始まり先日の日曜日は朝早くから当番で行ってきて
午後からは子ども達へのワークショップが開かれました。
たくさんの参加がありました。
 
c0100195_972387.jpg

先生は彫刻家、素材は植物園に落ちていた木やドングリです。
c0100195_9104231.jpg

限られた材料からもいろいろな形が生まれます。
c0100195_912662.jpg

立体だけでなく
c0100195_9124411.jpg

素敵な1枚にもなりました。
c0100195_9134945.jpg

ご家族の見守る中、野外でいろいろ発想が広がります。
c0100195_9145625.jpg

これは持って帰るのに大変なぐらい大きな作品です。
c0100195_9161377.jpg

蒸し暑い1日でしたが、秋を感じるさわやかな作品がたくさんできました。
c0100195_926549.jpg

朝からだったので最後はちょっと疲れ気味でしたが
よろこんでくれた子供たちの笑顔で疲れも飛んで
充実な1日でした。
by nobukoueda | 2016-10-04 09:27 | ワークショップ | Comments(2)

京都野外彫刻展2016

c0100195_6125234.jpg

なんだか本当に雨が多くてうんざりでしたが、今日は晴れそうですね。
10月1日、明日から毎年恒例の植物園での野外彫刻展が始まります。

 私は昨日何とか搬入してきました。
c0100195_6153661.jpg

 植物園の正門近くのくすのき並木です。
 私の作品はこのくすのき並木のちょうど真ん中あたりです。

 なんと今回は石ではなくて
木彫といえるかどうか、とにかく木で、それもクスノキです。

置いたときなんだか結構周りの樹木としっくりきたと思ったのは
同じクスノキだったかもしれません。

 彫刻はどこから見ても、その立体としての美しい形をイメージしなくてはいけないかもしれないですが、
 今回の作品は正面のある一点から見るとしっかり自分のイメージする形に

  家から双葉が芽生える・・・・形

なのですが、他から見るとなんだか全然わかりません^^;

私はあさっての日曜日の午前中に当番で朝から昼までいます。
そして昼からはそのくすのき並木のなかで子供たちのワークショップのお手伝いをします。一日中いますのでよろしければ是非とも遊びにいらして下さい。
by nobukoueda | 2016-09-30 06:30 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(2)

植物園 ケイトさんたちと〜

c0100195_717291.jpg

大谷美術館にて松谷武判さんが大きな個展を開催そのオープニングに合わせて
来日されたケイトさんにも再会しました。春ご一緒させていただいた展覧会以来です。
ケイトさんのお友達もいっしょです。一人はパリ在住のとても素敵な若い作家さんです。
 大丸にて集合、日曜日なので初めてのところでしたが近くのフレンチがランチはお値打ちにやっているということで写真をみたら和風の個室になっていていいかしらと、
 お弁当ランチをいただきました。いつもならパチリといくところがスマホが写真がいっぱいで上手く映らず残念。
 とてもおちついて久しぶりにゆっくりお話たのしんで
岡崎のギャラリーJARFOさんにいきましょうと。
春にケイトさんと神宮道のお店をまわったこと思い出しました。
帽子やさんでさんざんひやかしたり、でも和物をあつかっているSAKIZOさんにて
ケイトさんはすてきなお洋服を今回みつけて・・・

 その後植物園にきてくださいました。祝日は町中はパーキングにこまるので私も1日乗車カードで回ります。遠いからわるいなあとちょっと心配したのですが
c0100195_7391055.jpg

作品の近くの大きな木からこどもたちの声が聞こえます。
のぞいてみたら
なんと「木の中にはいろう」というイベント?で
中はクッションがあり隠れやみたいでとても素敵
とても大きな木なのです。
温室前にはヤノベケンジさんの大きな作品が目立っています。
c0100195_745814.jpg

私のは森の中で本を開けば・・また双葉、あるいは翼を広げて空へと向かう希望の命
まわりは森のなかにて芽生える葉っぱの新しい命・・

というイメージなのですが下の大理石はわかりづらいですが本を開けたカタチをしています。
c0100195_7493159.jpg

ケイトさんたちも植物園の大きな木々や池や鳥、鴨
十分楽しんでくださったようです。
植物園の北山門のイタリアンレストランにて
みんなで乾杯
この「in the green」というレストラン、ケイトさんはNYだと「on the green」になるけど・・そのようなレストランがあるそうです。ランチ時などいっぱいで入れないのに丁度良い時間でゆったりできました。

おいしいパンも向いのパン屋さんでみんなで買って
本当に楽しいひと時でした。

そうそう
c0100195_814444.jpg

先のSAKIZOさんでなんとケイトさんからプレゼントしてもらいました。
今日から早速つかいましょうか。
長いと思った植物園の展示も今日までとなりました。
良い御天気になりそうです。
最後に夜のライトアップもみていないので行ってみましょうか。
by nobukoueda | 2015-10-12 08:13 | ノブコ・ウエダ出品作品

植物園野外彫刻展はじまる

c0100195_15212745.jpg

植物園の野外彫刻展がはじまりました。
c0100195_15212853.jpg

c0100195_15213019.jpg

白い彼岸花もいいものです。スイセンもあざやか。
私の作品は正面ゲートから入ったところのクスノキ並木のまんなかあたりにあります。
c0100195_15213050.jpg

手づくりのテーブルに石の本が
中には双葉のレリーフが

そして
まわりは
芽生える家
というか
不思議な家をつくりました。

植物園の森の中では
とても
自然に優しく呼吸しているようにおもいます。

午後から当番でいましたーといっても陶板名画の庭のほうても彫刻展しているのでウロウロみてまわってばかりでした。
わずかな空き時間にヘアーカットして、夜は植物園に新しくできたイタリアンレストランで懇親会だった。
c0100195_15213171.jpg

c0100195_15213273.jpg

c0100195_15213361.jpg

c0100195_15213483.jpg

c0100195_15213590.jpg

c0100195_1521365.jpg

グリーンサラダの中はエビとアボガドのワサビソースのあえものあり、とてもどれも美味しかった。実は1番に素敵なオードブル盛り合わせがあったが食べるの先にで写真撮る余裕ありませんでしたー
by nobukoueda | 2013-09-29 14:44 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

京都野外彫刻展

c0100195_7194310.jpg

昨日は1日この京都野外彫刻展の搬入で京都府立植物園にて作品飾りつけ作業でした。
個展無事終わって、たくさんの方に見にきていただき本当に感謝です。お礼状書いたり、写真整理したりはしていたのですが、どうも長い間のギャラリーのエアーコン生活と夏から急に秋と、季節の変化にのどをやられて毎度のことながら咳きがではじめて、まあちょっと疲れもあって、ゆっくりしてました。

 まあ、実は個展もあって、今回の野外展は新作できないのでやめにしようと思っていたのですが、国民文化祭なのに出品者少なくなっているということで個展の作品でもいいということで出すことになりました。

 といっても、私のはインスタレーション的要素もあり、周りの環境空間が違うとまた違った印象になるということで・・・

 植物園北門はいってすぐの水の中においてみて、太陽の光と水が作品にまた違う輝きをみせてくれたようです。

 
c0100195_749213.jpg

1日から16日までです。10日には子ども向けのワークショップも開かれます。
秋晴れのすがすがしいときをぜひ植物園にて色々な彫刻をごらんください。
by nobukoueda | 2011-09-30 07:53 | Comments(10)

野外彫刻展搬出終わってまた搬入

秋の植物園での野外彫刻展の作品

c0100195_11261552.jpg



「森の朝」

c0100195_11275870.jpg


お地蔵さんみたいな、道祖神みたいな家がつくりたかった。

そこから新しい双葉で出てくるところ

光の木から、 家から芽生える

周りは小さな芽生える家と光る双葉がぐるりと囲む

芽生える森の朝

c0100195_11395078.jpg


小さな芽生える木は搬出のとき
近くの大樹の懐において

c0100195_11362325.jpg


楽しみました。

月曜日に搬出して、またこの作品は高瀬川の四条木屋町あがったところに元立誠小学校南橋の袂の川中に展示してきました。11月15日まで展示します。
 河原町でたついでございましたら他に彫刻がたくさん並んでいます。
ぜひ川中の彫刻をお楽しみください。

 明日は神戸の兵庫県立美術館の百花繚乱展の搬入です。こちらは31日までです。

他の彫刻も
by nobukoueda | 2010-10-20 11:55 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(6)

日曜日の朝のお散歩

c0100195_2282352.jpg

朝、ちょっと朝市まで出かけようと外に出たら、素敵な空

引き返してやはりカメラを持って出直し

c0100195_22102692.jpg


新しい芽がきれいに並ぶ
心引かれる風景

c0100195_22112088.jpg


小さな森林のような世界を感じて

c0100195_22125921.jpg


そっと近寄っても

c0100195_22143245.jpg


おとなしく

c0100195_22151789.jpg


今日の朝市のお買い物は
c0100195_2217647.jpg


お野菜とおいしい出来立てパンとお花

おいしい朝食済ませたら植物園の野外展の当番に・・・
写真は又次にアップすることに

週末はカフェアピエ
by nobukoueda | 2010-10-17 22:28 | 大原 | Comments(6)

自然のものでオブジェ 京都府立植物園

週末の午後
植物園では子どもたち対象のネイチャーアートと以前は言っていたけど、植物園にある木々や竹や葉っぱでオブジェをつくろうと・・まあ、工作しましょうというワークショップあり。

 京都彫刻家協会の先生方がお手伝いに・・・

c0100195_2159115.jpg

何をどのようにつけたらいいか、いろいろやってみては考えています。

c0100195_221251.jpg


c0100195_221334.jpg


いろいろかわいいものができましたよ。

こんな大きなものも・・・
by nobukoueda | 2010-10-12 22:07 | ワークショップ | Comments(2)

京都府立植物園 アクセスビュー

c0100195_9323018.jpg

今年初めての白い彼岸花
c0100195_9332961.jpg
c0100195_9334574.jpg

秋の白い花
あいにくの雨の日だったけど 雨の中で見られる色や空気を感じる

視覚障害の方と一緒にアートを楽しむ会 アクセスビューの企画のアートピクニックは雨の日でも行われたが、
まずは一緒に参加する友人と
近くの知り合いの息子さんがフレンチレストランを開いたというので
一度いってみたいと出かけてランチを

c0100195_938887.jpg

パンも自家製、石釜をもっているようで天然酵母のパンなど、かぼちゃのスープはハンバーグランチのモノで

c0100195_9401964.jpg

えびとなすのパスタランチと半分こ・・・両方たべてみたいという発想(外国ではほとんど見かけないからお行儀わるいのかしら)

お店の名前は MONTA レストラン・モンタ (左京区上高野℡075-722-1711)
大原でご両親が工務店されているので、店内は和風のウッディな感じがただよう、ランチはこれで1000円でボリューム満点、後でコーヒーは200円なり。気取らないビストロというか、トラットリオ、イタリアンだったかしら?また是非いってみたいというお店でした。
 実は大原に新しくできたパン屋さんとは兄妹でして、若い二人ががんばってやっているのはとても好感もてました。

 さてさて
ランチ済ませての アクセスビューは雨にもかかわらずあわせて28名というたくさんの参加者で園内をまわるのは視覚障害の方がはいって3,4名のグループでゆっくり園内をアートだけでなくもちろんお花なども鑑賞ということで

c0100195_10125113.jpg

ちょうど若い作家さんもいらしていろいろ質問したり

もちろん私の作品も見ていただきましたが、おしゃべりすることに夢中で写真はとれずでした。
 
c0100195_1017377.jpg

でもほかに今回も協会以外の招待作家として若い作家さんに出品してもらいました。
大きなものです。

その後園内の休憩室で(ほんとはお天気だったら 大芝生の上で楽しくピクニック気分でしたが)テータイムにかわいいお菓子がついて、みんなでいろいろ感想言い合いました。

こういった時間を持つことが大切なことなんだと・・・
私とご一緒したMさんは細かいところは見えないけど普通に歩くには大丈夫な視力があるとのことでした。
でもご一緒して時々の作品に対しての質問とか感想をお聞きしているととても鋭く、感性豊かな方で・・

物を見るというこ・・・見る力と単なる見えるということとは違うということ
視力が普通にある人でもぜんぜん見えてなかったり
弱視、全盲であってもしっかり見ている、感じている、理解しているということ。

傘をさしていて 小鳥の声が聞こえてきたから雨がやんだと伝えてくれたAさん
それは本当に自分が雨がやんだと感じたと同時だったと伝えてくれた参加者の方。

金木犀が近くにあると一番早くにわかっているのは視覚障害の方たちだった。

私は視覚障害の方の見るということは触れてもらって、作品も触って初めて見るということが体験できると思っていたが、
 見るとは触れなくても、コトバで、あるいはそのときの空気、雨だとか、さえずり、ざわめき、におい、そしてそれまでにそのヒトの経験や育ってきた感性がモノを見ることを可能にしていると。

終わって帰り道、ちょっと疲れてどんより曇り空でしたが気持ちはとてもすがすがしい気分でいっぱいでした。

次回は大阪で12月19日ルーシー・リー展の鑑賞ツアーがあります。
詳しくはミュージアムアクセスビュー

ルーシーリーは見過ごしたのでぜひ見てみたいです。
by nobukoueda | 2010-10-04 11:10 | 展覧会 | Comments(10)