フランスのアートな本

c0100195_1812374.jpg

フランスのポンピドーセンターのブックストアーにあるこども向けのアートの本をお土産にいただいた。
世界の名画をクイズやゲーム感覚で楽しみながらじっくり絵画の世界にひきこんでいく。
こんな風にちいさなうちから絵画に親しむ教育が自然とされている国とはやはりどこかセンスがちがうような気がしますね。
# by nobukoueda | 2006-12-11 18:01 | Comments(0)

帰ってきた天使の卵

c0100195_16460.jpg

c0100195_16488.jpg

c0100195_16445.jpg

先日まで下鴨のギャラリーの庭に展示してあった大理石の作品ANGEL’S EGG が我が家にもどってきました。
我が子が帰ってきた感じでそばにいるとホッとします。
# by nobukoueda | 2006-12-10 01:06 | Comments(2)

石 届く

c0100195_1112304.jpg

昨日、つくばの彫刻家の岡本氏より作品の一部の 石 が届いた。ナンバー23です。御影石にて表面はきれいな曲面。 わたしは死ぬまでこの石と共に過ごし死んだら広島の美術館に、そしていくつかの石がカチッと組み合わさりもとの岡本氏の作品にもどります。わたしはこの彫刻家のコラボレーターになったのです。 でもこの作品の作者も何人かのコラボレーター誰一人として完成された作品見る事できません。 私はこれからの人生、コラボレーターとしての存在価値があるのでちょっといいかげんにボケたりできなくなりました。でもなんだか幸せな気分に満たされたひとときでした。
# by nobukoueda | 2006-12-07 11:12 | Comments(3)

あかり展

c0100195_10421999.jpg

これが昨日搬入した、あかりの作品?です。もうひとつはもう少しシンプルですが、今になってもっとちゃんとしたものにすべきだったとはずかしさがこみあげてきます。 明日から京都東山三条JARFOにてあかりの展覧会に参加です。
# by nobukoueda | 2006-12-07 10:42 | Comments(0)

「あかり」の制作

名古屋の東急ハンズでいろいろ材料購入。

どうして京都に東急ハンズはできないのでしょうか。

 玄関兼アトリエは足の踏み場もない状態にて居間兼ダイニングにて制作。

冬場は寒くて、玄関先でははかどらない。居間のストーブの横にて制作。

 家の中の制作は気分転換に家事、ちょと休憩して、洗濯。

制作作業・・・チョト休んで、赤カブのスープづくり。
        1ツの鍋にジャガイモ(これはポテトサラダ)キャベツ(ホッとサラダ)ポーク(湯で豚としてケチャプとからしで)ほか、きのことかベーコンとかいろいろスープ。

 7時までやっても完成せず、疲れて夜はテレビの前にてごろり!
(アマデウス)以前にも見たのに又観てしまった。

次の作品はテーマがあれば現れ方の形は違う、でもその内容は、いつも、その前の仕事をを引きずっている。というか、前の作品とつながっている。
作り続けることはつながること。一つづつしか問題は解決しない。一つづつ変化する。アイデア、発想は作り出して初めてでてくる。
# by nobukoueda | 2006-12-05 00:08 | Comments(2)