クリスマスツリー

c0100195_22104695.jpg


仕事帰りに時々お茶お呼ばれになる友人宅のクリスマスツリーとても綺麗にかざられて、我が家のはなんだかゴテゴテ(^_^;)明日もう少し大きいツリーにかけなおそう!
# by nobukoueda | 2006-12-16 22:10 | Comments(0)

京都コンサートホール

c0100195_2204136.jpg

千住真理子さんのコンサートの映像とれなかったかわりにホールの天井です。レリーフぽくなかなかでしたが
# by nobukoueda | 2006-12-16 22:00 | Comments(0)

久々のコンサート

昨日はご招待チケットでの久々のコンサートでした。
京都フィルハーモニー室内合奏団のクリスマスコンサート2006・・・千住真理子と京フィル
 千住真理子さんはテレビしか知らず、はじめてにて、やはり京フィルの前にはすごい存在感でした。
 クリスマスコンサートということにて、子供向けの「くるみ割り人形」
    おもちゃのトランペットなどがありましたが、
千住さんの演奏のバッハの「二つのメヌエット」は編曲も千住明さんで。
    私は同じ曲がこうも演奏者や編曲によって違うのかとびっくりしました。
   この曲は在りし日・・息子がバイオリンやっていたとき、何十回いや何百?と聞いたのですが、モチロン息子と千住さんと比べたわけではなくその時のCDでもですが、解釈が全然違ってました。
 こんなにも滑らかでいて重奏かつ,力強く・・

ドヴォルザークのわが母の教えたまいし歌
コルサコフの熊蜂の飛行・・・すごい!
プッチーニのオペラ 「ジャンニ・スッキ」の私のお父さん
そして、プッチーニのオペラ「トウーランドット」の誰も寝てはならぬ。

この最後の曲ではおもわず目元が潤むような感激でした。
こんなすてきな時間もあったのかと
ずっと忘れていた時間だったような・・
そういえば昔は室内樂の会というのに入っていて、年に何回かスメタナとかいろいろ聴きににいったなあと。

久々のクラックにすごくココロは豊かな感じに包まれました。

それで気分良くして、近くの北山のイタリアンレストランへ、ここは夜でもとてもリーズナブルなコースやっていて、軽く、パスタのボンゴレとなすのピッアのセットを友人と分け合って、デザートもたっぷり・・エスプレッソで

あー!どうして、私はブログの皆様みたいに瞬時にステキなカフェやレストランのお料理がとれないのでしょうか・・・
私だって、今までに結構いいところでたべているのですが・・
食べるとなると・・食べるが先・・???
# by nobukoueda | 2006-12-16 21:50 | Comments(0)

ニケの椅子

来週からはじめる小品展(ギャラリーすずき)のために作品制作。
といっても、ずっと前からはじめていて、途中止めたものでしたが、
粘土の作品。
本当は石でやる前にどんなイメージか・・ということで粘土でつくったのですが、
これがなかなかうまくいかず・・
途中、ステンドグラスのガラスを貼り付けてモザイク風にしたら、かわいくクラフト作品として・・置物としていいかとも・・・

でもやめた!

クラフトと彫刻
置物と彫刻
オブジェと彫刻
クラフトでもなく、置物でもなく、手芸でもなく、オブジェでもないモノ・・・
彫刻として成立するものをつくる

それもへんなのも・・椅子に天使の羽がはえている・・
天使の羽というより、今回はニケのはウイング

これで良いかな・・と思って手を休めて、しばらくして又みると、ここがおかしい。
もうこれでいいだろうと、やるところはないだろうと、一晩寝ると、また、おかしいところがみえてくる、昨日は分からなかったこと。
ほんのすこし・・
本当に少しずつしか進まない。石だと時間かかるから、粘土にしたのになんだかもっと時間かかっている。粘土では全てのイメージが自分の中からでてくるもの・・石では石が半分助けてくれていたような。

作らないと何も生まれてこない、作ると、又次はこうしてみようと次は生まれる。
制作うまくいかないとサボってばかりの一日、
クリスマスツリー出した、いつもの大きな白いのは止めて、今回は小さな方一つ、でも飾りは集めた大切なものばかり。

アー!家の大掃除もしないといけないけど、まだ搬入してないので、気分がのらない。雨ばっかりで洗濯もかわかないし!
# by nobukoueda | 2006-12-14 23:46 | Comments(4)

作品

c0100195_2032163.jpg

゛ハートなタネ゛もしくは゛桃のおしり゛か大理石の作品です。
只今写真サイズ変更テスト中!このサイズで送ったらどんな感じかです。
# by nobukoueda | 2006-12-12 20:32 | Comments(0)