Bercel Art Camp. 制作の日々

c0100195_10443208.jpg
半日だけのブダペスト観光の後はずっと制作の毎日です。今回のアートキャンプのテーマは秋の中の春ですが主催者側はさくらを強くイメージをしていてアートでこの広い敷地の一角をきれいに整備したい感じです。展覧会当日は桜の木の植樹祭もします。
c0100195_10491669.jpg
向こうに見えるのがコミュニティハウスです。中には
c0100195_10504749.jpg
手作りストーブがありあったかいです。
隣の部屋も凄くものがいっぱいで物置のようになっていましたがあっという間に片付けてて今回パリから日本人アーティストの展示会場となりました。
c0100195_10542939.jpg
ランチもいつも色々お料理違って
c0100195_10554311.jpg
エルジーのテリーちゃんです。人見知りしてましたが今ではとても可愛く笑ってばかりいます。
c0100195_10585880.jpg
書家の堤さんは作品完成してもうこの日で帰られました。日本人側は私をいれて5人です。でも二人はパリとイギリス在住です。
c0100195_11004099.jpg
水曜日はアドベントな入りの日というか、日本でいうとお盆の感じで皆御墓まいりに出かけます。熱心なクリスチャンのお城のオーナーのフィリップさんの呼びかけで裏山に登って頂上の大きな十字架の前でロウソク灯して娘さんのキャサリンさんが賛美歌を流してくれて、何だかジーとなる経験でした。

# by nobukoueda | 2017-11-04 10:43 | Comments(0)

ハロウィーンはブダペストで

c0100195_07391618.jpg
午後からはブダペストの画材屋さんに行くというので一緒にその後同窓生組は可愛い赤ちゃんレンくんと市内観光、こちらは郵便局今は郵政省みたいなかなと。
c0100195_07415366.jpg
とても素敵な建築です。
c0100195_07422881.jpg
少し歩いてまずはお腹が空いたので
c0100195_07433453.jpg
ランチは
c0100195_07442948.jpg
素敵な美味しくて安いレストラン
c0100195_07453271.jpg
わたしは残りの一つのミートボールとロールキャベツ
他は鴨のステーキ
c0100195_07471329.jpg
こちらに来てまだ水しかお金を使ってなかったのでやっと自分のお金をつかいます。
c0100195_07490399.jpg
子供連れでもホールの人たちとても親切でした。レンくんはパパがイギリス人なので一歳にして立派な体型で凄くハンサム。
c0100195_07512197.jpg
レストランの後は教会を見ましょう。
c0100195_07521384.jpg
教会の前ではインド映画の撮影中かな、沢山のインド人スタッフと女優らしき人が
c0100195_07532709.jpg
教会の中は高い天井、きらびやかです。
c0100195_07542732.jpg
ゆっくり見てから
c0100195_07552121.jpg
近くは1番賑やかなメインストリート
c0100195_07563698.jpg
この風景は覚えています。
c0100195_07572732.jpg
見知らぬ男性にも直ぐにくっつく人が
c0100195_07584189.jpg
フォーシーズンズホテルの前を通って
c0100195_07593882.jpg
街中歩いていても楽しい
c0100195_08002400.jpg
土産物やにて初めてハロウィーンだと
街中でも少しレストランの前にかぼちゃが置いてあるぐらいで日本の方がハロウィーンのお祭り気分を賑やかに味わっている感じです。
6時の電車に乗るために地下鉄でブダペスト駅まで
そこからも弱りの駅まで電車ですが
何と居合わせたハンガリー人は日本語がとても上手でパンクファションの青年でしたがとても優しく親切に色々教えてくれました。
キンガさんが忙しいのに先に帰ってからまだ迎えに来てくれて
夕食もちゃんと取って置いてくれて、寝る前に又たっぷり食べてしまいました。
c0100195_08033000.jpg
何だか一日中制作はできなかったけど
楽しいハロウィーンの日でした。

# by nobukoueda | 2017-11-02 07:37 | Comments(2)

BERCELの石切場 ハンガリー

10月31日は午前中に
BERCELの石切場に連れていってくれるとのこと
c0100195_07111028.jpg
キンガさんの車で山に向かって少し走れば安山岩の石切場です。
c0100195_07121724.jpg
黄色いヘルメットとベストを着なくては立ち入り禁止で写真もダメだそうで
c0100195_07135001.jpg
彫刻家の黒田さんと連れてきてもらいました。
c0100195_07150622.jpg
縦に筋が入ってるので建材には適していますが、彫刻には難しいです。
c0100195_07165399.jpg
私にはとても興味深いところです。
c0100195_07180102.jpg
c0100195_07184444.jpg
いくつかお城の庭造りの石を調達してから
帰りにも石屋さんがありちょっと覗いて白い大理石をもらってきました。買うつもりだったのですがキンガさんの顔でかタダでくれることに。
c0100195_07211391.jpg
帰り道に、アートラボというか、廃墟となった建物をアーティストに絵を描いてもらって再生するのかギャラリーにするのか
c0100195_07230882.jpg
壁画や
c0100195_07234831.jpg
石でレリーフしたものや
c0100195_07242918.jpg
中は色々なアートが
c0100195_07255817.jpg
庭にも
c0100195_07270543.jpg
広くて面白い空間です
c0100195_07275684.jpg
が、山の中腹にて車がないと来られません。
c0100195_07290100.jpg
安山岩がたくさん並べてありますが
決して掘ることしなくても
こんな風に描くだけでも
天使の羽です。

午後からは日本人のアーティストのためにブダペストの画材屋さんに行くというので
久しぶりにわたしと他のパリからとイギリスからの日本人アーティストと一緒について行くことに、ちょっと息抜きのブダペスト半日観光にいきました。
一人の陶芸家は以前ブダペストに住んでいたのでハンガリー語もできるし、街にも詳しいので帰りは私たちは少し遅くなってから電車で帰ることに〜
もう20年も前に家族四人でウイーンの後にチェコとハンガリーに来たこと懐かしくおもいだしました。

# by nobukoueda | 2017-11-02 07:08 | Comments(0)

壁画完成に向けて Bercel Art camp

c0100195_15015594.jpg
裏門からの壁に絵を描いています。
そして、その反対に木を立てて
私の和紙でできた芽生える家を吊るす予定です。
昨日は少し材料を買いに近くの金物屋さんに連れて行ってくれました。
c0100195_15043281.jpg
中は色々と品物が並んで日曜大工のお店です。
オーナーのキンガさんが欲しいもの皆提供してくださり、本当に感謝です。。
c0100195_14175605.jpg
30日は大切なお客様をこのアートキャンプにご招待して食事の前に二階のグランドピアノのあるサロンでキンガさんのご主人はコンダクターであるのですがとても素晴らしいチェロの演奏家であり食事前にミニコンサートしてくださり、本当にうっとりでした。
c0100195_15101559.jpg
その後テーブルはお客様グループとアートキャンプとキンガファミリーと大きな一つの長いテーブルで賑やかにはじまります。
c0100195_15114839.jpg
小さなパスタの上にチキンパプリカをのせて、いつもサラダもたっぷりあります。
c0100195_15132141.jpg
イギリスからのTさんは一歳の赤ちゃんはちょうど寝ていてくれて久しぶりにゆっくりランチタイム、そしてパリからのRさん、実は私たち同窓生なので何だか初対面でしたが親近感わいて〜、まあ、かなり世代は違いますが二人とも焼き物してます。
c0100195_15165517.jpg
午後からも作業ですが私たちを呼んでくれたエルジーはやっとパートナーが来てくれたので二人の子供を見てもらって制作に集中します。
このお部屋はコミュニティハウスで昔の農家のようにエコロジーな生活を目指して交流のスペースに使われているようです。
c0100195_15304385.jpg


子育てしながら仕事続けることはどこでも大変ですがぱーとなーのバンクさんはそれはとても良く面倒見てくれて優しいです。日本でも近頃の若いパパさんは変わってきてるかもしれませんが、子供達もママだけの時はストレスで少し辛そうでしたが今はとても楽しそうです。
c0100195_15234492.jpg
暗くなるのが早いので又直ぐに夕食でまずは
スープ、今夜はマッシュルームスープです。
c0100195_15254761.jpg
たっぷりのお肉、今日はライスの代わりにポテトです。そして必ず
c0100195_15270566.jpg
デザートが今夜はアイスクリーム付きで子供たちはお気に入りでした。
少し隣のサロンでゆったりおしゃべりしながらそれぞれくつろいで
部屋に帰ってから優雅にバスタブに浸かって
本当に三度三度ホテルのように食事を提供していただき制作だけに向かわせていただき感謝です。今年は夏の終わりの京北町でのアーティストインレジデンスを一度経験したのでこのお話頂いた時も又やって見たいという思いが生まれたのも確かです。
本当に心よりこの環境に感謝します。
すごいお金持ちのオーナーがアーティストのために一生懸命、色々やってくださること、とても優しくサポートしてくださる方が日本では考えられないかもです。
もう日にちはハロウィーンの31日、今日は石を見に連れて行ってくれるはず、たのしみです。

# by nobukoueda | 2017-10-31 15:01 | Comments(2)

日曜は大嵐でお城の中で

29日は冬時間に変わって1時間おそくなり、日本との時差は8時間マイナスです。
ただでさえまだ時差ぼけしているのに又時間を1時間変えなくてはなりません。
でもだんだんヨーロッパの冬時間らしく日の出はおそく、陽が沈むのは早くなって長い夜の始まりです。
朝から雨で
少し野外のスペースで
c0100195_13110031.jpg
地元のハンガリー人の若い人に作品になる木を運んでもらったりしてから
c0100195_13121883.jpg
ニワトリさんのいる小屋を通って
c0100195_13125862.jpg
お城に戻りますが
雨がどんどん降って来て
諦めてお城の中で
c0100195_13095845.jpg
私の部屋の先にこんな素敵なサロンがあり午前中はこちらのテーブルの上でコラージュ作業をしました。
c0100195_13151836.jpg

直ぐにランチで毎回美味しいスープから始まり、
c0100195_13184433.jpg
デザートまで
c0100195_13181293.jpg
フルコースです。ワインもビールもですが私は昼はいただきませんが
それから午後はどんどん台風のような激しい風で他のメンバーはそれぞれ陶器のスタジオや他の部屋で作業してますが心配になってくるほどに、私は日本から持って来た和紙の家を吊るせるようにテグスかけ作業に、日本でやって来れたのですがバタバタしていたので現地作業です。やっと完了したら又夕食も
c0100195_13224332.jpg
スープで始まり、今夜は卵スープです。
c0100195_13233580.jpg
たっぷりの又チキンのカツレツ
他にたっぷりの野菜サラダとバターライスとマッシュポテトです。
デザートは栗のモンブラン風ですがすごくたくさんの生クリームと量にて、さすがの私も残してしまいました。
夜は珍しくなれて来たのかあまり眠くならず少し遅くまで作品のこと話したりおしやべりしてました。


# by nobukoueda | 2017-10-30 13:04 | Comments(2)