<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

壁画完成に向けて Bercel Art camp

c0100195_15015594.jpg
裏門からの壁に絵を描いています。
そして、その反対に木を立てて
私の和紙でできた芽生える家を吊るす予定です。
昨日は少し材料を買いに近くの金物屋さんに連れて行ってくれました。
c0100195_15043281.jpg
中は色々と品物が並んで日曜大工のお店です。
オーナーのキンガさんが欲しいもの皆提供してくださり、本当に感謝です。。
c0100195_14175605.jpg
30日は大切なお客様をこのアートキャンプにご招待して食事の前に二階のグランドピアノのあるサロンでキンガさんのご主人はコンダクターであるのですがとても素晴らしいチェロの演奏家であり食事前にミニコンサートしてくださり、本当にうっとりでした。
c0100195_15101559.jpg
その後テーブルはお客様グループとアートキャンプとキンガファミリーと大きな一つの長いテーブルで賑やかにはじまります。
c0100195_15114839.jpg
小さなパスタの上にチキンパプリカをのせて、いつもサラダもたっぷりあります。
c0100195_15132141.jpg
イギリスからのTさんは一歳の赤ちゃんはちょうど寝ていてくれて久しぶりにゆっくりランチタイム、そしてパリからのRさん、実は私たち同窓生なので何だか初対面でしたが親近感わいて〜、まあ、かなり世代は違いますが二人とも焼き物してます。
c0100195_15165517.jpg
午後からも作業ですが私たちを呼んでくれたエルジーはやっとパートナーが来てくれたので二人の子供を見てもらって制作に集中します。
このお部屋はコミュニティハウスで昔の農家のようにエコロジーな生活を目指して交流のスペースに使われているようです。
c0100195_15304385.jpg


子育てしながら仕事続けることはどこでも大変ですがぱーとなーのバンクさんはそれはとても良く面倒見てくれて優しいです。日本でも近頃の若いパパさんは変わってきてるかもしれませんが、子供達もママだけの時はストレスで少し辛そうでしたが今はとても楽しそうです。
c0100195_15234492.jpg
暗くなるのが早いので又直ぐに夕食でまずは
スープ、今夜はマッシュルームスープです。
c0100195_15254761.jpg
たっぷりのお肉、今日はライスの代わりにポテトです。そして必ず
c0100195_15270566.jpg
デザートが今夜はアイスクリーム付きで子供たちはお気に入りでした。
少し隣のサロンでゆったりおしゃべりしながらそれぞれくつろいで
部屋に帰ってから優雅にバスタブに浸かって
本当に三度三度ホテルのように食事を提供していただき制作だけに向かわせていただき感謝です。今年は夏の終わりの京北町でのアーティストインレジデンスを一度経験したのでこのお話頂いた時も又やって見たいという思いが生まれたのも確かです。
本当に心よりこの環境に感謝します。
すごいお金持ちのオーナーがアーティストのために一生懸命、色々やってくださること、とても優しくサポートしてくださる方が日本では考えられないかもです。
もう日にちはハロウィーンの31日、今日は石を見に連れて行ってくれるはず、たのしみです。

by nobukoueda | 2017-10-31 15:01 | Comments(2)

日曜は大嵐でお城の中で

29日は冬時間に変わって1時間おそくなり、日本との時差は8時間マイナスです。
ただでさえまだ時差ぼけしているのに又時間を1時間変えなくてはなりません。
でもだんだんヨーロッパの冬時間らしく日の出はおそく、陽が沈むのは早くなって長い夜の始まりです。
朝から雨で
少し野外のスペースで
c0100195_13110031.jpg
地元のハンガリー人の若い人に作品になる木を運んでもらったりしてから
c0100195_13121883.jpg
ニワトリさんのいる小屋を通って
c0100195_13125862.jpg
お城に戻りますが
雨がどんどん降って来て
諦めてお城の中で
c0100195_13095845.jpg
私の部屋の先にこんな素敵なサロンがあり午前中はこちらのテーブルの上でコラージュ作業をしました。
c0100195_13151836.jpg

直ぐにランチで毎回美味しいスープから始まり、
c0100195_13184433.jpg
デザートまで
c0100195_13181293.jpg
フルコースです。ワインもビールもですが私は昼はいただきませんが
それから午後はどんどん台風のような激しい風で他のメンバーはそれぞれ陶器のスタジオや他の部屋で作業してますが心配になってくるほどに、私は日本から持って来た和紙の家を吊るせるようにテグスかけ作業に、日本でやって来れたのですがバタバタしていたので現地作業です。やっと完了したら又夕食も
c0100195_13224332.jpg
スープで始まり、今夜は卵スープです。
c0100195_13233580.jpg
たっぷりの又チキンのカツレツ
他にたっぷりの野菜サラダとバターライスとマッシュポテトです。
デザートは栗のモンブラン風ですがすごくたくさんの生クリームと量にて、さすがの私も残してしまいました。
夜は珍しくなれて来たのかあまり眠くならず少し遅くまで作品のこと話したりおしやべりしてました。


by nobukoueda | 2017-10-30 13:04 | Comments(2)

Bercel レジデンス2日目は壁画制作

c0100195_12441774.jpg
28日土曜日は晴れていたのでまずはできることからと
野外の今回の展覧会会場へ村の通りのゲートから直ぐ左手に家があり
その壁面に描いて私の作品の立体は右手においてーとイメージ膨らませて

c0100195_12471910.jpg
まずは墨でドローイングしてから
どんどん色をつけて
初めは持って来たアクリル絵の具でやっていたら、エルジーがたくさんのペンキを提供してくれて、それで描くことにしました。
この壁面の家の中住んでいる子供がとても興味深く見てくれて色を話してくれて
お父さんまで来て記念撮影私の作品で上のようにやってくれていて
とても人懐っこい子供達でほっこりします。
c0100195_12521896.jpg
夜もいつも
c0100195_12531910.jpg
スープから始まってボリュームいっぱいです。
これに必ず
デザートのケーキが出て来ます。
c0100195_12544756.jpg
子供達食べさせながらの食事は中々大変ですが
みんなで赤ちゃんのRくんなど面倒みながら助け合ってです。
小さな子供がいるアーティストも自然に参加できるこんな優しいレジデンスはとても素晴らしいです。
c0100195_12582512.jpg
食後は色々交流を深めてです。
ソフィアさんはイタリアとハンガリーとのハーフのハンガリアンで日本人のアーティストはもうパリに長い生活で二人ともとてもファショナブルです。
私は夜が直ぐに眠くなって早々にベッドにでした。

by nobukoueda | 2017-10-30 12:43 | Comments(0)

ART CAMP Bercel

c0100195_12011944.jpg
初日の朝は霧が出てとても幻想的な雰囲気です。
c0100195_12021593.jpg
素敵なダイニングで朝食もホテルのように
c0100195_12033142.jpg
たっぷりの美味しいハムやチーズ
c0100195_12043569.jpg
朝食後は今回の企画のプレゼンテーション
c0100195_12055683.jpg
キャッスルのオーナーキンガさんから今回の企画がアートだけでなくエコロジーな環境、建築、村の活性化、全てに関わって色々壮大なプロジェクトであること、こちらのお金持ちはアートにお金を惜しまずーです、
c0100195_12093619.jpg
城の周りは広く紅葉が今始まってます。
まずは今回の制作のために周りを見て回ります。
c0100195_12110983.jpg
広い庭から山も全てです。
c0100195_12121057.jpg
c0100195_12124623.jpg
この窯のある屋根のある小屋あたりから環境をアートとともに作っていきたいらしいです。
c0100195_12142462.jpg
エコロジジカルな生活している小屋の中を見せてもらって
c0100195_12152844.jpg
とても素敵
c0100195_12160213.jpg
可愛いキッチン
c0100195_12165096.jpg
トイレもアンティークでポットントイレでした。
c0100195_12183286.jpg
広い敷地で
c0100195_12190802.jpg
馬もいます。
c0100195_12193995.jpg
歩きながら何ができるか考えます。
c0100195_12203332.jpg
アートキャンプ初日は考える日ということに
c0100195_12214923.jpg
こんな可愛いチェンソーが欲しいなぁとよく見たら、おもちゃでした。
c0100195_12230453.jpg
それから二人の陶芸家、パリからとイギリスからのアーティストのために焼き物できるスペースを探します。
近くの陶芸家のアトリエに
c0100195_12245041.jpg
お城の敷地裏門から出て
c0100195_12254925.jpg
日頃はもう注文が入ったものを作っていて
c0100195_12264741.jpg
買うことできるか聞いたけどもう注文品でだめでした。
c0100195_12273725.jpg
飾ってある物も記念の作品で
c0100195_12290664.jpg
夜も又、昼と同じフルコースのお料理はまずはスープから
c0100195_12302184.jpg
美味しいトマトスープ
c0100195_12310636.jpg
毎日美味しいお料理は村のママさんがコックになって、ハンサムな息子さんがホール係で給仕してくれます。
今回のアーティストイレジデンスはハンガリーからのエルジーは二人の子供達と、日本人も赤ちゃんとで本当にこんなアートキャンプとても素敵です。互いにみんなで食事の時など面倒みたり、それはこのレジデンスをとても優しあものにしてくれています。
ただ一つ心配は
美味しいものがたっぷりで
食べ過ぎ
太り過ぎが
心配です。ーもう手遅れですがー

by nobukoueda | 2017-10-29 11:59 | Comments(0)

ブダペストからベルセルBercel ART CAMPへ

c0100195_11045125.jpg
今はハンガリーのブダペストから車で1時間ほど離れた小さな村のベルセルBercel
という所で滞在型の制作してますが
ブダペスト着いてからの報告します。
こちらはブダペスト中心のオペラ座です。
c0100195_11094512.jpg
この直ぐ隣の古いビルの中に今回のオルガナイザーのブダペストでの別宅があり
そこに泊めていただいたのですが
c0100195_11115041.jpg
入って直ぐに玄関にはこんな現代アートが
c0100195_11132430.jpg
天井は高く素晴らしいインテリアでアートがいたるところに飾ってあり、素晴らしいコレクターでもありました。
c0100195_11151896.jpg
着いた日も私たちアーティストは関西から3人で私だけフインエアーで他はルフトハンザで、ブダペストの空港にて待ち合わせてこちらのオーナーが迎えにきてくれました。
お金持ちだけでとても気さくで優しい方です。
私たちの貴族の部屋のような所で、食事は隣のおーなーのキンガさんの自分たちの又フラットがあって食事はこの新しいインテリアのところです。
でもこちらも
c0100195_11204367.jpg
至る所にアートがありとても素敵です。
c0100195_11222100.jpg
着いた次の日は午前中に現代美術館に行くことに
c0100195_11235976.jpg
地下鉄で五つぐらいの観光地英雄広場のあるところです。
c0100195_11253207.jpg
メインの展覧会は
サルガドSALGADOという有名な現代写真家の展覧会でとても迫力あるものでしたが写真はダメで
c0100195_11294092.jpg
こちらは小さいギャラリーの方の企画展の若い?作家のインスタレーションや映像です。
c0100195_11310568.jpg
日記も変わらず書いてますが今回はそんなに詳しくアップする時間はなさそうなので
c0100195_11322796.jpg
昼の2時にキンガさんの息子さんが今回こかの企画を声かけしてくれたエルジーの家でランチを頂くために美術館だけで帰ることに帰りは地下鉄でなくて歩くことに、男性作家のKさんは私より随分?年上ですが昔体育の先生をしていたのでスポーツマンタイプ
c0100195_11375147.jpg
歩くと街の様子もよくわかります。
c0100195_11384366.jpg
ちょうど約束の時間前について
ブダペストの少し郊外のエルジーの家で美味しいグヤーシュを頂いて、可愛い子供達と遊んで夜になってもう二人のアーティストが空港に着くので迎えに行くことに
c0100195_11422767.jpg
何と一人はパリ在住のアーティストでもう一人は一歳の赤ちゃんと一緒に参加してくれるアーティストはイギリスからでした。別の番ですがほとんど同じぐらいの時間で
そしてその二人は大学が同じで私の同窓でもあり、まあ、世代は違いますがその持っている雰囲気は同じで多いに女子トークで盛り上がりました。
c0100195_11462295.jpg
そしてその夜は直ぐに目的地のベルセルに向かいお城はその夜は他のグループが泊まっていてこちらのコテージに泊まりました。
c0100195_11484913.jpg
そして直ぐ近くが私たちがこれからずっと滞在する素敵なお城のBercel catcelです。
どんなせいかつでしょうか

by nobukoueda | 2017-10-29 11:03 | Comments(0)

無事ブタベスト到着

c0100195_11143134.jpg
25日に関空から出発して
いまブタペストに来ています。
ブタベスト郊外の町か、村か?
Bercelというところです来月5日までのARTCamp という滞在型の展覧会に参加するためです。
無事に着いて昨日はそのBersel のお城のレジデンスのオーナーの素晴らしいブタベストのオペラ座の前の立派な別宅にて泊まらせてもらってます。
素敵なディナータイムを過ごしてから
疲れていたので休んだのですが
やはり時差ぼけでか、まだこちらの夜中三時過ぎから寝られなくなって起きてます。
困ったものです。
今回はカメラを出掛ける直前に充電器が見つからず、とうとうカメラなしなので
iPadだけの投稿となります。
が、あまり観光など出来ないと思っていたのでカメラももう、いいかなぁーと思ってましたが。そのiPadも、携帯も写真はすでに容量いっぱいでした。
どうなることやら〜


by nobukoueda | 2017-10-26 11:28 | 日々日記 | Comments(4)

病院診察後は展覧会巡り

c0100195_06365161.jpg
昨日は美術館へ行く神宮道のギャラリー博宝堂さんにてらいげつに行われる木でできた本にアーティストが好きな手法で作品にする展覧会の搬入してから
c0100195_06392739.jpg
近くの古本屋さんの山崎書店さんにて
こちらも本の展覧会していて
フィンランドからいらしているトゥーラさんに久しぶりにお会いしておしゃべり、何人かのフィンランドからの作家さんの作品も拝見、他に絵描きさんの林さんの作品は
c0100195_06421067.jpg
ダダっぽい、昔のハイレッドセンターの作品のような本のオブジェはとても興味深かったです。
そして近くの美術館別館の国際交流展も知り合いが多く出品しているので
c0100195_06441731.jpg
近頃そんなに写真撮ることに熱心ではなく
c0100195_06445855.jpg
2枚だけですが、ガラスの作品ですが影がまさに北斎でした。
帰りに法然院にて
c0100195_06460093.jpg
畑さんの個展は本堂であり、立派な仏様に対するように作品とも落ち着いた心持ちで対峙させていただきました。
c0100195_06471820.jpg
法然院さんは観光している方はほとんど外国人でしたがお寺での展覧会も落ち着いて良いものだと

帰りにユニクロにてライトダウンのコートを買って、ダウンアレルギーと言われてから決してダウンジャケットなども気なかったけどコンパクトに小さくなるユニクロのウルトラライトダウンは旅行には欠かせないかと。昨年はMサイズでもいけないこともなかったけど今回は悲しいかな、Lしかダメで改めて鏡をみて我が体型に愕然とした。
昨日は
ずっと行けなかった整形外科にて膝を見てもらって、何しろ仕事で重いもの持ったりするとすぐ膝にきて、これは重量の負荷が体重の増加も影響しているのは明白なのだが
中々近頃体重が減らないのだ。
歩けなくなったら大変だから
本気で頑張らなくてはとー
思ってはいるのだが。

by nobukoueda | 2017-10-20 06:35 | Comments(4)

SALON ART SHOPPING パリ

c0100195_13232517.jpg
パリのルーブル美術館の地下にてギャラリーからの招待にてサロンアートショッピングという展覧会に参加します。
作品はF6サイズの小品ですが久しぶりにキャンバスに描いたものを出品しています。
もう少し早くから計画を立てていたら行けないこともなかったのですが
作品だけの参加です。
パリにお住いの方、お近くにお出かけの方ございましたら代わりに見てきてくださったらうれしいです。
大阪のMIギャラリーからの出品です。

by nobukoueda | 2017-10-18 13:29 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

植物園彫刻展終了

c0100195_10020890.jpg
先週末で植物園の野外彫刻展もまた植物園会館でも同時に開催していた小品展も無事搬出して終わりました。
お忙しい中わざわざ足を運んでくださった方々
いつも本当にありがとうございます。
今回のこの彫刻は葉っぱのいめーじでありまながら
人体のトルソを感じるように
何か発芽したての一つの命のようなイメージで作りました。
この木材の目が彫りにくく大変でしたがなんとか一つの形にすることができました。
いつも幾つか組み合わせて一つのイメージにしてますが
今回は彫刻らしく一つをしっかり立たせました。

さて寒くなってやっと朔日衣替えもできました。
もう一つ小さな本の形の木材に絵を描く展覧会があり
これは来月ですがなんとか一つだけなので楽しく描いて提出することにします。

長引いた雨も上がって久しぶりに良い天気です。
今日は子どもアトリエの日
張り切っていきましょう。


by nobukoueda | 2017-10-18 10:14 | 京都彫刻家協会 | Comments(2)

ギャラリー巡り 京都

c0100195_07152555.jpg
秋は展覧会満載で知り合いも多くやっていて
日曜日に植物園の会館の方の彫刻を搬入してから
まずは車をいつもの京都ホテルオークラのパーキングに止めて
何しろこちらは千円パンでも買ったら3時間無料で河原町に用事のある時はよく使うのですが、まず同時代ギャラリーの山元さんの版画の展覧会
昔銅版画を教えていただいた先生でもあったのですが、今回は木版画と、その原版を一つの絵画作品として提示したもの。
それからデンマークのJudithと待ち合わせている寺町の進々堂で、ランチ
その後近くのギャラリーMEISEIにて知り合いの彫刻家三木さんの個展、
流木を使って色々と彫刻にしています。

そして近くのギャラリー宮脇
とても美しい抽象絵画はブルーノ レティさんの展覧会
それから車に戻ってJudithを恵文社へ、やはりとてもこの本屋さんの雰囲気が気に入ったようです。そして近くの糸屋AVRILを楽しんで、また、近くにはオリジナルバックを手作りしているお店は奥がアトリエです。
それから車でまた北のギャラリー妙さんでは案内状ないですが面白い立体の展覧会が、
それから同志社の近くにはbe京都と言う町屋のギャラリーがあって知り合いの二人展が開催中でちょうどドラムの演奏がされてました。

実は土曜日はJARFO京都画廊さんにてフランス人のドミニクさんの個展のオープニングが夜あるのですが、とりあえず行って、そちらに今日はフランス在住の松谷氏がいらっしゃると言うことでお会いしたかったのですが疲れたので作品だけと思ってましたが
以前一緒に展覧会したケイトさんもいらっしゃrるというので一度ホテルに戻ってJudithと軽く夕食してから再びJARFOへ行って

そこでケイトさんやパートナーの今年のベネチアビエンナーレ参加の松谷武判さんにお会いできて沢山いろいろな方ともお話で来て本当に楽しい時間でした。

朝からスケジュール満載の一日でした。



by nobukoueda | 2017-10-10 09:32 | 展覧会 | Comments(4)