<   2012年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

長島温泉から

c0100195_16212244.jpg

月曜日から実家に行って昨日は久しぶりに姉妹で落ち合って長島温泉に一泊して夕食も朝食もバイキングでとても種類豊富で蟹もたっぷりで感激して食べ過ぎで温泉に朝もつかってとても楽しい一時をすごした。
演芸場で金山明子ショウかなんかを手拍子して、結構喜んでいる自分に驚いて、今朝アウトレットも初体験だったし、近くのなばなの里には、その見事なベゴニア園に感激でした。
姉妹でこんなベターな温泉旅行もいいものだと、
はまりそうです。

帰りは桑名から京都に特急使わず行くのは結構時間かかりますが、電車乗り継いでの時間は私は大好きなので〜

さて帰ったらもういつまでも旅行気分というわけにはいきません。
つぎに進みましょう。
by nobukoueda | 2012-09-28 16:21 | Comments(6)

ドイツ166ー再びカッセルへ(8月18日)

c0100195_851085.jpg

ドイツ日記も8月18日で8冊目となりました。だんだんデブッチョ度が増してきています。

 さてさてカッセルに再び行く日です。

c0100195_8564340.jpg

 昨夜は遅くにカレーをつくってとりあえず、お出かけメニューです。
カッセルまで日本から来てくれた友人と出かけるのでなんだか早めに目が覚めて朝食用意と,パソコンメールチェックです。

 いつものホワイトソーセージとライ麦パンです。

 8時半にダルムシュタットでてフランクフルトで乗り換えてカッセルには11時27分着。

駅の裏方のペンタホテルにとりあえずチェックインしてから駅のインフォメーションでドクメンタの2日間チケット35ユーロで買ってトラムで中心まで。

 何となくそれ風の建物だったのでRathausというところでおりる。
何と,まわりにてのみの市風なお店がいっぱい並んでいてとても興味あったけどまずはドクメンタを見てからと
c0100195_943756.jpg

中もいい感じだったけど
c0100195_954468.jpg

こちらはドクメンタ会場ではなくて、ヒトに聞いて何となく会場らしきところにたどり着き
c0100195_910065.jpg

みんなが並んでいたのでならんでその先には家まるごと作品にしている作家さん
c0100195_9145066.jpg

c0100195_9154056.jpg

3階ほどの古いビルの階段から廊下と小さな部屋一つ一つすべてが作品化しているというわけ。
c0100195_918879.jpg

そのもっている肌合いとか情況がとても印象的
家具も手作り,家全体をコラージュしているみたいで、朽ち果てた感じも出していて面白い
c0100195_921312.jpg

バスタブのホコリにドローイングしてあったり、
家そのものをキャンバスに自由に描いている感じ
描いているというより,木工室らしき部屋もあり大工仕事風につくっている感じかもしれない。
c0100195_9235943.jpg

今回はメイン会場に行く前の小さな会場からまわって

c0100195_9294340.jpg

c0100195_9311786.jpg

丁度お腹もすいていたので
Neue Galerieへ行く前にランチにとギャラリー前のカフェに
c0100195_933295.jpg
カプチーノとランチはバイキングスタイルでいろいろとって食べるシステムにて私はカプチーノで友人がランチバイキングでと頼んで,でもバイキングだったら二人ともしなくてはと私もいろいろしっかりたべました。
 
c0100195_9373161.jpg
c0100195_9365229.jpg

テラス外にも人はいっぱい
c0100195_10543950.jpg

にぎわっています。
Neue Galerieの中は
c0100195_115431.jpg
c0100195_1115366.jpg

c0100195_1059938.jpg
c0100195_105874.jpg
c0100195_10571282.jpg

圧巻はこちら、すごい行列でどうしようかとおもったけど、これは見なくてはです。
c0100195_117364.jpg

c0100195_1110546.jpg

c0100195_119179.jpg
c0100195_11373217.jpg


いろいろな時代の雑誌の切り抜きなどが細い竹串のようなものに一つ一つはられてすべてが突き刺してあり、立体コラージュの固まりのような感じです。その量といろいろな顔などそれぞれ見るだけでも面白く大迫力でした。
この作品の入り口の窓にはカーテンのように何気なく素敵な刺繍の作品が
c0100195_11403491.jpg

作品ではないのですが,会場の所々の窓にはきれいなスクリーンが施してありそれはそれでとても光りがきれいに入って
c0100195_11433688.jpg

 
c0100195_11161727.jpg

会場でずっと朗読のように語りかけている方もいましたが、
他にはこの美術館の常設の古典の絵画も見られるようになっていて
c0100195_11333449.jpg

こちらの会場はでて移動して彫刻の美術館があり、こちらもドクメンタと思ったらちがってましたが、折角きたのでカードがあり無料にしてくれたので見る事に
c0100195_11454725.jpg

こちらはニューギャラリーの前の会場テラスの野外彫刻
c0100195_1148576.jpg

彫刻の美術館と行ってもなにやら宗教的な作品ばかりでしたが
c0100195_11501465.jpg

横たわる石彫の手に持つ家にはひかれました。
その後友人とも一緒になって
何しろ、ドクメンタは歩かされます。
帰る前にまだあいていたらと
c0100195_11524349.jpg

本の作品
c0100195_11533867.jpg

これにて8時でしまる時間で帰る前に夕食は
c0100195_11561279.jpg

ボリューム満点のハンバークみたいなもので2人でシェアして丁度の量でした。もちろん地元のビールで乾杯です。
c0100195_11581186.jpg

居酒屋風で庶民的でとてもにぎわってました。安くて美味しかったです。
つかれて
c0100195_11595938.jpg

でも私にとってはバスタブ付きの豪華なホテルにて久しぶりのお風呂にゆったり気分でおやすみでした。
 
by nobukoueda | 2012-09-24 12:11 | ドイツ便り | Comments(4)

帰国 美しい日本

c0100195_534243.jpg

京都にかえってきました。

雨上がりのこのような風景に出会うと
世界のどこにも劣らずすばらしいところなんだと
あらためて実感

帰ったら
秋刀魚の塩焼き食べて

c0100195_5372171.jpg

納豆とお刺身は大好きです。

さて,ずいぶんボーとしてしまったので
これから又,ドイツ日記アップしていきたいですが、
ちょっとまた実家にいってきますので、しばらく又お休みです。

美しいドイツのゲストハウスから帰ってきて
あまりにもモノであふれかっている我が家にきたら
ちょっと,ショックでよくまあ,こんなところに住んでいたかと

どうにかしなくてはと・・ぐたぐたしていたらすぐに時間経ってしまいました。

ドイツで学んだ時間の使い方を
日本で生かしていきたいですが
さて
どうなることやら

帰ってすぐに子どもアトリエの子ども達ともあえてみな元気に一回り大きくなっていて
まぶしいぐらいでした。
また
一緒に仕事できる事もうれしい事です。

さてさて、
ひきつづき又のんびり
ドイツ日記も書いていきますので
よろしくねがいます。
by nobukoueda | 2012-09-24 05:50 | 京都 | Comments(6)

ドイツ ありがとう。

c0100195_642516.jpg

これはとうとう,いる間はずっと改装中でいかれなかったダルムシュタットの美術館。

でも沢山,ドイツの美術館いきました。
カッセルの事もまだこれからですが

ちょっと休憩

私は明日早朝日本にかえります。(日本へは火曜日ですが)

ここ数日とても忙しく
ゆっくり
ブログもアップできずでした。

やっとすべて終わって荷造りもなんとかです。
ずっとドイツに住みたい気分でしたが今は心は日本に向いています。

ドイツ日記もまた帰ったらつづけたいとおもっています。(ちょっと自信ないですが,)
日記はずっと書いていたのでまた日本に帰ってからもまた違う形でできたらですが。

本当にいつも読んでくださってありがとう。
また帰ってからもよろしくです。

ドイツでお世話になった方々,本当にありがとうございました。
お知り合いになった方,お友達になった方
またこれからもよろしくです。

ほんとに
ドイツ
ありがとう。

ありがとう。ダルムシュタット
by nobukoueda | 2012-09-17 06:55 | ドイツ便り | Comments(18)

ダルムシュタット165−WALD KUNST 森の展覧会2

c0100195_4274541.jpg

c0100195_4283572.jpg

森の中に浮かぶUーボート?の作品です。
c0100195_4303290.jpg

作品から作品もこの山道をどんどん行きます。
c0100195_4333891.jpg

遠くに見えるのは作品でしょうか近寄って

自然の木にコラボするように角材の作品が寄り添います。  
c0100195_435894.jpg

c0100195_4423626.jpg

木で出来た大きな足は
c0100195_4461183.jpg

大地を踏みしめ,大地から生まれでたようでもありました。
c0100195_4483742.jpg

c0100195_450504.jpg

大きな家がういています。
c0100195_4525229.jpg

大きなイスと家
c0100195_4542669.jpg

中は教会のステンドグラスのような光が
c0100195_4571953.jpg

c0100195_458433.jpg

座れるイスのようになっています。
c0100195_502484.jpg

中にはかわいげな作品も
c0100195_535472.jpg

池にも浮かびます。
c0100195_55181.jpg

これはとげのある枝で編んであります。いたそうです。
c0100195_583297.jpg

c0100195_5121738.jpg

かなりの高さにういています。
c0100195_5145951.jpg

c0100195_5205638.jpg
c0100195_5183386.jpg

中にはステンレスのような金属です。
c0100195_5225130.jpg

木からいろいろな作品が生まれます。
c0100195_5271077.jpg

森の中を駆け巡っての森の展覧会でした。

 


 
by nobukoueda | 2012-09-12 04:38 | ドイツ便り | Comments(3)

Darmstadt164-8月17日(金)森の展覧会へ

c0100195_1824618.jpg


今日はわざわざ日本から親しい友人がこの地にきてくれる。
うれしくて朝からそわそわ

朝6時にフランクフルト空港につくというのでまあ,でてくるまで時間はかかるだろうけど、6時ちょっとすぎにはつくように朝1番の始発バス(5時10分)に乗って5時40分の空港バスで向かった。
 
c0100195_18295227.jpg

少し待って無事友人とは出会えて,とてもうれしく、この地の人のように抱き合って頬ずりするような気分だったがやはり照れくさかったのか,ニコニコわらっていらっしゃいと。

 まずはは我が家にきてもらって,丁度こちらの管理人のたくましき男性が入り口一緒だったから、なんと運がいいのか、一番上の私達の階までトランク運んでくれた。
 ドイツ男性やさしい〜
一緒に朝食食べて少し休んで
街の中心に出かけることに
私も語学学校の休憩後の11時からちょっと顔だしてその間、彼女は街歩き
丁度12時半終わったところで待ち合わせて
一緒にランチですが、私も良いレストラン余り知らなくて,迷ったわりには大学のメンザ(学食)にお連れすることに、1回はいいかもしれないけどドイツに来てはじめてのドイツ料理が学食ではやはりよくなかったなあと…(今更おそいが)
 
c0100195_18423139.jpg

魚フライとピラフはシェアして
c0100195_18432597.jpg

サラダバーがあって好きなものいろいろ入れてグラムの値段なので,私はなすの炒めたようなものもいれて、これに飲み物つけて1人で5ユーロぐらいで安いことは安いのです。

まあ,とりあえずお腹はいっぱいで
さてどこかにいきましょうと。
あまりよくわかってないのに行きたかった展覧会
「森の展覧会」へ
大体は調べていったのですが,そのトラムの終点からよくわからず,その先で聞いたところがこの展覧会の管理もしている「森林センター」人にて、親切に車で入り口まで連れていってくれました。
よかったです。
歩いたら結構な距離でしたから。

c0100195_18523246.jpg

森林センターで
c0100195_18535364.jpg

入り口にいろいろ作品らしきものがあります。
c0100195_18555378.jpg

c0100195_18545570.jpg

展覧会出品アーテイストで日本人の作家さんもいました。
会場はここから車で5分ほどいったところです。

c0100195_18592510.jpg

最初が日本人の作品の家ですが、正面からとるのを忘れていました。また後でもどるだろうとおもっていたら・・だめでしたが。
この先にこの展覧会のインフォメーションがあるからそこから先だと教えていただき
先へ行くにも
本当に手入れされた森の中の小道ですがインフォメーションは週末だけなのか閉まっていて案内もよくわからず、パンフも無いのですが,丁度2人連れの女性がゆっくりパンフ片手に前を歩いているのでその方達にについていけばみることできるだろうと・・後を追うことに

 
c0100195_19165347.jpg

しかし,本当に大きな作品が自然の中に点在していて、一人ではとても不安でましてやガイドブック無ければどこにいったらいいものか,道に迷っていたことでしょう。
 友人も日本から着いた日にこんなに歩き回されてさぞかし疲れたこととおもいます。

(又,作品は後でまとめてアップします。)

かわいい作品もありましたが,とにかくダイナミックで,森の中の展覧会にふさわしいものでした。
もうかなりいったところで山小屋風のカフェがあり
そこで休憩
c0100195_19215780.jpg

カプチーノをいただき、先に展望台のようなところあり,結構高いところまできたのか、街が一望できてとても良い眺めでした。
 
c0100195_19251648.jpg

c0100195_1926937.jpg

さて帰りはもとのところにもどるとおもったら,最寄りの違うトラムのバス停を教えてもらい,反対側の道をひたすら歩いてやっとトラムに乗れて
なんとか疲れ果てて我が家に到着
c0100195_19293562.jpg

夕食はまあ,あるもの急いでつくって
といっても冷凍ピザと魚をオーブンで焼いてですが、
c0100195_19314918.jpg

ピザの横でパブリカも焼いていたのですが,友人が上手にピザの上に飾り付けてくれました。
本当に飛行機からでは長い1日だったことでしょう。
おつかれさまでした。
明日は2人でカッセルドクメンタにいってきます。

料理画像もう一つ
by nobukoueda | 2012-09-11 19:46 | ドイツ便り | Comments(4)

Darmstadt163-8月16日(木)

c0100195_5171167.jpg

ドイツ滞在日記書いてますが、ちょっと8月はいろいろ出かけることもあってずいぶん遅れています。
後もう,1週間ほどで帰国しますがそれまでになんとかジャストタイムにしたいです。
 8月は語学学校通いでそれだけで宿題予習にかなり時間とられて自分ではいっぱいいっぱいでしたが、振り返れば1日制作もせず,何もやってこなかった気もします。
 勉強というものは形にならないものなのですね。そして時がすぎればすぐ忘れてしまう。
そんなことに時間を費やしてよかったかどうか・・

しかし今おもえば、とても充実した時間を生きていたようにもおもいます。

c0100195_527345.jpg

8月16日(木)
今日は午前中昼まで水道などメンテナンスのため水が使えなくなるというので,朝、オットさんもいつもと違って早くに支度しなくてはという気があるのか、朝方何度もおきて私もおきて・・だんだんこうして老人的生活になっていくのかしらと・・・おもっていたりしたら遅刻しそうになって
 朝食はもってでること。
語学学校の10時半からの30分の休憩の時によく他の人が食べているようにパンとコーヒーにする。

(木)(金)は男のヤン先生は昔ながらの授業のやり方でテキスト通りに覚えていくやり方でわからなくてもすんでしまう。
 隣のトルコ人は全然宿題してこなくても、もう少しは長くこちらにすんでいる様子で大体ドイツ語もいっていることはわかる感じ、今ラマダン中にてほんとに何も全然食べない。水も飲まないのだろうか、もう2週間近くはたっているのではないだろうか。普通にしているけど,私だったらイライラしてもう何も手につかないだろうに。
オリンピックもラマダン中にあるのも選手にはきびしいので問題になっているらしいが。

 
c0100195_5384791.jpg

帰ってから
パソコンもメールチェックしたりちょっとネットしているとすぐ時間たってしまう。
明日は友人がきてくれるのでとりあえずいろいろ家の片付けもがんばって
夕食は
アジアショップで買ったタケノコをきんぴら風に炊く。ご飯は炊かなかったのでジャガイモをオムレット風にする。

 
c0100195_5433189.jpg

なんだか皆千切りばかりの料理で見た目はきれいじゃないわね〜
by nobukoueda | 2012-09-11 05:51 | ドイツ便り | Comments(6)

ダルムシュタット162−8月15日(水)

日本では終戦記念日となっているが,ドイツでは別に5月8日が終戦、敗戦?いや,近頃はナチからの解放の日とかいうらしいが
 日本ではこの時期いろいろテレビでも戦争特集みたいなことやっているがこちらは別に普通。

 
c0100195_4235199.jpg

夜中に何度も目が覚めて,朝気がついたら7時で急いでお弁当、朝食支度して飛び出すも、学校始まって少し子ども達が通学らしく増えたようでも日本ほど人口は多くないのでバスはいつもゆったり。
 
 ドイツ語学校はだんだん難しくなってきてついていくのが必死です。
大体すべての名刺,単語に女性か,男性か区別があってそれによって前につく冠詞も違ってくるからややこしい、もう何度聞いてもわからない。

 
c0100195_4294615.jpg

 学校の帰りに,デパートも文房具屋さんもこの時期新学期用にいろいろと文房具を取り揃えてセールしたり豊富にあり,ワゴンの中に使いやすそうな筆箱みつけてレジにもっていったら,それはセール価格とは違って高かったけど、まあ、いいや、使いやすそうだったから。
 でもまあ,他の大都会に比べるとなんだかデザインも種類も少ないような気がするも、日本のようないわゆるかわいいものというのが少ない。
 先日買ったファイバーカステルの鉛筆はちょっと堅くて私はステッドラーの方が好きだが,日本のユニも大好きだけど。ファイバーカステルの鉛筆削りはブラウンのデザイナーのラムズのデザインみたいでなかなかいい。これぞ、ドイツデザインという感じ。
まあ,文具はいろいろかわいいものあってもいいとおもうけど,キッチン用品は日本はなぜにいつまでたってもパステルカラーと花柄なのだろうか、こちらは1ユーロショップの安い保存容器もはっきりしたカラフルな色で決して花柄なんか無くてみな単色カラー。コーデネイトしやすい。

さて,帰ってからも今月末にいくウイーンの旅行のいろいろ下調べなので時間かかる。
一度いってみたかったカール・プランテルさんのアトリエや彫刻公園に行けそうにて、とてもうれしい。
 このダルムシュタットでも森の展覧会が始まっているようで生きたいがもうすぐ友達も来てくれるので一緒に行こうかと調べる。

 そして,いろいろバスルームからキッチンまでがんばって掃除する。
c0100195_4503599.jpg

夕食はアジアショップで買った餃子をスープに入れて、ハーブバターのバケットが安く売っていて中々美味しいので夕食に
c0100195_4541499.jpg

ソフトサラミも焼いたらいい感じ。
この他、大根サラダもつくりました。

食後がんばって宿題予習するもついつい勉強始まると眠くなって11時前にはおやすみなさい。
 
by nobukoueda | 2012-09-11 05:00 | ドイツ便り | Comments(0)

Darmstadt161ー8月14日(火)ドイツは新学期

c0100195_0432773.jpg

昨日はがんばってブログアップした記事がのせる直前に消えてしまったりでその修復にすごく時間かかたりで本当に消耗した、
 FBはその場ですぐにいろいろ反応あって面白いがブログも見ていてくださるとはおもうが・・それにあまり・・マニアックにというか,美術館と普通の同じようなご飯の連続では何もおもしろくないし、それに何も特別な日でもないけど,毎日絵日記かいてそれをアップすることにしたので

 いい加減でもとりあえずアップしますので、おつきあいください。

 語学学校のドイツ語授業も今日はそれぞれの国の人口など調べて発表するというもので、日本が小さな国なのにすごく人口が多いので皆がビックリ、確かにこの街ではラッシュアワーみたいなことないみたい。
 日本のお金をもっていって1万円札が100ユーロぐらいというとびっくりしている、大体スーパーでもあまり100ユーロ札もっている人はみかけないなあ。

 わからないなりにも具体的な内容の授業などとても楽しい。

帰りに町中は何となく子ども達でにぎわっている感じだし、あたらしいランドセルしょった子ども達もみかける。ドイツは昼で学校が終わるので丁度帰る時間帯だったのだが今日は新学期の始まりの日だったようだ。
 このゲストハウスのモンゴル人の親子ともバス停であって,今日からといっていた。

c0100195_058687.jpg

帰ってからもブログアップと絵日記整理と次のウイーン旅行の調べものしていたらすぐに時間経つ。
どうも関西寝屋川辺りがすごい洪水で浸水などもして大変だったよう。
 京都も北の方は大丈夫だったようで,多分我が家は大丈夫とおもうが・・
近頃の気候は本当にわからない。

c0100195_112921.jpg

今朝は半袖では寒いかとカーデガン着ていったけど日中は暑かったが,日本はもっと蒸し暑いことだろうとおもうと今年はとても楽している。
 家で一人自由にさせてもらっている時間がほんとにありがたい。
オットはじめ、父や兄姉,妹、近所のひとも、友達も・・みんなが支えてくれて私をドイツにいさせてくれている気がする。
 本当に感謝です。だからちゃんと遊んでばかりでなくてしっかり勉強とか制作とかしなくてはと・・
おもってはいるのですけど。

料理にも1時間以上も時間かけるのはもったいない気もしないではないけど、また食べるための努力はいやではないので出来るときはやりましょう。

 というわりには簡単にチャーハンでした。
c0100195_1104419.jpg

他にコールラビの甘酢漬けをサラダ風に・・
夜はドイツ語宿題、ほんの2枚ぐらいのプリントがわたしにとってものすごく時間かかるのでした。
by nobukoueda | 2012-09-11 01:20 | ドイツ便り | Comments(0)

Darmstadt160-8月13日(月)夢

c0100195_16345984.jpg

 とても怖い夢を見た。
 後ろから大きな刀で斬りつけられるのだ。
死・・というものを死ぬ寸前をしっかり体験したみたいでとても恐ろしくいたくて思いっきり声を出した。ーギャー!

 夜中の2時過ぎ頃だったみたいでオットさんは何事かと寝室に入ってきて夢だとわかってバタンとでていった・・ところまでは覚えていて、やはり実際大きな声(寝言)となって発していたのだ。
その後も怖い夢見たけどおきたときは覚えてなかった。

 
c0100195_16404945.jpg


パンがなかったのでご飯炊いてみそ汁つくって和食に。
すぐに語学学校に行くも、月曜日は頭をドイツ語に切り替えるのに時間がかかります。
週末に少し覚えたことも皆忘れているようでさされるかとびくびくです。
なるべく先生の目線から逃れるように・・・

ドイツ語の数字が少し言えるようになると何と,簡単な英語の数字がでてきません。本当に私の頭の中は一つ新しいこと覚えると何か出て行くみたいです。

 帰りにお醤油を買いに近くのアジアショップが確かあったはずと探すも見つからず駅に近いところまで歩いて大きなアジアショップで又いろいろ買い物、醤油は安い韓国製を買う。
 ずっしり重くなったのでそのまま帰って

いろいろ今までの旅行のこと,ブログアップとかパソコン作業していたら夕方に

c0100195_16482264.jpg

そうだパンを買いにいかなくてはと
近くのパン屋に・・その先に大きなスーパーがあるので買い物して後から買おうとおもっていたら、
帰りは閉まって片付けていて,もう何も無いよと!

c0100195_1651237.jpg

REWEの冷凍だけど鮭が安くてなかなかおいしい。
鮭のムニエルもマッシュルームとトマト添えて和風味に、
ラデッシュの酢の物もつくってやはり家ごはんは和食でした。
by nobukoueda | 2012-09-10 16:56 | ドイツ便り | Comments(2)