<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ドイツ149−Neussへ ランゲン美術館

ドイツ日記再開です。
すごく遅れていますが

 こちらはダルムシュタット駅の構内のエレベーターにの中にあるバイオリン
c0100195_3405740.jpg

私は乗らなかったけど,エレベーターに乗るとバイオリンの音楽が流れるらしい。
これもジョンケージの展覧会の一つらしい。



8月4日(土)
c0100195_325733.jpg

1泊だけど週末旅行とということでデユッセルドルフ近くのインゼン・ホンブロイッヒ美術館に行きたくて出かけることに。

 泊まるのはデユッセルドルフにしたかったけど,美術館のある街ノイスの方がゆっくり出来るということでノイス泊となったのでデユッセルドルフにはよることは出来ずです。

 朝、朝食の後に残りのパンで4つもランチ用にサンドイッチつくったのに、朝出かけに急いでいて,忘れてしまった。
 荷造りは前日にちゃんとすること!というのは教訓です。

 ノイスについたら,ここも10年前に一度来ているのにすっかりわすれています。その点、オットさんは何でもよく覚えていて駅前の様子をよく記憶していてビックリです。

 まずはホテルめがけて,歩いていける距離でしたので,ゆっくりいって、そこがローマ遺跡が残るとても素敵なホテルです。
c0100195_5513679.jpg

この石の門はローマ時代の遺跡の一部でしょうか、城壁が続いていたようです。
c0100195_5535149.jpg


 まずはインセン・ホンブロイッ匕美術館とランゲン美術館は1キロぐらいはなれているのですが、バスがよくわからなかったので行きはタクシーで遠い方のランゲン美術館まで行きました。
 
c0100195_3385643.jpg

安藤忠雄氏設計の美術館です。なぜか今回良く安藤氏の建物に出会います。
c0100195_3503156.jpg

建物の前に池を,水のある空間演出コンクリートの箱形で長い廊下で歩かせるのが安藤建築

 
c0100195_357386.jpg

中の作品はアジアなどの古い仏像など古典と現代作品が同じ空間に並んでいる。
c0100195_5161365.jpg

最初の部屋の企画展示はSofia Hultenという作家の作品。
 こちらのランゲン美術館は写真撮影はダメだったので作品写真は無いですが,雰囲気は次のインゼン・ホンブロイッヒ美術館と展示はよく似ているのでまた後で紹介します。
 タクシーでこちらまで来たのですが,後は歩いてです。途中ちょっと代わった建物があってはいっていったら素朴な宗教彫刻などありなかなか面白い展示でした。
 
c0100195_5251144.jpg

c0100195_5282180.jpg

 そしてどんどんまた広々とした草原のようなところの先に
c0100195_53472.jpg

インセン・ホンブロイッヒ美術館があるのです。
by nobukoueda | 2012-08-31 06:00 | ドイツ便り | Comments(12)

ウイーンよりダルムシュタットへ

ブログが滞っていて気になっていますが
昨日3日間だけですが、ウイーンにいってきてぐっすり寝て
やっと一息ついているところです。

8月は語学学校通いだけで本当に宿題や、ついていくのに必死で
その週末にカールスルーエやヂュッセルドルフ近くに泊まったり

友人も来てくれて一緒にまたカッセルにいったりして
やっと語学学校おわったらすぐ
またウイーンにいってきて

あわただしかったですが
これからまたブログまとめてになりますが
再開しますので

よろしく願います。
c0100195_1438315.jpg

by nobukoueda | 2012-08-30 14:39 | ドイツ便り | Comments(0)

ダルムシュタット148−8月3日(金)マッシュポテトでお好み焼き

c0100195_2258271.jpg

(カールスルーエ ランデス美術館)

なんとか語学学校1週間目最後の日です。
c0100195_2302880.jpg


朝食に昨夜のマッシュポテトがまだたくさんあるのでマッシュルームや、ネギや刻んで卵を入れて味付けしてお好み焼き風に焼いたら
長芋焼いたようでなかなかふんわりおいしかった。
 
c0100195_2331835.jpg

昼用のサンドイッチ弁当も作って今日も学校へ。

昨日と同じ年配のヤン先生はどうもどんどんこちらが理解してなくても話していって,まるっきしダメ。先生は赤ちゃんがコトバを覚えるようにドイツ語聞いているだけでもいいと・・こんなようなことをいっていたとおもうけど、赤ちゃんのように柔らかい脳ならすぐに受け付けるだろうが、もう凝り固まった脳では簡単ではない。
 眠くなるの私だけでなくみなも同じようでした。
が,隣のポーランドのきれいなLさんが皆教えてくれるので、なんとかすぎる。

 帰りにコーヒーなどの飲み物用の保冷カップが欲しくて買ったけど、失敗、これは持ち運ぶようではなくて家で飲むようで,バックに入れてもってきたらこぼれてしまっていた。

c0100195_23112566.jpg

帰ってからは絵日記、宿題、PC作業して明日からの1泊のノイスというところの美術館のことなど調べる,
 デユッセルドルフに近いところで,昔1度降りたらしいけど、おぼえていない。
 そこにユ二ークな美術館インゼン・ホンブロイヒ美術館と安藤忠雄氏の設計のランゲン美術館あって一度いってみたいと思っていたところだったのです。
次の日曜日にケルンの知り合いのOさんが展覧会しているので以前からケルンに行くという約束でしたから次の日曜日はケルンに再び寄って帰ります。

 色々下調べした後

 久しぶりにヘナで髪の毛を染めるも、今回はお湯が温すぎたのかあまり上手く行かなかった気がする。一度ドイツの美容院に行ってみたいけどみな、止めたほうがいいと・・いうけど。

 毎日通うのに、私はバスの定期1ヶ月どこでもしないはそれで行けるが9時からのだったので,この1週間毎回朝早いバスはお金払っていたけど来週からは次の定期になるので朝早くでも使える定期にした。少し高いだけだった。

c0100195_23211870.jpg

オリンピックも真っ最中だけど、金じゃないとこちらではなかなか日本をうつしてくれない。サッカーも女子も男子も勝っているみたいだけどテレビではやってくれない。ドイツがもうでないものはやらないみたい。


 冷凍だがかっておいた魚料理がフライパンで調理したけど中々おいしく出来た。

c0100195_23254551.jpg

下に茹でたドイツのパスタをフェエンネルと炒めて調理してその上に魚の上にソースのかかったものを、盛りつけはドイツ風?にです。
明日の用意もできてないけど・・・寝ます。
by nobukoueda | 2012-08-14 23:37 | ドイツ便り | Comments(6)

ダルムシュタット147−8月2日(木)食べられないパン制作

c0100195_21575831.jpg

(カールスルーエの博物館にて)

日記だけでは普通のいつものご飯の写真だけなので1つでも好きな写真をのせましょう。

語学学校が毎日午前中で,なんとか4日目で落ちついてきました。
c0100195_2222688.jpg


先生が今日行ったら、違う人で男の先生です。ちょっと年配でいい人ですが、教え方は昔のやり方でテキストにそってどんどん一人で話していって,ほとんどききとれません。

 どうして先生がかわってしまったのかしらと。

今日は終わってすぐに買い物して帰ってきて
絵日記整理色付けした後は
ずっと水につけたままのパンを包んでいた包装紙で丸めてパンの形にしてみました。5個できましたが、どうもパンにみえません。

 それからPCにむかっていろいろ写真整理、1日美術館行くとすごい量の写真ですが、また今週末でかけるのでブログアップも中々になりそうです。
 制作したらドイツ語が出来ないしでなかなか時間は思うに使えずです。宿題は朝しましょうと,夕食準備にかかります。
 
c0100195_22132456.jpg

マッシュポテトもマッシュしてあるものがとても安いのですぐサラダに出来ます。
ひじきはこちらのアジアショップでも見かけなかったのでもってきてもらったのが重宝していますがもう最後です。ひじきは人参とお豆腐もいれてです。

c0100195_22164088.jpg

ニシンの酢浸けも安くておいしいです。
カレーライスは2日目にして完食でした。
by nobukoueda | 2012-08-14 22:23 | ドイツ便り

ダルムシュタット146−8月1日(水)ビサ受け取り

ただいまドイツに来ておりまして
滞在記をアップしていますが、どこか毎日旅行する訳でもないので何も無い時はなにもない普通の生活でして、とりたててアップするほどでもないですが続けてきたので引き続きまとめてアップします。

 
c0100195_12494516.jpg

今まで好き勝手な時間でのんびりやってきたので3日目にして疲れているけど、規則正しい生活の時間の中を生きることのは気持ち良い快感がありと。

 語学学校3日目にして中東の人かと思ったけどモロッコ出身でスペインからきてる男の人もすぐに授業についていくのですごいなあと。
 今日はとても苦手な数字,何しろ10までもドイツ語でいえないのでしたから、0(null)と9(neun)がどうもどっちがどっちだったかとすぐまちがえる。

 昼休みが10時半からあってその時間にオットさんと待ち合わせて外人局でビサの受け取りにと思っていたが,すごく待たされるようで、また3時からもやっているので午後から出直すことに、おくれますといっていたけど、授業開始にはまにあう。

 昼にはおわって3時までを簡単にスタンドのホットドック屋さんで2ユーロのフランクフルトソーセージを食べる。ただ食べやすくつまむようにパンが添えられている感じのホットドック。

 近くの図書館で宿題でもしましょうと、たくさん回りに色々テーブルもあってとても過ごしやすい図書館でアートの本もとても充実している。
 が、ウトウト眠くなる。

3時に外人局にいって私のはビサがカードになって出来ていてOKだったのですが、オットさんのは数字がちょっと間違えていたようでやり直し、又最初からで受け取りが2週間後らしい。本当にビサを申請するのは神経と時間がかかる。
 近くの「coner」という角にあるカフェで冷たいフローズンカフェラッテでお茶してオットさんはまた仕事に戻って私はその前のパン屋さんミュラーでおいしいパンかって、スーパーで食料品かって帰ったらもう,5時すぎて
 
c0100195_13162111.jpg


少し休んでいたらあっという間に1日がおわる。
やはり半日学校で後,一つでも用事すませているとすぐに時間無くなって宿題もあるしでなかなか制作の時間とれない、夕食後は週末の旅行のホテルを決めたり、また友人が夏に来るのでそのホテルの予約したりとパソコンに向かっていてすぐ時間すぎて、

c0100195_13212270.jpg

夕食はカレーライスで
c0100195_13221660.jpg

サラダとこの鱒のスモークしたものが安くてとてもおいしい、確かに魚の新鮮なものは高くて手に入りづらいけど,サバとかこのようにスモークしたものは安く手に入る。

 朝早いので、早めに寝たいが夕方少しやすんでしまったので遅くまででした。

 

 
by nobukoueda | 2012-08-14 13:29 | ドイツ便り | Comments(4)

ダルムシュタット145ー7月31日(火)Galerie ULRICH HAASCH

c0100195_4524340.jpg

さすがに初日は緊張もしてたからか、朝は早くからの時間になれてなかったのか、
とにかくとても疲れた。(ただ年のせいだけかもですけど)

 クラスの他の人たちは初級といえど、よく似た言語であるし,何人かはある程度少しは理解している様子、2日目なのに何人かまた新しい人が入ってきている。

 語学を話せるぐらいまでになるには日本のように週1回ぐらい通っていたのではなかなかですし、こちらは授業中は英語も母国語も話さないようにドイツ語だけで先生もわからない単語もいろいろなゼスチャー交えてでもドイツ語だけで説明するし、

 とにかくかなり私は落ちこぼれの仲間にはいるけど、隣の席のポーランド人の人がとても優しくすぐ答えも教えてくれるのでなんとかやっていけそう。

 しかし、皆良く,質問する、隣の人に聞いたりしないでちょっとわからないこともすぐ先生に聞く、恥ずかしいとか,人に笑われるんじゃないかとかそういう発想は一切ないようです。
 それもなんとかドイツ語で聞いてしまうからすごい!

c0100195_573213.jpg

学校終わってすぐにあるいて15分ぐらいのところにあるギャラリー ULRICH HAASCHさん所にいってギャラリーオーナーのハッシさんにあう約束あり。
 ギャラリーは以前下見でいっているので今度はわりと近くに感じた。

 ギャラリーは夏休みで何もやってないけど作品資料とか色々見せていい感じに話が進むが、まだ今途中の小さな作品だがゲストハウスにもあるといったら,後から来てくれるということで夕方又会う約束して別れる。

 買い物して急いで帰って
大掃除?というか,一応かたづけて
お茶の用意して
夕方5時にハッシさんがいらして、また色々作品の話などして、他にドイツの作家の話など興味深い話も色々教えてもらう。

まあ,又具体的なことはもう少し後でメールでしましょうということで。
ひょっとしたらドイツで出来るかもしれない。

 なんか疲れて,あるものでご飯
c0100195_5192066.jpg

辛くない麻婆豆腐風どんぶりとサラダ、肉じゃがは昨日の残りなり。

宿題だけでも結構時間かかる。これからちょっと時間配分考えなくてはです。
by nobukoueda | 2012-08-14 05:26 | ドイツ便り | Comments(2)

ドイツ144−7月30日(月)語学学校へ

c0100195_3424626.jpg

週末泊まりでカールスルーエというところに行っていて,疲れているのですが,今日からドイツ語の語学学校が始まります。
 本当はもっと安いダルムシュタット市がやっている市民大学の語学コースに入りたかったけど,途中でもう,いっぱいでダメで次は9月からとなって、それで、他にはプライベイトな語学学校はいくつかあるので見学して,一番夏休みに条件が合うところということで以前,こちらにすんでいる日本人のMさんも通っていたところで色々ついてきてもらったりして校長先生もしっかりしているいい感じの人なのでこの[LEAN AKADEIMIE]というところにきめました。

 8時半から授業が始まりますのでちょっと早めにつくバスで通います。

8時半から10時半まででに30分お休みがあって後,12時半までです。
月曜日から金曜日まで毎日です。
1月のお月謝は高いけど時間にしたら日本では考えられないぐらい安いです。

 ハンガリー、ポーランド、オーストラリア、ドミニカ、イタリア、チュニジア、スペイン、トルコと国籍も年齢もいろいろです。11人かな。
 ひょっとしたら私が一番上かも?です。

いつもなら,タイ人とかアジア人が必ずいると思うのですが,夏休みはいないのかしら、学生も夏休みを利用してドイツ語を学ぼうときている人もいました。

 先生は女性のU先生、とても教え方が上手でわからないなりに楽しいです。

c0100195_3581015.jpg

 昼に学校は終わって、街の中心なので帰りに食料品色々買い物して家で簡単にバケットとコーヒーでランチです。
 お気に入りはバケッドにハーブバターがたっぷり挟んであるパンが50円ぐらいで売っていてそれをあっためて食べるのが気にいっています。

 午後からはメールやちょっとギャラリーを紹介してもらって会うことの電話とか色々で,あっという間です。
 昨日の旅行の疲れもあってたっぷりお昼寝したらずいぶん楽になって
夕食はやはり和食が食べたくなり

定番の肉じゃがとちらし寿司です。
シーチキンも買ってあり,はじめてこちらのものを食べますが日本と同じシーチキンです。が,名前がすごい[GEISYA]です。

 
c0100195_4135518.jpg

盛りつけたらこんなですが
c0100195_4151219.jpg

たっぷりこちらと
c0100195_416385.jpg

人参とネギと卵のお汁とサラダですが。人参がとても安いのでたっぷりです。これほぼ完食2人で・・

 学校初日は宿題するだけで精一杯の1日でした。
by nobukoueda | 2012-08-14 04:20

ドイツ143−7月29日(日)カールスルーエZKM

c0100195_238574.jpg

カールスルーエのホテルBABAROSSAの朝食の風景
壁には同じ作家の作品が掲げられています。
 
c0100195_2312164.jpg

朝食はおいしいハム類も豊富でゆっくりです。
 1泊だけなのでパソコンは重いので止めて代わりにipadをもってきたのにホテルので上手く使えず残念、ホテルのパソコンからネットで自分のブログ見たら文字化けしていて日本語はこうなるのでしょうかしらと。
 とにかくチェックアウトして荷物を駅のロッカーに預けます。

 コインロッカーの使い方
  荷物を空いているロッカーに入れて蓋をして中央の機械のコイン入れに2ユーロ投入すると大きい方の口から丸い大きなコインメダルがでてきて,出す時はそのプラスッチックコインを投入すると自分のところのロッカーが空きます。
 今日はカールスルーエのお目当ての美術館ZKM(Zentrum fur Kunst und Medientechnologie Karlsruhe)アート&メデイアテクノロジーセンターにいきます。
 まず中央駅前からトラム6で3つ目です。

 大きなモダンな建物が目の前ですが,それは映画館でその先に現代美術館とZKMがあります。
c0100195_2326117.jpg

c0100195_23292436.jpg

まずはトイレにはいってからゆっくりみましょうと
何と,トイレの中にトイレの作品が上にビデオカメラが設置してありみてますよと?

c0100195_23312213.jpg

中はとても広く,既存の建物を改装したようで中央は吹き抜けになっていて周りに色々作品があります。(こちらは通路で)
館内は
c0100195_025463.jpg

 
c0100195_23344713.jpg

朝一番はこのような電気を使うビデオ作品はそれぞれのスイッチを入れて稼動させるのが一仕事のようです。
 
c0100195_2339545.jpg

c0100195_0361516.jpg

c0100195_0392068.jpg

c0100195_040381.jpg

おなじみステファン・ボルケンホールは天井上の方の壁にかかっていて3階から見ると丁度よく見えますがこちら側からだけしかです。
こちらの一番の館は常設のコレクションで次にメデアセンターと,その奥が新しい企画展示の館と3つでできています。それぞれのチケットでも3つ一のチケットでもですが、メデアセンターは家族連れでとてもにぎわっていました。
c0100195_0491586.jpg

これはナムジュンバイクと
c0100195_051164.jpg

ヨゼフボイスの「コヨーテ」の東京でのビデオをやってました。なつかしい。
c0100195_0532268.jpg

いろいろ音のでる装置もあって楽しいです。
c0100195_0544294.jpg

c0100195_0571734.jpg

映像もわかりやすく楽しめるものでした。
c0100195_111397.jpg

だまし絵的コーナーもありです。
ランチはこちらのカフェがとても広くてちょっと学食みたいに注文するのですが,アジア麺みたいなのをたのんでたべたのですが、珍しく画像無し。
 休憩後は最後のあたらしい館へ
企画展
c0100195_153154.jpg

c0100195_17352.jpg

このBurroughsさんという方の展覧会が1フロアーしめていたのですが、神戸の堀尾貞治氏のごとくとにかく作品がいろいろな形でいっぱいあって、ナルシストなのか自身の写真もいっぱいなのでした。
c0100195_110350.jpg

c0100195_128368.jpg

c0100195_1293013.jpg
c0100195_1303093.jpg

ランチはサーモンサンドもたべたのでしたね。カプチーノとレーズン入りアイスクリームも食べて二人で13ユーロだったとは安かったです。(アイスは別?)
c0100195_1334883.jpg

外に出たら、目の前に
c0100195_1345177.jpg

スピーカーでできた塔のようなオブジェ
マイクがあっていろいろな音がします。
オットさんは日本なら昔何十万としたスピーカーが積み上げられて野ざらしになっていることに感心?
こちらにも彫刻が
c0100195_1372811.jpg

ベンチで少しスピーカー見ながら休憩して朝から1っ箇所だけで4時近くになって
そろそろ帰ることに
美術館もつかれます。
c0100195_1401194.jpg

トラムの停留所は面白い棒がいくつか,これは立って寄っかかるイスの役目の棒のようです。
バネになっているので気持ちよかったです。
5時10分のカールスルーエの駅出発の列車で6時22分にダルムシュタットついて休みなので駅のスーパーREWEで買い物もすごい人が並んでいる(街で日曜日にやっているのはここだけなので)
適当に買って
家で食べたが画像ないのできっといい加減だったのだろう。
ただただ疲れてバタンと寝ました。
次の日から語学学校生活が始まるのです。
by nobukoueda | 2012-08-13 01:49 | ドイツ便り | Comments(6)

ドイツ142−カールスルーエKUNSTHALLE KARLSRUHE

c0100195_16523149.jpg

7月28日の美術館二つ目はカールスルーエ市美術館ですが、とても面白い企画していましたが写真はだめでしたので
 
c0100195_16535453.jpg

「DEJA-VU?」
という企画展でイメージがダブったりコピーしたものとか面白かったです。
それに関連して出口のアトリエではユークなコラージュのワークショップが開かれていて
c0100195_165824.jpg

中の作品の写真コピーが置かれていて子ども達がそれぞれコラージュします。(大人でもいいけど私は時間無いのでコピーした用紙だけわけていただきました。)ワークショップしても1ユーロ、(どれだけ使っても)コピー1枚も1ユーロでした。
 
c0100195_1704376.jpg

こちらの美術館はこの企画以外にも
WALTER STOHRERという作家の展覧会も
c0100195_1741560.jpg

他にもあって
c0100195_1761957.jpg

c0100195_1710380.jpg

「EXTREM..SUS]す〜ごく 甘い!
というタイトルらしく、過剰にデコレーションケーキのような作品がいっぱいですが、次の美術館ではその作品が展示されていて
c0100195_17164157.jpg

c0100195_17173534.jpg

子ども達のワークショップのコーナーでは
c0100195_17183686.jpg

こんなケーキがいっぱい
c0100195_17192879.jpg

c0100195_17201395.jpg

こちらの美術館はJUNGE KUNSTHALLEとあったので子ども美術館みたいなものかもしれません。
c0100195_17303698.jpg

とても楽しく女の子には人気のようです。
c0100195_17322537.jpg

近くにいくつもの美術館が集まっています。
c0100195_1742758.jpg

ランチは先の美術館のカフェでちょっと休憩
ケーキとパンで簡単にでした。
その後も博物館の別館もみて
c0100195_17464849.jpg

かなり絵を見るだけでも疲れるのにかなり歩いたし
ホテルに戻ることに
夕食時間になって、お城の美術館近くにはたくさんレストランあったのですが、ホテルの近くは少なくてやっとみつけたカフェがイタリアンのピザなどもやっているようで

c0100195_17513365.jpg

たっぷりのピザとスパゲッテイ
c0100195_17525831.jpg

c0100195_17542780.jpg

おいしいビールと最後にアイスとしっかり実のある食事でした。
by nobukoueda | 2012-08-12 17:59 | ドイツ便り | Comments(4)

ドイツ141−7月28日(土)カールスルーエへ

ダルムシュタットの駅ホームの
エレベーターの中に何とバイオリンが
ジョンケージの作品の一つなのでしょうか。
c0100195_152436.jpg


ドイツ便り2週間以上もアップが遅れています。が、久しぶりのゆっくりの週末続けてアップできるようにです。

c0100195_1585629.jpg

朝食は前日の残りを食べて,家のゴミなどかたづけて
今日は南のカールスルーエとうところにいく予定です。
1時間半ぐらいの電車の旅はIC以上だと大きなテーブル席もあって、丁度日記作業などするのにいい時間です。美術館などの下調べも簡単にしまして

c0100195_15161333.jpg


カールスルーエの駅前はすぐに動物園になっています。入ってみたい気もしましたがとりあえず予約したホテルに向かいます。歩いていける距離なのですが、インフォメーションでもらった地図を便りにです、昼前でしたが部屋に入ることできて荷物を置いて、まずは中心のお城にある美術館めざします。
 
c0100195_15222023.jpg

途中通りの真ん中にこんなボックスが、どうも好きな本あればもっていっていいようです。
c0100195_15244289.jpg

ちょっとした広場を向ける道にも
c0100195_1527479.jpg

彫刻が
c0100195_15281323.jpg

カールスルーエには日本人の彫刻家秋山氏(亡くなられたのですが,)のすばらしい指導のもとに若い作家がたくさん育っているということと新しくメデア美術館が出来たことなど聞いていたので行ってみたいと思っていたところです。
 オットさんもシュットガルトかカールスルーエには興味あって夏休みの週末1泊旅行です。
c0100195_15381215.jpg

 駅からメインストリートまではドイツの地方都市のみな再建された建物で地味な感じですが中心のお城の近くはにぎやかで立派な建物あり、
c0100195_15403248.jpg

なんなんでしょうね。ピラミッドでした。
c0100195_15433082.jpg

工事中の看板もユニークです。
c0100195_1546632.jpg

お城の博物館 Landesmuseumの入り口ですが工事中にて描かれたテント地で覆われていたのですが,近くに行くまで本物とおもってました。このピンクのは中で展覧会している作家の作品です。
 
c0100195_15551162.jpg

c0100195_15584277.jpg

 中世の教会美術、彫刻はとてもいいコレクションがいっぱいです。
c0100195_1631058.jpg

また美術館の中のものは後でまとめてにしようかと、何しろたくさんなのです。
c0100195_1610981.jpg

こんなのあるとぐっとこちらに目がいきます。
c0100195_16124140.jpg

c0100195_16181970.jpg

古代のものも興味深いものあり、
何しろお城の中が展示空間なのでパレスというか,横に伸びていて部屋が色々で年代順になってないのでこんがらがってきます。
 他にももちろん装飾品とかいろいろで
その他に企画室で
c0100195_16225790.jpg

c0100195_1624126.jpg

と,キッチュな作品も展示してありました。
とりあえず,博物館はでて、もう一つそのチケットで陶磁器の美術館も見れたのですが,まあ,次のクンスターレのカールスルーエ美術館へ
長くなったのでちょっと休憩で・・次につづきます。
by nobukoueda | 2012-08-12 16:35 | ドイツ便り | Comments(0)