<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

雨の日はカレー

c0100195_9483895.jpg

画像がひっくりかえっているのですが、すみません。
冷蔵庫の掃除をしながら、他にまだやらなくてはならないことあるのにカレーをつくりはじめた。
これが結構時間かかるのです。
が,まあまあの味に

昨日は次男が鹿児島の先輩のお店のオープニングにいって
お土産はたくさんのさつま揚げと、かるかん
c0100195_9483891.jpg


このさつま揚げはとてもおいしかった。
ニラソースをいうのが作り方かいてあって
ニラを千切りにしてたたいてそこにニンニクすりつぶり、醤油とごま油で味付け、それに暖めたさつま揚げをつけてたべるのです。
レンコンさつま揚げや,サツマイモのはいったものからチーズやごぼうと,キクラゲ,ニラ、人参などはいって、シンプルな棒天もいいものです。
揚立屋という店のネーミングも食欲をそそる。

さてさて
雨の週末となって予定がはかどりません。
子どもが(といってもせいじんですが)一人いるだけで気になって
母親業も久しぶりにて妙に張り切って家事にいそしんでしまいます。

カーネーションも終わって,なんだか最後は気のぬけたサイダーみたいな感じで亡くなったところでうまくまとめられたのではとも・・
途中はあまり見てなかったとこもあるけど、老いていく女性の生き方を最後まで生き生き見せてくれたところはうれしかった。

年をとるということも未来はあるぞ。
by nobukoueda | 2012-03-31 09:48 | 日々日記 | Comments(2)

2012年カレンダー

c0100195_21314089.jpg

我が家には壁面というものが無いというか,ある壁は棚で埋まっていたりで
ちょっとなにかかざるのは
和室への障子となり。

昨年末に作った今年のカレンダー

「ランプ展」の時にライトパネルで作品にした版画です。

先日福島のいわき市の久之浜からいらいたお客様はこの車をみて、すぐにこれは久之浜ね。・・・と。

そう、見る度おもいだす。
ずっとわすれない。

が、福島の人にとっては作品は辛い記憶を呼び起こすだけかもしれない。

造形の力で、美術の形でメッセージを伝えるときは
視覚を超えたところの
人の心に届くものを・・・
でないと
辛いだけ,見るに耐えないものとなってしまう。
by nobukoueda | 2012-03-29 22:23 | 制作 | Comments(4)

PUZZLE PROJECT

c0100195_14494277.jpg

4月13日[金)まで大阪のMIギャラリーにて先日まで梅田スカイビルで展示されていたパズルプロジェクトの作品展がひらかれています。
 こちらはちょっと今までにない展示のようなのでぜひいって見てきたいとおもっているのですが。北浜です。お時間ある方ぜひともです。

朝はとても冷えたのですが、午後からは春を感じるとてもよい天気でお散歩でも出かけたい気分ですが、片付けたいこと一杯で中々思うにすすみません、といいながらPCに向かったり、息子が新しいiPadを送ってくれて、お料理アプリとか写真も撮れてちょっと遊んでいるとすぐ時間過ぎていきます。
 
 
by nobukoueda | 2012-03-29 15:01 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(0)

大阪のMIギャラリーでパズルプロジェクト展開催中

c0100195_1813385.jpg

c0100195_1813323.jpg

火曜日のオープニングはとうとう行かれませんでしたが友人の作家さんが携帯で写真送ってくれました。
何だか気ぜわしく自分の展覧会はもとより知り合いの展覧会も中々行かれず、何時も見ていただいてるのに〜
何とか時間つくって行きたいと思っています。
が、明るいうちは何とかですが、暗くなった途端エンジン切れた感じでダメです。
もう少し計画的に動かなくてはです。

朝のテレビ「カーネーション」では主人公いとこさんが年をとるということをとてもリアルに前向きに示してくれています。


長い長い記憶をもっていることが年寄りの醍醐味。
人間それをみるために生きてきた気がするーと。
by nobukoueda | 2012-03-28 18:13 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(2)

石塀小路 灯りアート展終了

c0100195_20553539.jpg

高台寺近くの石塀小路はとても素敵な小道です。
その蔵のような建物が素敵なギャラリー悠玄と1階はスペインパブのしぇりークラブです。
c0100195_20582784.jpg

版画の作品(フォトポリマーグラヴェール)で,ライトをつけるとこのように花で車がいっぱいにおおわれます。
 もう一つは
c0100195_210416.jpg

どちらも福島いわきの久之浜で撮った津波にあって焼けてしまった車です。
会場は
c0100195_2111645.jpg

古い蔵を改造してあり素敵な空間でした。
c0100195_2163716.jpg

色々なアーテイストのランプですので,ユニーク楽しいです。
by nobukoueda | 2012-03-26 21:10 | Comments(2)

子どもアトリエ展その2

3月の子どもアトリエの作品も完成したので少し飾ってみることに
c0100195_1458639.jpg

イコンのような白木の板に描きました。
MORIの造形便りにものせましたので、みてください。
アトリエも半年休憩いただいてかわりの講師の先生にもひきついで安心です。
半年後の子ども達に会うのもたのしみです。
さてさて,私の準備は全然で気持ちだけアタフタとなりました。
ちょっと気分は今日の雨模様です。

今日のカーネーション語録
 年とるっちゅうことは奇跡を見せる資格があるっちゅうことや。

 好き勝手にやっていることが、うなぎたべたり、遊んでいても元気にしているだけで人は喜んでくれる。
 いい立場じゃ、年とるっちゅうことは。

末期がん患者であっても、笑うだけで,きれいにして歩くだけでどれだけの人が希望が与えられるか

あんたが
奇跡に
なるんやでえ〜
by nobukoueda | 2012-03-23 15:10 | 子どもアトリエ展 | Comments(2)

国際会館で彫刻展ー武藤順九展

c0100195_1138297.jpg

京都の地下鉄北最終駅の京都国際会館の庭園にて武藤順九さんという、イタリア在住の彫刻家の展覧会が今日から開かれます。昨日はそのレセプションにていってきました。
 我が家からはちかいので行きやすいです。
風を感じ、光を感じ、メビウスの輪のようなフォームは私の大好きな双葉やハートを感じ、石の彫刻であり、とても好きな作品です。
 
c0100195_11414740.jpg

中央が武藤氏でご本人もとてもダンデイで素敵な方でした。

c0100195_11453785.jpg

水と木々と青い空の中の彫刻は伸びやかで心地よいものでした。
近くには宝ケ池プリンスホテルもあり、そのまわりの宝ケ池公園はとても素敵なエリアです。長い間やっています。よろしければぜひともお出かけください。

レセプションの様子はこちら
by nobukoueda | 2012-03-21 11:56 | 展覧会 | Comments(4)

子どもアトリエ展

c0100195_8395685.jpg

京都岩倉のコープ岩倉の2階あがったところでささやかな子どもアトリエの展覧会しています。
最近の作品を返すとき自分で見せたいなと思う作品を自分で選んでもらって展示しています。

明日までにしようとですので、よかったらお買い物ついでにのぞいてみてください。

c0100195_8453172.jpg

今日は祝日
とってもいいお天気
さあ、1日を始めましょう。
by nobukoueda | 2012-03-20 08:59 | 子どもアトリエ展 | Comments(2)

寒い日に外仕事

c0100195_14171170.jpg

昨日は朝早くから石の移動の仕事なり
前日からで朝は真っ白だったけど、
よい天気だったので、昼にはとけはじめて、もう今日は昨日の様子が嘘のようです。

10年ぐらい前に一時期借りていた工房が閉鎖になって
私の作品も関ヶ原の石材屋さんから買った大きな石など何点か移動することに
新しい仕事場は無いけどとりあえず,置いてくれるという彫刻家のコトバに甘えて運送屋さんにはこんでもらう。
c0100195_14214524.jpg

能勢の石がゴロゴロ山積みされている奥で仕事していた。
色々な素材が混沌としていて
それはそれは
色々な素材から自然からいっぱいイメージを頂戴したところだった。
c0100195_14232966.jpg

私の作品も大きなものがいっぱいあり,プロの運送屋さんはさすがてきぱきとこなして私はただ見ているだけだがそれだけで、もう、1日疲れてしまった。
大きな石を前に
これから本当にどれだけの仕事ができるだろうかと
夕方,まだ明るいうちにギブアップしてしまってコタツの中でつぶやく
by nobukoueda | 2012-03-14 14:31 | 日々日記 | Comments(6)

3月11日 海の側にいる

c0100195_17424934.jpg

c0100195_17424975.jpg

3月11日
日本中で今日は色々なとこで色々な人々があの3月11日に思いをよせているだろう。
私は海の直ぐ傍で過ごすことができた。
小さな浜辺を歩いてこの海のずっと先の東北の海まで思いを繋げた。
今日はとても穏やかな海だった。

この日に福島のいわきにいく予定だったが、こちらで迎えることとなり代わりに宮城亘理郡山元町に私の作品とアトリエの子供たちがつくったハートキルトが展示されているはず。
作品たちは今日、この日に東北の人々と過ごすことができただろうか。
海がみな見ていてくれたかもしれない。
昨日のことのようでもあり、やっと一年との思いもある。
これからもずっと向き合って行かなくてはならない。
3月11日。
by nobukoueda | 2012-03-11 17:42 | Comments(0)