<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夕食会2 ひな人形

c0100195_2341732.jpg

このおっぱいみたいなのは朝市で買った苺大福なのです。

今日はドイツからのお客様でしたので、がんばって掃除とお料理にはげみました。
実は私は4月から少しドイツにいくことになったのでそちらに住んでいる方がいらしたので色々情報をお聞きしました。

ドイツ語はもちろん英語もままならないのにむこうでも制作できるスペース確保研究中。

ドイツはダルムシュタットです。フランクフルトに近いところですが,どなたかダルムシュタットに詳しい方、あるいはドイツのこと何でも今は興味あります。色々知っている方おしえてください。

ということで,
c0100195_00774.jpg

おひな様におそなえしてから
この古いおひな様は姉が生まれたときのもの
母が私にくれました。市松人形もださなくては

そして今日のお料理は

c0100195_23503890.jpg

和食に塩ちゃんこなべにしました。
喜んでいただきましたよ。
このお弁当の中身は

Moreこちら
by nobukoueda | 2012-02-27 00:12 | おいしいもの | Comments(10)

マジックバッグ

c0100195_23245613.jpg

昨日このマジックバッグなるものを日本で初めての取引代理店となった、OJOshop さんから送ってもらった。
 このブルーのをレンジで3分あっためて肩にのせるのです。
今ものせていますが,ジワーとあったかく肩が暖められて適度な重さが取った後,肩こりや疲れがとれるようでとても気持ちがいい。
 カナダの商品らしいけど。輸入代理店となったとのこと。

今日はちょっとお客様あってつかれたので、ぐっすり眠れそうです。
by nobukoueda | 2012-02-26 23:40 | お気に入り | Comments(0)

絵本

c0100195_1635161.jpg

最近お知り合いになってヨガの先生から大切な絵本をお借りした。

「あなたがもし奴隷だったら」

アフリカから新世界アメリカにどのように連れられたか,奴隷として,売られて農場で過酷な労働をして・・そんな黒人の歴史が絵本のなかで
 もし,この中の人物が自分だったらと,問いかけてくる。

口絵のコトバには
 他人の痛みや怒りが想像できたとき、
   心に「理解」が生まれる。
   心に理解が生まれたとき、
 ひとりでない自分を感じることができる。

そして,最後のコトバは
by nobukoueda | 2012-02-25 16:35 | | Comments(2)

展覧会3 大阪のギャラリー

c0100195_15332873.jpg

キースの後は友人の作家さんが梅田の新しいビルがすてきというので展望できるフロアーに案内してくれた。
とても広いエレベターに広い空間、これは何もおかないで空間がごちそうだな。

いわき市から現在奈良に引っ越されて制作されている安藤氏が3人展されていたので、まわる。
c0100195_15373575.jpg

c0100195_15382723.jpg

ギャラリー2KWというが、以前こちらはギャラリーDENといわれていて、私はこちらでも個展させていただいたことあって懐かしい。広い窓からはうつぼ公園が階下にひろがる。
他の作家さんも
以前作品みてとてもココロに残った木彫家の原田要さん

夕方からはMIギャラリーの具体のメンバーの展覧会ではれいによって堀尾貞治氏のパフォーマンスを拝見できてなかなか充実した1日だった。

他の写真は
by nobukoueda | 2012-02-23 15:51 | 展覧会 | Comments(4)

最近の展覧会2 キース・へリング展

c0100195_14595413.jpg

先週大阪の展覧会めぐり始めはキース・へリング展だった。
この伊丹市美術館はなかなか落ち着いた感じの美術館で親しめる。
その入り口に大きくキースーへリング風に壁画というか、看板が掲げられている
れいによって黒の太いラインのなかには細かな書き込みがこれはどうもすぐこどもたちではないかとわかるが
、が、やはりこの黒の太いラインもキースににせているがぐにゃぐにゃおかしい。

キースの単純明快な形は誰でもかけそうだが
やはりどこにもないキースの形なのだ。

31歳でエイズでなくなったが、生きて制作していたらどんな風な作品になっていただろうか。
by nobukoueda | 2012-02-23 15:16 | 展覧会

最近の展覧会 ベンシャーン展

c0100195_14173694.jpg

ベンシャーン展を名古屋でやっていて
そういえばこの絵本ゆっくり見たいと久しぶりに図書館で借りてきたのだった。

高校生の頃、ベンシャーンに惹かれていたときがあったが
美大入試の面接で好きな画家はときかれて、幾人かの一人にベンシャーンをあげたときの教官の苦笑いを思い出す。入試の面接でベンシャーンだけはいってはいけないときかされたのは後のまつりだった。

ベンシャーンと聞くと懐かしさがこみ上げる。
が、この絵本は今見ても新鮮、絵画としても美しい。

c0100195_14304760.jpg

このポスターの作品のように実際の写真から絵を構成しているものが多かったのが印象に残る。
そして、ココロに響いたのは彼の壁画の作品
歴史的なストリーを独特な構成で絵画化していて
昨今の日本のお花や太陽のかわいらしいこども向けの壁画が当たり前になっていることと大きな隔たりを感じる。

絵本の中のドローイング
by nobukoueda | 2012-02-23 14:17

大原のいながら雪景色

c0100195_21202991.jpg

昨日は雪景色に埋もれていたが
今日はよい天気で昼から解け始めた。

東の窓ガラスからの朝日は美しく室内に入ってくる
今朝は氷柱がまぶしくひかっていた。
私の天使の卵の大理石のシルエットがくっきりと

昨日は2つのスタジオのオープン会重なって両方顔をだして、2つ目は私が準備したので朝から1日大忙しだった。
それにしても自分の料理、パーテイプロデュースのセンスの無さに驚く、まあ、おしゃれより,実質重視かもです。

会場風景はこちらです。
by nobukoueda | 2012-02-19 21:58 | 日々日記 | Comments(4)

豊橋アートツアー

c0100195_19152162.jpg

c0100195_19152180.jpg

実家に数日行っている間の休日に豊橋にて現代美術展inとよはし〜というのがやっていて、1日アートツアーとして全部回ってくれる企画あり、でかけてきました。
全部まわってスタンプ集めたらなんと可愛い色鉛筆とお箸のお土産つきでした。
なんといってもお昼が初体験豊橋カレーうどんです。
カレーうどんにはとろろが入って一番下にはご飯までが〜

あったかで美味しくボリューム満点のランチ。
アートツアーにはやはりグルメな時間はかかせません。

まあ、作品については次回にです。
by nobukoueda | 2012-02-15 19:15 | Comments(4)

3、11ART展 小さな本 小さな家

c0100195_14485745.jpg

8日から始まった展覧会 3、11ミニアチュールART展に出品した3、11センチに立方におさまる小さな石で作った本。
 一つには眼鏡,
もう一つにはM氏のアンテークショップで購入したフランスのちいさなシューズがのっています。

他に

c0100195_14524046.jpg

他には白い家3つ
311と黒い文字にしたけど,実際は白く彫ってみただけにして黒はけしてしまったが、黒くいろがついていた方がよかったかもしれない。

 会場のギャラリーかもがわさんで昨日見てきたが立体の作品の台座が少し低くて,小さな作品にはちょっと見にくかったのが,残念。壁面のミニチュア絵画作品が多いから台座が低くなるのはしかたないが・・
何しろ皆作品小さいから,じっくり作品にみいってしまった。

 なかなか面白い作品いっぱいあってたのしかったです。

売り上げはすべて東北支援にあてられます。
私もかわいい作品いただきました。実際の作品提供と購入の両方でちょっとささやかなる支援です。

28日までです。

そうそう、先日我が家にいらした彫刻家のNさんにも提供していただきました。
昨年の3月11日の次の日の新聞でつくりました。
c0100195_15846100.jpg

会場では
c0100195_157399.jpg

他の作品はまた次回にです。
by nobukoueda | 2012-02-10 15:10 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(4)

和綴じ本ワーク

c0100195_22312150.jpg

和綴じ本のワークがあってつくってきました。昔いい加減に本見て綴じたことあったけど今回は糸までしっかり3本でよって綴じました。

 先生は和服が似合う仕事をきちっとされる方で、それはこのすばらしい宝箱

c0100195_22412072.jpg

c0100195_23231489.jpg

先生のお道具がすべて一寸の隙間も無いように何段も手作りの仕切りの中にしまわれているのです。この箱一つあれば仕事がすべてできるとのこと。
 本当に仕事できる人は道具も大切にしっかり整理して使いやすいようにです。
とても勉強になりました。

その夜はすごいごちそう
by nobukoueda | 2012-02-05 23:20 | ワークショップ | Comments(8)