<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フランス日記2011vol.3

新潟、福島に大洪水被害、新潟は広範囲で今尚被害拡大の様子、近頃の自然の猛威には恐怖を感じます。
どうか、くれぐれお気をつけてです。

 さて、フランス日記もできるときにやっておかないとまたギブアップしそうです。

 フランスのブールジュの展覧会搬入の様子のつづきです。


6月23日(木曜日)2011
 まだまだ時差の影響かすごく早く起きてしまいます。

 
c0100195_13135419.jpg

 B&Bに備え付けられていた石鹸の包みがトイレに・・・
c0100195_1315926.jpg

広くて素敵なシャワールームです。タオルはピンクと紫の2色のセットがあり、とっても好みでした。
 
c0100195_13183085.jpg

c0100195_13185291.jpg

 寝室は落ち着いた感じですが、バスルームは明るくさわやかです。
c0100195_13191688.jpg

c0100195_13215879.jpg

 朝食もたっぷりいただき
c0100195_132681.jpg

食堂出たところの中庭から建物を見たところです。18世紀の建物とか。

今日は歩いてシャトー・ドウ(展覧会会場)まで
大聖堂のすぐ横を通っていきました。
 
c0100195_13284854.jpg

仕事のかかろうと思っていたら、ギャラリー、シャトー・ドウの屋上がいい眺めだからいってみろ・・・ということで、螺旋階段を上って上からの眺めは
 
c0100195_13315866.jpg

ちょっと曇り空でしたが気持ちのいいものです。
c0100195_13333092.jpg

すぐ隣には昨年もオープンしていましたが、夏の間にやっている遊園地がただいま準備中
c0100195_1338845.jpg

c0100195_13385296.jpg

この建物は昔の給水塔のようで、すべて石作りですがこのような古いドーム中心の階段を降りて1階会場へです。
 作業は中々設置するのは石ブロックの間のモルタルに釘をうつのですが、それが思う芭蕉にうまくいきません。とりあえずランチはみんなで中華レストランへ
 
c0100195_13434816.jpg

こちらは10€でバイキングスタイルのタ食べ放題ですが、朝もしっかり食べているのでタンピンのチャーハンとヤキソバをお隣さんとシェアしました。男性人はもちろんブュフェで。
 午後もしっかり展示作業、作業は大変でもこうしてランチタイムもゆったりとったり、3日も4日も搬入日に当ててくれる海外のやり方は日本では大きな美術館だけのことでしょうね。

 夕方はこの展覧会のディレクター陳さんのギャラリーでも今、日本人作家の小松氏が個展しているというので見てから、みんなでハイキングをして、夜は近くの画家の家でガーデンパーテイがあるからということで出かけました。陳さんはせっかく遠方日本人作家がきてくれているので、色々とおもてなし企画考えてくれます。
 こちらはそのときの広いお庭でのパーテイの様子、かわいいスプーンにオードブルが入ってこれはパーテイにはよいアイデアと納得です。
 
c0100195_13545296.jpg

おいしい地元のワインとお料理もたっぷりいただいて素敵な夜でした。

ブールジュの森ハイキングはこちら
by nobukoueda | 2011-07-30 15:00 | Comments(12)

フランス日記2011vol.2

ただいまフランスとポーランドで展覧会しています、その旅行記のつづきです。

フランスブールジュに6月21日向かって無事ホテルに到着
次の日から搬入展示作業にかかります。

 6月22日(水)

c0100195_12333164.jpg

まずは古い建物のダイニングにてクロワッサンとカフェで朝食です。
お天気悪く、少し雨も降ってきたのでギャラリーオーナーであり、今回のでディレクターでもある、陳さんが車で迎えに来てくれて、会場シャトー・ドウに向かいます。
 
c0100195_12374451.jpg

昨年も来ているのでなつかしい・・・

 
c0100195_12384750.jpg

作品は他の方達と一緒にコンテナで船便で送っていたのですが、わたしの分だけでもすごい量です。
c0100195_12402096.jpg


まずはどこに展示できるかが大きな問題です。
企画者ボスやディレクターの指示に従っててきぱきと荷解きです。
c0100195_12423013.jpg

日本語を勉強している留学生にも手伝ってもらって
が、なかなか全体の場所決めがきまらず、とりあえず休憩と・・
こちらではかならず、12時から2時まではお昼休みにてランチタイム。しっかり鍵をかけて続けて仕事したくてもダメ~です。

みんなでぞろぞろ手ごろなレストランをさがして
c0100195_12483757.jpg

内臓が色々入っているソーセージ風の
ランチはデザート付の10€
c0100195_12492854.jpg

アプリコットのタルトをいただきました。
c0100195_12571593.jpg

作品は与えられた空間を最大限に生かして展示することをかんがえなくてはです。

町の中心までは歩いていける距離です。昼食後もつっくり散歩しながら午後の展示作業続きです。
会場は石造り、普通のギャラリーの壁面とは違います。
石の間の目地にしか釘はうてませんがそれが、モルタルがもろくて中々思うところに釘がはいりませんので、中々苦労しました。
c0100195_1314056.jpg


 7時ごろ後からこちらに到着の作家さんがいらして、7時には会場しめるので、一緒に夕食できるところを探して、夜は簡単にサラダとビール。
 何しろこちらは結構量が多いので昼も夜もでは食べすぎです。朝もしっかり食べていますから。
夜も中々くらくなりません。10時過ぎごろに日が落ちるみたいです。

 ちょっと疲れたので食後はすぐに部屋でゆっくりでした。

ブールジュのお散歩
by nobukoueda | 2011-07-29 13:17 | フランス | Comments(3)

命を授けてくれて・・・ありがとう。

c0100195_15384468.jpg


 中々ブログ更新までできなかったけど、PCみる見る時間は時々あって、本当に色々コメントありがとうございました。
 ↓の記事の実家の付き添いから母はとても弱ってきてでも台風過ぎてもなんだかもう少しいいようだったので、一度京都に帰って仕事して、21日の木曜日に姉から電話あって本格的に危ないというのでとにかく行くわということで急いで新幹線にのって、もうすぐというときに兄から「今亡くなった」と電話あり、動揺したけどとにかく病院へと向かった、ちょうど母はもう、動かない人となって家に帰るところでした。やはり、台風の後は葬儀が多いというのは本当のようでした。

 お寺さんの都合もあり葬儀は25日となって、私は21日当日は母の横で見守り、次の日は妹もきて、葬儀場通夜の控え室がホテルのように泊まれるようになっていて、妹と一緒にそちらに2泊して、母とずっと一緒でした。
 姉も一緒に、母に語りかけ、本当に長い時間、兄姉妹4人が母とお別れを言うことができました。

 戦後何もないところの商家に嫁ぎ、商売とそして4人の子どもを育てあげるという普通の暮らし、その普通の暮らしがどんなにかたくさんのものを私達に残してくれたことか。

 とにかく母が残してくれた最大の贈り物
 それは4人の兄姉妹

 同居していた兄、身近にいつもそばについていてくれた姉、具合が悪くなってからというもの遠方から本当にまめに通ってくれた妹、みんながいてくれて本当に助けられて母のそばで甘えられた。

 本当にありがとう。

 悲しみも喜びも共有できる人が世界にいるということ

 本当にありがとう。

 おっとと・・・お父さん・・あなたの力も大でした。

 ここ数週間ですっかり老けてしまった父ですが
 もう少し ダンデイな父でがんばってくださいね。

 
by nobukoueda | 2011-07-28 15:38 | ご挨拶 | Comments(8)

付き添い合間に 展覧会

c0100195_16552819.jpg

c0100195_16552816.jpg

c0100195_16552893.jpg

実家の母の付き添いに昨夜よりきていて今朝は病院の医者から色々説明を受けて、もう何度か覚悟はしてるが台風がきて気圧の変化に危ないかもしれないと伺って〜

少し実家の手伝いしてからちょっと渥美半島田原の博物館で個展されている、彦坂和夫氏の案内頂いていて少し足伸ばし豊橋から乗り換え出かけた。

田原城跡の門くぐって直ぐ左手に博物館あり、じっくり拝見。
丁度お会いしたかった先生とは入れ違いで少しだけだったがお会いすることできたのでで良かった。
高校時代この渥美半島の地質調査を夏休みの課題に一人でブラブラ絵日記風にスケッチブックにまとめたこと思い出した。
日差しは太平洋の明るい強い陽射しだった。風も気持ち海が近いことを感じる。
作品は平面から立体、版画の要素と中々造ること楽しんでいる作品たちは良かった。
ちょっとした気分転換をして又病室に戻る。
意識あるのかないのかよくわからない状態でもちゃんとリハビリは欠かせず毎日少しやってくれる。

とにかく今は母のそばにいられるだけありがたいと。
台風はくるのだろうか。
by nobukoueda | 2011-07-16 16:55 | Comments(26)

そういえば日仏交流現代美術展

c0100195_1391326.jpg

c0100195_1391373.jpg

c0100195_13913100.jpg

c0100195_1391375.jpg

c0100195_1391339.jpg

大阪の北浜駅近くのMIギャラリーの展覧会に前半に出していて先週末搬出したけど又少し今週も置いといてということでフランス行く前に送った作品で何だかみな同じようなものばかりだけど一応それぞれ違ってはいるのですが。似たようなものです。

この展覧会も売り上げを震災募金にするとのことです。
東北支援で今は夏物グッズの団扇や花火、ハエトリなど必要とのことあるだけの団扇など姉にも協力してもらって集めてかえってから友人と一緒に送ってもらおう。蠅が多いのでしょうね。
母の調子はよくないがしっかり又そばに付き添い出来て良かった。台風など気圧の変化に弱いらしい。
此方にきているのだろうか。
連休明けに京都です。祇園祭は無理かな〜
by nobukoueda | 2011-07-16 13:09 | Comments(0)

ちょっと休憩にて ギャラリーはねうさぎさん

c0100195_10505495.jpg

c0100195_10505566.jpg

c0100195_10505595.jpg

c0100195_10505564.jpg

昨日は只今やっているギャラリーはねうさぎでの七夕の箱展をみてきました。 それぞれ作家さんが願いを込めて描いた箱の中には水がはいってます。
最終日17日の日曜日に近くの白川にその水を流します。
私はこれから実家にてちょっと日曜日は参加できるかわかりませんが、色々な思いが浄化された水が川から海へと流れていくのでしょう。
by nobukoueda | 2011-07-15 10:50 | Comments(2)

とりあえず フランス日記2011-1 

実は昨年のフランス日記も中途なのですが、気分はもう今は今年のことなので、先に今回からです。
2011年6月21日
 (そういえば久しぶりにアクセス解析見たらこの6月21日に投稿してないのに今まででも最高かもの680以上のアクセス数ありびっくり!)
 初めてのエアーフランス
c0100195_2356310.jpg

 自宅にお迎え来てもらうMKタクシーの乗り合いで関空についてはじめてのエアーフランスでのフライトでパリまでです。
 
 飛行機は私は大好きです、なんと言っても座っていて上げ膳据え膳でやってくれます。まずはクッキーで軽い飲み物、(オレンジジュースというべきをシャンパンたのんでいましたね。)
 最初の食事が楽しみ、和食のメニューにしました。
 
c0100195_2351379.jpg

なんと関空ですでに免税店でエリザベスアーデンのセットで安くなっている化粧品かってますね。
私はほとんど旅行中は化粧品持って行かないで向こうで買うのですが、早かったでした。
食事は豚肉のカツとじとえびとイカのグリーンサラダと抹茶のケーキ
 
c0100195_004181.jpg


10時間以上のフライトの時間は私にとってとっても楽しみな時間なのです。
旅の予習したり、映画を見たり、今回は「ツーリスト」がおもしろかったです。ほかに日本語になっているのが少なくて以前見たけど「チャリーズエンジェル」も少し、マイブックの日記の色付けしたりと結構忙しいのです、疲れたらちょっと寝たりとぜんぜん時間は苦になりません。

夕食の前に

 

つづきます。
by nobukoueda | 2011-07-15 00:49 | フランス | Comments(6)

とりあえず ポーランドの展覧会のこともです。

c0100195_17464884.jpg

 ポーランドのスールプスクSlpuskというところでも7月3日から8月末まで展覧会していて、フランスの後そのの搬入展示とオープニングといってきました。
 上の地図の2箇所のギャラリーで展覧会あり、私は地図の下のほうのBaszta ギャラリーのほうの展示でした。
 フランスのブールジュではブールジュ市企画の「自然のスペクタル」という展覧会に選ばれての参加でしたが、こちらはA-21 International Exhibition という松田富雄氏が中心にやっている展覧会に参加したものです。
 
c0100195_1749427.jpg


外国ではたくさん種類の違うDM(案内状)や作品集まで作ってくれます。
 
c0100195_17562629.jpg

送るようなはがきのデザインより招待状という感じです。
c0100195_1757650.jpg


フランスは今までの立体の仕事でしたがポーランドでは版画の作品を出しました。

 こちらの会場は町の中心の川のほとりにあってとてもすばらしいロケーションにて観光客もたくさん見に来てくれるのでいいスペースです。

c0100195_185375.jpg


展覧会は2つの会場に分かれて私はメインの広いホワイトキューブの会場ではなかったのですが、この魔女伝説のあるレンガ造りの塔の建物の2階部分をひとりで使うことできてまるで個展会場のようでした。
 
c0100195_187510.jpg


c0100195_188949.jpg

c0100195_1883794.jpg




レンガ造りの壁面はモルタルの目地のところしかかけられず、壁面もゆがんでやりにくかったですが、何とかかけました。
 
c0100195_1810085.jpg


塔の窓からはやさしい光が入ってきます。
c0100195_18103873.jpg


本当にこちらもたくさんの方からすばらしい展示だとほめていただきうれしい限りです。
 日本よりダイレクトに作品について色々いってくれるのでとてもうれしいです。

こちらも8月末までやっています。
ポーランドに行く機会ございましたら、とてもよい町でした、ぜひいらしてください。なんて・・・なかなかですよね。
by nobukoueda | 2011-07-12 18:21 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(2)

七夕の箱 exhibition 2

七夕の日に願い事をを短冊に描いて天に託すという行為のように
作家が願いをこめて箱に絵を描いて、その箱の中に水を入れて
しばらく置いては今絵がかれた絵の願いにより水が美しくなったら川に流します。

それらの一連の行為をexhibition とするとのこと。

c0100195_0381197.jpg


帰ってから作品作ってなかったので、今日搬入ですが、朝から作って・・・
途中、接着剤がアクリル板にくっついてそれをとる研磨するのにとても時間かかってしまいました。

が、まあ
来週12日にはギャラリーはねうさぎの会場に100個の箱が並びます。

旅行日記もはじめようとおもいつつ、昨年も2010年の12月で続きがあるのですが、途中でなんとなくのびのびになって・・・それもまとめたいですが、もう、昨年のことですので先に今回をやってから昨年の分は後から・・・とか、色々考えているとすすみません。

まあ、できるときにです。
by nobukoueda | 2011-07-11 00:54 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(4)

とりあえず、フランス展のご案内

c0100195_12383624.jpg

フランスブールジュの展覧会は8月末までありますが、海外ではたくさんのDMやポスターも作ってくれます。

このカードのほかに
大きなポスターから

c0100195_1241981.jpg

c0100195_12413877.jpg




日本語訳



<自然のスペクタクル - 日本>



<自然のスペクタクル>展では、具体に関連した10名のアーティストを紹介します。彼らは大阪、京都、奈良を制作拠点とし、制作活動を行っています。

この展覧会は6年の準備期間の集大成となるでしょう。



具体美術協会は吉原次郎の推進力のもと大阪で生まれました。彼はこう言っています。「私は何も教えることのない先生です。しかし、創造のための最良の雰囲気をつくりだすことができます。」「具体は、二次元、三次元の制限することなしに、全てのテクニック、可能なマチエールを奪取したグループで、液体、固体、気体、あるいは音、電気までも用いる。」(元永氏からの引用)

具体はその起源を抽象、シュールレアリスム、ダダに見出せます。それは日本において、ヨーロッパでのダダのように革命的でありました。

現代の日本美術界は大きく二つに分けると、一つは美術団体へ出品して活動する作家、一つはどの団体のも参加せず活動を続ける作家たちに分けられます。

今回参加する作家は二番目のタイプに属する作家たちと言えるでしょう。



10名のアーティスト:絵画、版画、彫刻、インスタレーション、オブジェ、、など。

現代の日本美術の多様性を見ることのできる多大稀なる機会となるでしょう。


・・・ということで、りっぱなカタログも作っていただき
パリの空港までワゴンタクシーで迎えに来てくれてそのまま
列車で直通で2時間以上かかるところを車でブールジュのホテルまでつれていってくれました。
まあ、4時間ちかくかかりましたが・・・

なんとうれしいことに色々テレビ局の取材や新聞社の取材などあり、
オープニングの次の日は新聞に載せていただき
私のものりました。

c0100195_12584770.jpg


今回は展示会場が「水の城」という意味のシャトードウというところなので、以前作ったものですが、

c0100195_138963.jpg
c0100195_1391565.jpg

本当に素敵な空間です。
場の持っている力が作品をよりいっそう引き立ててくれました。
隣には
もう一つ
c0100195_13112935.jpg


私の「森の朝」の作品も並べました。
東北大震災の新聞の記録をコラージュしたことなど色々話したらとても共感していただきました。
上の奥まった箱型空間にも双葉を並べました。

詳しくはまた、これからぼちぼち始める日記に書き込みますね。

ブールジュでお世話になった方々本当にありがとうございました。
また、展覧会は8月末までやっています。フランスに行かれる予定の方などとてもいい町です。ぜひ訪れる機会ありましたら、のぞいてみてください。
by nobukoueda | 2011-07-08 13:17 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(12)