<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

神奈川県立近代美術館 鎌倉

c0100195_10595565.jpg

c0100195_10595511.jpg

ちょっと寄り道した美術館は鎌倉の八幡宮にある近代美術館

こちらでの展覧会はパリ在住の松谷氏の個展最終日にて、ちょうど松谷さんもいらしてちょっとご挨拶。
その日は高校生のためのワークショップがあり学生で賑わっていた。
全て鉛筆で描くドローイングの作品の数々。
会場にはこの10mにも及ぶ黒い作品の前をゆっくり歩いた時、

前日の伊勢神宮の参道を歩いているときと同じような空気を感じた。
ゆっくり歩けば森の樹木からの精気と同じような気を作品から受けた。
ピーンとはりつめているけどとても澄んだ空気を。

もうこの鎌倉の美術館も古いがとても好きな美術館だ。
ふんだんに光がはいる中庭にはイサム・ノグチの作品があり、直ぐ横は八幡宮の池の風景が広がるし、正面には山口牧生さんの石の作品が鎮座している。

又少し北に行くと新しくできた別館も石造りでこれまた広い前庭には沢山の彫刻が並んでいて、行ったときはイギリスの版画展をやっていたが感激したのは沢山のヘンリー・ムーアのストーンヘイジの版画の数々。 リトグラフなので生のドローイングのような感じでとても力強く響いていた。
by nobukoueda | 2010-03-31 10:59 | Comments(2)

サクラと思いきや

c0100195_23184816.jpg


昨夜は吹雪いている中、東京から帰ってきた。
起きてみてびっくり
c0100195_231848100.jpg

ドカ雪
一面雪景色だった。

もっともこの時期の雪にて、数時間したらあっという間にとけ始めたけど・・

このところ制作はできずで、土曜日は関わっている団体のバスツアーを企画して伊勢旅行に行き、日、月曜日と長男がじん帯の手術するというので立会いに上京(本当は神奈川県だけど)、本当にあわただしい数日だった。

すごく疲れてもいたけど
その合間に一つだけ見た鎌倉の近代美術館での展覧会

今でもその時の感動がよみがえる。
不思議とそれまであんなに疲れていたのにずっとゆっくり作品を見て
美術館出たときは

気持ちはとても癒され、疲れはとれて とても元気になっていた。

アートは人間をこんなにも元気にし、生きる力を与えてくれる。
と、真に感じたひと時だった。
by nobukoueda | 2010-03-30 23:18 | 日々日記 | Comments(5)

版画の作品 関西版画展出品作品

フランス装飾裂シリーズ

旅の記憶                 

 2006年 ポーランドのビドゴシテイ市の美術館にて、展覧会のためはじめてポーランドを訪れました。搬入オープニングを終わってから近くのグダンスク市、ポズナン市、クラコフ市、ワルシャワとポーランドをまわってきましたが、この国にきたらやはり、どうしても行かなくてはと思ったところは  アウシュビッツでした。
 ポーランドではオシュフェンチムとポーランドの地名の言葉でよばれていました。


 
c0100195_1050992.jpg



空   

 かつての収容所の中から窓を撮った1枚の写真、窓からはどこまでも続く空が見える。どんな思いで、ここからの空を眺めたのだろうと心が締め付けられます。



フォトポリマーグラヴェールについて
  写真製版をポリマーフィルムにして後は普通のエッチングと同じように刷っていきますがノントクシック技法(非毒性)により有機溶剤など使用しない方法です。

他の作品も是非にです。
by nobukoueda | 2010-03-26 11:04 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(4)

卒業生はアバターだった~

c0100195_234162.jpg

校庭の中には木蓮が満開

そして、普通に卒業式に

突然
c0100195_23433662.jpg

やってきたのは

アバター・・・?

意外とまじめ
c0100195_2344167.jpg

礼儀正しい
c0100195_23443590.jpg

c0100195_23445696.jpg

c0100195_23485080.jpg


何かさけんだ~
c0100195_23453187.jpg

クラスメイトが総立ち
3Dメガネをかけて

c0100195_23462675.jpg


みんなでさけんでる~
この垂れ幕で涙がじわ~

c0100195_23493783.jpg

一緒に卒業できなかったクラスメイトにもメッセージ
c0100195_23503488.jpg


授与終わっても中々座らないので「皆さんすわってください~」
c0100195_2351457.jpg

アバターはお行儀欲すわる。
c0100195_23522924.jpg

こんな代表も

ウサギさんの学生も
c0100195_2354990.jpg


本当にすばらしい式だった。
(親ばかに付き合っていただき・・・ありがとうございました。^^;)
残念なのは会場にははいれず、他の会場での映像での参加でしたが、それでも感激しました。

クラスにかえってからも
by nobukoueda | 2010-03-26 00:07 | 日々日記 | Comments(6)

朝突然上京 いつもその日の気分で

c0100195_21104575.jpg

c0100195_21104547.jpg

長男の卒業式、それだけだったか行ってよかった。

息子から電話もあり、式をみせたかったわけもわかった。
なんだか凄く感動してしまった。
なんといっても美大の卒業式だからユニークな学生も多い。
みんなの総代で賞状もらうから優秀な子ばかりだろうが、この子は大きなモコモコを首にまいてこの後ろにはイモムシみたいに沢山のモコモコが学生をつつんで移動してた。
そして会場を驚かせたのはわが息子の学科プロダクトの代表はアフリカの原住民とおもいかや
アバター だった。
他の息子たちクラスの学生が皆3Dのメガネ掛けて総立ち

うちの子もいたのだろうか
裸にブルーにペイントして弓を持ったアバダーが学長から壇上で賞状を受け取っていた。
なんだか凄く驚きとかっこよさで感動した。

そしてゆっくり色々作品みてまわって
最後に学科の部屋でそれぞれ学部長から卒業証書をいただき、それがバックにまるで結婚式のように一年生からの学生の記録が一人一人ヒトコマひとこま
美しい卒業の歌とともに流れて涙がとまらなくなってしまった。
卒業した先輩からは一人づつに花がプレゼントされ後輩もやってきてお祝いのコトバをかけてくれて〜


式場ではお父さん、お母さんありがとう。
という垂れ幕まで披露してくれて
卒業生のなかでもプロダクトデザインは最高の演出だった。

息子は二次会など色々あり、ちょっとコトバ交わしただけだったがもう十分だった。
どこも寄らずそのまま帰ることに

でも帰りにちょっと途中下車して実家に寄ってきた。
1日ただ両親のそばにいた。
外はずっと雨で夕食の買い物ついでに岡崎美術博物館までドライブ、ロシアの夢という少し魅力的な企画してたけど時間なく見なかったが、画像は前庭の風景

いい感じだった。

帰りはJRでのんびり京都に向かう。

携帯投稿するにはいい時間空間。
by nobukoueda | 2010-03-24 21:10 | Comments(16)

夜の京都 花灯路

c0100195_981172.jpg

c0100195_981163.jpg

c0100195_981217.jpg

c0100195_981211.jpg

22日で石塀小路のギャラリー悠玄のあかりの展覧会は終わった。 昨日も姪がきてくれたので夜ちょっと寄ってみる。ここは下がスペインレストランパブになっているので遅く行ったがちょうどオーナーもいてみせていただく。
このあたりはほとんどきたこと無かったがこの時期ライトアップされて凄い人出。
でも少し入った石塀小路はとても風情あり落ち着く。
雨の日もなかなか良い。
21日まで版画展やっていて、日曜日は昼に府庁での野外彫刻展覧会の搬入してから美術館の版画展の搬出して、それから夜は彫刻家協会の会議があって〜
さすがに疲れた1日だった。
昨日はどこへもでる気はせず家にて家事労働、姪がきてくれると言わなかったら掃除もしなかったかもしれない。

京都府庁旧本館での春の一般公開の展示は4日まで私は1日午後は当番にて行っています。 私は新作はできず以前と昨年の作品組み合わせた石の作品だが日本庭園風の芝生の空間に上手く収まったし、たまにはこうして作品出してお日様にあててあげなくてはです。

実は夜中寝るまで今日上京するのを迷っていたのですが、
やはり朝しっかり目が覚めたので始発のバス乗って上京することに、

次男の先日の卒業式にはでられなかったけど、やはりこれで母親業最後のセレモニー。
長男の卒業式、美大だから作品も色々みたいし、伊藤氏設計の図書館もみたいしで。

京都は小雨だったけど日がさしてきた。
こどもたちはそれぞれの道をすだっていく。


Mother'works can also become an art work.
by nobukoueda | 2010-03-23 09:08 | Comments(8)

高瀬川桜まつり 着物着付けのワークショップ

c0100195_1115244.jpg


毎年春の咲く荒野美しい時に木屋町四条上がるの元・立誠小学校にて桜まつりというのが行われます。
地元の方と私の関わっている京都アートカウンシルとの企画です。

4月2日から4日までですが、この小学校の中でいろいろな作品展

実は今、京都市美術館別館にて展示されているイタリアからの作品ももう一度この古い教室の会場に展示していただこうと企画しました。私のも又展示予定です。

美術館に足を運ばれなかった方ぜひとも、こちらにいらしてください。

他にこのような予定でいろいろなコンサートとか、校庭では模擬店などありまさにお祭りです。

c0100195_11201926.jpg


緊急募集

4月4日の昼から
「着物着付けのワークショップと日本舞踊」
というのを開催します。

着物用具一式持参できていただけたら(参加費500円)にて着付けと帯の結び方など教えていただけます。
簡単な帯でも袋帯でもです。

またその後その着物着付け講師の先生は日本舞踊の師範でもありますので
会場にて日本舞踊を踊っていただき皆さんで鑑賞するという
とてもお得なコースです。
お昼に着物着付けていただきその後は1日京都木屋町桜見物を着物姿でいかがでしょうか。

私が企画しておりますので、
是非とも一人でも多くの方のご参加お待ちいたしております。
事前の申し込みこちらのコメントでしていただいても、当日でも可能と思いますので、気が向いたら是非お越しください。

2階3階でも作品展いたしております。
by nobukoueda | 2010-03-20 11:33 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(5)

The Springfield Museum of Art Presents

c0100195_1124395.jpg


もうすぐ終わるのですが、ただいま25日までアメリカのオハヨウ州スプリングフィールドの美術館にて版画の交流展に参加しています。

立派な案内状が昨日届いたので
お知らせまでです。
でももし、このネットでDaytonスプリングフィールドの近くの方がいらしたら
是非ご覧ください。・・・ということですが。

c0100195_115062.jpg
c0100195_1152149.jpg


Kyotoの最後あたりに私の名前も記載されています。
「家」というテーマだったので
ポーランドの家々を版画にしたものとカラーラの広場を版画にしたものを出品しています。

c0100195_11755100.jpg


5月にもこちらの作品は京都文化博物館でも展示されますが、私は丁度自分の個展と重なっているのでアメリカだけの出品となりました。

二つ折りの立派なDMですが全部英語だとなぜかとってもかっこよく見えてしまいます。

相変わらずですが、またまた展覧会ラッシュになってきました。
by nobukoueda | 2010-03-20 11:13 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(4)

素敵な手作りバック

月曜日は15日、京都の百万遍知恩寺の手作り市でした。
午後から搬入バタバタでしたが、手作りバックを出されている方がいるというので

c0100195_0341623.jpg


とてもかわいい一つ見つけました。

丁度私の一眼レフバックにぴったりの大きさです。

そして
次の日はなんとわざわざ展覧会見にきていただいて、イタリアからのMちゃんの友人でもあられるのですが、私が紫好きだろうと・・・

c0100195_0373588.jpg


こんなステキナバックいただきました。
お母様が手作りされて、お嬢さんがこのステキなお花を描いてくれました。
これは袋がダブルになっていてとても優しい布で大好きな色です。
(本当に紫大好きといっているといろいろステキナ紫がやってきます。)

下のオーガンジーのショールは茜の草木染めで、後ろのくすんだ紫ポシェットと共に我が家のお隣のの商品で、ついつい薦められて購入。

今日も美術館別館にいってイタリアからのMさんと一緒にランチしたり、他にお友だちもきてくださり楽しかったけど・・・Mちゃんはもう、これでお別れ、京都を去って、しばらくしてイタリアカラーラへ・・
 なんだか胸キューンでした。
by nobukoueda | 2010-03-19 00:50 | ステキなもの | Comments(4)

石塀小路って素敵な路地  京都

c0100195_0164259.jpg


八坂神社南門の近くに石塀小路があります。
この幅1.5メートルも満たない路地のから入ると

c0100195_0175411.jpg


ずっと石塀小路となっているのですが、
この右の建物が石塀小路しぇりークラブという1階がスペイン料理のお店で2階がギャラリーになっています。
今日実ははじめてこのお蔵のギャラリーに来ました。
ここは以前JARFOという東山三条の画廊での灯りの展覧会の作品を22日まで「花灯路2010」のイベントにあわせてもう一度展示しています。

夕方5時ごろからこの路地におかれた灯ろうに灯りがともります。
今日はあいにくの雨でしたが、それでも観光客の方が行き来していました。

また、夕方きてみたいです。
ねねの道ちかくです。
by nobukoueda | 2010-03-19 00:29 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(2)