<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

版画の展覧会 関西版画会展

c0100195_23262155.jpg


2月は何も展覧会なかったので、少しのんびりしていたらあっという間に2月は終わった。

3月は自分の展覧会もこどもたちの卒業も2つありなんだか気ぜわしい。

とりあえずは3月16日から京都市美術館別館にて版画の展覧会に出品します。

ちょっとつくってみようと作った版画はあるにはあるが

それをどう見せていくかは考えなくてはならない。

今回はイタリアのカラーラから作品を送っていただきました。

とてもすばらしい作品です。

是非春の岡崎の美術館にお出かけください。
by nobukoueda | 2010-02-28 23:42 | ノブコ・ウエダ出品作品 | Comments(6)

Graduation Works Exhibition 2010 多摩美術大学

c0100195_11413845.jpg

多摩美術大学の卒業作品展がひらかれる
こちらはプロダクトデザインの作品展

3月5日から7日まで
表参道駅から8分 モーダポリテイカMODAPOLITICAにて

c0100195_11435810.jpg


是非 ご高覧ください。

つぶやき
by nobukoueda | 2010-02-27 11:52 | 展覧会 | Comments(10)

琵琶湖は霧の中だった 滋賀県立近代美術館シュウゾウ・アヅチ・ガリバー展

c0100195_9273439.jpg


シュウゾウ・アヅチ・ガリバーEX-SIGN展

もうすぐある展覧会の作品制作しなければいけないのにまたもや、招待状いただいたのででかけてしまった。

c0100195_9312686.jpg


実は私は全然知らない作家さん(本名・安土修三)でしたが、60年代後半から70年代マルセル・デュシャンの作品から影響されて次々とコンセプチュアルな立体とか、映像、パフォーマンスとかすごいたくさんの作品が並んでいた。
なんだかあの時代70年代の美術の全貌をみているみたいだった。

ヴィトゲンシュタインとか、わけもわからないのに一生懸命読もうと「現象学」の本を買って・・
序文でギブオップの感でしたが、それでも真剣に「見ること」とはと・・考えていた自分の時代とを重ねてみていた。


このカタログにある大きなはんこはなんと100キロもあって、はんこ屋さんに作らせたそうだがそれをこのように滋賀の美術館でも同じように再現されているのですが、壁にスタンプインクつけて押し付けるのは大変な作業だったらしい。作家というものは無理難題を美術館に押し付けるものかもしれない。

滋賀県立美術館は琵琶湖の先
c0100195_9522039.jpg

降り出した雨は琵琶湖を霧でつつんだ

c0100195_9534539.jpg


ずっと車で琵琶湖の湖岸道路を走って
その美しさに心おどる
c0100195_9554542.jpg

車を思わずとめて湖に
c0100195_9564235.jpg


そして、大きくカーブする琵琶湖大橋を渡る時は霧の中に吸い込まれていくのではと・・・思ったぐらい。

あたり一面真っ白な中をどんどん空に向かって飛んで行くような不思議な体験

現実の中、日常でも瞬時に非日常となって深い感動をあたえる
美術はこのときの気持ちをいつも心のどこかにおいておき

そっと作品に向かうときそのドアを開いて耳を澄ます。
by nobukoueda | 2010-02-27 10:14 | 美術館 | Comments(5)

天神さんのお買い物

c0100195_9153940.jpg


ついついムラサキだと手がでてしまいます。
上は貝でできている。いろいろ光り方や色がちがってみえてきれい。
下は木のものと糸がまいてあるところと。
安かったし・・・
一緒に行った友人、おしゃべりに夢中かと思いきやちゃんとお店の中はみていて、目ざとくこのお箸に・・
なんと300円なり、お茶菓子にいいと・・・私は菜ばしにいいかしらと。

下の白いショールはそのむかし、卓上織り機でよく作っていたショール・・・がでてきた。
縦糸はムラサキになっている。昔からすきだったのかしら。
 
by nobukoueda | 2010-02-27 09:24 | ステキなもの | Comments(4)

春日和は天神さんへ

c0100195_12473867.jpg


北野天神宮は25日は天神さんの市でもありますが、丁度梅花祭というのをやっていて大変にぎわっているとのこと、東京の友人がこちらに来てくれたので一緒に観光

桜もさいてました
c0100195_12554263.jpg


市ではすごい賑わいで
c0100195_12563560.jpg


北欧のマグカップも300円(埃にまみれてますが)
かわいい陶器のケーキ型も300円
c0100195_1257417.jpg


欲しいけどこれ以上我が家に食器は・・・
でも
c0100195_12584918.jpg

こんなタイルもいっぱい
これは今度なにかモザイク工作につかえそうと・・・次回にきましょう。

でもカナダ人がお店を出している手作りのネックレスいろいろのところでは、デザインがヨーロッパのバザールと同じようなデザインでついつい1000円だったので、買ってしまいました。
もちろんムラサキです。

ランチは銀閣寺の近くのスペイン料理にてランチ時間過ぎていたけど大丈夫にてお魚のランチを

c0100195_1324782.jpg


前菜にオリーブと生ハムでおいしいパンとこちらのテオぺぺさんはコックさんもウエイトレスさんもスペイン人にて外国の雰囲気です。
これにコーヒーがついて1300円はとってもボリュームあってパーキングもあるのでわたしにはうれしいところです。
シングルの時からの友人にて久しぶりにいろいろ話せてよかったです。
by nobukoueda | 2010-02-26 13:11 | 日々日記 | Comments(8)

こどもアトリエの作品 共同制作



c0100195_13125068.jpg

こどもアトリエの日
久しぶりにみんなで共同で一枚の作品に仕上げた。
5歳組三人がとても色々相談しながら大きな木が並ぶ森の様子を描く。
c0100195_13134227.jpg

床にシート敷いての身体全体動かしての作業はとても楽しそうだった。
後から少し大きいこども達が鳥とか蝶などかいてはってもらった。
時々みんなで描くのもいいなあ〜と
by nobukoueda | 2010-02-26 11:26 | 子どもアトリエ展 | Comments(0)

小田原から箱根ごえ 箱根彫刻の森美術館

c0100195_19584145.jpg

c0100195_19584166.jpg

c0100195_195841100.jpg

c0100195_19584175.jpg

c0100195_19584151.jpg

小田原まで国道1号線で鈴廣かまぼこの里というとこでかまぼこなど土産をかって、こちらはうそのようにあたたかく桜が咲いていて暑いくらい、それから箱根の山越え、途中月曜日は美術館休みかと思ったけど、ゲートまで寄ってみようかといったら未だみることできるようで箱根彫刻の森美術館みました。
野外彫刻はあまり展示は変わってないようだったが、ピカソ館の版画はなかなかよかった。 一枚の版に18回も刷っては彫りながらどんどん描きこんでるのはすごいと。
まあ、ギリギリだったので駆け足での美術館でしたが、下は春でしたのに箱根の山には雪がいっぱい残って空気はまだ冬真っ最中。
それからどこかで高速入ろうと思ったらなんだか渋滞情報にてずっと下の1号線走ってますがこれまた凄い渋滞、高速の車がみな流れてきたみたいです。
やっと富士あたりですが、ぜんぜん動きません、歩いて感じです。
まあ、京都インター出るとき12時過ぎてたらかなりの割引あるらしいけど
高速にはいるのもいつのことやらです。
ではでは
by nobukoueda | 2010-02-22 19:58 | Comments(12)

行きは山中帰りは海側

c0100195_19262617.jpg

c0100195_1926261.jpg

c0100195_19262675.jpg

c0100195_19262663.jpg

c0100195_19262676.jpg

立川に車で行きは中央高速で途中恵那峡サービスエリアで休憩、ここは石作りの建築、つぎは諏訪湖でやすみながら八王子まででしたが、帰りは東名高速側の平塚から海側をのんびり走って帰ることに。
大磯プリンスのプールからロングビーチをおがんでその後ランチは海の幸いっぱいの定食。 ウニ蒸し釜あげつきはできあがったらイクラも混ぜて一度食べてから後で土瓶蒸しのようなミニ鍋をウニご飯にかけてお茶漬け風に食べた。
ずっと下の国道通って走るのも町の様子よくわかって旅している気分です。
次は小田原から箱根ごえです。
by nobukoueda | 2010-02-22 19:26 | Comments(2)

実は今 府中の森近くに

c0100195_2238616.jpg

c0100195_2238635.jpg

c0100195_2238668.jpg

c0100195_2238696.jpg

c0100195_2238672.jpg

昨日から立川や相模原うろうろして東府中に滞在中
近くに素敵な公園 府中の森があり、朝散歩してエリカがきれてにさいていた。
実はこんなお料理の作品発表をみにきたのです。
若きシェフたちががんばってお料理作ってました。 やっと並んで焼き菓子セットはかえたけど、ランチは売り切れにて残念でしたが、前日は久しぶりに息子たち二人と家族四人で美味しい焼き肉たらふく食べてしまったので今日のランチは焼き菓子で、夜はキハチイタリアンで美味しいコースをいただきましたから。 二人だけの食事は質素だけど久しぶりにこどもたちと一緒だと張り切って連日誕生会みたいてす。
もうすぐ春
それぞれこどもたちは次のステップに旅立ちます。
ついこの前入学式と思ったらもう卒業式です。
子育てもあっという間でした。
なんかちょっとセツナイね。
by nobukoueda | 2010-02-21 22:38 | Comments(2)

小倉遊亀展 兵庫県立美術館

c0100195_820290.jpg

神戸にて小倉遊亀展の内覧会あり久しぶりに灘まで行ってきた。
小倉遊亀の作品は地元滋賀県立美術館に沢山コレクションしてありいくつかはよくみているものだったが、改めて105歳までの画業を見させていただき常によりよいものを追求し続けた強さと厳しさを感じると同時に幼子への描写には優しさにあふれ、生きることの健やか命の喜びが感じられる。
画集の一枚は(聞く)というタイトル
単なる肖像画ではなく手前右にレコーダーをおくことにより画面全体に音が響き渡っている。
解説にはラジオを聞いているようにかいてあるが、私はこれは日本舞踊のお稽古などの録音をきく、テープレコーダーと思われる。 視線は曲を聞きながらどこかボンヤリ踊りの手でも思っているのでしょうか。
会場では久しぶりの方にもお会いしたりして美味しいデザートとコーヒータイムはもちろんありの楽しい神戸の一時でした。ありがとう。
by nobukoueda | 2010-02-18 08:20 | Comments(8)