<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

イタリアの彫刻家のスタジオ カラーラの海

旅行最終日5月18日はいろいろありました。

c0100195_923098.gif

イタリア、カラーラのオリヴィエロ氏のアトリエからkazukoさんの車で次のアーテイストのアトリエに

c0100195_953925.gif


石の街です。こんなトラックがいつもいっぱいです。

c0100195_974493.gif

こちらは彫刻家の仕事場
c0100195_984243.gif


日本人の彫刻家もたくさんこちらに来て制作されています。

そして、この近くの木版画家のアトリエに
c0100195_995469.gif

日本人女性のMさんのアトリエです。広くてとても使いよさそうです。
c0100195_9105451.gif

女性のアトリエはその空間自体心和むコーナーもいろいろありずっとくつろいでいたくなります。

そして そとにでて
c0100195_9273019.gif


なんでしょう。二階からモノを捨てるには便利?

c0100195_931165.gif

本当に落ち着いていい街です。

一旦ホテルに帰って休憩して
c0100195_1051636.gif

大きな石屋さんのスタジオで制作されている日本人彫刻家K氏のスタジオに
c0100195_109580.gif

いまローマで大規模な個展されています。
外には
c0100195_1095918.gif

制作中の作品と
周りは
c0100195_10104021.gif

広々としていて、他にも外国からの作家さんが制作されていました。
一度別れたKさんとこの工房で落ち合って一緒に最後の夜のお食事に
マリーノ ディ カラーラ
c0100195_10134849.gif

海です。その先に高級リゾート地があり。
旅行最後の夜を飾るにはとてもすばらしいところでした。

おいしいデイナーは
by nobukoueda | 2009-07-30 10:43 | イタリア | Comments(10)

イタリア カラーラのB&B 彫刻家のアトリエ

c0100195_9402564.gif


5月のベルリンの展覧会のためのヨーロッパ旅行がポーランドからパリ、そしてイタリアカラーラとなり、とうとう、この旅行記も最終日となってきました。

イタリアの太陽の下
c0100195_9435889.gif

この向こうの大理石の山に行ったのですよね

c0100195_9444068.gif

うそのようです。この美しい彫刻あるテラスに立っていたことが・・・

とても素敵な Galleria Ars Apua b&b

c0100195_948937.gif


もう、ぶどう畑も大きく成長したことでしょう。

もう、明日は日本です。
実はkazuko さんも私もなんだかもう1泊泊まるんどと勘違いしていて^^;
でも私は帰る日はちゃんと覚えていたのですよ。でもその間にもう1日あるんではないかと・・・
前日に気がついてよかった~
 そして、いつものとてもおいしい朝食です。

c0100195_10144960.gif



この日は私より長く滞在している、彫刻家のKさんとkazukoさんと午前中はカラーラの町にいって、銀行で両替したり、丁度月曜日に出ているにぎやかなバザールのような市、といっても観光用ではなくて、日用雑貨の市でワゴンの中の衣服はなんと1ユーロとか、ゆっくり散歩。
おいしそうなピザ屋さんあり、ビザや飲み物テイクアウトしてホテルでランチに。

そして午後は
行ってみたかった 彫刻家のオリヴィエロさんのアトリエへ
c0100195_1029225.gif


とても素敵な彫刻を造られて、kazukoさんのb&bの内装で大理石のものは彼のデザインでつくってくれたのです。
そしてとても感動した作品

c0100195_1034723.gif


銃を持ったアフリカの少女・・・はじめ見た時はおなか出ているので妊婦さん?と、よく見たら、胸はガリガリ、そういえば、アフリカの餓死寸前の子供たちの映像見たことあり、みな、すごくやせていておなかがふくらんで・・・
衣服か、ベールで覆われています。

実は先に仕事場から拝見
c0100195_10263125.gif

とてもキレイに整理されています。

私とはえらいちがいです。

アトリエと素敵な住居はこちらへ
by nobukoueda | 2009-07-29 12:07 | イタリア | Comments(2)

灯篭制作のワークショップ 京都

旅行記ばかりもまたか・・・と思われているかも知れずですが、普通の日常もそれなりにいろいろありまして、
 先週金曜日は京都のど真ん中の高倉小学校にいって灯篭制作のワークショップをしてきました。

 8月の21日から23日まで京都の四条木屋町上ったところの元立誠小学校にて夏祭りがおこなわれ、最終日の23日〈日)には木屋町三条下から四条に向って夜7時ころから灯篭流しがおこなわれるのです。

 その時に子供たちの作った灯篭も一緒に流します。〈もちろんちゃんとゴミにならないように回収しますよ)

この元立誠小学校では20日から23日まで教室の中にて彫刻展もおこなわれて私も参加しますが、23日には校庭にてライブや夜店も並びお祭り気分いっぱい。もちろん夜は盆踊りもです。
毎年、立誠夏祭り実行委員と京都アートカウンシルのメンバーでおこなわれています。

というわけで
もう、その小学校は閉校されたので一番近くの高倉小学校が学区となったので毎年こちらの子供たちに協力してもらって灯篭作りをしています。

c0100195_7494947.gif

c0100195_750169.gif


今回は理科室でのワークでして 灯篭の木枠が別にあるのでそこに貼る和紙にいろいろ描いてもらいました。

c0100195_751109.gif

面白ローラーのコーナーや

c0100195_7514534.gif

いっぱいのいろいろなシール折り紙や千代紙を用意してコラージュコーナー

c0100195_753284.gif


とっても素敵な作品いっぱいできました。
「僕 7枚描いたよ」・・・という子もいて
みんな自由に伸び伸び 何枚も作品作ってくれました。
ありがとう。
8月23日是非、灯篭流しにきてくださいね。

他にも作品いっぱいあり、こちらみてね。
by nobukoueda | 2009-07-28 08:06 | ワークショップ | Comments(4)

大理石のの山々  ミケランジェロの石切り場

c0100195_923224.gif


イタリアカラーラの石切場に向って出発です。
といってもコロンナータまでもいくつか石切り場があり、またそこからどんどん登っていく道にはみなほとんど山が削られ、彫られる石切り場となってます。

 
c0100195_927515.gif

c0100195_9273144.gif


美しい橋を渡ったところはとても見晴らしのいい所になってました。
c0100195_929447.gif

c0100195_929408.gif


ミケランジェロの石きり場にも
小さな白い大理石のカケラをいただきましたよ。

c0100195_9305457.gif

近くにはいくつもこのようなノミ痕のある石が

kazukoさんの説明によると、当時、石切り場できった石をそのまま運び出すことはできず、荒くノミ痕をつけてここで彫った仕事をしたという印の石のみ運び出されたということらしい
その様子は教会前のカバトーレのモニュメントに記されていた。

c0100195_9393560.gif

そして、どんどん大理石の山々を見て登っていく
運転手さん、本当にたいへんでした。ごくろうさまでした。
c0100195_9413164.gif

c0100195_9425733.gif

そして高いところにきました。
その見晴らしのいいこと・・・感激
c0100195_9434837.gif


そしてそこで見たものは・・・
by nobukoueda | 2009-07-27 10:10 | イタリア | Comments(16)

イタリア カラーラ コロンナータ 大理石石切り場

c0100195_8414732.jpg

一夜明けて イタリアのカラーラの旅続きです。

2009年5月17日 〈日) この日は朝食後一緒に宿泊されいたエミリアさん一家とB&Bのオーナーkazuko さんの案内で代理性石切り場のコロンナータへ

途中、いろいろ石のみやげ物屋さんあって、もう、欲しいものいっぱい、でもなんといっても石なのでそんなに大きなもの買えず、真っ白な小さな作品の台座にもなりそうな白の大理石〈ミケランジェロ・スタトゥァーリ)と、かわいい卵の形のしろの石をかう。

そして コロンナータの集落
 
c0100195_1313096.gif

c0100195_13143628.gif


教会の前には

c0100195_13152427.gif

CAVATOREのモニュメントが
c0100195_1316266.gif


昔の石切り場の様子や
c0100195_13165958.gif

石職人さんの労働の様子がレリーフでかたられる。
大変な仕事だったことだろう、壮大な石切場では時には命がけの作業だったこととおもわれる。
c0100195_1321205.gif


石作りの落ち着いた家並みの小さな村だがそこにはなんだか世界一の石切り場で働いた人々の誇りのようなもので満たされているようだった。
c0100195_13244865.gif


c0100195_13251338.gif


c0100195_13254867.gif

彼らも昔は石の仕事に携わった人だろうか・・・
c0100195_1327616.gif


車のないときはどんなにか石を運ぶことも大変だったろう。

c0100195_13302220.gif


c0100195_13305080.gif

このお店は中はこの地方のいろいろな土産屋さんになっていたが、このご主人手作りの編み物が得意らしく店内にもいくつか作品が・・・
教会のミサが終わってから、教会内見学しようと広場で待っていると次々クラシカルなオートバイが

c0100195_13342058.gif

c0100195_13344449.gif
c0100195_13345953.gif

すごい音と人数で、しかし、なにやら愛好家のツーリングのようで少し休憩した後あっという間にさっていきました。
そろそろおなかもすいてきたとのことまた、もどって
c0100195_13374168.gif

迷路のような細い道をすすんで
c0100195_13383498.gif


この先に豚さんのマークのお店?
実はこの地方はランドルコロンナータ といって 豚のアブラを大理石の器に入れて熟成してできたラードのハムみたいなもので有名なところでした。

もちろん食べましたよ。

ランドルコロンナータとは
by nobukoueda | 2009-07-26 14:07 | パリ | Comments(10)

イタリア カラーラ

5月のベルリンからのヨーロッパ紀行が思い出したように続いています。

イタリア カラーラ 5月16日は ピエトロサンタに出かけてドライブして近くの海に出かけました。
ジョバーニ氏と現地の彫刻家田中氏と誘っていただいたKさんと私

c0100195_13122745.gif


リゾート地ですね。

まだ5月でしたが 昼の陽射しは強くもう泳いでいる方もチラホラ

c0100195_1314043.gif


気分は夏
c0100195_13143724.gif


c0100195_13151075.gif



こんな太陽の下はやはり 日本とは違って まさにイタリア

反対側にはずらーと パラソルがとじられて

c0100195_13162670.gif


本格的な夏、いまごろはどんなんでしょう。

c0100195_1317126.gif


海に入る前の通路にはこの日はマーケットのテントが並んでました。

c0100195_13181278.gif


いろいろ手作りのものから、(私はラベンダーの手作り石鹸を一つ購入)
c0100195_13185010.gif


c0100195_13345897.gif

c0100195_13353314.gif

(これはタオルでできてます。プレゼントに?)

おいしいものまで
c0100195_13191413.gif


c0100195_13193227.gif



ボルチーニ?

c0100195_1320269.gif


そして、こちらに来た目的の一つは田中氏の彫刻があるということにて

c0100195_1324594.gif

又、3人でも記念撮影

それからもちろん
c0100195_1325535.jpg

おいしいイタリアのジェラードをごちそうになって、ジョバーニさんには車で案内していただいて帰りにおいしい手作りフォカッチョまでお土産にいただき夕食の時間となり、ホテルへ

そこにまっていたのは・・・
by nobukoueda | 2009-07-22 14:08 | イタリア | Comments(8)

流しそうめんの会?   京都アートカウンシル

梅雨明け前の日曜日
雨だから無理かしらと思ったら

晴れオトコがいっぱいだったらしく
なんと庭に総勢20人 ならんだのです。

c0100195_23303570.gif


流すところは
c0100195_2331437.gif


竹は山から切り出して半分に割って、中の節のところをとって、脚立など使って上手に流れるようにセッテイングするのは彫刻家のベテラン先生

私は場所を提供するのみですべて 流しそうめんのいろいろな薬味、つけ汁、鍋からすべて持ってきてくれるのは京都アートカウンシルのH先生、そうめん湯がくのも皆男性陣が・・・

私は食べるだけ

流れるのを食べるのは結構たのし~

結構みんなで食べたころ雨がポツポツ

もちろん家の中には宴会準備が
c0100195_2343587.gif

隣の人をあたかも自分のごとく順番に他人紹介しあって、ワイワイ。

(あれ・・・? 誰だ! 茶碗落として割ったのは!・・・)

建前はアート談義となっているのでどなたか先生一応、DVDで作品紹介・・ということもありましたが
暗くなってくると隣に聞こえたらちょっと恥ずかしいような童謡の合唱などもあり

たのしいひと時でした。

私もそうめんだけでは足りないかと 以前やって、なかなか評判良かったので又野菜いっぱいカレー作ったのです。

c0100195_23561921.gif

 たまねぎからはじめていろいろな野菜をいためて11種の香辛料くわえてしばらく炊くと・・・

今回も皆さんほめていただきよかった~

遠方をお疲れ様でした。
京都アートカウンシルはアートで京都を活性化しようといろいろ活動している非営利団体です。

これからも又、いろいろイベントやっていきますのでご興味ある方は是非ご一報をです。

カレーのレシピはこちらです。
by nobukoueda | 2009-07-20 00:48 | 京都アートカウンシル | Comments(16)

イタリア カラーラ Pietrasanta

c0100195_0513559.gif


5月16日 イタリアカラーラ さわやかだけど イタリアの光の午後
一緒に泊まっていてKさんのフィアット〈レンタルの)でPietrasantaへ

c0100195_0555588.gif

このピエトラサンタはカラーラから車で40分ぐらいかしら、もう少し大きな町でこちらに結構有名な彫刻家がいっぱい住んでいる。
街の中心には彫刻家ボテロの作品が

また 大きな大理石の彫刻も
c0100195_0585376.gif
 
駐車場に車を停めて
広場に向って まずはランチにしましょうといろいろレストラン物色、
いい感じのお店で

c0100195_10461.jpg

まずはスープと
c0100195_111669.gif

〈何のスープだった?)
c0100195_114830.gif

金目鯛の入ったちりちり麺のスパゲッティ

c0100195_125813.gif

ババロアのようなおしゃれなドルチェも頼んで、もちろんエスプレッソも。
はじめはこの外の道路の真ん中のテーブルで食べていたけど陽射しが強くなって移動。
(まさに道路の真ん中で食べてた。)

c0100195_14222.gif

実はKさんがアポとっている彫刻家と合う時間までまだあるので、美術館に向う。
この広場の向こうが美術館なんだけどいまこの広場で石の彫刻家の作品展が

c0100195_192157.jpg

Viliano Tarabellaさんの彫刻、近くで写真撮り忘れ、残念。

c0100195_1112011.gif
ピエトロサンタの美術館
c0100195_112249.gif

中はほとんどプラスター〈石膏)の作品
それにしても、日本では考えられないけど誇りだらけ、一応入場料とってるんだから~
でも興味ある作品も
c0100195_114137.gif

ボテロの作品
〈彫刻家ボテロはいつもこのようにボテーとしたたっぷり豊かな人物彫刻で有名)
そしてなんと
c0100195_1154063.gif

こちらに在住の日本人 中村真木さん作品みてびっくり
私も石でこのようなミルククラウンつくったり、以前は水の波紋の作品つくっていたんだけど・・・
ずっと細かく響きあう波紋 素敵

c0100195_1181963.gif

日本人安田侃さんの作品 六本木のミッドタウンの地下にも彼の作品が

そしてこんなのも
c0100195_1194090.gif


このような石膏から大きな石の作品になっていく元のようなものがいっぱい展示されていた。
c0100195_1211975.gif

待ち合わせの時間になって現地の彫刻家田中氏とストーンワーカーのジョバーニさんを紹介されて一緒にこちらのカフェで休憩

 私は絞ったオレンジに炭酸混ぜたものがいいよということで・・・おいしい!

それからいろいろスタジオ案内してくれるとのことジョバーニさんの車で、彼はさっとドアをあけてくれて・・・
〈私はお姫様気分?)
助手席にのった田中氏に・・・(おーい、Tよ、オトコならドアぐらいあけろよな~・・・)とか何とかイタリア語でいっていたような。
途中 
c0100195_1295954.gif

こんな彫刻おいてあるスタジオもあり
着いたところも大きなスタジオ
c0100195_1305384.gif


作家は丁度留守で息子さんが来て説明
c0100195_1314398.gif

こちらでは石膏と同じように正確に大理石の彫刻をつくるのです。

c0100195_1331352.gif

本当に大きな石
外にもいくつか
c0100195_1334554.gif

大きな像が

みんなで このスタジオの前で記念撮影
本当にイタリアの男性は写真撮る時さりげなくさっと肩に手をかけてくれて・・・パチリ
〈なぜか、私は またもや内心ウキウキ・・・)
てっこともありながら

次は ジョバーニさんの仕事場へ

c0100195_1384783.gif

この作品はベネチアビエンナーレに出展するサンドニケア氏の作品、彼ジョバーニさん(上の白い帽子の人)は昔は石の職人だったけどいまは作家の作品梱包搬入とか、作品設置の仕事などたくさん引き受けて大忙し、この日もローマの石の搬入設置してきたところだったらしい。
作品はすごくたくさんでもう、梱包すんでるものも
c0100195_145754.gif

これらは、いまベニスのビエンナーレに飾られていることでしょう。

まだ時間あるし、どこ行きたい?
海みたい!
ということで初夏のビーチへ
(まだこの日はおわりません。海そしてホテルへ帰ってから素敵なことが・・・つづく)
by nobukoueda | 2009-07-16 01:50 | イタリア | Comments(4)

アトリエ 駒づくり

c0100195_18214571.jpg

昨日は夜中に凄く時間かけてイタリア旅行記書いてアップしたら~

メンテナンス中にてできず
もう どこにも保存されてないから
又はじめからやり直さないと~

せっかく上手くできたのに、又かけるだろうか~


今アトリエでは駒づくり

両手でまわす大きなコマを作っている。
誰でも簡単に廻してあそべます。
又MORIのアトリエ便りにのせますのでみてくださいね。

夜帰ってからイタリア更新出来たらです。が~
by nobukoueda | 2009-07-15 18:21 | Comments(2)

イタリア カラーラ  Gallria ArsApura b&b

c0100195_12202879.gif


5月15日はパリからカラーラについたのは夜暗くなってから
5月16日、カラーラの早朝 まだしっかり陽が昇らないうちに早く見たかった

c0100195_1223214.gif


c0100195_14135211.jpg


kazukoさんのB&Bの前 テラスからのこの風景
kazukoさんの亡きご主人 大木氏の作品の向こうには白い大理石の山々がひろがる
c0100195_13593516.gif


まだ静かなB&B
c0100195_1405817.gif

ドアの前にも彫刻が
c0100195_1412310.gif


そうこうしていると
kazukoさんおはよう・・・と
どうやら、朝のパンを買いに下まで降りるらしい・・・つれてって~

c0100195_1433464.gif

朝早くから仕事しているパンやさん

c0100195_145468.gif

帰って テラスで朝食 アルミカップの中は手作りチーズケーキ、さくさくしっとりスフレのような触感、おいしい!
これに目玉焼きとサラダのプレートともちろんエスプレッソ
c0100195_1412540.jpg


実はこの日はその前から滞在している彫刻家のKさん
彼女は9月から文化庁の派遣で1年カラーラにて留学する有能な女性、
今回のその下見と、下準備でこちらに滞在、
なんと彼女は日本から簡単なヨーロッパで使える、カーナビ持参でピサからレンタカー一人で借りてここまで。
午前中郵便局に荷物出しに行くというのでついていくことに(本当にどこでもついていく^^;)

c0100195_14213469.gif

彼女が用済ましている間
カラーラのまち散歩
c0100195_14225232.gif

c0100195_14282942.gif

中心の広場
c0100195_14232988.gif

周りは皆こんな路地
車は停められないので市役所の駐車場に
その前のお店

c0100195_14292313.gif

結構、こちらのショップのウインドウは紫色でコーデイネイトしているとこあったけど
これはすごい。
c0100195_14305986.gif


郵便局・(・こちらのお役所仕事は結構時間かかるみたい。)もおわって、街の古い教会をちょっとお花屋さんでお花をアレンジしてもらっている間 二人で見ることに

c0100195_1435182.gif

中はとてもシックで落ちつける。
c0100195_1436492.gif

とりあえず、午後からは近くの町ピエロとサンタに行くので帰る事に
この日はいろいろたのしい長い1日なのでいくつかにわけて・・・ちょっと休憩

教会に内部はこんな感じです。
by nobukoueda | 2009-07-13 14:46 | イタリア | Comments(6)