<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

子供アトリエの作品  新しいブログに

c0100195_14161545.gif


植物園の温室のお花をみんなで色紙にえがいたもの、これはS君の作品

実はこれから、子供アトリエの作品は新しいブログにまとめて書き込みしようとニューブログを作りました。

MORIのアトリエ便りin京都です.

まだ少し前にやりはじめて、なかなかですが、そちらも覗いてみてください。
たまにはまた、こちらもコメントリンクくださいね。

ちょっとこのところ風邪気味と、はいっている協会の会計事務仕事がたまっていてなかなかでした。

ではでは
by nobukoueda | 2009-02-28 14:24 | 子どもアトリエ展 | Comments(2)

小雨の中の京都迎賓館見学




京都御所の中に京都迎賓館があります。
機会あって見学会に参加してきました。
招待はがきも免許証と照らし合わせたり、空港並みの手荷物チェックとすべて預けての見学でした。

日本の匠の技、トップクラスのオンパレードという感じでした。
きっと何百万とするような鯉がいっぱい泳いでいるお庭はそれは見事でした。

迎賓館でても御所の中は広い空間

小雨のグレイな御所に
椿が映えてました。

c0100195_2325728.gif

by nobukoueda | 2009-02-24 23:04 | 京都 | Comments(10)

愛知県のカフェモーニング

c0100195_1729398.jpg

週末は実家の母のところにいってきた、義姉が入院中にて様子をみに

ガザの様子を書いた後ですぐ、このようなモーニングカフェの話もなんだが
これが私の日常なのでしかたない。
カメラもって行ったのにCPを忘れて携帯映像也。

c0100195_17293968.jpg


実家にいるときは当たり前だったがやはり、このモーニングセットがコーヒー一杯の値段Lサイズ400円ジャストというのは京都にいると驚くようなうれしい習慣

私はハンバーガーセット、ポテトサラダとコーヒーゼリーがつく。
それにここのカフェZARAME(岡崎市)は60年代風たぶんカリモクの家具でとても落ち着く、結構中は広くてもちろんパーキングあり。

往復新幹線使わず普通で帰って結構乗っている時間は結構すきだ、いろいろ携帯投稿してたらあっという間に時間はすぎるし、いろいろ考える時間になるから。
これからはもっとたびたび顔見せるようにしなければです。
高齢の両親 いつまでも当たり前とおもっていては 後悔先に立たず・・ならないようにです。
by nobukoueda | 2009-02-23 17:29 | おいしいもの | Comments(7)

ガザからの報告 志葉 玲

c0100195_1652514.jpg

停戦後のガザの今の報告会があるとのこと、志葉玲氏はまだ若いジャーナリストだった。病院では空爆によって片足や両足切断の白い包帯姿がいっぱい、日本なら切断せずとも治療すればすんだであろう怪我もみなこちらではそれができず、すべて切断せざるを得ないとのこと。
又国連の学校に避難していた16歳のサミールさんは同施設に打ち込まれた白リン弾の飛散をあびて、当初火傷は大したことなく治療して帰り数時間後瀕死の状態で運ばれた。白リン弾の小さな破片は体内の水分酸素と反応して内部で燃え続けていたのだ。今度は破片だけでなく回りの肉もごっそり切除しなくてはならない。
できたばかりの病院も破壊され、とくに重要な自家発電棟がピンポイントで攻撃され、救急車がねらわれるという。
街は瓦礫の山でまだ生首や遺体の一部が高い塀にぶらさがっているという。
毛布や食べ物の救援物資も届かず、床に直に幼い少女が横たわって、もう何もたべようとしないという。
東京の半分ほどのガザは外部に出ることも外からの援助も受けられず殺戮にあっている、ガザの人々は自分たちがこんな目にあっているのに同じ世界の同じ時間に自由にすきなものを食べ、すきなところへ行き買い物をたのしむ、そんな世界があることをガザの子供達はこの世界を許すことができるだろうか~と。
by nobukoueda | 2009-02-22 16:52 | Comments(12)

ローズマリー・コーツィー追悼展 ギャラリー宮脇

c0100195_16284264.jpg

夕方寺町のギャラリーにてローズマリー・コーツィー追悼展をみた。
実はこのギャラリーがもっている東京の版画家北川ケンジさんの版画集を一度みたかったのだが、初めてみたコーツィーという作家のドローイングはなかなか迫ってくるものあった。
それは彼女がホロコーストを生き抜いてその記憶を今無惨に死んでいった犠牲者たちに品位と尊厳にみちた葬祭を与えるために毎日描き続けたのだった。
どこかアウトサイダーアートに通じるもの感じた。
このギャラリーは面白い企画をよくやっているが、後で北川氏のフオットエッチングの仕事の版画集みせていただきすごくよかったけど、是非どうぞとすすめられたけど19万円だからね~
バラ売りされてたらね~
でも 本物みれてよかった。

そのあと目的の講演報告にでかけたのだった。
by nobukoueda | 2009-02-21 16:28 | Comments(6)

残り物で豪華な朝食 手作りチーズとクスクスサラダ

c0100195_1185154.gif


昨日はお友達がきてくれたのにお掃除とお料理と食べるのに必死で1枚も写真撮るのを・・忘れていた。

久しぶりに作った手作りチーズ、カッテージチーズというのかしら。

 (手作りチーズ)は・・親しい昔からの友人のレシピ

  牛乳1リットルと生クリーム200ccをお鍋に入れて沸騰寸前にレモン75cc(ポッカレモンでもOK)いれて、火を弱くして30秒まぜて止める。

  これをザルにさらしをひいて漉す。そのまま20分おいてできあがり、優しく少し絞ってすぐたべられる。
また、この残りの液はホエーといって栄養たっぷりらしいので、これにまたミルク入れてさとうやハチミツ、レモン汁など入れて飲んでもおいしいらしい。

 (クスクスサラダ)は
 クスクスを同量のコンソメスープで戻してオリーブオイルかけて、そこにいろいろなやさいの角切りや、オリーブ、ひよこまめ、ゆで卵まぜて、オリーブオイル、りんご酢、レモン酢、(各同量大匙2,3)塩、胡椒であじつけ。

 (おもちピザ)は
 正月に上沼恵美子さんが紹介していたんだけどホットプレートにお餅とジャガイモをスライスしたものをならべてその上にピザソースをたっぷりかけて(私はトマトの水煮を漉したジュースも)その上にたまねぎや、ピーマン、他いろいろな野菜たっぷりのせてとろけるチーズに粉チーズでふたして焼く。
 シーフードいれたり、塩、胡椒と、アンチョビーペーストいれましたが。

 他、メインはチキンカレースープでした。おいしい手作りカツサンドもいただきりんごのオーガニックシードル(発泡酒)も・・・朝からはのんでませんよ。

又、おいしいパンや手作りケーキ2種チョコケーキと、特大スィートポテトは本当においしくたっぷり残りも皆いただいたのに夜中にきえてました^^; が、本当においしくまだ余韻にしたっています。

 今月は珍しく展覧会なくて家事労働にいそしんだ、
今日明日、ぐらいは突然誰か来てくれても大丈夫だが、数日しかもたないだろう。
そろそろ 次の作品にかからければです。
by nobukoueda | 2009-02-20 11:15 | Comments(14)

ノーベルのメダルが我が家に

先週月曜日から帰ってきてた息子が今日また東京へもどっていった。
ずっとリビングの机占領されていたし、買ったばかりのマック ブックも占領されていたから
つうわけで、たまっていた書き込み一気にドバツ

が、手に入れたマックブックもこれからは一人で・・・不安

掃除や、お料理に励んで(息子のためならいそいそと・・・)
帰ったら、ドットつかれたのか、きょうはとっぷり昼寝をしてしまった。

c0100195_23452594.gif


この写真はなんとノーベル博物館しか売っていないノーベルのチョコレート。
この赤いパッケージにはいってました。

c0100195_23505910.gif



そして、このスプーンはノーベル賞のレセプション晩餐会にだされたスプーン。
勤めている大学のロゴと益川教授のサインがほられている。
裏にはNOBELとほられている。

益川先生は200個チョコをかってかえったみたい。
付き添いの大学の先生もたくさん。

というわけで、バレンタインの日に職員関係者にプレゼントされたらしい。
わけあり 縁あって 我が家にも

家宝にしようかしら?
by nobukoueda | 2009-02-18 00:06 | コネタ | Comments(15)

椿 昇展 京都国立近代美術館

c0100195_15481392.jpg


椿昇さんの展覧会レセプションが昨日開かれちょっとお出かけ

タイトル通り 会場の色のイメージは GOLD WHITE BLACK であり

カタログも
そのイメージで金色の中扉つきのしゃれたデザイン

c0100195_1552526.gif


会場では一切タイトルはもちろん、コメント、材料の説明は無しにて
ちょっとわかりづらい

それでも4階はじめの写真は大迫力で強いメッセージがつたわってくる
(息子に言わせると、すべてCGの合成写真らしいが)

しかし、いつもと違う入り口になって、反対から空間が始まるととても新鮮だった。


そしてなんといっても 入り口の大きな飛行船のような・・実は核のイメージみたいなんですが、
このなゃっとした形がなんともユーモラスでおもしろい、2階に上って通路から見ると大きな工場で監督している気分になる。

そして、なんといっても一番すばらしかった時間がレセプションのパフォーマンスでダムタイブのボーカルのヒップホップ、ラップのライブがあったこと。
ちょうど私はまん前になってかぶりつき状態でココロの中はノリノリでした。

若い学生さん風多かったのは彼が京都造形の教授で、若い人に見てもらいたいとのことらしい。作品もいろいろ若いスタッフが関わってみんなで制作とのこと、学生にとってはリアルタイムで作家の制作の現場に関われることはとても刺激的でいい勉強になったことだろう。
by nobukoueda | 2009-02-17 16:13 | 展覧会 | Comments(2)

バナナケーキもつくったのだ

c0100195_11222637.gif


タイトルで終わりみたいなものだが・・
久しくケーキなるもの焼いてみた。
とある、ブログで簡単に書いてあったので私にもできそうだったので。
売れゆきは今一つだったが・・

ちょうど昨日はコーネルの本も届いた。

とても美しい本
ただし、中身は英語にて・・・ゆっくりじっくりです。
by nobukoueda | 2009-02-17 11:28 | おいしいもの | Comments(4)

堀川ごぼう  大原の朝市

c0100195_7205062.gif

1メートルはあるかと思われる太いごぼう
立派な牛蒡 値段も立派
堀川牛蒡というらしい。

日曜日の大原の朝市は持ちつきをやっていて皆さんに振舞っていた。

人だかりの間をのぞいてみれば
c0100195_724592.gif

後もうすこし・・それが待てずにかえってきてしまった。

でも帰ってきている息子に
ここのお寿司をいろいろ
c0100195_726147.gif


おばさん手作りやすくておいしい。
柴漬けも友人のおばあさんが作っているのをかう。保存料も何もはいってなくてうれしい。

そうそう、堀川牛蒡はちょっと私にはあつかえず^^;みただけでした。
by nobukoueda | 2009-02-17 07:31 | 大原 | Comments(2)