<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

モヤ・ブライ という木版画家が いた。

c0100195_23171594.jpg


モヤ・ブライというアイルランド人の木版画家が京都にいた。


 Moya Bligh

Called into life July 30 1954
Called home to God January 28 2009



あまりにも急なことで

コトバにならなかった。

昨年末の私の個展にご主人ときてくださったばかりなのに

先週の個展初日20日にほんの数日前に自転車に乗っていて交通事故で意識不明と・・・

信じられなかった。

イギリスに帰られたロマさんのとても親しい友人でいつもいっしょだった。
ロマさんはあまり日本語話さなかったけど
モヤさんはとても流暢な日本語をはなされた。
精華大学で木版画を指導されて学生にも人気だった。

昨日はお通夜、今日お葬式で、北白川の教会でそれはそれはすばらしい告別式だった。
本当に美しい 賛美歌に包まれ
最後に一人息子のさんのすばらしいお別れのコトバ

私はわすれない
モヤさんのやさしい 微笑を

Moya
Called home to God
by nobukoueda | 2009-01-30 23:37 | Comments(6)

礼状出す前に礼状が来た~ 堀尾貞治氏のコトバ

c0100195_20555616.jpg


個展の礼状をそろそろ出さないととおもっていたら、その前に堀尾さんから先に礼状が来た。というか、ちょうど私が唯一画廊にいけなかった仕事日にギャラリーはねうさぎに見に来てくださったのだ。その前の週にギャラリー虹さんにて堀尾さんは個展されていたのだ。
 堀尾さんは又高槻市駅前のギャラリーマーヤさんでも個展中にて本当にお忙しい中、よく足を運んでくださった。

 「やればやるほどよくなる作家だとおもいます。(私のこと~^^;)

結局死まであとわずかの時間です。

芸術はやりすぎるということはありません。

やればやる程

神が力をかしてくれます。

そして楽しくうれしいことばかりになります。」

とこの裏に書いてあった。

・・・・・・・涙が出るぐらいうれしかった。

以前堀尾さんがいろいろ書いたもののコピーを分けてもらった。

c0100195_21113468.jpg


あんなにいっぱい個展や展覧会している堀尾さんでも展覧会終わるとホッとするのかしらと・・

「次のほうがもっと大きいのだ、

理由はどうであれ、続くことが大事だ」

特別の才能もない 人間でも続けていること

やり続けること 

Beeing an artist

芸術家で在り続ける事

それが大事
by nobukoueda | 2009-01-30 21:22 | ステキなもの | Comments(4)

最後の年賀状 木版画

c0100195_1152588.jpg


年賀状アップももう、終わりと思っていたのですが、いくつかあとからとてもすばらしいものありましたので
これは黒崎 彰先生です。
さすが木版画の大御所にて凄みがあります。

c0100195_1181191.jpg


左は紅型染めの作家さんと丑はやはり木版画です。

今やほとんど、年賀状はCGや、パソコン印刷多くなりましたが、その中で手書きや木版画に引かれるのはナンなんでしょうか、たとえ、PC印刷でもその元が手書きであったり版であればある程度そのオリジナルは伝わりますから。

年賀状もお年玉をやっと確認、なかなか切手以上はいただけません。今年は私の分で6枚切手あたりましたが・・これをいつも引き換えに行くのをわすれるんですよね~。
  賀状も整理して壁掛けクリアファイルは展覧会のDM個展がまずは1枚はいりました。

さあ、今年はどんなDMファイルになるでしょう。ゆっくりいきたいです。
by nobukoueda | 2009-01-29 13:36 | Comments(8)

若いってすごい! 成安造形卒業制作展

肉体もアート?

c0100195_1642922.jpg


個展最終日、京都市美術館にて美大の卒展があり、駆け足でみてまわる。

若いってすごい! 怖いものなし!

c0100195_1661756.jpg


ファイバーは見てもたのしい、
これは大きなドレスに

c0100195_1665910.jpg


そして、

きっとこれはブログでも好きな方たくさんいらっしゃるとおもうけど・・・

c0100195_168272.jpg


本当によくできていた。

従来の油絵、彫刻は何か、撮りたいと思うもの少ない、日本画はがんばっていたようだけど。

c0100195_169382.jpg

どうしてもデザイン的なもののほうがたくさんの作品の中では目がいってしまうのかしら。

ファインアートに
がんばってほしいな~
by nobukoueda | 2009-01-26 16:12 | 展覧会 | Comments(13)

素敵なプレゼント 日本のパッケージデザイン

c0100195_15243592.jpg


個展おわってほッ・・・

私が好きな色だろうと・・・

ホント、大好き

c0100195_15264868.jpg


京都 五辻のハート昆布?
 なんと ハートの形

お鍋にも入れていいのだろうか・・・ 中からハートの昆布が出てくるのは想像するだけで楽しい

c0100195_15311139.jpg


今日のおやつは何にしよう

おいもHaaaan・・・・製造 むしやしない・・・・一つ口にいれる 
おさつのおいしいクッキー

黒の箱には一口あんころ草もち

細長い箱は鼓月の 草もち 草のところが 墨絵で草がかいてある。

本当に日本の和のデザインは美し~  楽し~

ちゃんとお茶のセットするまもなく 口に入れる。

今日は1日ダラダラのんびりすごそう

そして も一つ口に入れたのは

c0100195_15412427.jpg


生チョコ
バレンタインにはあげてばかり
こんなおいしいチョコ一人で一番に食べるのは

快感!

本当にいつもいつも
ありがとうございます。

ワインはまただれか遊びに来てくれたときにね。
by nobukoueda | 2009-01-26 15:45 | Comments(2)

彫刻でない彫刻 パリのアンティーク その2

c0100195_7263824.jpg



パリの骨董
始まりはただの人形の木型だった


それが彫刻として成立するか
それがアートとして成立するかとか

そんなことは
どうでもいい

ただ

長い時間と
人々の痕跡が

一つの物質に新たな命を与えているのは確か

ただ、触れてみたい
ただ、眺めていたい

それだけ

個展も後明日まで 久しぶりにゆっくりした朝の時間
空気は冷たいけど朝日がまぶしい

今日一日 素敵にすごそう
by nobukoueda | 2009-01-24 10:12 | 古いもの | Comments(12)

こどもアトリエ作品展 描き初め



色紙に描いた作品です。

消しゴムで名まえのはんこも作りました。
今回、色は水彩色鉛筆でつけました。
色鉛筆で描いて後から水だけの筆で描きます。

そしてはじめてのスライドショウです。
by nobukoueda | 2009-01-22 08:13 | 子どもアトリエ展 | Comments(5)

大木達美という彫刻家・・・がいた

c0100195_10451478.jpg


ART IS LONG
LIFE IS SHORT


TATSUMI
O KI

すばらしい作品集にであった。
イタリア カッラーラ からの贈り物である。

大木達美 石の彫刻家の作品集
ミケランジェロも工房をもっていたという大理石の産地 イタリアのカッラーラ
に家を構え制作されていた。

c0100195_11104777.jpg



ー僕の作品には全部「化石」という題名が付いています。何故つけるかというと、ずっとずっと未来に例えば自動車とかミサイルとかもろもろの今の時代の物が出てきた時、僕の彫刻も化石となって出るかもしれない。その時、20世紀はこうだったんだよ、とメッセージを送りたいのです。そして現在の良い部分を伝えたい。そのために僕はこの時代のアンテナとなって、20世紀の良い部分を全部救い上げたい、と思っているのです。-


   私はガ~ン・・・となって
 なんだか目頭が熱くなって何度もよみました。
「現在の良い部分をつたえたいと・・」

私は美術でできる力に、この今の時代がどういった時代であったかを次の人たちに伝えることも一つの役目があるとおもっていました。
 そして、今回の個展ではコラージュという形で四川の地震のことや暮れから日々すごい死者の数を更新したガザのニュースなどをそのことをどうしても自分の中でココロに残る形で残したくて、決して忘れてはいけないという思いで美術という形で提示しました。
 でもそれは決して、この21世紀はじめに生きているこの時代が悲惨な嫌な時代だった、不況、天災、戦争というだけの時代だったと・・・伝えたかったのではなく常にそこに立ち向かう力、双葉という形できっと必ず新しい生命が誕生し、希望を人間は持っているというメッセージを伝えたかった。
 でも・・いつもこころのどこかでのほほん~と普通にしあわせに生活することに恵まれた環境に、あまり偉そうなこといえないな~という思いがありました。

でも充分幸せな今の自分を伝えること、特別の才能があるわけではない自分は日々、大木氏の言われるアンテナを磨いて現在の良い部分に目を向けて素直に喜び、その喜びを又人に伝えること・・それでいいんだと。
 充分幸せな自分もまた今の時代の一部分、その良いところを伝えることもすばらしいことと。

c0100195_13121668.jpg


大木達美氏は2001年53歳という若さでいってしまった。

でも彼のすばらしい作品は今カッラーラにある。

ART IS LONG
LIFE IS SHORT


私は昨日わざわざお忙しいのに時間をさいて会いにきてくださった。

galleriaarsapuaさんに感謝です。
ありがとうございました。
by nobukoueda | 2009-01-21 13:25 | アート | Comments(6)

パリからのアンティーク

c0100195_2330461.jpg


ミヤワキさんちのパリのアンテイーク その1

鉛板の古い楽譜の版 鉛は金属でもとても柔らかい
まだインクをつけてすってみてないけど
重いローラーには絶えられないかもしれない。

その上は楽譜、何か、本になっていた部分の1枚のよう。

そして、古い筆
テンの毛のように柔らかい、染色に使っていたようだが毛先はいたんでいない。

かわいい、紺と赤の色鉛筆 太い鉛筆

右はゲームのこま

好きな数字いろいろのプレート 金属と陶器

白い編みの袋は細い金属でできている。
昔、ランプの炎にかぶしたらしい。

さあ、これらをどうしよう
ただ、コレクションじゃなくて

何か、いつか別の形でつかえないかしら・・・

パリの骨董市からの贈り物
by nobukoueda | 2009-01-19 23:42 | ステキなもの | Comments(10)

なんと神戸でビル火災に遭遇  1.17

実は午前中もう、明日搬入というのに作品できてなくて・・
キャンセルしようと思っていたのですが・・・
やはり、一度予約してしまったら行かないと・・・
いえ、これは一度どうしてもちゃんとこの日にこの方の朗読を・・・

ということで
神戸にて竹下景子さんのメモリアルコンサート1.17
「詩の朗読と音楽の夕べ」

にいったのです。
そして、詩の入賞者の授賞式がおわり、いざ朗読会が始まったそのとき
何か、マイクの調子がおかしいかな・・・
とおもっていたら、
「火災が発生いたしました、速やかに非難してください。」!!
え、ええつ!
壇上の竹下さんも何が起こったかわからないという顔
そして、すぐ、ドアが開いて、係りの方の誘導でとりあえず、4階にいたけど屋外のテラスにでてそこから非常階段で下におりる。階段を降りても降りてもなかなか下に届かないような感じ、9.11の時のテレビの映像でツインビルから階段を下りてくる映像が思わずうかぶ。松方ホール満員の人たちが皆避難するからどんどんヒトの頭・・頭、

もう、なんだか心臓はパクパクしてきた。
やっと下に下りて外に出てビルを見上げると

c0100195_2353561.jpg


上のほう18階が赤くなっている。焦げ臭いにおいもしてきた。

c0100195_23541236.jpg

たくさん消防車もやってきた。

もう、コンサートは中止になるのかしらとしばらくして帰ろうと表玄関にいったら、

c0100195_23554638.jpg


10階より下は大丈夫だからとりあえず、検討するから中に入れるとのこと、まだ心臓はドキドキしているけど(お金もはらったことだし・・)とりあえず、会場に入ってみることに、
そして、しばらくして
ほぼお客さんも一応戻ったところで再開となった。竹下さんやスタッフも一度避難されて、もどったところで、朗読の前に今日のゲストピアニスとの智内威雄さんの演奏が・・・

智内さんは左手のピアニスト、智内さんは24歳の時ジストニアに冒されて右手が不自由に・・
左手だけの演奏、でも聞いている分には全然わからない。
力強く そして・・響き合うようにながれて・・

しかし音楽の力とは本当にすごい。
あんなにまだ心臓がパクパクしていたのに
1曲きいて・・おちついて、2曲目にはピアノにひきこめれて・・
ココロは穏やかに・・

そして、竹下景子さんの詩の朗読
本当に美しいコトバの流れ
そしてその歌の重み
涙がながれて、
竹下さんもハンカチで押さえながらしっかりと朗読されている。

音楽やコトバの力はすごいなあと・・
こんなにも人の心にダイアレクトにはいってくるなんて・・・


c0100195_0121060.jpg


なんだかバタバタの1日だったけど ふとハーバーランドの明かりを見たら
1.17に神戸に来て本当によかったと。

あれから14年目の1.17の今日の日に
by nobukoueda | 2009-01-18 00:27 | Comments(15)