<   2007年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

丁寧な仕事してるねえ。

c0100195_925544.jpg


木にやさしい
丁寧な仕事
日本の大工
by nobukoueda | 2007-06-28 09:29 | Comments(4)

藤森建築と路上観察

c0100195_23531568.jpg


憧れの安田 侃 の作品・・・とおもっているけどタイトルなど確認してこなかった
大理石だから、屋内でよかったかな。

c0100195_05236.jpg


雨に消えるイス
波うってるから、本当に雨がたくさんふっていたら、わからなくなるかも。

c0100195_08498.jpg


東京オペラシテイアートギャラリーにて
男性ヌードでよかった。エジプト彫刻のような尊厳とビジネスマンのような動きがビルの空間にあっている。
女性ヌードはパブリックなスペースにはむずかしい?

この新宿からかなり離れている、東京オペラシテイギャラリーで展覧会していた、

藤森建築と路上観察・・第10回ヴエネチアビエンナーレ建築展帰国展

はかなりおもしろかった。
建築家 藤森照信 は赤瀬川原平の家、にらハウスやねむの木美術館の設計者だ。自然素材の木や土や石でつくってしまうとこなんかとてもひかれる。
入ってすぐはいろんな手法で作られる壁のテクスチャーが道具と実物でわかりやすく展示、木の削り方も道具によっていろいろというのがよくわかる。

そしておもしろかったのが、建築の模型というより彫刻なのだが。
それぞれの家のイメージを木と銅版などわずかな手わざで作る形。
それが説明的でなくダイレクトにイメージがつたわり、彫刻としても美しく魅力的。
ヴェネチアビエンナーレでつくった縄と竹の家
そのなかでみる 路上観察学会の写真とコメントのビデオ
これがなかなかいける。
ついつい声を出して笑ってしまう。
昔大学でてすぐかよった、美学校の赤瀬川原平さんのレクチャー
ここで知った考現学、
あるときは上野の西郷さんの銅像の前にカメラを持って集合
カメラの持ち方の基本はくびからぶら下げるのです・・・の先生のコトバで、みんな一斉にお登りさんよろしく首からさげる。
そして、コロッケかじりながら谷中を路上観察
赤瀬川さんのあとをついてあるくとその視点が本当にたのしい。
この展覧会にも最後はいろいろ路上観察写真が
タイトルみて納得とか・・
私の大事な一冊は古本屋で見つけた宮武外骨の本
これがまた、すごい!・・路上観察はここからはじまった。
by nobukoueda | 2007-06-28 00:48 | Comments(4)

東京みやげ

c0100195_23345658.jpg



東京みやげ
京都で探して見つからなかった憧れのKUSMI TEA名古屋のミッドランドのDEAN & DELUKA にあると聞いてきっと東京ミッドタウンにはあるでしょうと久しぶりの美人の同級生とお買い物、なんと、高いのにプレゼントしてくれた。
 うれし~い!!
森美術館ではデザイナーデザインの榮太郎飴、友人のみやげにももいいかな。
唯一自分の土産は東京オペラシテイのショップでかったでっかいダイヤ?・・のペーパーウエイト(400円弱!)
息子の好きな東京バナナ

なんか買い物したかったなあ、まあ、いいか^^;
by nobukoueda | 2007-06-27 23:49 | Comments(2)

石畳みコレクション

c0100195_1643117.jpgc0100195_16432316.jpgc0100195_16434890.jpgc0100195_16441697.jpgc0100195_1644479.jpgc0100195_16451018.jpgc0100195_16454965.jpgc0100195_16462671.jpg
by nobukoueda | 2007-06-27 16:47 | Comments(0)

TOKYO!

東京
c0100195_10423760.jpg


夜の東京

c0100195_1043204.jpg

by nobukoueda | 2007-06-27 10:45 | Comments(2)

スネークダンス松!

c0100195_10391354.jpg

by nobukoueda | 2007-06-27 10:41 | Comments(0)

旧芝離宮恩賜庭園

c0100195_1091927.jpg

c0100195_10105293.jpg

c0100195_10112861.jpg

c0100195_1013283.jpg

c0100195_10142183.jpg
c0100195_1015034.jpg











浜松町の駅すぐに江戸最古の大名庭園あり、泊まった宿の近くにて朝、曇日だけどお散歩。
昨日やはりちょっと一人暮らしの息子気になって会いに、大分よくなって大学に行き始め、留守の間いそいそお掃除、買い物ご飯作り、何故かウキウキ心弾む。
知らない土地での日常を体験、新鮮、まさに気分は新婚さん。
息子理由に今日は東京見物。
まずはじめが庭園でした。
これが思ったよりすばらしく、池をぐるりとめぐる庭。
中心の橋はどこかで記憶ある風景と思いきや、昔訪れた中国西湖を模したもの。
回廊式に歩く石や古い手水鉢や彫刻のような水汲み場。
小鳥たちも伸びやかに群れをなして飛び、休む本当に都会の中のオアシスでした。
それから六本木、新宿の東京オペラシティアートギャラリー、銀座とまわって今、京都に帰るところです。
六本木では学生時代の友人と楽しくランチ、東京ミッドタウン見物。
なんと火曜はみな美術館しまってたけどパブリック彫刻見たり十分楽しめた。なにしろ田舎からの上京で美術館でなくても洗練されたケーキやさんのディスプレイやお洒落な店の飾りつけもインスタレーションみたいでワクワクでした。
また、色々写真帰ったらアップしょっと(^o^)/

c0100195_10161545.jpg

ストーンヘイジと思いきや 屋敷の門柱だったもの
by nobukoueda | 2007-06-26 21:44 | Comments(2)

我が家のマスク

イタリアのマスクが手に入ったのでささやかながら我が家のマスクをアップです。

c0100195_12173384.jpg


上の段は鬼の展覧会のとき少し買ったものです。
上左は陶芸作家の国松さんのフェルトの鬼の作品です。
次はフィンランドの版画家トウーラさんの手描きの鬼、
次のは漆の作家栗本氏の漆の鬼
次の白のモザイクはわたしが色ガラスでつくりました。ネコ鬼?です。
下左は沖縄シーサーで、横2つは昔実家にあった日本の鬼(木彫りです)
そして、小さいのがカンボジアに行ったとき買ったものです。


c0100195_12232556.jpg


上、黒と赤のはわたしがつくったので、「二つの顔」で書面と横顔がえがいてあるのです。次は友人ファイバー作家サンの(脇田さん)ユニークなお面、
私がもう一つ作った、グレーのグラファイトのお面と交換したのでした。
下のカンボジアのお面の次はインドネシア?これは日本の民芸店で購入、
次は韓国旅行でソウルで買ったお面、結婚式などでかぶるそうです。
次はカンボジアで紙でできてますがしっかりしてます。
キッチンの上の壁なのでとても汚れてきてます・・・^^;

c0100195_1231391.jpg


少しづつまた気に入ったものあれば集めたいですが・・
今度は鬼展ではなくマスク展もいいかなあ。
by nobukoueda | 2007-06-23 12:36 | Comments(8)

シエナから

イタリア シエナからの
プレゼント

c0100195_214639.jpg


本当はもう少し大きいのがほしかったけど
しろくまのおっさん たった5日間のシエナ出張から帰る
さすが
私の好みをよくしっている
好きなもの
c0100195_21512126.jpg


c0100195_21515719.jpg

ちょっとハードなチョコレートケーキ、 右のはナッツいっぱいのしっとりドルチェ

c0100195_225974.jpg


子ども達には本当は葉巻入れらしいけどペンケースにいい感じの皮のケース
トランプ

今日、東京にいる長男にビタミン剤とともにいろいろ送る。
実は1週間前から、ストレスからか顔面神経麻痺といわれ、落ち込んでいる。まだ、軽いほうなので、直るらしいが。心配。
しっかりしているからと何でもまかせっきりで本当に何もしてこなかった。かも。
行って良くなるならいきたいけど、しんどかったらいつでも帰ってきてね。
by nobukoueda | 2007-06-21 22:08 | Comments(16)

今週のアトリエ展は個展です

今週のアトリエ展は井口真緒ちゃん(4年生)の個展みたいに。
 今年から油絵(アクリル画)はじめて三作目の名古屋城の作品です。
伸びやかに堂々としたお城です。
c0100195_7251665.jpg


続けてずっとキャンバスにかいてたので、
ちょっと他のお楽しみに
バックにかいてみました。
c0100195_7272895.jpg
c0100195_7275067.jpg


みんなと一緒のガラス絵も体験
c0100195_7285455.jpg


いつも本当に意欲的でアクリル画と工作とか2つやったり、今度はどんなものかこうかな?・・・といってたら、ちゃんと自分で描きたいもの準備してきてくれます。
 帰りはいつもぺこりとお辞儀してありがとうございましたとご挨拶。
本当に惚れ惚れ!
とてもお母様が上手に育てられています。
3人目生まれて大変なのにとても子育て楽しんでいるような感じで納得です。
by nobukoueda | 2007-06-21 07:51 | Comments(2)