<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

臨床美術をすすめる会

 先日京都で「臨床美術をすすめる会」の発足会に参加してきました。
  臨床美術とは?
   主として視覚的な感覚的思考をつかさどるのは右脳とされています。
 右脳は絵を描くなどの活動で活性化されます。でも「とにかく描けばいい」というものでもありません。いろいろあるアートの中で特に右脳を活性化する方法というのがあります。これを応用したオリジナルカリキュラムにそって、絵画や彫刻を楽しむプロセスを通じて、認知症の予防をしたり、症状を改善したり、何らかの問題をかかえた子ども達の回復を目指すのが、東京の下術造形研究所の芸術療法(アートセラピー)です。その独自性から、医療の現場では臨床美術(クリニカルアート)と呼ばれています。・・(臨床美術をすすめる会パンフより)

 友人の絵描きさんがこの臨床美術を勉強をして臨床美術士の資格をとりました。東京には何箇所か臨床美術の教室があったり、日本臨床美術協会が発行する臨床美術士の資格認定などできます、近頃では、岐阜とか地方の自治体が介護予防事業に取り入れたりしていますが、まだ京都や関西ではそういった機会や場がないということで、まず、京都でもそのような勉強する場を設けて、資格認定もできるようになれば、実際の医療現場で役立てるのではということです。
 私も長年絵画教室で子ども達の造形指導に関わってきました。上手な絵より、面白い絵を。一人一人違う個性が出るよう又、作るプロセスもユニークで楽しめるよういろいろ試みてきました。
 はじめて臨床美術のカリキュラムを体験したとき自分が子ども達にしてきたこととすごく共通した部分があること。そして、なにより自分も本当に楽しめたこと。
 競争や優劣の世界ではなく、ほんとうに一人一人違う、比べることできない世界。作品たち。
 美術が美術だけの世界でなく、医療、福祉、アートの壁を越えたアプローチで自分自身もかかわれるのではないか。介護、老人問題、認知症はよそのことではなく、自分自身にも迫った問題です。
 とりあえず、少しずつ勉強していきたいですね。

京都臨床美術をすすめる会は発足しました。会員です。
 
by nobukoueda | 2006-11-30 12:02 | Comments(2)

薪ストーブ

c0100195_951444.jpg

昨日、名古屋から恒例の薪ストーブの煙突掃除に友人の作家さんにきてもらってきれいになって、今日はこの冬はじめてのストーブ炊きです。 冬はポトフとかシチューとかおでんなど大活躍です。今日は何にしょうかな?
by nobukoueda | 2006-11-30 09:05 | Comments(2)

イルミネーション

c0100195_22312633.jpg

c0100195_22312659.jpg

もうすぐ12月です。夜の京都ホテルと市役所前はパーと明るく気分も華やか!もうX'masか!はやいなあ。
by nobukoueda | 2006-11-29 22:31 | Comments(6)

踊りの会

c0100195_21365865.jpg

c0100195_21365873.jpg

残念ながらこれが私!ではないのですが、姉と姪のでる西川流日本舞踊の会に岡崎市まで。 踊りは素晴らしく感激! 姪も凄くきれいだった!
by nobukoueda | 2006-11-26 21:36 | Comments(0)

日英交流ジョイント展

c0100195_21331814.jpg

c0100195_21331832.jpg

明日までの展覧weスペース下鴨の一階カフェの壁面はイギリス人作家ロマロビンソンさんです。 今日は朝法然院にてカンボジアの森本さんの染色織物の展覧会を一緒に見にいき、彼女は素敵なショールをかいました。
すぐ前の森のセンターでも友人が個展しているので見ましたが、ここ銀閣寺はすごい人今日が観光ピーク日かもしれません。 法然院の紅葉は最高美しかったです。
画廊にはわざわざ名古屋の友人がご主人と寄ってくださり、ランチまでご馳走になってしまって、今日もまたおいしい映像記録!!できませんでした。(^_^;)
その後はバッタリ誰もでしたが 夕方大先輩が美味しいチーズとともに(^_^)v また大阪から作家のkさん、ありがとう。大津のアリサさんもお忙しい中本当にうれしかったです。
実は昨夜は反省会祇園近くであり、また二次会までいって夜中帰りf^_^;
眠くて目がショボショボ(∋_∈)そしておわってから一度帰って再び電車で名古屋に。
明日姉の踊りの会ありです。 しかし携帯メールは移動中の時間潰しには最高です。もうすぐ着きまーす。
by nobukoueda | 2006-11-25 21:33 | Comments(0)

おしゃべりな祝日

レイによって息子のアッシー君で朝早くに街中に、11時の私のギャラリーオープンまで時間あり!友人の出している二紀展に・・・
 まずは一階の彫刻から、鉄の彫刻-伊勢信子さん そして福江香織さん
ウーン!なかなかいい!それに大きな仕事あんなに細い身体でよくがんばってるなあ。
 2階の絵画へ学生時代からの友人慧子さんの作品、隅々まで独特の世界慧子ワールドへと引き込まれる。全体のダークな色調の中、私の好きな緑青カラーがきいている。
 一度車を出してどこかで時間つぶそうと思って考えたら、近美の都路華香展チケットあり。引き返し、Pへ
 日本画だからとあまり期待しなかったらおもったより、すごい!
お気に入りは金の六そう屏風に描かれた波の絵。全部金の上に波、白いしぶき、大迫力。
 それになんというか、日本画の下絵が下絵というだけでなく独立して見えて、そのデッサンが非常に動きと空間が感じられ張りなおしてあるとこなんてコラージュ風にも見えて新鮮。下絵は量感を感じるのに、色をつけると装飾的静かな空間に変身ふしぎな世界、こんなにいい人知らなかったな(私は無知なだけかもですが)
 しかし日本画は細かいところはほんとに細かく描いて空ける空間はどーんと空ける、何も描かない空間、それで画面が充分迫力満たすとは・・

11時になってギャラリー会場へ二紀の友人きてくれて、ギャラリーランチ豆腐のハンバークにおしゃべりおしゃべり。(こんなときにブログ人は必ずデジカメなのに・・・私はいつも食べてから思う。)
 版画家のMさんご夫婦、女子美の同窓生?PASS(画塾協会)のセンセイ美しきBさんそして1階のROMAさん、彫刻家の村上先生、そのほかお客さん
 皆様ありがとう。喋りにしゃべってたのしかったです。

帰りに息子と落ちあいなんか食べていこうか・・
(ちなみに母子家庭?ではないのですが・・・)
ファミレスステーキハウス? 叉ハンバークとエビフライのセット
牛のたたきも・ イタリアンコーヒー付き(アー!又、写真忘れた!)

昨日見てくれたドイツ人の宮大工のヒトから携帯に電話あり、すごく作品おもしろかったとのこと、又会いましょうと福井県から℡あり、

帰ってから、夜息子おなかすいた、またラーメンと餃子焼く。ちょっと付き合って一口、これが太る!

自分の肉体の管理能力0・・明日も反省会あり。
by nobukoueda | 2006-11-24 01:34 | Comments(0)

アトリエ作品

c0100195_21253612.jpg

c0100195_2125364.jpg

c0100195_21253636.jpg

こどものアトリエ造形教室の作品です、牛乳パックの工作です。動物だったりおばけになったり色々です。
口がパックンあいてます。
今日は画廊によってから仕事に、短い時間だからと思ったけど知り合いが入れ替わりきてくださったから少しでも寄ってよかったです。
by nobukoueda | 2006-11-22 21:25 | Comments(2)

贅沢三昧

テレビのインタビューにて・・あなたにとって贅沢とはナンですか?
 村上 隆 ・・ 昼寝です。

アー、私は彼が最高の贅沢と感じるその昼寝を思いっきりしてしまった今日の1日。贅沢すぎる1日。
 今日は久しぶりに家の中の仕事(掃除?)と、のんびり休憩。
頭はボーとしている。

 「臨床美術のすすめ」よむ。なんだかはまりそう。
美術家として自分の作品を通じて社会と関わるだけでなく、もう一つ別の
美術家としてできる仕事があるような・・・
by nobukoueda | 2006-11-22 00:35 | Comments(2)

ジョイント展

c0100195_20442696.jpg

c0100195_20442689.jpg

c0100195_2044263.jpg

c0100195_20442614.jpg

ギャラリーの様子です。 コラージュしたカードを交互にならべました。
石は大理石の天使の卵です。
by nobukoueda | 2006-11-17 20:44 | Comments(2)

臨床美術ワーク

c0100195_10462895.jpg

c0100195_10462897.jpg

リンゴを描くのだけどまずはきって匂いをかいだりして、はじめは中身からクレバスでかいてあとから上に皮の色を重ねて割り橋でひっかいたりしてからリンゴきりぬいて好きな色画用紙にはってまわりもはってできあがり、うまい下手は関係無し、唯たのし、認知症にいいとのこと。
by nobukoueda | 2006-11-17 10:46 | Comments(0)