カテゴリ:制作日記( 7 )

フランスのノート

フランス日記の一こま寄り道

c0100195_1916910.jpg

パリの泊まったホテルのほぼ隣に大きな文房具屋さんがあって
ついつい
のぞいたら、
大好きなランボーちゃんとピンクにみせられて・・・
ノート好きにはたまりません。

 今日はじめて最初のページに書いた制作メモ

  私の作品制作とは何なんだろう・・
   自分が見て、きいて、体験した日常、ココロ驚かせたこと
   生きていく中でどうしても次の世代に伝えたいことをコトバにする。
   石のコトバ、写真のコトバ、版画のコトバ、絵画のコトバで表現する。

 瓦礫という形になった日常は白黒の無彩色の世界だった。
 それゆえピンクのプラスチックおもちゃの図柄や、お風呂のタイルの生活感残る生活物質の破片が妙に生々しく美しい。

 解体される家のに描かれた絵が悲しいぐらい鮮やか

 何百、何千という家が流され、解体される
 そこにはそれぞれの家族と、それぞれの家庭があったのだ
 それがすべて流されたか、解体される現実

 ・・・etc
c0100195_1939094.jpg


   明日個展の搬入なり、ずっと雨で、今日やりたいこともできず、明日午前中できるかな。
 7日からです。
 今までの作品に福島いわきの久の浜の現実に立った時に
 自分が見た現実を
 作品に織り込みました。

 REBIRTH
 再生
by nobukoueda | 2011-09-04 19:47 | 制作日記 | Comments(4)

途中下車して溶接

c0100195_18432635.jpg

c0100195_18432666.jpg

c0100195_18432612.jpg

c0100195_18432659.jpg

c0100195_18432688.jpg

福島いわき市と京都の往復チケット買うと少し安くなって、帰りはいわきから千葉、東京でも途中下車して実家でも途中下車してやっとこれから大文字の京都に帰るところです。
いわきのワークショップなどあって全然制作進んでなかったから、ギリギリお盆前の「鉄の仕事屋さん」にて鉄の葉っぱを100枚カットしてもらって、お盆休み中に、実家の片付けや仏壇準備の合間にガレージの隅で葉脈打ちなど加工作業して、今日午前中又、隣街の鉄の仕事屋さんにて葉っぱと茎の溶接お願いする。
さすが手際よくどんどん作業進む。
以前はハンダ付けですべてやったけど、やはりちゃんと溶接したほうがしっかりしている。 仕事場は私にとって宝の山みたいで、キョロキョロしてしまう、先日安城七夕祭りで入賞した、ティラノザウルスなどあって面白いが、写真は次回UPです。

仕事は何とか午前中できりがついてランチは帰省している妹と待ち合わせてワイワイでして、でももう体力なくて半日仕事したらもう1日終わった感じで荷造りして夕方やっと帰ることにでした。
なんだか長い一週間でした。ちょうど色々問題あった大文字の最中かもですがみることは難しいかな。
あ〜

大原は涼しいかしら〜
by nobukoueda | 2011-08-16 18:43 | 制作日記 | Comments(2)

鉄の仕事屋さんで

c0100195_9341212.jpg

c0100195_9341214.jpg

c0100195_9341266.jpg

昨日は午後から病院をちょっと抜け出して隣町の鉄の仕事屋さんに行ってきました。
ちょっとブティックかカフェかと思わせる素敵なドアの向こうが鉄の仕事場です。
今回は何も用意してないのですが、今週末から始まる宮崎空港展覧会や大阪のギャラリーの作品未だ出来て無くてこちらで双葉を少し作らせてもらうことにでした。
さすが道具は色々何でも次から次へとあり、使いやすい仕事場は効率よくどんどん進みます。
鉄も叩いて少しずつ自分の思う形にできる。それは楽しい一時でした。

本当にありがとうございました。
あ〜

あんな仕事場でずっと作業してたいなあ〜

とりあえず母は少し安定しているようなので今日は家に帰ろうかと、
明日仕事あり、ですし、作品も間に合わずですので。
by nobukoueda | 2011-05-31 09:34 | 制作日記 | Comments(4)

作品 消える!

c0100195_8344375.jpg

4月3日まで京都府庁に展示していた作品の一部の「芽生える家」の12個のうち・・なんと5つも忽然と消えていた。

 野外彫刻では、すぐ持てるような小さなものはむいてないことはわかっていたのに・・
 昨年、植物園に展示したときは大丈夫だったし・・・
 京都府庁の中の庭だし・・・隣は警察署だし・・・

 ということで、なくなるとは考えもしなく展示していて、何度か見に行ったときは異常なかったから

 というわけで 今、つくり直している。
 これは又フランスで展示するときにもっていく予定にしていたから、もう今週末に荷造りしなくてはなのに。

「芽生える家」

 
c0100195_8474985.jpg

この作品の小さな家です。

 
c0100195_8484464.jpg

この コドモたちが5つがなくなってました。
わかったときはとてもショックでした、1つだけなら、私の作品とても気にいってくれたのだろうと・・
 でもほぼ半分の5つもなくなっていて・・・

これは震災の起こった後に中央の木の部分を震災の新聞記事などでコラージュして、祈るように作り直したものです。

 どんな、人災〈戦争〉、天災、自然災害にあっても、地震で崩壊した家であって
いつか、時間かかっても
私たちはきっと希望の双葉の芽をだすのだ・・・と。

 「森の朝ーPRAY]


PS・ 今日まで神戸の王子公園駅の原田の森ギャラリーにて、大学の同窓生の展覧会に出品しています。午後から1時過ぎですが、当番で行っております。お近くの方はぜひご覧ください。今日は4時までです。
 こちらは版画ですが。
 いつもありがとうございます。
by nobukoueda | 2011-04-17 08:34 | 制作日記 | Comments(18)

版画制作中

c0100195_2053694.jpg


もうすぐ始まる版画展の作品を制作中
この版は以前のものですが、また新しく刷りなおしています。今これは、インクをもったところです。

写真製版をしていて、これはポリマー凹版です。

c0100195_2053625.jpg


2色2版で刷り上ったところです。
いろいろな紙で刷り上げています。(ファブリアーノと、これは今立の和紙です。)
c0100195_2053671.jpg


こちらの版も違う色で2版刷るところですが、1枚刷ってから紙はそのままで版だけかえるので、目印をつけて同じところに2版もも置くようにして刷り上げます。

c0100195_205368.jpg


重ねて刷り上げたところです。

この紙を取る瞬間がとてもワクワクします。

今私が通っているスタジオはノントクシック技法(非毒性の方法)で腐食液も硝酸とかは使いませんし。インクなども水性のソイインク(大豆からできている)使用ですが、私は手持ちの油性版画インクを使っていますが、洗うときはベンジンなど溶剤は使わず、サラダオイルでふき取ってから台所の洗剤で洗ってOK です。
本当にスタジオの空気はとても綺麗です。

さて、何枚か刷り上りました。
どのように展示しましょうか。
by nobukoueda | 2010-03-04 20:53 | 制作日記 | Comments(4)

台風さって陽がさして

c0100195_1015581.jpg


夜中は時々怖いような風の音で目が覚めたが、なんとか京都はさったようです。

きょうは本当は搬入作業だったが明日1日でやることになり、臨時休校の小学生気分で1日もうけてしまった気分だが、まだ台風は日本中を駆け巡っていて、大変な被害をまき散らしている。

なんとか、昨日で磨きも最低のところでの仕上げだったからできて明日搬入となる。

野外展示は設置してみないと様子がわからない。
うまくいくだろうかー

土曜日は当番で午後からずっと植物園にいます。
他はご連絡いただければ伺えるときはご一緒したいのでご一報ください。

着るものなくなったし  衣替えでもしましょうか。
by nobukoueda | 2009-10-08 10:15 | 制作日記 | Comments(6)

森に向って

庭先で制作していたので極力電動工具は使わずやっていたけど最後の工程はやはりグライダーを使わないといけない。

どこかいいとこないかしらと
願っていると
結構
願いがかなる・・・

知人の工房の軒先を貸してくれることに。


c0100195_7522552.gif


この森に向って 昨日はガンガン、音出して、粉埃だしてでした。
しかし
今日は雨
が、もうお休みというわけには行かない。
が、ここへの道になんと、橋がない川(といっても15センチぐらいの水かさ)を車でわたらないといけない。
増水してないかしら・・・
ちょっと不安
でももう、そろそろです。
by nobukoueda | 2009-10-02 08:15 | 制作日記 | Comments(4)