カテゴリ:石( 7 )

あまちゃん語録

c0100195_19413976.jpg


向いてないけど続けるのも才能

日本一のノブコ•ウエダになります。


なんちゃてねー
by nobukoueda | 2013-09-05 19:47 | | Comments(0)

奈良 頭塔

c0100195_1063331.jpg

日曜日の久しぶりの奈良お寺巡りの最後は「頭塔」でした。
こちらは
c0100195_10114741.jpg

発掘されるまえは小山だったのですが、ピラミッドのような形のまわりにいくつかの石仏があり、その頭塔という名前は奈良時代の僧の頭を埋めた墓との伝説がありますが本来の土塔がなまって頭塔となったといわれているとのこと。五重塔のように仏舎利をおさめる仏塔と考えられている。
 
c0100195_10172670.jpg

全体はこのような形で周りに石仏が44基あり現在は28基確認されている。これらは奈良時代の石仏として貴重なものらしい。
 
c0100195_10184435.jpg

c0100195_10192150.jpg

もうあまりその状態がわからないものもあるが
c0100195_1021276.jpg

c0100195_10212721.jpg

c0100195_1021557.jpg

しっかり残っているものもあり国の重要文化財に指定されている。
c0100195_10233298.jpg

c0100195_1024924.jpg

見るのはこの周りをぐるりと回廊をまわってみるだけで通常は近くに管理している方に声かけて拝観させていただく形(400円なり)
 
c0100195_10265363.jpg

c0100195_10271960.jpg

茂みの中の石仏を覗き込んでみるのもまた風情あっておもしろかった。

さてさて
行きたい所もみて駅近くのパーキングまでのんびりあるいて
c0100195_1029011.jpg

奈良はあるいてまわる、そのときどきに
c0100195_10294771.jpg

手作りのお店があったり
c0100195_10301312.jpg

懐かしい路地の奥にもかわいいお店があったり
c0100195_1031443.jpg

ならまちはあるいてこそ
ちょっと楽しい発見あって
久しぶりの日曜日気分でした。
by nobukoueda | 2013-06-05 10:33 | | Comments(6)

奈良 十輪院

c0100195_13335996.jpg

お寺にはハスがよく似合います。
c0100195_13343228.jpg

ならまちをぐんぐんあるいて
石仏龕のある十輪院へ

c0100195_13525044.jpg

お目当ての石仏龕は
こちらを拝むためにたてられた本堂の奥にあります。
 開講2、78m,奥行き2、45m高さ2、42m
結構の広さあり、石窟寺院のようでもあります。
 こちらの中央の地蔵菩薩、左右に釈迦如来、弥勒菩薩のレリーフがあり全体にとてもおおらかな中国の石窟寺院をおもわせる雰囲気です。
 外のお地蔵さまも
c0100195_1405961.jpg

大きなものがあり
c0100195_1414449.jpg

c0100195_1421714.jpg

素朴な石像、こんなお坊さんどこかにいそうですが。
c0100195_1441037.jpg

c0100195_148131.jpg

御影石の使い方が素朴ではじめから風化の美をわかっている感じ。
十輪院は元興寺の旧境内の南東に位置したもので昔は本当に広いお寺だったことを思わせます。
隣もお寺で
c0100195_14122323.jpg

入り口には沢山のお墓が
日本の御影石はこうした風化がとてもにあう気がします。

次にてくてく歩いて「頭塔」へ
ならまちは細い路地はほとんど歩行者天国のように車はとおらず
観光客や人にやさしい、歩くのにも丁度よい広さです。
by nobukoueda | 2013-06-04 14:17 | | Comments(2)

イースターだった?

らしい・・・

c0100195_21544289.gif



以前ウイーンの学校を見学した時ちょうどイースターの時で子供たちが色づけしたイースター卵を先生が校庭の草の茂みやいろいろなところに隠して、それを子供たちがワイワイ言いながら探しているところにであったな~

町のバザールでもイースターエッグがいっぱい売られてとてもキレイだった。

画像は我が家の卵、入れ物は右は石で作り左は焼き物でつくったが、なぜか、意識せずに同じような形
昔はこんな形がすきだったのだ。
by nobukoueda | 2009-04-13 22:26 | | Comments(6)

石コレクション3 化石 

c0100195_844936.jpg



直角石 オオムガイの化石 デボン紀 (3億5千万年前)

何の化石かかいてなかったのですがほか似た様なものがオオムガイなので多分。

このほかにオオムガイの化石はいくつか持っているがコレが手持ちでは一番大きくて手のひらの大きさ約17センチ

とてもシャープな形で こんもり2センチ近く盛り上がっている。

モロッコ産がほとんどモロッコはたくさんの化石がとれるのだろうか
by nobukoueda | 2008-09-20 08:57 | | Comments(0)

石コレクション2 太古のロマン 化石

c0100195_21303719.jpg


スダレ貝化石  200万年前

全体が二枚貝そのものの形であり、 貝が石になったみたいなもの 幅6センチほど

真ん中はまるで磨いたような光沢あり。


今日は明日からの大学の同窓会主宰の関西支部の作品展の搬入が京都文化博物館であり朝から一日かかってしまった。

 皆さんパワフルで驚く。

彫刻やインスタレーションはそのものがおかれる場所だけでなくそこを取り巻く空間もある程度確保したいが、グループ展となると壁面を絵画が占めれば彫刻は・・・となり、ギャラリー空間を絵画と彫刻を上手く空間構成するのはなかなかむずかしい。

 今回は20cm角の作品なんと1300点が色々な地域から「地球へのメッセージ』というテーマで集められモザイクのように展示されています。

 又、三重県のエレマンプレザンというアウトサイダーアートも並びます。
21日までです。
よろしくです。
by nobukoueda | 2008-09-17 22:14 | | Comments(14)

化石   石コレクション1

c0100195_11373294.jpg


石のコトバ
なんてタイトルネームつけても中々石のことがでてこない
飾り棚には大好きな化石もいろいろあった。

これはネームカード無くてわからないけど
上のものと同じ石

c0100195_1141877.jpg


もっとちゃんと勉強していろいろ講釈しなくてはいけないだろうが、ただ、好きなだけのコレクター^^;

時々いろいろ石もアップしていきたい。

昨夜は愛宕さんの灯篭ともし火を付けに行く日
当番の日は木製の古い家形のともし火箱?なるものがまわってくるのですがそれは隣に渡し、
薄暗くなるほんの少し前寂光院へのみ道にある灯篭にろうそくの火をつけにいくのでした。

愛宕さんの灯篭ともし火って?
by nobukoueda | 2008-09-16 12:18 | | Comments(18)