2017年 10月 10日 ( 1 )

ギャラリー巡り 京都

c0100195_07152555.jpg
秋は展覧会満載で知り合いも多くやっていて
日曜日に植物園の会館の方の彫刻を搬入してから
まずは車をいつもの京都ホテルオークラのパーキングに止めて
何しろこちらは千円パンでも買ったら3時間無料で河原町に用事のある時はよく使うのですが、まず同時代ギャラリーの山元さんの版画の展覧会
昔銅版画を教えていただいた先生でもあったのですが、今回は木版画と、その原版を一つの絵画作品として提示したもの。
それからデンマークのJudithと待ち合わせている寺町の進々堂で、ランチ
その後近くのギャラリーMEISEIにて知り合いの彫刻家三木さんの個展、
流木を使って色々と彫刻にしています。

そして近くのギャラリー宮脇
とても美しい抽象絵画はブルーノ レティさんの展覧会
それから車に戻ってJudithを恵文社へ、やはりとてもこの本屋さんの雰囲気が気に入ったようです。そして近くの糸屋AVRILを楽しんで、また、近くにはオリジナルバックを手作りしているお店は奥がアトリエです。
それから車でまた北のギャラリー妙さんでは案内状ないですが面白い立体の展覧会が、
それから同志社の近くにはbe京都と言う町屋のギャラリーがあって知り合いの二人展が開催中でちょうどドラムの演奏がされてました。

実は土曜日はJARFO京都画廊さんにてフランス人のドミニクさんの個展のオープニングが夜あるのですが、とりあえず行って、そちらに今日はフランス在住の松谷氏がいらっしゃると言うことでお会いしたかったのですが疲れたので作品だけと思ってましたが
以前一緒に展覧会したケイトさんもいらっしゃrるというので一度ホテルに戻ってJudithと軽く夕食してから再びJARFOへ行って

そこでケイトさんやパートナーの今年のベネチアビエンナーレ参加の松谷武判さんにお会いできて沢山いろいろな方ともお話で来て本当に楽しい時間でした。

朝からスケジュール満載の一日でした。



by nobukoueda | 2017-10-10 09:32 | 展覧会 | Comments(4)