2014年 08月 07日 ( 2 )

カダケスのライブペインティング

c0100195_15462943.jpg

c0100195_15455749.jpg

カダケスのアパートでは毎日朝食はこんな感じ
c0100195_15462943.jpg

向かいのレストランカフェ入り口では2時からクレープが
とっても可愛いスタッフさんでした。
海の近くの広場では
c0100195_15503520.jpg
c0100195_1550580.jpg

ライブペインティングが開かれ
スプレー缶で上手に描いてました。
子供達のコーナーもあり
子供達も自由にスプレーで描くのたのしんでましたね。
凄く当たり前に親しまれている感じでした。
by nobukoueda | 2014-08-07 15:55 | スペイン便り | Comments(0)

カダケス ギャラリーのベルニサージュ(7月5日)

c0100195_14363617.jpg

前日のそれほど強くないのに飲んでからすぐ寝ると
どうも酔いがさめた頃、目が覚めてしまうようで夜中の3時半頃寝られなくなって
ごそごそ絵日記書いたりしていた。
午前中はツアーでの友人の泊まっているホテルオルタに行ったり
ギャラリー開いてからはNobukoさん(ギャラリーオーナー)に次に行くビルバオのホテルやバルセロナのアパートの人に確認のメールなど色々助けていただき忙しい中お世話になる。
c0100195_1445025.jpg

一度アパートに帰ってランチは向かいのアパートのオーナーレストランがやっている
クレープをいただく何とソーセージ入りで2ユーロ。
c0100195_14465618.jpg


今日は7時からギャラリーのオープニングパーテイの日
それまで少し休んだり、手紙を書いたりゆっくりして
次の日にお茶会に着ていく着物の準備。
何と同室の作家の植松さんがとても簡単な帯の結び方を教えてくれて
しっかりすぐ着れるように事前にセットする。
次の日にガーデンオルタに展示予定のゴースの布の作品も
一度窓のカーテンの所に展示してみたりと
元気なUさんはまだ少し時間あると一泳ぎにでかけたが
私はそこまで気はなくて早めにギャラリーへ

何とパーテイは7時からといっていたけど
早めにお祝いのコラーラス隊がきてギャラリーの前で
本格的な合唱がはじまった
c0100195_14531198.jpg

毎年夏に教会にて合唱するようで事前にお願いしてギャラリー前の通路で
オープニングのお祝いの歌声が響いた。
本格的な混声合唱でした。
c0100195_14553356.jpg

終わったら皆一斉にギャラリーの中にはいって賑やかに
パーテイはじまりました。
c0100195_14583872.jpg

左手はこにし美砂山の作品、パートナーの五右衛門さんも沢山の作品持ってきて展示してました。
c0100195_1459141.jpg

私の版画の作品にもじっくりみてくださり
c0100195_14595117.jpg

色々質問も、いい加減な英語で一生懸命対応してます。
c0100195_14594331.jpg

するとなにやら外が賑やか
オープニングのメインパフォーマンスの
墨のアーテイストの海江田さんの路上でのパフォーマンスがはじまります。
c0100195_152391.jpg

韓国で手に入れられた大きな筆で
和紙と墨の出会い・・が作品にしてくれると。
気持ち良さそうです。
c0100195_1532641.jpg

大きな扇子にもえがいています。こちらは和紙ではなかったのでちょっとやりにくそうでしたが。
c0100195_155481.jpg

それからギャラリーにはいって
それぞれアーテイストの紹介かねて作品の前で一言ずつ
同室のお世話になっていた、植松さんです。
c0100195_1563259.jpg
c0100195_1561072.jpg

上のお二人は親子さんで名古屋のほうから(三重)参加されてました。
c0100195_1581567.jpg

オーナーのグスターボたちは皆にシャンパンやワインを〜
こにしさんも
c0100195_1592928.jpg

大阪からステンドグラスの作家さんはお母様もご一緒でした。
c0100195_15101026.jpg

c0100195_151164.jpg

最後にまた突然私の作品の前で
Lopezさんのパフォーマンスが
タンバリンを大きくしたような楽器でとてもダイナミックな演奏がくり広がりました。
他にゆうかさんがやさしい歌声を
写真は別な所でまたあとで
それから
本格的に10時過ぎから近くのレストランMFにて食事会です。
c0100195_15171453.jpg

なぜかこちらは食べるのにか、しゃべるのにか、夢中で写真ありませんが
沢山のタバス形式で色々なお料理がいっぱいでした。
c0100195_15195772.jpg

こちらのレストランは自家製のオリーブオイルも作っていて
マグロのたたき風なのにかけたり、何を食べてもおいしかったですが
お腹いっぱいで最後のケーキまで食べたかどうか・・

さてさて明日にはもう一つ違う会場でのオープニングパーテイが
控えているのです。もちろん帰宅は12時回っていたような

スペイン時間は夜が長い。
by nobukoueda | 2014-08-07 15:31 | スペイン便り | Comments(0)