2014年 08月 01日 ( 2 )

カダケス ダリの卵の家CASA MUSEU

c0100195_15293646.jpg

ダリの家の美術館へはカダケス中心から20分近くあるいて、少し早めについたので
c0100195_15304173.jpg

入り江をスケッチしたりして
何しろ7、8人のグループでガイドが説明しながらの見学なので時間はしっかりその時間にならないといれてくれない。
c0100195_15341032.jpg

リュックなどの荷物はこちらに預けて
c0100195_1535675.jpg

美術館前のこの船の中から大きな木が育っているモノには凄くその形に惹かれた
つい最近若くしてなくなった現代美術家の国府 理さんの作品に船の中に大きな木がある作品があった。それを凄くこのカダケスで思ってしまった。・・・
c0100195_2343180.jpg

いりぐちでは熊さんがお出迎え
c0100195_23122130.jpg
c0100195_23104255.jpg
c0100195_2383975.jpg
c0100195_2374163.jpg

c0100195_23204423.jpg

ダリの絵は面白いですが作家のアトリエやすんでいた家は時に作品以上の興味がわきます。
c0100195_2365276.jpg


c0100195_2320356.jpg
c0100195_23192812.jpg


c0100195_2325216.jpg

ダリの家からあるいてアパートにもどって、着替えてから
ギャラリーのグスターボとNobukoさんとUさんと
この日記のミニプリントの招待状のオーナー宅におよばれに

この日も夕食は10時過ぎからでした。
c0100195_23284879.jpg

トルテーヤや美味しい生ハム
なんといってもオーナーと素敵な娘さんご夫婦
その会話がなんとも食事をひきたてて凄く楽しい時間でした。
写真は他のipadからなのでややこしくまた別にです。


 
by nobukoueda | 2014-08-01 23:35 | スペイン便り | Comments(7)

スペイン日記(7月3日)

c0100195_1143535.jpg

アパートのベランダからはブーゲンビリアが咲き乱れている。
この時期、カダケスの至る所に鮮やかな花が白い壁にとても良く映える。
このメインストリートにはカダケスミニ版画展の垂れ幕がかかっていた。

c0100195_117858.jpg

この日は11時にギャラリーの紀平さん達と一緒に隣町までドライブしてちょっと買い出しにいくというので一緒に行くことに。

その前にカダケスの美術館あるので見てみましょうと出かける。
c0100195_1112526.jpg

丁度やっていたのはダリの写真をとり続けたJOAN VEHI という写真家の作品展のようで
c0100195_11155265.jpg

ほとんどダリの写真でダリの絵画は2点ほどと、ドローイングと小さな立体
c0100195_11252540.jpg

c0100195_11255513.jpg
c0100195_11261528.jpg

でもダリの日常が写真から生活がうかびあがって・・
c0100195_11284199.jpg

c0100195_11494532.jpg

こじんまりとした美術館で町中の民家と変わらない感じ。
さて
グスターボの運転で隣町まで
これが凄く、一山こえるのがカーブばかりで参ってしまうも
c0100195_11323162.jpg

途中ちょっと休憩、見晴らしは最高、隣町Rosesへ
c0100195_11334978.jpg

この近くに車をとめて、市場へ
c0100195_1136346.jpg
c0100195_11352055.jpg
c0100195_11344625.jpg

パエリアを少し買って帰る事に
もちろん生ハムも、このお姉さんがとても上手に言われた量だけその都度切ってくれる。
c0100195_1140843.jpg
c0100195_11375448.jpg

紀平さんも久しぶりの買い物と雑用すませて、帰りに大きなスーパーによったが
ついつい私はハーブテイなど安くて買ったけど、まだ家の土産の買い物には早すぎた。
帰り道もぐねぐねでアパートに帰って少しやすんで
買ってきたチキンパエリアなど少したべて

さて今夜は何と7時半の予約が取れて
ダリの家「卵の家」にいくのです。
by nobukoueda | 2014-08-01 11:52 | スペイン便り | Comments(2)