2014年 07月 31日 ( 4 )

カダケス国際ミニプリント展2014



カダケス初日には今回同時期にカダケス国際ミニプリント展というのが開催されていて
どうせ行くなら出してみましょうと、春に送った作品も展示されているはずと
近くの海岸から又少し入ったところにあるギャラリーへ
c0100195_16101794.jpg

(ipadからの送信で画像が横になっています。^^;)

作品は全て10センチ角に収まるサイズ紙を入れて18センチ角というミニサイズ。
なので、ほんとうに沢山の作品がならべられています。
世界中からです。
なんと日本からも沢山の作家さんが参加されてました。
c0100195_16144216.jpg
c0100195_16141394.jpg
c0100195_16134434.jpg

こちらのギャラリーのオーナーもアーテイストでしたが亡くなられて今は素敵な奥様と娘さんご夫婦でこの展覧会を維持企画されていてもう33回だそうです。
c0100195_16192223.jpg

私の作品は全部で4点ですが1枚はロンドンの展覧会に回っているとのこと。
春に作ったもので、以前行ったポーランドのアウシュビッツを5点小さな家の形の中に版にしました。
c0100195_1623519.jpg

友人の西村さんの作品も見つけました。
c0100195_16252736.jpg
c0100195_16253557.jpg
c0100195_1625106.jpg

とても全部見ることせきませんでしたが、それぞれわかりやすく手頃な値段も表示されていて結構売れているようでした。
初日はご挨拶程度のお話でしたが
なんと、次の日に
心温まる夕食におよばれしたのでした〜。
by nobukoueda | 2014-07-31 16:34 | スペイン便り | Comments(2)

スペイン日記(7月2日)カダケス

c0100195_14295270.jpg

今回のスペイン訪問はこのカダケスのギャラリーマジェスウーさんでの展覧会のためです。
展覧会自体は6月末には始まっていて、壁面の作品は先に送って、ギャラリー側でもう既に展示されていたのですがオープニングともう一つの会場、ギャラリーオルタの野外展示はこれからでした。

c0100195_14402598.jpg

前日ついてすぐシャワーあびて寝たのが2時頃でしたがぐっすり寝ていい感じ。
キッチン付きなのでギャラリーの紀平さんが買っておいてくれた果物、パン、ハムなどで美味しく朝食。
紀平さんが11時にきてくれてギャラリーまで行く予定ですがそれまで時間あるので
初のカダケスのお散歩です。
c0100195_14453624.jpg


カダケスは小さな町です。バルセロナからもっとフランスよりの海辺の町
ダリの育った町でもありガラとの二人で過ごした家は「卵の家」といって美術館になっています。
c0100195_14443457.jpg

こちらは泊まっていたアパートで、2階のブーゲンビリアの咲き誇ったテラスの所です。
c0100195_1535590.jpg

c0100195_14544742.jpg

c0100195_1454631.jpg

旧市街は坂道、石畳がつづきます。
c0100195_14592448.jpg

こちらのショップにはポスターがはってありました。
c0100195_1503188.jpg

ギャラリーに到着してやっとipadなど使えます。メールチェック。
残念な事にアパートでは上手くつながらず、ギャラリーなどWi-Fiができるところだけなので
あまり発信はできず、FBなど少し見るだけに。

次に近くのホテルギャラリーオルタへ下見、一度ホテルに帰って昼食後又4時頃オルタ出の展示打ち合わせに行くことに
ホテルオルタのオーナーは今回の展覧会の別のツアーを企画しているメイアートという旅行社もやっていて通常のホテルレストランの業務もあり大忙しです。
c0100195_15141371.jpg
c0100195_15132350.jpg

オルタのガーデンです。こちらに展示できそうです。
すぐにとりかかれるつもりで早くにカダケスにきたのに
何と展示は6日のオープニング当日だけという事に。

メインはギャラリーマルジェスウーなのですが、まあオルタ会場も同じ期間とおもっていたのですが、海外ではこのような事ままあることに・・・

c0100195_15194438.jpg

夜はUさんと二人だけなので紀平さん宅にお呼ばれです。

紀平さんの名前もNobukoさんで、よって、このカダケスの町では私の名前もみなさんすぐ理解できて覚えてもらえました。
ギャラリー終わってからの夕食は10時から〜

そうそう、ここはスペイン、シェスタの国。
お昼寝してからですから
日が暮れるのも10時近くなってからですから

以後毎晩遅い夕食となったのでした。
by nobukoueda | 2014-07-31 15:38 | スペイン便り | Comments(3)

スペイン日記 七月一日

c0100195_11453923.jpg

関空よりフィンエアーでヘルシンキ乗り換えバルセロナまで
c0100195_13582476.jpg

丁度チェックインするときフィンエアーだけでなく他の関空のコンピュターの調子悪く
なんと私達の所でPC使えず手書きで照らし合わせてチェックしてとても時間かかかりました。
一緒にバルセロナまで行く友人と合流。
c0100195_1423029.jpg

飛行機の中は上げ膳据え膳付きのオフィイスみたいで旅の勉強したり日記描いたり
素敵な時間です。
持っていたダリの本、「僕はダリ」をよんで
その中に透明マネキン水槽ーというのがあって透明なマネキンにみずがはられて中に金魚が泳いでいる。この作品はどこにあるのかしfら?
ダリと奥さんのガラとの関係も中々興味深かったです。

途中の機内食です。
c0100195_11454043.jpg

c0100195_11454024.jpg

c0100195_1473413.jpg

ヘルシンキでトランジット
少し空いている時間に免税店を見るのも楽しみの一つ。フィンエアーの機内食のナプキンもカップも
素敵な北欧デザイン、marinekko
c0100195_11454195.jpg

そのマリネッコのショップが
c0100195_11454164.jpg

こちらで一つ気に入ったものがあったのですが、旅はこれからにてがまん!
でも帰りに結局ゲットしたのですが。

c0100195_11454266.jpg

バルセロナに着いてからはギャラリーで頼んでくれたタクシーに日本人のガイドさんまで(何と同じ同窓生でビックリ)で
バルセロナまで先に観光する友人3人をホテルに案内してから
ずっとご一緒させていただく作家さんの植松美早さん(Uさんと)2人とドライバーとハスキーな声でずっとおしゃべりしていたおじさん?と一路カダケスに。

何とこの日はバルセロナのタクシーのストの日で
ギャラリーオーナーがカダケスからタクシー頼んでいてくれて
本当に助かりました。
途中高速からぐるぐる道の山越えと2時間以上の道のりでしたが、私はもう、眠気とつかれで
車のなかではほとんどウトウト、

もう夜の12時近く、いえ過ぎて、
カダケスの私達滞在アパートの前にギャラリーオーナーの紀平さんとご主人のグスターボさんが
待っていてくれました。

家を早朝でて
本当に長い1日でした。
by nobukoueda | 2014-07-31 11:36 | Comments(2)

スペイン日記

c0100195_11132581.jpg

やっと体調も普通に、まあ、少し咳は残りますが
スペイン日記にもこれから取り掛からなくてはと
何時も帰ってから整理と言うと中々出来ないので
旅行中にその日にまとめるようにしてスケッチノート入れて3冊に。
二冊目の太っちょさんはダリの美術館で買って直ぐ使ってしまいました。
私は無地のこのようなノートが大好きで外国にいくと必ず買ってしまいます。

昨日はアトリエ休み前最後の日
c0100195_11132628.jpg

美味しそうなクレヨンを作りました。

c0100195_11132798.jpg


見本に作ったクレヨンは

バルセロナのガウディの建物の
カサ カルベット
その一階に素敵なチョコレート屋さんがあってこの箱が欲しくてチョイスしたチョコレートは残り三つ(≧∇≦)

その箱が似合うかしらと

子供達も素敵なクレヨンができました。
さて、やっとこれから
スペインのお話でーす。
by nobukoueda | 2014-07-31 10:57 | Comments(1)