ロバートはロボットだった

c0100195_827597.jpg

二足歩行ロボット クロイノ
c0100195_827522.jpg

女性のロボット FT(フィーメールタイプ)
c0100195_82751.jpg

最初のころのロボット

c0100195_1494116.jpg


c0100195_915242.jpg



昨日は素晴らしい体験をした。
カナダのプリンスエドワード島の映像作家さんJさんが一泊して京都大学の中のベンチャービジネス研究室でロボットをつくったT氏へのインタビューに同行したのだ。

 Jさんが途中ロバート・・ロバート・・のインタビュー・・・とかなんとか英語で・・だからてっきりロバートさんかとおもってしまって、どこの人?てきいてしまった。^^;

 ロバートはロボットだったのだ。このロボットを作った人。

 それもすごい!未来を変える世界の33人に選ばれたホープだったのだ。

 はじめはガンダムのプラモデルを改造して動くようにしたものをつくって、
そしてはじめてロボット風の動きではなくスムーズに膝が動くロボット
クロイノが誕生  (このネーミングがすごい! 黒いの・・だから)

そして次にはじめての女性のロボット FT が誕生

このフォルムに驚く、美しい立ち姿、モンローウォークまで連想してしまうほど美しいみのこなし
セクシーとまで思わせるバックスタイル

どうもその年のファッションモデル(パリコレ?)の歩き方を見本にしたらしい。
そのスリムなボデイにたいして少し大きな頭部がロボット性を強調していて、また
少し幼児性も感じられるところがどこか安心してしまう。

これは30センチぐらいの大きさだが、実際は等身大のロボットは存在する。
でもいままではそれは男性の形というより性別のないロボットの形として認識していた。
が、すぐに等身大の女性のロボットが実現するだろう。
アニメやSFの世界はもう、現実なのだ。

これからは病院や介護、そして家庭で働くロボットにはやはり女性の形がいいのではと・・・
ウ~ん・・・きっと男性はファッションモデルのような理想的美しい女性のロボットのほうがうれしいだろうな・・・?
私はどうだろう
みてたのしむにはモデルのようなロボットもいいかもしれないけど(ファッションモデルのロボットとして)
 看護士や家庭で働くロボットは中性的なロボットがいい。
今までの女性の性の役割の歴史をそのままロボットにおきかえたくない。
まあ・・・すごくハンサムで素敵な男性ロボットに傅かれるのもわるくないかもしれないけど・・・^^;

が、なにはともあれ、ロボットFTには感動した。
今までのロボットの科学者はエンジニアとして形にしていたような、でも彼T氏はロボットのデザイナーアーテイストであり、すべて自分で作るものづくりとしてのエンジニアでもある。すごい天才だ。
若くてハンサムで天才・・インタビュアーのジョンの後
私は思わず聞いてしまった「独身ですか?」 「いえ、結婚してます。」・・・ああ・・残念?

京大のその研究室棟の前においてあるすごいアメリカのスポーツカーを会う前に見てジョンとひやかしたなあ、こんなの乗ってくる人がいるって・・・

まさか、その本人の車とは
黄色いロボットのようなスポーツカー
ベンチャービジネスってすごい!
by nobukoueda | 2007-12-05 08:27 | 日々日記 | Comments(4)
Commented by reiko at 2007-12-05 09:52 x
すごーい。うらやましいですね。
Commented by nobukoueda at 2007-12-05 10:04
>reikoさま
 まだ書き直している途中のコメント?
本当にすごかったあ!もう一度読んでね。
Commented by EKreidolf at 2007-12-06 18:51
ちょっとみれない写真があるのが悔しいですが、
わたしもロボット大好きなんです♪
イカしたスーパーカーも♪
ああ、持ち主みてみたかった♪
Commented by nobukoueda at 2007-12-06 21:00
>Ekreidolfさま
 本当にかっこよかったですよ。ハンサムですごいたぶんお金持ち♪
月2回は海外なんですって・・・
<< ロボットクリエイター 撮影中 突然木がアート? >>