時空郵便局からお便り

c0100195_09311561.jpg
見覚えのある宛名文字に誰からだろう〜と封を開けてみると
すっかり忘れていた春の元立誠小学校のイベント桜祭りの時にこの時空郵便局と言うのをやっていて、その時感じたことを書き込んだカードが他の誰かのところに送られてくると言うものだった。そんなに沢山の方が参加されていたわけではなさそうでこのサインも知っている人かもしれないが
誰かか、あの時、青の空間で自分の思いを書き留めたものが私の手元に届いた。
私のメッセージも誰かのところに届いたのだろうか。
ふっとあの空間、あの時間、あの元立誠小学校の色々な思い出が浮かんでくる。
桜の花びらをみたら春のウキウキした心持ちが蘇って来た。


by nobukoueda | 2017-09-20 09:42 | 日々日記 | Comments(0)
<< 黒田辰秋展 敬老の日 父に会わず 鞍馬寺へ >>