セラミックフライパン

c0100195_16392231.jpg
以前引き出物のカタログから選んだのは
ドイツのメーカーのセラミックフライパン。
28センチと大判ながら軽くて何と言ってもお手入れ簡単。さっと水に流すだけで綺麗になる。
実は届いてすぐにオットさんが料理中に落としてこの太い取手が根元から折れてしまってびっくり。まぁ、長い取手なくても両手鍋感覚で使いづらいこともなかったが私が偉そうにショックとか言ってたら、すぐにメーカー取次店に連絡取手だけをネジなので送ってもらってすぐに元どおりでした。
テフロンははじめの状態は長続きしませんがこれはどうでしょうか。
今の所とても調子いいのですが。
久しぶりにチャプチェ作って見ました。

ドイツ人の友人のパートナーのミヨックがよくつくってくれてました。


by nobukoueda | 2017-06-12 16:39 | おいしいもの | Comments(4)
Commented by daikatoti at 2017-06-13 07:00
セラミックフライパンってこんな真っ白なんだ。
なんだか、絶対こびりつかなそうだね。
私もテフロンが余りに寿命が短いので、こんど鉄のにしたんだけど、
このセラミックの性能がいいといいね。軽いというのも意外だ。
Commented by nobukoueda at 2017-06-13 08:30
totiさま
おはようございます。このKevanhaunというメーカーのは白くてきれいで、テレビで宣伝しているセラミックのはもうセットで買うほどでもないのでフライパンだけほしかったのです。とても軽く今のところすごくいいです。これもテフロンみたいに寿命があるかどうかわかりませんが・・・ 
Commented by YuccaR at 2017-06-13 11:29
ハハハ,,旦那さま偉い!
壊すわ、放ったらかしだわ、と、色々トラブルを聞くご時世に優秀ですね。
Commented by nobukoueda at 2017-06-13 19:51
YuccaRさま
自分で落としたなら、案外そのままだったかもしれませんが、人に壊された時は強気ですね。
セラミックが本当に賢くて、卵料理も餃子も上手く行きましたよ。
まぁ、いつまで持つかは未定ですが〜
<< 御堂筋アート 終了 コラージュ日記 >>