雪景色の日々

c0100195_06284138.jpg
とけかかった雪も先週末は又降り出して
そして又とけて
c0100195_06304032.jpg
屋根に残っているぐらいになりましたが、
京都といえど市内街中は全然何もなかったような、
c0100195_06342840.jpg
寒くてこもってましたが
休みの最終日に楽茶碗をみてきました。
初代長次郎の作品まとめて拝見するのは初めてで、まさにタイトル通り茶碗の中の宇宙でした。
茶碗の中は深い世界、極上の絵画作品を見ている気もします。利休の時代から現代まで受け継がれる世界、その時々の代の作家がいかに長次郎と格闘している様子が伝わってきます。

又来週から版画の展覧会が美術館別館であり、制作しょうと、その前に汚い作業場を片付け初めてここ数日時間が過ぎてしまいました。

毎年この二月は寒くて何もする気が起きないのですが、展覧会を入れると嫌でもやらなくてはなので何とか寝込まずにきています。
今日はアトリエの日
毛糸であおむしを作ります。そんな試作もしたり、作りなれているポトフも紫大根や紫のカブを入れて作ったら恐ろしい料理になって、家族はほんの盃一杯ぐらいしか食べてくれず
昨日の昼はラーメンにしてみたら
麺は初めは緑ですぐにどす黒い紫になって
恐ろしいぐらいでしたが
勿体無いので何とか食べました。
と、ここまできてもう画像アップできなくなって、
今日もひんやりうっすら雪景色ですが
この少し白が残る世界も美しいものです。
良い1日を〜



by nobukoueda | 2017-02-15 06:27 | 日々日記 | Comments(4)
Commented by YuccaR at 2017-02-15 15:51
紫の野菜は色も計算して作らないといけませんねー。
味は変わりないのに。
特に家族は色でもうシャットアウトですもんね。
私も今度はムラサキスープ作ろうとけいかくしていますよ。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-02-16 12:10
日本男性は食べものに保守的な傾向にあるから
面倒くさいですよね。
タイだったと思いますが、青いお米があります。
確かに食欲は湧きませんでしたが。(-_-;)
ビーツを切ると殺人現場のようになるので母が
しかめっ面になるんですよ。
Commented by nobukoueda at 2017-02-16 21:31
YuccaRさま~
 ほんとうにね。野菜そのものをみているだけはとても素敵ですが、サラダにはいいよね。薄い紫ぐらいはいいけど濃くなるといけませんね。ポーランドでビーツのスープはとてもきれいだったけど、ミキサーにかけてポタージュにしてみようか・・・もう、無理かな。
Commented by nobukoueda at 2017-02-16 21:34
ソーニャさま~
 ビーツのスープはとてもきれいだけど世の中の男性はほとんど変わったものには消極的よね。
 青いお米?まあ、痩せるには青い食べ物は効果あるかもしれないけど、黒でもイカ墨のパスタなどは平気なのに、スープはダメかも~
<< はらぺこあおむしくん 伊勢神宮 志摩のギャラリー >>