ハンブルガー駅現代美術館

c0100195_11154286.jpg

こちらの美術館は昔駅だったハンブルガー駅舎を美術館にしたものです。
2002年にベルリンに行ったときにも来たのですがそのときは近くの駅は工事中にて今回は立派な駅になってました。
c0100195_111448.jpg

c0100195_11162554.jpg

入ってすぐはまさに駅舎のなかが美しい空間に
c0100195_11172781.jpg

企画展はカールアンドレというアーテイストがメーンです。他に2階の展覧会も個展形式であとは常設のボイスを中心にした現代美術とほかに中世、近代美術と美とても会場が広く増設されて大きくなっていて驚きでした。以前はもっと規模が小さかったのですが。
 カールアンドレはミニマルな仕事
c0100195_11221917.jpg

このような広い空間ならではです。
c0100195_1123826.jpg

ただ並べたといえばそうなんですが・・・
c0100195_1124329.jpg

この空間をいかした表現で、ほかにも繊細な仕事もあったのですが、撮影禁止で

二階はインスタレーションがおももでしたが
c0100195_11263815.jpg

入口の壁に直接コラージュしたものは好みです。
c0100195_1127296.jpg
c0100195_11281720.jpg

各部屋いろいろな作品が
c0100195_11284144.jpg

c0100195_11291684.jpg

c0100195_1130446.jpg

美術館全体をコラージュしたような感じに見えてきます。
c0100195_11313433.jpg

JULIAN ROSEFELDT というアーテイスト、ドイツ人ではなくてイスタンブールからの作家、どこかアジア的な異文化の雰囲気も。
そしてドイツが世界に誇るジョセフ・ボイス
c0100195_1135511.jpg

私はちゃんと彼を理解しているわけではないですが、なぜかボイスがスキなのです。
c0100195_11371933.jpg

c0100195_11382293.jpg

c0100195_11395491.jpg

彼の講義でつかわれた黒板絵までもちゃんと作品に
c0100195_11411120.jpg

c0100195_11414846.jpg

フェルトの作品、ほかに大きなフェルトの洋服も
c0100195_11424997.jpg

美術館の窓までもとても美しく感じられます。
c0100195_11434246.jpg

ボイスとこちらの上の階のコレクションは常設の様です。
ケーテ・コルビッツも大好きな作家です。
c0100195_11452535.jpg


c0100195_1149619.jpg

キルヒナーでしょうか。
c0100195_1150161.jpg

野外にも彫刻が

すぐ近くに自然博物館がありTレックスの展覧会のためかものすごく多くの若い人が博物館前にたむろしていました。
by nobukoueda | 2016-07-26 11:54 | ベルリン | Comments(2)
Commented by YuccaR at 2016-07-27 11:06
広くてシンプルな会場に置かれた作品は圧倒的に訴えてくる力がありますね。こういう美術館とモダンアート好きです。
ドイツにはほとんど行ったことがない(大昔ケルンに一泊のみ)ですが、ドイツの美術界を垣間見せていただけたような気が。
Commented by nobukoueda at 2016-07-27 12:52
YuccaRさま~
 ドイツの美術は私はとても好きです。ゴシック美術からケーテコルビッツやボイスの作品までなんだか存在感あって惹かれます。
このの美術館もポーランドの美術館もでしすが、以前行った時からまたどんどん増殖されてコレクションも充実してびっくりです。そしてたくさんの人が集まります。日本の美術館の規模がとても貸会場的、空間もどうも^^;ですね。
 是非ともドイツにゆっくりお出かけください。
<< 灯篭絵のワークショップ 旅日記 ベルリン >>