五年目の3.11

c0100195_10003224.jpg
あれからもう五年が経ってしまった。
昨日のことのようにおもいだされるようでもあり、もう随分時間が経ってしまった気もする。
又新しく家型の銅版画にあの年のいわき市の久之浜でみた光景を版画にしょうと。
又沢山の写真をみているとまだまだ版にして残しておきたいと思う写真がでてくる。
これは津波の後に火災にでもあったのか丸焦げになって残された一本の木。
もう一つこの木の向こうに残された神社が見える風景もあり、心に残る。
何もしてないけど
自分がみてきたこと
せめて その一部でも形に残して
美しいカタチで伝えることができたらと。


c0100195_1020142.jpg


そして
残された木のの向こうに
残された神社が
c0100195_10211617.jpg


2011年 夏撮影 福島県いわき市 久ノ浜にて
by nobukoueda | 2016-03-11 10:00 | 日々日記 | Comments(0)
<< 木による作品 びー玉コレクション展始まる >>