雪はとけたが〜

c0100195_19300164.jpg
今朝は寒くて氷が張って
c0100195_19304696.jpg
雪景色でした、
c0100195_19313338.jpg
でも陽がさしてきて夕どきには
c0100195_19323082.jpg
すっかりとけて、春もすぐそこまできているのかしらと。
年々寒さがこたえる感じになって
やること全て鈍くなってきているような気がする。
昨夜の新聞に東京のこどもの城が閉館になるとあった。
c0100195_19353546.jpg
国立の児童館だったわけだが。
日本にも本格的なこども美術館らしいものができたと感激したものだ。
小さな子供が安心してハンズオンで体験して造形活動して、身体を動かして遊び学ぶ場、
他にたくさん変わる施設ができたからというが
テーマパークやディズニーランドやユニバーサルなんかとは全然違う。
わたしはこれからどんどんこども美術館ができて欲しいと願っているのに、時代は必要としていないのだろうか。
ハンガリーで子供と入ったこどもミュージアムはその仕掛けそのものが一つ一つすばらしい彫刻作品のようであったし、ウィーンのこども美術館も子どもがいろんな仕事を体験してこどもミュージアムでの通貨で報酬をもらって買い物する。それは本格的に楽しい世界だった。デジタルの世界でなくて個性あるれる手作りの世界だったが。
小さな子供達は十分ワクワク楽しんでいた。
後に日本でも似たような施設ができたがあまりにもリアルに立派すぎたような感じをうけたが。
この渋谷のこどもの城がになってきた色々なノウハウは大きな財産だ、是非とも建物がなくなってもそれを色々な形で伝えて次につなげて欲しいものだ。
街の中の小さな本屋さんもいつも間にかきえて、
街の中の小さな公園からも色々な遊具が消えて、
子どもだけであるいは小さな子がお金をかけないでも安心して遊べる素朴な場がどんどん少なくなっているように思う。
子供達は幼児からもうお稽古で予定もいっぱいで必要ないというのだろうか。

何だか最近
この時代についていけない気がしてきた。

by nobukoueda | 2015-01-29 19:29 | 日々日記 | Comments(4)
Commented by YuccaR at 2015-01-30 11:20
大原はこんなに真っ白だったんですね!こちらは白い部分も全くなく、宝ヶ池から南は雪も舞いませんでした。違うんですね。
国立児童館て不勉強にして知りませんでした。寺小屋の国、児童教育の伝統はどこよりも優れていた日本だったのに。
株と知らぬふりの国になりましたね。私達が頑張ろう!
Commented by nobukoueda at 2015-01-30 12:25
YucaRさま
 今日も雨ですが、東京など雪がまっているようですが、もう、すぐに溶けてしまう雪でしょうね。
こどもの城は本当に残念です。入館者がすくなくなっているのかしら?
確かに私達ががんばらなくてはですね。
本当はこどもたちが何者にも拘束されない時間や場所があればいいのにね。
Commented by tawrajyennu at 2015-01-30 13:52
こんにちは!
こどもの城、閉館なんですね~
とても残念です。
老朽化が原因の一つとありますが、まだやっと
30年なんですよね~
息子と同い年・・・・

似たようなテーマパークが出来て、1つの役割りが
終わったからと言っていますが、今のこのデジタルな
世の中だからこそ、こうした自分で考え、実際に触れて見て、考え、体験できる施設が
大事なんだと思うんですけどね~
お役人の考えていることはわかりません。
Commented by nobukoueda at 2015-01-30 14:13
タワラジェンヌさま
 本当に残念です。お役所の考えなのでしょうね。
民間に委託すればお金になるようなもの、儲かるものになってしまいます。
大阪にある、キッズ大阪もがんばってほしいです。
私達、大人や、母親が声あげないといけないのですね。
なくさないで〜と
どうやって?調べてみましょう。
<< 2014年度展覧会 個展1つ他26回 スペイン料理にワイワイ再会 >>