イノカクルyuki展

c0100195_16309.jpg

アイヌの木彫りの展覧会を京都の堺町画廊さんでやっていて
実は実家に行く予定していたので行かれないなぁ~と思っていたけど雪が降って、実家に行くのは伸ばすことにして
気分も少し余裕あり、アイヌの木彫りワークショップをやっているというので行って来た。
c0100195_16314.jpg

キマリトというナイフは愛を伝える時に女性に贈るものらしい。
アイヌの伝統的な文様が美しい。
c0100195_163358.jpg

c0100195_163423.jpg

c0100195_163512.jpg

c0100195_163646.jpg

前日には娘さんの刺繍のワークショップもあったとのこと。
c0100195_163753.jpg

c0100195_163899.jpg

作品は小さくてもどれも手の込んだものばかり、
実は小さな熊でもほれるかと思ったのでしたが
c0100195_163925.jpg

c0100195_163108.jpg

栗の木のお皿も先生が手作りされて、そこに独特な文様を彫り込んでいくというもので、雑な仕事の私はすぐに先生に頼ってしまいます
c0100195_1631160.jpg

何とか大雑把にはできて後は自分で家ですることに、こちらの堺町画廊さんは昔の町屋ギャラリーで土間にて寒くてペレットストーブもありますが
c0100195_1631219.jpg

私はずっと火鉢の隣に陣取ってました。
昔はどんな暖房だったのだろうか、火鉢とコタツと夜は湯たんぽぐらいだったのだろうか。

さて、私のお皿はちゃんと完成するかしら〜
by nobukoueda | 2014-12-20 15:47 | Comments(0)
<< ランプ展参加 ホットケーキでクッキー、ホット... >>