ドイツの包装紙

c0100195_6505738.jpg

c0100195_6505552.jpg

マーチン一家の土産は色々なチョコレートとお酒でしたが
c0100195_6505646.jpg

Miokが包んでくれた感じだが
かわいい包装紙

ドイツでは基本的にスーパーなどでは包装はしないけどレジ出たとこに綺麗な包装紙が幾つかあって自分でパッケージングするのは自由だった。

昨日はあいにくの天気だったが、マーチン一家がきてくれて朝市で買った手作りパンとサバ寿司とかいろいろでランチをたべて、大原の道の駅でMiokは野菜なども沢山かって、それから三千院のうえまで車でいったら後は自分たちで大丈夫という事でどうやらそのまた上の滝の所までいったようだった。

 子ども達はそんなにお寺には興味ないのでちょっと疲れて帰ってきて
夕食はまた買い足した巻寿司と韓国で以前かった参鶏湯がこれまた鶏1羽にお米がつめてあるものでパックになっていたもので温めるだけでとてもおいしかった。
 その残りにキムチなべのスープを加えて野菜と豚肉いれてなべにしたらとても喜んでくれた。

なにしろ、人が来ないと掃除しない感じなので
朝のどこかしこもモノであふれた状態からなんとか人並みにするまでが1分の休憩もしないで片付けするのが大変で料理までできなかったがそれなりに喜んでくれてよかった。

 写真の1枚でもいつもなら撮るのにそんな余裕もなかったのだった。

さて、やっと光も射して晴れそうな1日のはじまりで仕事にはもってこいだが
Miokと東寺の市に行くことを約束してしまった。
もうすぐ帰ってしまうからなんとかです。
明日は時代祭もあるが・・
何しろ6歳、10歳の子ども連れでは観光も思うにいかない。
我が家もはじめて子ども達とヨーロッパにいった時は6歳と9歳だった。
はじめは王宮や美術館も楽しんだがすぐに飽きてしまって
必ず近くの公園で半日あそばせたり、子ども美術館や動物園、遊園地だった。
が、それもいまではたのしい思い出・・といっても
オットさんと子ども達が動物園にいっている間に私が一人美術館巡りしていたから
あまり
子どもとの思い出はなかったわ〜
by nobukoueda | 2013-10-21 06:41 | 日々日記 | Comments(4)
Commented by YuccaR at 2013-10-21 10:13
雨の日曜日にお掃除と、お客様のお迎え大変でしたね。心配していましたが、とても楽しいひとときだったようですね。よその子どもを見て、子育て中のことを思い出す年齢になりましたね、お互いに。
Commented by tawrajyennu at 2013-10-21 16:12
nobukoさん、こんにちは!
お掃除、お疲れ様でした~でも、喜んで頂けてよかったですね。
今日は東寺の弘法市に行かれたのですか?
私も一度行ったことがあります。何を買うでもなく・・・ただぶらぶらするだけでも面白いですね。

我が家の子どもたちが初めて海外に行ったのは、9歳と13歳でした。
観光というより、ハイキング中心のツアーでした。
次男は毎日疲れ果て、夕飯も取らずに寝てしまう毎日でしたね。
でも、スイスの山の素晴らしさは覚えているようです。
Commented by nobukoueda at 2013-10-21 21:36
yuccaRさ〜
子供達は雨でも元気で大原のたんぼをかけめぐってましたよ。
綺麗にしたらやはり気持ちいいのでこれからなるべく綺麗に過ごすように
きをつけたいですーが
確かに、もう、小さな子供は孫みたいな感じですね。
Commented by nobukoueda at 2013-10-21 21:39
タワラジェンヌさま〜
子供達にとっても外国はとても刺激あっていいとは思いますが連日大人のペースでは疲れますよね。
でもスイスの山々のハイキングはそれはそれは素晴らしい体験ですよ。
一生の豊かな宝物でしょう。
<< 東寺の弘法さん 府庁彫刻展始まる >>