ドイツ日記173−8月25日ダルムシュタット観光

c0100195_8364060.jpg

 語学学校も昨日でおわって久しぶりの朝ゆっくりです。

c0100195_8384612.jpg

 朝食も何時もホワイトフランクフルトソーセージを卵と一緒に炒めたものを久しぶりにオットさんと一緒にです。
 日本からの友人がハイデルベルグからまたダルムシュタットまできてくれて町中のホテルにとまっているので10時に迎えにいって今日はダルムシュタット観光です。
 土曜日なのでシュロッスのマルクト広場では朝市が開かれています。
オリーブもいろいろな味付けに
 
c0100195_8434772.jpg

この時期種類がほうふになったキノコ屋さん
c0100195_845364.jpg

c0100195_8472863.jpg

まずはこの町一番の観光地
マチルダの丘に行くことに
c0100195_849148.jpg

こちらは有名な結婚塔にて週末はよく結婚式が行われています。
c0100195_852789.jpg

建物内部もとても美しいです。
c0100195_8535995.jpg

対面にはロシア正教会が
何度もきていますが,中にはいるのははじめて
c0100195_8553452.jpg

美しい天井
c0100195_8571286.jpg

c0100195_858383.jpg

そして近くにマチルダの丘美術館があり、大きい方では企画展「A House full of music」というのがやっていたのですが,しっかり見たら2時間以上かかるといわれて、映像や音楽もありで,現代音楽ではとてもいいかとおもいましたが断念して次のアールヌーボーや,アールデコのデザインを集めた美術館へ
c0100195_99429.jpg

c0100195_994921.jpg

c0100195_9103693.jpg

c0100195_9123585.jpg

家具から食器そして陶器
c0100195_9134465.jpg

まだまだいろいろだが、この建物は後ろのほうがとても印象的
c0100195_9163138.jpg

c0100195_9173422.jpg

周りには芸術家村と行った時代にたくさんの芸術家がドイツ全土から集まってすばらしい建物にすんでいたとか。
c0100195_9184352.jpg

こちらのマチルダの丘から歩いていけるRegal Plazリーガル広場に今日はフリーマーケットが開かれているというので見に行く事に
c0100195_9213261.jpg

この町にはアンテークマーケットみたいなノミの市はすくないみたいでこのような一般のフリマは時々あるみたいです。ほんとに家にあるいらないものなど
c0100195_9242892.jpg

こちらのご婦人は手編みの靴下など手作りものいろいろ、とてもいい感じでした。
c0100195_927515.jpg

こちらはなんと牛乳パックからつくった財布?
c0100195_9295487.jpg

こちらのパックは皆,このような蓋付きなのでそれに引っかかるように開け閉めしてバックにです。
1ユーロだったので買えばよかったけど,見て,すぐにつくれると思って自分でやってみたのですが、違う形になって・・・これはよく見ればよくできていたと。中もあけたらいくつかにわかれているのです。
c0100195_9341429.jpg

お昼も過ぎてお腹もすいてちょっとこの広場のカフェにて休憩
c0100195_9363960.jpg

カプチーノの他にハムサンドなど
c0100195_9374485.jpg

外のテーブルはいっぱいだったけど中はゆったり座れたので
c0100195_9385055.jpg

スイカも入ったサラダにいろいろな種類のパンがついてきた。
休んでからフンデルトバッッサーの建物を見に行く事に
c0100195_9422552.jpg

みえてきました。
c0100195_9432781.jpg

周りの住宅地にも自然な感じに花や畑が
c0100195_946345.jpg

中はどうなっているのか,興味津々でもみな普通に生活しているので・・
c0100195_9472736.jpg

みなやさしい曲線でデザインされています。
c0100195_951370.jpg

ゴミ置き場もまわりは素敵にデザインされて
c0100195_9531528.jpg

庭も相変わらず自然な感じで鴨の通り道になっていました。
c0100195_9544666.jpg

c0100195_957599.jpg

そしてここからももうそんなに中心地まで遠くないので歩いて友人のホテルまで途中素敵な陶磁器美術館あるので見る事に。
 
c0100195_9594030.jpg

私は以前にも見たので周りのお庭を探索
c0100195_1004695.jpg

c0100195_101426.jpg

こんなすてきなお庭も自由に入れてベンチではゆっくり読書している人など
c0100195_1031754.jpg

c0100195_1045010.jpg

近くのギャラリーは残念ながら閉まってましたので、ウインドーから見て友人の泊まっているホテルまでいって今夜は明日日本に帰るので駅の近くのホテルに移動する事に。
 我が家にきてもらってもでしたが私達も明日はウイーンまで飛行機で朝早くにでるので申し訳なかったですけど。
 でもご飯だけは一緒にと我が家にきてもらって
c0100195_1095271.jpg

丁度ゲストハウスは1階フロアーで結婚式が行われた様子で
c0100195_10122846.jpg

c0100195_10135443.jpg

夕食は
c0100195_10144719.jpg

五目寿司は鱒のスモークいり。
c0100195_10161939.jpg

アジの開きは特別注文の品なので私達にとってはごちそうです。
さっとつくれるものばかりでの夕食でしたが、その後友人は近くの夜遅くまでやっている「Light」という野外展をみてホテルへと。
 本当に沢山歩いた1日でした。
by nobukoueda | 2012-10-20 10:27 | ドイツ便り | Comments(6)
Commented by petapeta_adeliae at 2012-10-20 22:57
オリーブが美味しそうですね。
ドイツでは茸はソテーするのかしらそれともマリネ?

ガウディのカサミラを彷彿させる建物なので、
フンデルトバッッサーがどんな人かとググってみましたが
分からず仕舞い。

ドイツは人が隠したくなるモノもオシャレにしてしまいますね。
Commented by nobukoueda at 2012-10-21 13:58
>ソーニャさま
 キノコは煮込み料理のや,ステーキのソースにキノコがいっぱい入ったソースでお肉を食べたりしてましたね。丁度帰る前あたりに入ったレストランでキノコいっぱいのサラダとかいただきましたよ。
 フンデルトおじさんはひげをはやしてボヘミアンな感じのユニークな人、昔ならヒッピー風の自由な服装のイメージの方でしたよ。自然を大切にしてウイーンの自信の美術館のカフェもジャングルみたいに植物いったいのとこでしたね。
Commented by tawrajyennu at 2012-10-23 18:22
こんばんは! 日本だとオリーブは塩漬けの瓶詰めしかありませんけど
あちらのマルクトには色々な種類のオリーブが売ってますね。
きのこ屋さんがあるなんて、ヨーロッパらしい感じ・・・・
もう少しいたらジビエも頂けましたね。
Commented by nobukoueda at 2012-10-23 21:09
〉タワラジェンヌさま~
いろいろあったけど、あまり試して見なかったなあー
キノコのソースのお料理もいろいろ出てきたところでしたね。
ジビエかあ、次回にチャレンジしましょうか~
Commented by yuriko_chan at 2012-10-24 20:23
いやあ~~建物がすごい~~!!

フリマのお人形さんが可愛い!
Commented by nobukoueda at 2012-10-25 00:23
yurikoさま~
教会や美術館はとても素敵な建物でしたね。
いわゆるアンティークなノミの市は、少なかったけど、フリマは時々あって面白かったです。
<< 西宮船坂アートビエンナーレ ドイツ日記172−8月24日 ... >>