ドイツ98−石の美術館Kubach-Wilmsen

c0100195_195616.jpg

クーバッハさんの美術館にいった話からずいぶんたってしまいましたが、とりあえず、作品もう少しアップします。
 彼はこのような本の作品で知られたのですが、
建物は
安藤忠雄氏の設計で以前何かの雑誌に馬小屋(牛?)を改造して屋根など生かして彼が安いコストで出来る美術館を考えたようです。
 
c0100195_19105211.jpg

入り口をはいって行くと
c0100195_19121112.jpg

c0100195_19131598.jpg

c0100195_19192833.jpg

とても日本では見慣れた安藤建築のコンクリートですが、私にはコンクリートはどうもこの広大なドイツの自然のなかではちょっと違和感を覚えました。しかし、野外にもたくさんの彫刻でとても充実した時間です。
建物2階部分が他の作家のギャラリースペースになっていて今回は写真の展覧会してました。
 
c0100195_19271425.jpg

草原に売ってある穴のあいた木の杭を撮ってあるのですがそれが面白い顔のようでいろいろな表情があってよかったです。
c0100195_1930178.jpg

野外にもまだまだたくさんあります。
c0100195_19325032.jpg

こちらは資材置き場ですが、なんだかこの未完(?)の作品が朽ち果てた本の形の用で、妙に惹かれました。
それから美術館後にしてどんどん道無き道もあるいて次の駅までたどりついて
c0100195_19411966.jpg

途中乗り換え駅マインツで少しおりてお散歩して、シャガールのステンドグラスのある教会ぐらいいってみたかったけどどこにあるかも調べてこなかったので、まあ休憩がてら早めの夕食して
c0100195_19451483.jpg

c0100195_19441248.jpg

駅に近い中華レストランにてたっぷりいただいて
かえってきました。

本当にピクニックの1日のようによく歩いた美術館でした。
たった一つの美術館のために1日かけて街を、草原を、山をこえていくのもほんと心に残ります。
by nobukoueda | 2012-06-22 19:51 | ドイツ便り | Comments(12)
Commented by yuriko_chan at 2012-06-22 19:57
この美術館って香川県の直島にあるものとちょっと似てます。
Commented by nobukoueda at 2012-06-22 20:07
>yurikoさま
そうなのよ。同じ建築家安藤さんの作品だから彼の作品はすぐわかりますね。コンクリートでまっすぐな小道があってよく歩かされるのよ。いつもコメントありがとう。
Commented by yuriko_chan at 2012-06-24 13:28
あっそうなんですか。そーですよね。コンクリートで歩かされますわ。
Commented by nobukoueda at 2012-06-24 15:59
>yurikoさま
安藤さんの作品は今は世界中にありますね。レンガや石の建築、また、木の建築は古くなったら又その趣きがありますが、コンクリートはどうなんでしょうね。お店や美術館にはいいけど住みたくはないなあ〜
Commented by yuriko_chan at 2012-06-24 17:15
言えてます。直島の住人にはうけてません。
Commented by yuriko_chan at 2012-06-24 17:17
っていうか安藤って説明がありましたわ。よく読めって感じです。失礼しました。
Commented by nobukoueda at 2012-06-25 04:29
>yurikoさま
直島の方にはあまりうけてないのですか?コンクリートは冬はすごく寒い、湿気もすごい。でも安藤さんのは世界中にありますね。といってもあまりしらないけど。
Commented by yuriko_chan at 2012-06-25 16:37
お年寄りにはちょっと・・・って言ってました。
Commented by nobukoueda at 2012-06-26 02:12
>yurikoさま
お年寄りは真実をしっているかもですね。
Commented by yuriko_chan at 2012-06-26 10:27
なんかよーわからんのぅ
って言ってました゚(゚´Д`゚)゚
Commented by nobukoueda at 2012-06-26 15:23
>yurikoさま
正直ですね。お年寄りは^^;
Commented by yuriko_chan at 2012-06-26 16:09
あははは私もよーわからんし
<< paperblanks Tif... ドイツ便り97−6月16日(土... >>